CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 気になる英語表現: エイズ予防に包茎手術 | main | さよなら、さよならハリウッド (DVD) >>
硫黄島からの手紙 (映画館篇)
硫黄島からの手紙 (監督 クリント・イーストウッド、出演 渡辺謙、二宮和也)
硫黄島からの手紙 (監督 クリント・イーストウッド、出演 渡辺謙、二宮和也)
原題: Letters from Iwo Jima (2006)
2006年12月9日 日本初公開
公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン8 H-24
2006年12月14日(木)21時15分の回

ゴウ先生総合評価: A
  画質(スコープ): A-
  音質(SRD/THX): A+

11月22日の試写会で鑑賞済みの本作。その顛末については、すでにレビューを書かせてもらいました(こちらを、クリック!)。

しかし、あの最悪の鑑賞環境で本作を語ったと言い切るのは悔いが残ります。劇場公開されたのを機会にもう一度見ようと思っていたのでした。

再鑑賞のために考えた映画館の条件は、二つ。第一に、最高の音響設備が備わっていること。第二に、最高の席が確保され映画に集中できるために、混雑していないこと。

そうなると、安心できるのは最新のシネコンしかありません。最初は、ユナイテッド・シネマ豊洲に行くつもりでした。幅22メートルの巨大スクリーンに最新のヤマハの音響設備が整っていますので、期待を裏切ることはないと思ったのです。

ただし、恐れたのは混んでいること。そこでレイト・ショーを狙いました。ところが、豊洲の場合始まりがいつもより早いのです。20時30分にはなかなか間に合いません。

そこで選んだのが、同じユナイテッド・シネマのとしまえん。スクリーンは幅が20メートルと若干小さくなりますが、THX認定の音が売り物のスクリーン8で公開中です。『父親たちの星条旗』(レビューは、こちら!)も同じ場所で見ています。安心して映画を楽しめるホーム・グラウンドです。

しかも、開始が9時15分。何とか都合をつけると行けないことはありません。土曜日からは、豊洲もとしまえんも小さなスクリーンでの上映に変わります。何としても金曜までに行かなければならないのです。

そこで急遽時間が空いた13日の木曜日、冷たい雨が降る中UCとしまえんに出かけたのでした。

思惑通り、館内はガラガラ。好きな席が取れました。冒頭のTHXのデモンストレーションを聴くだけで、来てよかったと思います。

最近のクリント・イーストウッド作品を語るためには、最高の音響設備が絶対に必要です。アフレコなしの一発撮りを多用するイーストウッド作品を、ちょっとでも音の悪い環境で見ると、セリフが聞き取りにくくなってしまい、映画の評価を下げてしまいます。

実際、試写会の読売ホールでは、渡辺謙や二宮和也を始めとした登場人物のセリフが拾えずに混乱させられました。

イーストウッドが音を大切にする姿勢は、最初のドリームワークスのアニメーションを無音にしたことに、すでに現れています。

そして、聞こえてくる波の音・・・。耳を澄ますと右から左から後から優しい波の音がしてきます。とても戦争映画の始まりではありません。この「静けさ」こそ、イーストウッドが本作で訴えたかったのかもしれないと思います。

悠久の自然の営みの中で、ほんの一時期砲撃と銃弾と悲鳴が錯綜した硫黄島。戦争という愚かな営みに、文字通り命を懸けた人間の愚かさを現代の硫黄島の静けさがあざ笑っているようです。

戦闘シーンの迫力は、いまやどこの映画館で見ても変わりはありません。ドーン、ズシーン、ギャー、ウッと鼓動を早めます。

問題は、どれだけ静かな環境を作り、登場人物の心の機微を音で再生できるかです。その点、UCとしまえんは最高でした。すべてのセリフが聞こえ、ひとり一人の苦悩がセリフとその無音の間から聞こえてきます。

読売ホールでは平面的だった映画の印象が、三次元的空間性をもって迫ってきます。リアリティに雲泥の差があるのです。

その結果、本作の評価を変えざるを得ませんでした。淡々と描く本作に映画的カタルシスを感じないとA-/B+を与えた試写会体験でしたが、この静けさが与えられると話は別です。

