CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< マリー・アントワネット | main | 気になる英語表現: 問題は経済なんだ、安倍さん >>
それでもボクはやってない
それでもボクはやってない (監督 周防正行)
それでもボクはやってない (監督 周防正行)
2007年1月20日 劇場初公開
公式サイト: http://www.soreboku.jp/

ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン9 F-17
2007年2月1日(木)14時30分の回

ゴウ先生総合評価: B-
  画質(ビスタ): A-
  音質(SRD): A-
評価に悩む作品です。痴漢冤罪裁判の実態を暴いてくれてありがとうと高く評価するか、周防正行監督に期待していた裁判を笑いのめすコメディではないのを不満と見るか、心は千々に乱れます。

見終わった時に思ったのは、これならば周防監督が撮らなくてもよかったのではないかということでした。

確かに、痴漢冤罪裁判の矛盾を扱う映画監督は他にいないかもしれません。しかし、周防監督に期待するものを十全に出し切らないのでは、脚本と製作を周防氏が引き受け、監督を別人に依頼する手はなかったかと思うくらいです。

というのも、相当痴漢冤罪裁判に対する“怒り”が強いらしく、それがあまりにストレートに表れて、逆にリアリティを失っている印象が残るからです。

もう少し冷静に映画的快感と主張するテーマをバランスよく両立させる道がなかったかと思うのです。

結局、テーマに対する執念をB+、映画としてC-と見て、総合的にB-の総合評価にしてしまいました。

それだけ、痴漢冤罪の問題にストレートに切り込む本作、それならそれでこの種の裁判の問題すべてをきちんと語ってくれているかといえば、そうでもないような気がします。

143分かけても、まだ説明不足の感があり、次のような不満が残るのです。(本作のストーリー展開は、公式サイト等でご確認ください。)

第1に、主人公金子徹平(加瀬亮)のバックグラウンドが語られないのは、感情移入を難しくさせました。フリーターで就職面接を受けに行く途中で痴漢の容疑をかけられた可哀想な26歳の若者というだけでは、当方としては納得いきません。

たとえば、就職面接を受けに行くというのに、徹平は履歴書を忘れます。これを見ると、はたして本気で就職する気があったのかどうか怪しくなります。これは人物造形上大切なポイントだと思うのですが、無視してよいのでしょうか。

第2に、徹平を取り巻く人物たちの関係もよく分かりません。母親(もたいまさこ)とはどういう関係なのか。父親や兄弟の影が見えませんが、母ひとり息子ひとりの母子家庭なのでしょうか。山本耕史演じる友人ともどういう友達なのでしょう。気になって仕方なく、映画にのめり込めなくなりました。周防監督は、こんなに説明不足の脚本を書く人だったのでしょうか。

第3に、伏線の類がまったく使われないのも合点がいきません。たとえば、拘置所の中の生活をあれだけ描く以上、同房の人間が後から絡んでくるだろうと思ったら、それもまったくなし。本田博太郎演じるお節介な男くらいは後で登場するだろうと思っていたのですが、それもありません。ちょっと、これでは・・・。

第4に、裁判官が変わると結末が完全に読めてしまう演出もいかがなものかと思います。ニコニコして被告を冤罪から救うことに使命感を感じている正名僕蔵が、国家権力を背負ったかのような小日向文世の裁判官に変わるのです。もう少し、結末を分からなくする演技指導ができなかったものかと恨みを並べたくなります。

第5に、その意味ではタイトルの「それでもボクはやってない」自体が、結末をネタバレしているのはいかがなものでしょう。

というわけで、痴漢冤罪の恐ろしさを体験することはできますが、映画として完成度が高いかと言われると、首肯できないのでありました。

ただし、ベテラン俳優の演技には目を見張らせるものがあったのは事実です。特に、次の三者。

まず、徹平の弁護人役の役所広司。痴漢被害者の女子中学生の証言を老眼鏡越しにじっと見つめるシーン。それだけの演技に、ゴウ先生、しびれました。やはり、現代日本を代表する名優です。

次に、法廷担当検事を演じた尾美としのり。心外な展開になると、法廷でペン回しをしてエリートの嫌みをさり気なく出しています。そこら辺の中高生のようにペン回しをするこんなバカに人生を左右されると思うと、見ていて空しさと怒りがこみ上げてきました。

