CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 無法松の一生 (DVD) | main | 独立愚連隊西へ (DVD) >>
日本以外全部沈没 (DVD)
日本以外全部沈没
日本以外全部沈没
2006年9月2日 劇場初公開
公式サイト: http://www.all-chinbotsu.com/

ゴウ先生総合評価: C
  画質(ビスタ): B
  音質(ドルビーデジタル/ステレオ): B+
昨年一部で話題を呼んだ本作。怖いもの見たさのゴウ先生、見たいと思っていたのですが、行けませんでした。DVDがリリースされ、やっと見られた次第です。

結論から言えば、映画の出来は議論するレベルにありません。しかし、筒井康隆原作本の精神をしっかりと受け継いでそれが持つ毒をばら撒く河崎実監督の勇気には拍手喝采する次第です。

ストーリーは、2011年に日本を除いたすべての大陸が海に沈み、日本に大量の難民が押し寄せるという話です。

この設定そのものは、最近の映画で言えば『トゥモロー・ワールド』(レビューは、こちら!)とよく似ています。あちらでは沈没しませんが、イギリスだけが生存可能な環境になるという意味では同じです。

そういう発想を30年以上前に筒井康隆が持っていたことに凄みを感じます(ゴウ先生も大昔に原作は読んだ記憶がありますが、内容はすっかり忘れてしまいました)。

ひょっとすると、河崎実監督の毒は、筒井のそれを上回っているのかもしれません。特に、中国と韓国の首脳に対するとんでもない嘲りを映し出しているのには、ゴウ先生、大笑い。でも、これ、本当に大丈夫なのでしょうか。

ともあれ、冴えない俳優陣と学芸会レベルの演技のオンパレード、そしてチープな作りの展開が足を引っ張りますが、語られている内容にはなかなか鋭いものがあるのは事実。ゴウ先生、見たことを後悔していません!

ちなみに、本作を見たのは、元日!一家揃って、大画面で!!『カーズ』(レビューは、こちら!)と併映で!!!

++++++++++

画質(ビスタ): B  

Gump Theatreの120インチ・スクリーンでは、ちょっと厳しい画質。良くも悪くも、平均的な邦画の画質です。粒子も粗めだし、透明感・繊細さにも難があります。

音質(ドルビーデジタル/ステレオ): B+

音の迫力はまずまず。セリフの抜けも良好。これできっちりと5.1chサラウンドになっていれば、もっと面白かったろうにと惜しまれます。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

☆『日本沈没』が韓国で大ヒットしたということを聞いて、ゴウ先生、やっぱりと思いました。日本人が苦しむのを見て楽しむのが彼の国の人々ですから。実際、『朝鮮日報』には次のような記事が2006年9月10日に出ています。

**********

映画『日本以外全部沈没』、韓国人はどう見るか

 大地震が起きて日本が海に沈むという災害を描いた超大作映画が『日本沈没』だ。韓国で「反日マーケティング」を展開した同作品は『グエムル』を退け、8月最後週の興行成績トップに躍り出た。「日本人が恐怖に震え上がる姿を見た韓国人は快感を覚える」と評価されている。

 しかし韓国人たちに不快感を与える映画も同時に日本で公開中だ。『日本以外全部沈没』というタイトルの映画。日本以外のすべての国が海に沈むという内容だ。ブッシュ米大統領ら各国首脳をはじめとするVIPたちが世界で唯一、沈まない日本に押し寄せ助けを求めるシーンもある。『日本沈没』で追い詰められた日本の首相が、世界各国に救援を要請するのと正反対だ。

 『日本以外全部沈没』は『日本沈没』の人気に便乗して制作された単なるパロディ映画だ。しかし河崎実監督は記者会見で「独島(日本名竹島)・尖閣諸島・ 北方領土は日本の領土だから映画では沈まない」と語るなど、論議をかもし出している。

 映画評論家の前田有一氏は「ろくな主張もない単なるチープな脱力ドラマである」「内容は、一見外国人が激怒しそうなものだが、あまりにレベルが低すぎて、これを見て怒る外国人などほとんどいまい」とバッサリ斬り捨てている。

**********

まあ、色々な意見があってよいでしょう。しかし、こういう形で引用されて納得しているのかどうか、前田有一氏には訊いてみたいものです。

なお、ここで引用された氏のレビューは、以下のサイトでどうぞ。

http://movie.maeda-y.com/movie/00790.htm

☆河崎実監督作品を初めて見ました。オバカサン映画が好きなゴウ先生、こういう映画も悪くないかもと思って、何本か見てみようかと思っています。『いかレスラー』とか、タイトルに興味をそそられるし。

いかレスラー
いかレスラー

++++++++++

河崎実ファンでなくても、暇つぶしには悪くないと思う作品です。どなたにも勧める気はさらさらありませんが、関心をもたれた方は、レンタルでどうぞ。
| 日本映画(な行) | 12:59 | comments(0) | trackbacks(1) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
【劇場鑑賞108】日本以外全部沈没
64億420万人 日本以外の すべての外国人に捧ぐ 世界が沈んで 日本だけが残った 日本以外のすべてが沈没し 世界中から難民が押し寄せてきた 『日本は・・・永久に日本人だけのもの。外人どもには渡さん!』 北方領土 竹島 尖閣諸島は どう
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2007/01/08 11:35 PM |