戦争の悲惨さを、誇張せずにあるがまま映し出すのは、砲撃の音の大きさではありません。それが止んだ瞬間の静けさなのです。それが今回は味わえました。

たった3週間前に見たばかりなのに、飽きることなく食い入るように見られたのも、まるで別の映画を見るかのような「静けさ」があったからです。

さらに、本作の凄さは、観客を安易なセンチメンタリズムに連れ込まないことです。涙を流す快感を奪い、ただひたすら生き地獄を眼前で見せつけるのです。

泣かせようとすれば、いくらでもそういう感傷的な場面を作れたことでしょう。しかし、イーストウッドはそうしません。

だからこそ、『父親たちの星条旗』と同様に、本作にも「英雄」を作りません。栗林忠道中将も西郷もだれも英雄に仕立て上げないのです。

英雄を作らないがゆえに、その対極にあるはずの林中将(ケン・ケンセイ)や伊藤中尉(中村獅童)の行為も卑怯なものに見えません。致し方ない帰結だったとしか言えず、とても責める気になれないのでした。

確かに、気になるキズはあります。

ひとつは家の作り。西郷の家も犬を飼っていた家も、障子が玄関に使われていましたが、そんなことはありません。

犬を飼っていた家族も着物の着こなしがどこか変です。

夜に日章旗を上げることもしなかったはず。第一、旗日以外にも毎日上げておかなければならなかったのでしょうか。

しかし、見終わるとそういうことを忘れはて、心静かに「映画」を見た喜びに浸れるのでした。

悩みましたが、A評価に上げさせてもらいます。

++++++++++

画質(スコープ): A-

画質はもう少し輪郭がシャープかと思いましたが、あくまでフィルムらしい柔らかさを持っています。少し好みと違いますが、読売ホールよりはっきり上です。

音質(SRD/THX): A+

たとえUCとしまえんに行かれても、いまは別のスクリーンに移っていますので、同じ体験をしていただくわけにはいきません。ですが、環境の良い映画館でご覧になる場合には、耳を澄まして三次元的にサラウンドする効果音を聴いてください。たとえば、壕の中のシーン。栗林中将の副官を務めている気分になれます。

++++++++++

DVDに対する注文です。この2部作を時系列を統一して再編集して収録してもらえないものでしょうか。米軍の大艦隊が押し寄せてくる中、壕を掘り続ける日本兵。見てみたいものです。感動がもう一段階上になると思います。5時間の超大作になりますが、DVDならばそれも鑑賞可能です。イーストウッドの英断に期待します。

++++++++++

書きたいことを書きつくした気がしません。じっくりとまた論じてみたい映画です。

ぜひ環境の整った映画館でご覧ください。

オススメです。

+++++関連記事+++++

『硫黄島からの手紙』(試写会)
『父親たちの星条旗』
| 外国映画(ア行) | 18:42 | comments(5) | trackbacks(56) |
コメント
こんにちは。
こちらもトラックバックさせていただきます。
試写会の件、お疲れさまでした。

>この2部作を時系列を統一して再編集して収録してもらえないものでしょうか。

ボクもその案はアリだなぁと思ってました。戦後のシーンは「父親たちの星条旗」に偏ってしまうかもしれませんが、戦況に関しては興味深く展開しそうですね。
| でんでん | 2006/12/17 4:47 PM |
こんにちは! TB有難う御座いました。
こちらからはどうも上手くお返し出来ないようです。
悪条件だった試写会の時と、設備の整ったシネコン鑑賞での感想がこうも違うとは!とても楽しく読ませて頂きました。
「静けさ」がこんなに感動を後から呼び起こしてくれるこの作品は ほとんど奇蹟ですね!! おっしゃるとおり安易なセンチメンタリズムに流されない作りが素晴らしかったです。 
良質なミニシアター系の作品も「設備の良いシネコンで観たい!!」運動しませんか?(笑)
| マダムS | 2006/12/18 8:35 PM |
TBありがとうございました。
一度目と二度目でずいぶん印象がちがったようですね。
何度も足を運んでる方もいらっしゃるようですし、硫黄島を観てから、星条旗を観ると、また気づかされることも多いのではないでしょうかね。
たしかに激しい戦闘シーンもすごく静けさを感じました。
「静けさや岩にしみいるせみの声」クリントは俳句も知ってたりして(笑)

| しゅぺる&こぼる | 2006/12/18 9:26 PM |
前作もそうでしたが、あれだけ激しい銃声や爆音にもかかわらず、小銃や機関銃の遊低がジャキジャキ前後する音や排出される薬莢のチャリチャリした金属音がくっきり聞こえる音響設計は、スゴイですよね。