最後に、小日向文世。まず本作への登場の仕方がショッキングです。正名僕蔵演じる人権派の裁判官が司法修習生に「冤罪を避けるのが裁判官の務め」と論じている、その後に謎の微笑みを浮かべた小日向がかぶるのです。これだけで、悪魔の登場を感じさせます。。さらに、法廷内で証言台の被告や証人を見る目の冷たさ。上手い!と言うしかない存在感でした。

繰り返しになりますが、この内容で周防節が炸裂していたら、文句なしのA+映画だったのにと嘆くのでした。

++++++++++

画質(ビスタ): A-  

185人入る第9スクリーンに7割くらいの人が入り、真ん中の見やすい席はほとんど埋まっていました。すごい人気です。

おかげで予約していたF-17の席から中央へ移動することはかなわず、かなり右側からみることになりました。しかし、絵の見え具合にはまったく問題なし。若干心配していたのですが、そんな心配を吹っ飛ばす鮮やかな絵です。邦画のレベルを越えています。

本作のカメラマンの栢野直樹といえば、ゴウ先生にとっては『火火』(レビューは、こちら!)。巧みな絵作りに感心したのを思い出しました。

音質(SRD): A-

左右の広がりはなかなか。セリフの抜けも十分。リア・サラウンドも薄いながらもしっかりあります。透明感も高く、これまた邦画のレベルを越えています。

++++++++++

気になるところを、二つほど。

☆もし削除されたシーンが大量にあって、それをつなげるともっと周防節が発揮されるというのなら、DVD発売時に「ディレクターズ・カット版」で勝負してもらえたらと願っています。

☆本作の出発点は、西武新宿線で痴漢の容疑で逮捕された矢田部孝司さんの次の本だとか。

お父さんはやってない
お父さんはやってない
矢田部 孝司+あつ子

毎日同線で田無から高田馬場に通っているゴウ先生には、同線電車内で痴漢容疑をかけられた矢田部さんや別件の丸山功さん(詳しくは、こちら!)の事件が、他人事には思えません。どうやって痴漢の疑いをかけられないようにしていくかを考える教訓とさせてもらっています。とにかく、予防がすべてですから。

++++++++++

真面目な作品だし、好感のもてる作品だと認めますが、想定範囲内の展開はいただけません。『Shall We Dance?』の軽さがあったらと恨めしくなります。正直、143分、長く感じてしまいました。

