CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< やわらかい手 (レンタルDVD) | main | 気になる英語表現(09-25): 北朝鮮の脅迫に屈するな >>
アフタースクール (レンタルDVD)
アフタースクール [DVD]
アフタースクール [DVD]
メディアファクトリー

上映時間: 1:41:48
2008年5月24日 国内劇場初公開
公式サイト(英文): http://www.after-school.jp/index.html

ゴウ先生総合評価: A-/B+
  画質(1.78 : 1): B
  音質(ドルビーデジタル5.1ch): B+/B
『運命じゃない人』(レビューは、こちら!)の内田けんじ監督作品。前作が非常に面白かったので劇場で見たかったのですが、見られずじまい。やっと、DVDで鑑賞できました。

結論から言えば、ひと言、面白い。前作ほどではないものの、どんでん返しに次ぐどんでん返し。知的好奇心を満たされる快感は、十分にあります。内田の才能は本物です。

新宿歌舞伎町でポルノショップを経営しながら、裏街道の探偵をしている北沢(佐々木蔵之介)。そんな北沢に舞い込んだひと探しの依頼。相手は、木村(堺雅人)というサラリーマン。

頼りは、平成8年に書かれた履歴書だけ。そこに書かれた都内の中学校を訪ねて、木村の知り合いを探します。そこで出会ったのが、木村の同級生だという、その中学で教員をしている神野(大泉洋)。そして、ふたりは協力して木村を探すことになるのでした・・・。

素直に映画を見ていると、方々に“伏線”らしきものがちらほら見えたりします。しかし、それがたぶん伏線なんだろうと思いながらも、やっぱりだまされます。これが実に快感。役者たちもこの複雑なプロットを冷静に演じており、見ごたえ十分。

とはいえ、本作を論じるのは大変。あと10年も経ったらどうだか分かりませんが、現状ではネタばれすれば、脚本の巧みさで成立する本作の面白さを半減させるのは確実。そんな無粋なことはできません。

というわけで、論考停止。ただひと言、1回見て面白いと思って2回見ようと思ってしまう可能性が高いということ。だって、やっぱり細かい伏線を確認したくなるはずですから。その際、料理屋「バク」のなぞの料理は関係ありません。

内容: A-

++++++++++

画質(1.78 : 1): B  

Gump Theatreにて、480pのDVD信号をPS3において1080p信号にアップスケールしてDLA-HD1に送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。伝送レートは、3.4 Mbpsから8.1 Mbps。

全体的にやや白茶けた、最近の日本映画によくある画質。ややぼけた印象。発色もどこかくすみがち。細部もつぶれ気味になり、解像度は高いとはいえません。黒のねばりもやや不足がち。大画面の近接視聴に向いているとはいえないでしょう。

音質(ドルビーデジタル5.1ch): B+/B  

TA-DA3200ESからサラウンド・バック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル再生。伝送レートは、448 kbps。

5.1チャンネルといいながらも、音楽と一部の効果音がリアに回されるだけのフロント重視の音響設計。セリフの抜けは問題ないものの、やや寂しさを感じます。ノイズ感もあって、この評価は致し方ないところです。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

佐々木蔵之介ファンなもので、北沢を中心に追いかけていくと、これが実に面白い。いまあるガゼットを使って、十分に007まがいのことができることを証明してくれています。低予算でもこれだけサスペンスフルな映画ができると知れただけでも、本作を見る価値はあります。

大泉洋という役者に関心がほとんどなかったのですが、本作はなかなか。特に、冒頭近くポルシェを買ったことをからかわれたとき、「公務員をなめんじゃねえよ、って感じですかね」のセリフは真骨頂。観客への挑戦状にもなっているセリフですが、それを滑稽かつ印象深く伝えてくれています。

☆堺雅人演じる木村のキャラクターが最後まではっきりしないのはいただけないところ。どうしてこの事件に関与するようになったのか。これは描きこみ不足でした。

☆ちょっとしか出ない常盤貴子田畑智子ですが、十分に場をさらっていました。特にこういう役の常盤を見ると、徐々にイメージチェンジが進んでいることを思い知らされます。

木村の履歴書が登場するので、見える部分だけ記録しておきます。

平成8年○月○日

木村一樹
昭和49年10月11日生まれ22歳
本籍 東京都
158-0094 東京都稲城市若葉台5丁目115番地
042-538-68232

学歴
稲城市立西森沢中学校 
東京都立若葉台高等学校
○○国際大学商学部商学科

レンタルDVDには、内田けんじ監督と大泉洋の音声解説がついています。かなり笑える解説です。

++++++++++

見て損はない日本映画。『キネマ旬報』2008年度日本映画10位というのは伊達ではありません。

オススメします!
| 日本映画(あ行) | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/834626
トラックバック