ちなみに、ドリームワークスのロゴに音がなかったので、途中で波の音がかぶってくるのを聞くまで、映写事故かと思っていたあわて者です(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
| にら | 2006/12/19 2:04 PM |
TBありがとうございます。
何回かこちらからも送ったのですが、うまく反映されずコメントを残そうと思います。

この映画2回観たんですね。
1回目と2回目ってどうしても見方が変わってきますしね。
1回目では観れなかった部分が2回目で観ることができたりしますしね^^

私も戦闘シーンの迫力には驚きましたね。
映像から目が放せない映画でした!
| えみたん | 2006/12/20 7:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/592340
トラックバック
「硫黄島からの手紙」を観る
 今日は「硫黄島からの手紙」を観てきた。死闘といわれる硫黄島の戦いを双方の視点で
| ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版) | 2006/12/17 4:34 PM |
「硫黄島からの手紙」重厚で良かったです!
「硫黄島からの手紙」見て来ました。泣かせましょうとか、盛り上げましょうとか、そういうのが一切無くて、わざとらしい部分も無く、全編モノクロっぽい映像の、とても重厚に作られた映画。アメリカ映画なのに、セリフが9
| ポコアポコヤ 映画倉庫 | 2006/12/18 6:39 PM |
■週末の学び12/8「硫黄島からの手紙」★しばしトップ固定
※しばしトップ固定 最新記事はひとつ下より ↓↓ ※ホンダラさん!さっそく補足ありがとうございます!   私が演じたのは、ひとりのパン屋です。この作品を見てから、今もたくさんのことを感じ、考えています。 私がひとつだけわかったことは、この作
| 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! | 2006/12/18 6:43 PM |
硫黄島からの手紙
私は実は見る前、非常に気が重かったのです。もちろん、見終わっても重い映画でしたが・・ただ、私の勝手な思いだったのですが、日本側を描くという事で「泣きの場面」を見せ付ける邦画のイメージを持っていたのですね。しかし、「父親たちの星条旗」を見ても「ミリオン
| ぷち てんてん | 2006/12/18 6:57 PM |
硫黄島からの手紙
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。
| Akira's VOICE | 2006/12/18 7:01 PM |
「硫黄島からの手紙」みた。
「これはアメリカ映画だよな。」エンディングで改めて思った。『父親たち星条旗』に続き、硫黄島2部作”日本から見た硫黄島”編だということだったけれど、どうもこれも”アメリカから日本を見た硫黄島”という気がした。(以下若干内容に触れます) 私に
| たいむのひとりごと | 2006/12/18 7:27 PM |
「硫黄島からの手紙」映画感想
クリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作、「硫黄島からの手紙」を見てきました。
| Wilderlandwandar | 2006/12/18 7:35 PM |
硫黄島からの手紙
■ 試写会にて鑑賞 硫黄島からの手紙/LETTERS FROM IWO JIMA 2006年/アメリカ/141分 監督: クリント・イーストウッド 出演: 渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童 公式サイト 太平洋戦争末期、小笠原諸島の硫黄島。一兵卒である西郷は、本土に
| Addicted to the Movie and Reading! | 2006/12/18 8:23 PM |
『硫黄島からの手紙』
監督:クリント・イーストウッド 製作スティーブン・スピルバーグ CAST:渡辺謙、二宮和也 他 STORY:1944年6月。アメリカ留学経験のある栗林中将(渡辺謙)が硫黄島に着任する。既に壊滅的だった日本軍。各軍から見放された硫黄島での戦いの為、栗林は島中
| Sweet* Days | 2006/12/18 8:39 PM |
硫黄島からの手紙
よせては返す波のように、、、戦争の話は続く。 とうとう観てきました! 硫黄島2部作日本から観た硫黄島を描く「硫黄島からの手紙」 これは全編日本語であり、出演者もほとんどが日本人でありながら クリント・イーストウッドが監督をするハリウッド映画。
| 愛情いっぱい!家族ブロ! | 2006/12/18 9:27 PM |
「 硫黄島からの手紙 / LettersFromIwoJima (2006) 」
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド / 製作 : スティーヴン・スピルバーグ出演 : 渡辺謙 /二宮和也 /伊原剛志 /中村獅童 製作総指揮 ・ 脚本 : ポール・ハギス、アイリス・ヤマシタ / 音楽 : クリント・イーストウッド公式HP US公式H
| MoonDreamWorks | 2006/12/18 9:58 PM |
「 硫黄島からの手紙 / Letters From Iwo Jima (2006) 」