とはいえ、痴漢冤罪裁判に詳しくない人にはぜひとも見てもらいたい作品であることは間違いありません。
| 日本映画(さ行) | 18:15 | comments(3) | trackbacks(40) |
コメント
TBありがとうございました。
裁判劇に焦点をあてるため、伏線を排除したようですね。
サラリーマンにするという案もあったけど、社会的になんのしがらみのないフリーターに落ちついたそうで。
それを良しととるかは、人それぞれですね。。
| pretty_kitten | 2007/02/08 8:36 PM |
TB&コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、時間の関係で割愛されたと想像しています。ゆえに、ディレクターズ・カット版を見たいと思います。6時間くらいの映画になってもいいんじゃないかと思ってしまいますので。
| ゴウ先生 | 2007/02/08 9:07 PM |
こんにちは、TBありがとうございます。
ゴウ先生、かなり厳しい評価ですね。
ゴウ先生がブログの中で金子のバックボーンが描かれていないとありましたが、間違っているかもしれませんが、あれは観客が主人公に対して肩入れしない公平な立場で見てもらう為に意図的に描いていないように感じたのですが、もしくは単純に上映時間の関係で割愛されたのかは不明ですが、私は特に気になりませんでした。
また「masalaの辛口映画館」のご来館をお待ちしております。
| masala | 2007/02/09 12:12 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/611794
トラックバック
【2007-9】それでもボクはやってない
おかしい 日本の裁判 裁判とは何か? そして真実とは・・・ 今、運命の法廷が開かれる
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/02/05 10:18 PM |
それでもボクはやってない
シンプルな作りなのに,素晴らしく奥深い見応え。
| Akira's VOICE | 2007/02/08 10:47 AM |
それでもボクはやってない 80点(100点満点中)
けーっぱーくーだー♪ 公式サイト 社会現象とも呼べる大ヒットを記録した『Shall we ダンス?』の監督、周防正行が11年ぶりに製作した劇場映画。 現代社会に普通に存在しながらも、あまり表立って目を向けられる事のない題材を扱い、コミカルなタッチで娯楽映画を
| (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2007/02/08 7:58 PM |
それでもボクはやってない 〜ニッポンの刑事裁判は有罪推定?〜
それでもボクはやってない(2007 日本) 監督 周防正行 脚本 周防正行       撮影 栢野直樹         音楽 周防義和       出演 加瀬亮 瀬戸朝香 役所広司    「疑わしきは被告人の利益に」 憲法31条に基づく刑事裁判の鉄
| 映画のメモ帳+α | 2007/02/08 8:05 PM |
それでもボクはやってない
監督:周防正行 主演:加瀬亮 おそろしい現状です。 こんな流れで犯人にされてしまうなんて。 もっとおそろしいのは 真犯人以外、被害者の女の子、駅員、刑事、裁判に関わる全ての人に、 悪意はないってこと。 みんな、自分のやるべきことを迅速に滞りな
| えいがの感想文 | 2007/02/08 8:31 PM |
それでもボクはやってない@アミューズCQN
11年ぶりの監督作となった周防正行はそれだけ時間があったということで丹念に調査したのだろう。理詰めだった。日本の裁判の形式、実態に大きな疑問を抱いているのだろう。メッセージ性が強かった。 通勤ラッシュの中、金子徹平は女子中学生に痴漢をしたとされ現行犯
| ソウウツおかげでFLASHBACK現象 | 2007/02/08 8:33 PM |
それでもボクは・・・
痴漢冤罪をテーマにした映画 「それでもボクやってない」 見てきました! ドライブ
| それだ! | 2007/02/08 8:34 PM |
日本の裁判をリアルに描く!/「それでもボクはやってない」
エンターテイメントじゃなかった! エンタメ作品だと思って観に行くと、痛いしっぺ返しをくらうかもしれないので要注意ですよ。という事で、事前にどういう映画か知っておいてから鑑賞する事をおすすめします。 そんな訳で、早速レビュー。 *** 監督が三
| Wings of Freedom | 2007/02/08 9:35 PM |
映画 それでもボクはやってない/周防正行
周防正行監督、11年ぶりの監督作品『それでもボクはやってない』を見てきました(とりあえず今回は封切ったばかりということでネタバレはなしな方向で)。
| TALKING MAN | 2007/02/08 9:54 PM |
【それでもボクはやってない】法律って何?救われる方法は何処?
10人の犯罪者を逃しても1人の無辜をも罰してはならない。警察、検察、裁判官。法に関わる者の理想であろう。何かやった事を証明するのはたやすいが、やっていない事を証明するのは難しい。冤罪。世の中で様々な犯罪がある中で、一番冤罪が多いのが、この痴漢行為なの
| 見取り八段・実0段 | 2007/02/08 9:58 PM |
映画「それでもボクはやってない」
 映画「それでもボクはやってない」の試写会に出かけた。  痴漢冤罪裁判をテーマに
| Serendipity ! | 2007/02/08 11:02 PM |
それでもボクはやってない
(07年1月鑑賞) 「社会派の作品でありつつ思い切りエンタテインメント!。なんと...
