CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 気になる英語表現(10-22): ホワイトハウスの名物女性記者、舌禍で引退 | main | プライベート・ライアン (Blu-ray Disc) >>
ボーン・アルティメイタム (Blu-ray Disc)
ボーン・アルティメイタム [Blu-ray]
ボーン・アルティメイタム [Blu-ray]
UPJ/ジェネオン エンタテインメント

原題: The Bourne Ultimatum (2007)
上映時間: 1:55:13
2007年11月10日 日本初公開
公式サイト(英文): http://www.thebourneultimatum.com/

作品レビュー: 2007.11.19 Monday ボーン・アルティメイタム
HD DVDレビュー: 2008.02.04 Monday ボーン・アルティメイタム (米国盤HD DVD)

ゴウ先生総合評価: A
  画質(2.40:1): A/A-
  音質(DTS-HD Master 5.1ch): A
  英語学習用教材度: A+
言わずと知れたマット・デイモン主演によるジェイソン・ボーン三部作の第三作。共演は、ジュリア・スタイルズ、デヴィッド・ストラザーン、スコット・グレン、アルバート・フィニー、ジョーン・アレン。監督は、『ボーン・スプレマシー』(2004)に引き続きポール・グリーングラス。

『グリーン・ゾーン』(レビューは、こちら!)を見たら、劇場・HD DVDで見ているのに、もう一度見直したくなったという次第。しかも、今回はBlu-ray Disc。期待が募ります。

結論から言えば、大満足。テンポの早い展開が、BDの高画質・高音質でよみがえり、まるで初めて見たかのような感激を味わえます。

本作の内容その他については、上掲のレビューを参照していただくとして、今日はBDの仕様についてコメントさせてもらいます。

内容: A

++++++++++

画質(2.40:1): A/A-

Gump TheatreにてPS3からHDMIケーブルによって1080/24p信号をTA-DA3200ES経由でDLA-HD1に送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50 GB。コーデックは、VC-1。伝送レートは、0.2 Mbpsから42 Mbps。

アリカムLTとアリフレックス435/235という35mmフィルム・カメラを使って撮影された本作。カメラはほとんど手持ち状態。ゆらゆらと揺れ続けます。でも、それがポール・グリーングラス流。こうでないと彼の映画を見ている気がしません。

基本的に、HD DVDと同じ画質。暗部情報が豊富な印象もありますが、プレーヤーも違いますから、その辺の影響なのでしょう。

ジェイソン・ボーンが登場する一部の場面は色温度が高めで青が支配的な硬質な画質。あとの場面はニュートラル。色数も多く、鮮明。解像度は極めて高く、VC-1ですが彫りが深く、映画を見ている快感にとらわれます。暗部情報もほぼ満点。『グリーン・ゾーン』と比べても、古臭さは皆無。2年前ならA評価を与えていました。大画面の近接視聴も問題ありません。

音質(DTS-HD Master 5.1ch): A  

TA-DA3200ESからサラウンド・バック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル再生。伝送レートは、3.4 Mbpsから6.3 Mbps。

絵に比べると、音はドルビーTrueHD採用のHD DVDとかなりの差。透明感・押しの強さ、包囲感、超低音の迫力、すべての面でこちらが上。左右前後上下に音が散らばるケレン味ある音響設計にゾクゾクさせられます。特に、銃声の迫力は、本作BDの右に出るBDはなかなかありません。

A+評価にしても悪くないと思います。ですが、そうしなかったのは、個人的理由。あまりのダイナミック・レンジの広さに、わがアンプが悲鳴を挙げ、保護装置を働かせ、電源を落としてしまうことがあったから。本作を心底楽しみたいと思う方は、強力なアンプで音量をしっかりと上げて聴いてください。

英語学習用教材度: A+

日本語・英語字幕ならびに日本語吹替えつき。英語以外の言語も多少使われますが、限定的。セリフ量は、豊富。そのくせ、俗語・卑語は少ないので、十分にテクストとして使えます。しかも、豊富な特典すべてに英語字幕がつくのはすばらしいのひと言。さらに、英語字幕がシネスコ画面の中に収まるのも特筆すべき点。これほどの教材は、そうはありません。

++++++++++

☆1億1000万ドルの製作費で、アメリカで2億2747万ドル、海外で2億1535万ドル、計4億4282万ドルの売り上げ。これは、2007年度アメリカで7位、世界で11位の興行成績に当たります。

BDの特典は、以下の通りです。まずは、次の音声特典。

  ポール・グリーングラス監督による本編音声解説

音声は、ドルビーデジタル・ステレオ(192 kbps)。嬉しいことに、英語字幕がつきます。

次に、映像特典。

   〔じ開シーン (12:22)
  ◆\こΔ魘遒韻訝法Д献Дぅ愁鵝Ε棔璽鵝 23:58)
   屋上の大追跡シーン撮影秘話 (5:39)
  ぁヽ米シーンの撮影 (4:59)
  ァ.ースタントのレッスン (3:23)
  Α.縫紂璽茵璽でのカーチェイス (10:46)

,蓮▲譽拭璽椒奪スのシネスコ・サイズ(2.40:1?)のSD画質(MPEG-2/480p)。◆Ν・ぁΝイ蓮▲譽拭璽椒奪スのビスタ・サイズ(1.78:1?)のSD画質(MPEG-2/480p)。

音声は、すべてドルビーデジタル・ステレオ(192 kbps)。

嬉しいことに、すべてに英語字幕がつきます。

++++++++++

すばらしい娯楽作。いま見ても、十分に新しい。そして、見るなら、絶対にBDで。強くオススメします!
| 外国映画(ハ行) | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/979806
トラックバック