監督 ・ 製作 : クリント・イーストウッド /製作 : スティーヴン・スピルバーグ
| MoonDreamWorks★Fc2 | 2006/12/18 10:00 PM |
硫黄島からの手紙
《硫黄島からの手紙》   2006年 アメリカ映画 − 原題 − LETTER
| Diarydiary! | 2006/12/18 10:10 PM |
硫黄島からの手紙
2006年/アメリカ 監督/クリント・イーストウッド <京都MOVIXにて観賞> 私が今生きているのは、彼らのおかげかも知れないと思うこと。 想像すること。思いを馳せること。 日本人キャストで、日本語で、日本を舞台にした、日本の戦争の物語。それをアメリ
| シネ・ガラリーナ | 2006/12/18 10:18 PM |
【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA)
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/12/18 11:02 PM |
硫黄島第二弾
観て来ました、硫黄島からの手紙を・・・・・・ 結構、良かったですね。 戦争は、絶対にやるべきではない!! この映画の主役は、栗林中将なんですが 脇を固めている、中村獅童や二宮和也、井原剛志や加瀬亮達の役どころが良いですね。 しかも、これを作ったのが
| たまりんの気ままなPC日記 | 2006/12/18 11:02 PM |
硫黄島からの手紙
公開日 2006/12/9監督:クリント・イーストウッド 「父親たちの星条旗」、「ミリオンダラー・ベイビー」出演:渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童/裕木奈江 他【あらすじ】戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、ひとりの指揮官が硫黄島に降り立った。硫黄島総
| Good job M | 2006/12/18 11:28 PM |
硫黄島からの手紙
見てきました~。 久々のキャナルシティでした。 てか。。。すごく多くて(ノ゚?゚)ノびっくり!! デスノートのときは本当にすごかったけど。。。空席が無い! 今日はあちこち空いているものの、うさぎは前から2列目という 場所の悪さ。。。 ま、いいけどね。 今テ
| ちわわぱらだいす | 2006/12/19 12:12 AM |
硫黄島からの手紙
余は常に諸氏の先頭にある。
| 悠雅的生活 | 2006/12/19 12:13 AM |
硫黄島からの手紙(アメリカ)
日本から見た硫黄島。 二宮君の演技がいいらしいということもあってかなり気になっていた 「硫黄島からの手紙」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童 、裕木奈江 上映時間:141分
| 映画でココロの筋トレ | 2006/12/19 1:04 PM |
『硫黄島からの手紙』
中村獅童に向かって「キサマは日本男児の恥だ」と竹内結子さんが言った、って本当ですか?
| ねこのひたい〜絵日記室 | 2006/12/19 2:07 PM |
映画:硫黄島からの手紙
硫黄島からの手紙@シネマイクスピアリ 「自分が正しいと信じたことをしろ」 今年の【邦画】No.1 !!!と思ってしまった・・・(全編日本語のため各映画賞でもどの部門に該当するのかばらばらしてしまってるそうですね)戦争映画は自発的に観ることはないし、TV
| 駒吉の日記 | 2006/12/19 2:20 PM |
硫黄島からの手紙
ただの涙だけじゃない、 アメリカが描いた日本兵の姿。
| 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α | 2006/12/19 3:49 PM |
「硫黄島からの手紙」見てきました。
 この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで硫黄島からの手紙見てきました。
| よしなしごと | 2006/12/19 10:12 PM |
『硫黄島からの手紙』 ワールドプレミア試写会鑑賞
太平洋戦争最大の激戦地、硫黄島。緻密な防御戦術で米軍を恐怖に陥れた栗林忠道中将は、家族へ愛情あふれる手紙を送り続けた。硫黄島。米国にとっては日本本土空襲の拠点。日本にとっての本土防衛の拠点。陸上戦力、日本軍約2万人に対して、米軍は支援部隊含め約16万人
| 映画な日々。読書な日々。 | 2006/12/19 10:25 PM |
映画「硫黄島からの手紙」
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将の栗
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/12/20 1:39 AM |
今、硫黄島が熱い! 2
反日俳優とウワサされたクリント・イーストウッド監督による南京大虐殺の映画が作られるという事で w ・・・(中略 w )・・・、日本公開初日の今日、「硫黄島からの手紙」を見に行きました。 ハリウッド映画にして初めて誤解に満ちた日本の描写がほとんどないと
| 諸葛川 | 2006/12/20 3:46 AM |
映画「硫黄島からの手紙」
2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最も苦し
| しょうちゃんの映画ブログ | 2006/12/20 12:22 PM |