| 丼 BLOG | 2007/02/08 11:03 PM |
映画「それでもボクはやってない」を試写会にて鑑賞。
 16日、科学技術館サイエンスホールにて、周防正行監督の11年ぶりの新作、そして初のシリアス作品の「それでもボクはやってない」を鑑賞した。客入りは7〜8割くらい。 映画の話は、フリーターの金子徹平(加瀬亮)は会社の面接のため、通勤ラッシュの満員電車に
| masalaの辛口映画館 | 2007/02/08 11:44 PM |
それでもボクはやってない
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞 それでもボクはやってない 2007年/日本/143分 監督: 周防正行 出演: 加瀬亮/瀬戸朝香/山本耕史/もたいまさこ/役所広司 公式サイト フリーターの金子徹平はある日、就職面接に向かう途中の満員電車の中で
| Addicted to the Movie and Reading! | 2007/02/09 12:06 AM |
それでもボクはやってない
映画「それでもボクはやってない」を観てきました!! 痴漢冤罪事件を題材にした周防正行監督の映画で、かなり話題になってるし、電車に乗ることも多くずっと気になってたので、観たいと思ってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『大事な就職の面接を控
| Thanksgiving Day | 2007/02/09 2:56 AM |
それでもボクはやってない
フリーターの青年・金子は、就職希望先の面接に向かう満員電車の中で、痴漢と間違えられて逮捕されてしまう。無実を訴える金子だったが、警察は彼の主張に耳を傾けず弁護士も「たとえ無実でも罪を認めて示談にした方が良い」と彼に言う。それでも潔白を訴え続ける金
| 5125年映画の旅 | 2007/02/09 7:05 AM |
「それでもボクはやってない」5つ★ 周防正行監督に拍手!
見て良かった!今まで全然知らなかった「日本の裁判の現実」に驚きと、恐怖・・・。
| ポコアポコヤ 映画倉庫 | 2007/02/09 10:03 AM |
『それでもボクはやってない』鑑賞!
『それでもボクはやってない』鑑賞レビュー! 11年ぶりの新作、遂に始動!! 周防監督が選んだ題材は “裁判” 十人の真犯人を逃すとも、 一人の無辜(むこ)を罰するなかれ ★review★ 公開日に観て来ました〜! 予想通りと言うか予想
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2007/02/09 10:09 AM |
映画『それでもボクはやってない』
わ〜た〜し〜はやってない〜♪ け〜ぇ〜ぱ〜くDA〜♪ なんて歌が10年以上前にやたらとニュースで流れてましたが、 この映画の主人公は正真正銘の潔白。 本当に「やってない」にもかかわらず、 痴漢の罪で捕まって尋問されて起訴されて・・・。 男としては観てて空恐ろし
| サムライ大将の砦 | 2007/02/09 12:05 PM |
『それでもボクはやってない』
監督:周防正行 CAST:加瀬亮、役所広司 他 STORY:フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、ある日満員電車で痴漢に間違われ拘留されることに・・・・ 良かったです! 周防監督が徹底的にリアリズムにこだわったというだけあっての生々しさ、 そして2時間を
| Sweet* Days | 2007/02/09 2:51 PM |
それでもボクはやってない
  ? 製作:2007 監督:周防正行 出演:加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、大森南朋、山本耕史、本田博太郎、    もたいまさこ、小日向文世、尾美としのり ストーリー> フリーターの徹平(加瀬亮)は、通勤ラッシュの電車で痴漢と間違えられてしまう。 無実で
| あきすとぜねこ | 2007/02/09 8:42 PM |
それでも ボクは やってない 観ました〜
それでも あなたは 通勤電車に乗りますか? それでも ボクは やってない(公式サイト)観ました。 いつもどおり安城コロナワールドでしたが 公開初日なのに8番シアターという仕打ち!(1番シアターが一番おっ
| 玉露 いかがです? | 2007/02/09 10:25 PM |
それでもボクはやってない(日本)
映画ファンだけど監督には無関心なアンマリーだけどさ、さすがに周防監督は知ってるよ。 周防監督って知ってます?  ってバイトくん(大学院生)に聞かれたときも知ってるよって即答できたもん これ、昨年のコト。 一緒に勉強してたんで、昨日試写会に呼んでもらっ
| 映画でココロの筋トレ | 2007/02/09 10:35 PM |
『それでもボクはやってない』
『それでもボクはやってない』公式サイト 監督・脚本:周防正行 音楽:周防義和 出演:加瀬亮 、瀬戸朝香 、山本耕史 、もたいまさこ 、田中哲司 、    光石研 、尾美としのり 、大森南朋 2007年/日本/143分 おはなし Yahoo!映画 フリータ
| Rabiovsky計画 | 2007/02/09 11:05 PM |
それでもボクはやってない
143分の映画、引き込まれました。久しぶりの周防監督ですね。考えてみたら、「ShallWeダンス?」が96年ですよ〜。10年も、周防さんなにをしていたんでしょ^^)何か「これ」というものが見つからないと作れないと、どこかで監督の話を聞いたことがありますが、今回の「
| ぷち てんてん | 2007/02/09 11:15 PM |
それでもボクはやってない
