CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 侠客の掟 | main | アザーマン ―もう一人の男― (DVD) >>
インスタント沼 (レンタルDVD)
インスタント沼 ミラクル・エディション [DVD]
インスタント沼 ミラクル・エディション [DVD]
ポニーキャニオン

2009年製作
上映時間: 2:00:16
2009年5月23日 国内劇場初公開
公式サイト: http://instant-numa.jp/

ゴウ先生総合評価: B+
  画質(1.85:1): B+
  音質(ドルビーデジタル5.1ch): B+
三木聡による監督・脚本コメディ。主演は、麻生久美子。共演は、風間杜夫、加瀬亮、松坂慶子。

三木の劇場映画をすべて見ているファンとしては、本作も劇場まで行こうとは思ったのですが、その機会を逃し、DVDによってやっと視聴できました。

沈丁花ハナメ(麻生久美子)は、ある雑誌の編集長。ところが、その雑誌が廃刊になるなど、ドロ沼状態にはまりだします。そんなときに知り合ったのが、実の父親という怪しい骨董屋を経営する「電球」こと沈丁花ノブロウ(風間杜夫)。そこで出会ったパンクロッカーのガス(加瀬亮)の影響で、少しずつ前向きに生きるきっかけをつかむのでした・・・。

失意と再生という、しごくまともな縦糸。それに三木特有の軽い小ネタが積み重ねられていくという構成。個人的には、くすくす笑いとおし。十分に楽しめました。

ことにハナメを演じた麻生久美子のコメディエンヌぶりは最高。それを支える風間杜夫や相田翔子の怪演も見事。

まずは、固いことを言わないでぼーっと見ていたい作品です。

内容: A-/B+

++++++++++

画質(1.85:1): B+  

Gump Theatreにて、480pのDVD信号をPS3において1080p信号にアップスケールしてDLA-HD1に送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。伝送レートは、2.7 Mbpsから9.0 Mbps。

輪郭はそれほど太らず、そこそこの解像度はあるものの、発色が白茶けるのが邦画的。もう少し深みのある絵が作れないものかと思わされます。明るさを絞ると、暗いシーンでは細部がつぶれてしまうので、なかなかそうもいきません。大画面視聴には、6メートルほど離れるべきでしょう。

音質(ドルビーデジタル5.1ch): B+  

TA-DA3200ESからサラウンド・バック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル再生。伝送レートは、448 kbps。

もともとがDTSステレオで収録されている本作なので、5.1チャンネル化されてもフロント重視になってしまっています。とはいえ、平板な印象は少なく、空間性はかなりあるように仕上がっていて、絵よりも好ましく感じます。ことに龍が登場する場面は、相当なサラウンド感。セリフの抜けは問題なし、レンジも広いので、麻生がかん高く叫んでも、聞きづらさはありません。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

☆麻生久美子の演技に支えられていますが、三木聡作品としてはやや低調な内容だと言えるかもしれません。特に後半、龍が出てきてからは、宮崎駿の『千と千尋の神隠し』状態。もっと奇抜で独創的な「ウルトラ・スーパー・スペシャル・アルティメイテッド勝手な」映画を作ってもらわないと。

☆途中で出てくるはなめの住所を記録しておきましょう。

  154-4040
  東京都世田谷区日陰2-7-9かすみ荘201
  090-2373-1262

もちろん、こんな住所ありません。

ハナメが叫ぶ最後のセリフは、すばらしい。三木テイストが失われてはいますが。記録しておきましょう。

  世の中の出来事のほとんどは大したことないし
  人間泣いている時間より
  笑ってる時間のほうが圧倒的に長いし
  信じられないものも見えるし
  ひと晩寝れば大抵のことは忘れられるのよ
  とにかく!水道の蛇口を捻れ!
  そしてそのうそと意地と見栄で塗り固められた
  しょうもない日常を洗い流すのだあ!

☆ちょこっと出る俳優たちが、何とも愛すべき存在。気に入った俳優の名を列挙しておきましょう。

  笹野高史
  ふせえり
  温水洋一
  村松利史
  松重豊
  森下能幸

岩松了や松坂慶子にはもっとぶっとんだ演技を期待したのですが・・・。

レンタルDVDに収録されているのは、予告編集(4:44)だけ。仕様は、絵がレターボックスのビスタ・サイズ(1.78:1)で、音がドルビーデジタル・ステレオ(448 kbps)。寂しいないようです。

セルDVDには次のような特典が入っているようです。

  <封入特典> 『インスタント沼』完全攻略本

  <特典内容>

    本編ディスク:
      音声コメンタリー(三木聡監督×麻生久美子×ふせえり×村松利史)
      予告集

    特典ディスク:
      ミラクルメイキング 
      沈丁花ハナメファッションチェック
      完成披露試写会
      初日舞台挨拶
      監督:三木聡×美術:磯見俊裕トークショー

++++++++++

個人的には、満足できた作品。特に冒頭10分間の乗りは十分に観客を惹きつけるパワーをもっています。細かいことを言わずに、楽しんだ者勝ちでしょう。オススメします!
| 日本映画(あ行) | 08:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/912266
トラックバック