真・映画日記『硫黄島からの手紙』
12月10日(日) 11時前に起きる。 パンを食べたり身支度をし、 11時40分には外出。 上野の東急系列の映画館で『硫黄島からの手紙』を見ることに。 午後1時前に着く。 すると、階段に列が出来てるではないか? さすがは人気作。 なんとか中通路の席が取れた。
| CHEAP THRILL | 2006/12/20 6:41 PM |
映画のご紹介(219) 硫黄島からの手紙
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(219) 硫黄島からの手紙-長いものには巻かれろ!? 「長いものには巻かれろ」ということわざがある。 英語では、 If you can't beat them, join them. (負かすことができないな
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/12/20 9:11 PM |
硫黄島からの手紙
さて、昨日はクラブワールドカップに行った、と書きましたが、その試合の前日、16日も東京にいたので、映画を観ることに。 池袋シネマサンシャインで観た
| 欧風 | 2006/12/21 9:06 PM |
お薦め映画『硫黄島からの手紙』
アメリカ人監督で恐らく此処まで日本人の心情を細かく表現した監督は居なかったと思うし、イーストウッド監督の人間としての懐の深さと監督としての才能は凄いなと改めて思いましたね。「父親達の星条旗」もそうでしたが...全体にトーンを押さえ、淡々と静かにピアノ
| ひねもす ROKO BLOG | 2006/12/21 9:13 PM |
硫黄島からの手紙
DEPOTのおすすめ度:★★★★★ 公開日:2006年12月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙,二宮和也,伊原剛志 鑑賞日:2006年12月11日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 戦況が悪化の一途をたど
| CINEMA DEPOT's BLOG | 2006/12/21 10:03 PM |
【2007 新ドラマ】拝啓、父上様
拝啓、父上様Dr.コトーの後を受けて、フジテレビの木10枠で2007年STARTする新ドラマ「拝啓、父上様」脚本は、あの「北の国から」の倉本聰。主演は「硫黄島からの手紙」での演技も絶賛された嵐の二宮和也。2007年1月11日いよいよスタート!!======
| きーわーど・えくすぷれす | 2006/12/22 5:40 PM |
硫黄島からの手紙 2006-70
「硫黄島からの手紙」を観てきました〜♪ 太平洋戦争末期、栗林中将(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦、硫黄島に降り立つ。栗林中将は、着任早々それまで進められていた作戦を大幅に変え、兵隊たちへの待遇も変更する・・・ 人気Blogランキング    ↑ 押
| 観たよ〜ん〜 | 2006/12/22 9:08 PM |
硫黄島からの手紙
2006/アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺 謙(栗林忠道中将)    二宮和也(西郷)    伊原剛志(バロン西)    加瀬 亮(清水)    中村獅童(伊藤中尉) 日米双方の作品を見て、あらためてクリント・イーストウッドってすご
| Lovely Cinema | 2006/12/22 9:17 PM |
硫黄島からの手紙
硫黄島からの手紙 12月9日(土)@ユナイテッドシネマ豊洲 監督・音楽:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、他 日米双方の視点から、硫黄島の戦いを描いた第二弾 「硫黄島からの手紙」を初日観賞してき
| シュフのきまぐれシネマ | 2006/12/23 3:27 AM |
硫黄島からの手紙
【映画的カリスマ指数】★★★★★  死を覚悟しながら・・・生を綴る言葉    
| カリスマ映画論 | 2006/12/23 11:37 PM |
二宮和也、女優蒼井優「鉄コン筋クリート」舞台挨拶
映画「鉄コン筋クリート」の公開初日舞台あいさつが23日、東京・新宿の新宿ミラノで行われた。声優を務めた嵐の二宮和也(23)、女優蒼井優(21)らが出・・・
| 好むと好まざるとにかかわらず | 2006/12/24 12:57 AM |
「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間
イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作の二作目です。 「父親
| はらやんの映画徒然草 | 2006/12/24 7:39 PM |
硫黄島からの手紙
 この作品を観てつくづく感じさせられたことは、自分はクリント・イーストウッドのよき観客にはとうてい成り得ないことでした。  この名優にして老
| シネクリシェ | 2006/12/26 3:23 AM |
硫黄島からの手紙
ラジオを聴いていると、この一週間「硫黄島からの手紙」の特集をやってるし、テレビでも取り上げられているし、アカデミー賞候補との呼び名も高く、近所の映画館の招待券が当たったので(ってこれが一番の理由)、観に行ってきました。 絶対号泣しちゃうだろうから、
| まぁず、なにやってんだか | 2006/12/26 12:13 PM |