公開日 2007/1/20監督・脚本:周防正行 「Shallweダンス?」出演:加瀬亮/瀬戸朝香/山本耕史/鈴木蘭々/小日向文世/もたいまさこ/役所広司 他【あらすじ】フリーターの金子徹平は会社面接へ向かう満員電車で痴漢に間違えられて、現行犯逮捕されてしまった。警察署での
| Good job M | 2007/02/09 11:47 PM |
映画「それでもボクはやってない」
それでも、それでもボクはやっていない。控訴します!!刑事事件で起訴されたら有罪率99.9%、冤罪事件にかぎっても97%が有罪になるという実態・・ 仕事もせずブラブラしていた金子徹平(加瀬亮)、ようやく面接にこぎつけて会社に向かうが途中で履歴書
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/02/10 1:55 AM |
「それでもボクはやってない」 now roadshow!
それでもボクはやってない    製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 143分 監督 周防正行 脚本 周防正行 音楽 周防義和 出演 加瀬亮 、瀬戸朝香 、山本耕史 、もたいまさこ 、田中哲司 、光石研 、尾美としの
| とりあえず生態学+ | 2007/02/10 6:56 AM |
それでもボクはやってない☆独り言
痴漢って現行犯だよね?今になって・・・あーいう告発なんだったら、冤罪ごろごろあるんじゃないかって思っちゃった。。。『それでもボクはやってない』観てきました。警察や裁判所は公正な所である・・・信じられなくなってきますね。交通事故をやったときも、そうだっ
| 黒猫のうたた寝 | 2007/02/10 7:39 AM |
それでもボクはやってない
 評価:◎  無実度:0.1% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』  面接を受けに行くために、満員電車に乗り込んだフ
| 何書☆ねくすと | 2007/02/10 9:07 AM |
「それでもボクはやってない」 もう裁判が人ごとではいられないのかも・・・
周防正行監督の久しぶりの新作です。 今までもユニークな題材を選んできた周防監督で
| はらやんの映画徒然草 | 2007/02/10 2:30 PM |
それでもボクはやってない(07・日)
この映画を論ずることは、日本の裁判制度そのものを論ずることになるんだろうと思う。 それくらい、「映画」と言うよりはリアルな現実を見せてくれた映画ではないだろうか。 そして、「これが日本の裁判」だとしたら、我々は現状を知らなすぎる。 周防監督は3年間の
| no movie no life | 2007/02/10 11:07 PM |
「それでもボクはやってない」
 会社の友人(ブロガーではない)にかなり勧められ、それでもボクはやってないを見てきました。
| よしなしごと | 2007/02/11 1:19 AM |
それでもボクはやってない
映画「それでもボクはやってない」の感想です
| ジャスの部屋 -映画とゲーム- | 2007/02/13 1:13 PM |
『それでもボクはやってない』
明日裁かれるのはあなたかもしれない・・・   ■監督・脚本 周防正行  ■キャスト 加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、山本耕史、光石研、尾美としのり、田口浩正、高橋長英、本田博太郎、竹中直人      □オフィシャルサイト  『それでもボクはやってない
| 京の昼寝〜♪ | 2007/02/13 5:19 PM |
それでもボクはやってない(2007/日本/周防正行)
【ユナイテッド・シネマとしまえん】 フリーターの金子徹平(加瀬亮)は、会社の面接に向かうため通勤ラッシュの電車に乗っていた。そして、乗換えの駅でホームに降り立った彼は女子中学生から痴漢行為を問いただされる。そのまま駅員によって駅事務所へ連れて行かれ
| CINEMANIAX! | 2007/02/13 8:04 PM |
それでもボクはやってない
本当に無実でも、無罪になるとは限らない・・・ってホント? 「ファンシイダンス」(1989)。。。仏門修行、「シコふんじゃった」(1992)。。。学生相撲、そして『Shall We ダンス?』(1996)。。。ボールルームダンス・・・と、これまで意外な切り口
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2007/02/13 11:28 PM |
それでもボクはやってない(1月20日公開)
朝の通勤ラッシュで混雑する電車の中 フリーターの金子徹平(加瀬亮)も,就職の面接に向かう途中,その電車に乗っていた. 自分が物語の主人公になることを,まだ知らない…. ----(PR)---------- リンクサービスのお知らせ オレメデアに,あなたのブログ(ホームページ)
| オレメデア | 2007/02/16 3:22 PM |
★それでもボクはやってない(2007)★
十人の真犯人を逃すとも、一人の無辜を罰するなかれメディア映画上映時間143分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2007/01/20ジャンルドラマ【解説】「シコふんじゃった。」「ShallWeダンス?」の周防正行監督が、ある“痴漢冤罪事件”を報じる記事に関心を持ち
| CinemaCollection | 2007/02/16 7:10 PM |
それでもボクはやってない
 映画史に残る大傑作『Shall We ダンス?』後、さっぱり映画を作らなくなった周防正行ということで大きな期待の反面、これだけ映画から遠ざ
| シネクリシェ | 2007/03/26 5:59 AM |