「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
| 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ | 2006/12/27 12:41 PM |
審査の甘いキャッシング
キャッシング会社を紹介しています
| 審査の甘いキャッシング | 2006/12/28 5:59 PM |
「硫黄島からの手紙」を観た
太平洋戦争末期、 硫黄島を舞台に、 激しい戦闘が繰り広げられた。 クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の二作目。
| 雨ニモマケズ 風ニモマケズ | 2006/12/29 9:18 PM |
『硫黄島からの手紙』〜ディフェンス・ザ・ホーム〜
『硫黄島からの手紙』公式サイト 硫黄島の戦い(Wikipedia) 監督:クリント・イーストウッド出演:渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 加瀬亮 中村獅童ほか 【あらすじ】(goo映画より)戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、ひとりの指揮官が硫黄島に降り立った。陸軍中将
| Swing des Spoutniks | 2006/12/31 2:30 PM |
【劇場映画】 硫黄島からの手紙
≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要
| ナマケモノの穴 | 2007/01/03 9:33 AM |
硫黄島からの手紙
硫黄島2部作の第2弾 アメリカ側の視点から描かれた「父親たちの星条旗」に 対し、
| いろいろと | 2007/01/04 9:54 PM |
硫黄島からの手紙(12月9日公開)
アメリカで公開された「父親たちの星条旗」に対して,日本で公開されたのが,この「硫黄島からの手紙」 日本とアメリカ,それぞれから見た,第二次世界大戦での硫黄島の戦いを描いている. ----(PR)---------- リンクサービスのお知らせ オレメデアに,あなたのブログ
| オレメデア | 2007/01/12 3:35 PM |
硫黄島の星条旗
こんにちは【マミー】です^^ 『硫黄島の星条旗』 著者の父親の生き様にかつての日本人を感じるのはなぜか・・・日本降伏は原爆によって引導をわたされたことになっているが、実態としてはそれ以前に南方での制空権を喪失した時点で、敗戦は確定していたといえ...
| 家計と暮しの極意【家計と暮しを普通の主婦が極める方法】 | 2007/01/12 10:43 PM |
硫黄島からの手紙−(映画:2007年7本目)−
監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童 評価:72点 公式サイト (ネタバレあります) 何が凄いって、これだけ日本人がワラワラと出てくる映画が洋画であって、監督がクリント・イー
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/01/20 12:52 AM |
硫黄島からの手紙
満 足 度:★★★★★★★  (★×10=満点)  監  督:クリント・イーストウッド 声の出演:渡辺謙       二宮和也       伊原剛志       加瀬亮       松崎悠希       中村獅童 、他 ■ストーリー■
| ★試写会中毒★ | 2007/01/22 12:10 PM |
渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙
渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙渡辺謙(わたなべ けん、1959年10月21日 - )は、新潟県北魚沼郡小出町(現、魚沼市)出身の日本の俳優。演劇集団 円を経て2002年より渡辺謙はケイダッシュ所属。身長184cm、体重80kg。血液型はA型。渡辺謙の「謙」の名
| 大腸がん手術・今は元気で稼ぐ! | 2007/01/25 4:29 PM |
『硫黄島からの手紙』・劇場
今日は『硫黄島からの手紙』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★☆☆☆》 硫黄島2部作の日本から見た
| しましまシネマライフ! | 2007/02/01 12:59 AM |
『硫黄島からの手紙』
世界が忘れてはいけない島がある   ■監督 クリント・イーストウッド■脚本 アイリス・ヤマシタ ■キャスト 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬 亮、中村獅童  □オフィシャルサイト  『硫黄島からの手紙』  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。
| 京の昼寝〜♪ | 2007/02/23 11:35 PM |
硫黄島からの手紙
クリント・イーストウッド監督の2部作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』。本作は日本側から見た硫黄島の闘いを描き、そこで何か起こったのか、兵士たちは何を思って闘ったのか、
| あなたに読んでもらいたい本 | 2007/03/09 5:05 PM |