CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< プラダを着た悪魔 | main | 気になる英語表現: 陽はまだ昇る >>
硫黄島からの手紙 (試写会篇)

硫黄島からの手紙 (監督 クリント・イーストウッド、出演 渡辺謙、二宮和也)
硫黄島からの手紙 (監督 クリント・イーストウッド、出演 渡辺謙、二宮和也)
原題: Letters from Iwo Jima (2006)
2006年12月9日 日本初公開
公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

有楽町読売ホール試写会
2006年11月22日(水)6時40分開始

ゴウ先生総合評価: A-/B+
  画質(スコープ): A-/B+
  音質(SRD?): A-/B+
最初にお断りしておきます。これは、あくまで試写会における感想です。映画館でのレビューは、「硫黄島からの手紙」(映画館篇)を参考にしてください(こちらをクリック!)。

基本的に映画は(レンタルDVDだろうが、セルDVDだろうが)お金を払って見るものと決めています。ゆえに、試写会には滅多に行きません。

今回は、『父親たちの星条旗』(レビューは、こちら!)を見て、一日も早く本作を見たくなり、原則を外して応募したら当たってしまったのでした。

試写会慣れしていないものですから、ゆっくりと開場時刻の6時前に会場の読売ホールのあるビック・カメラのビルに入ると、もうすでに3階から列が出きています。7階のホールまで上がって行けというのです。

そうしてたどり着いて手に入れた席は、1階の前から4列目の右端D-28。予約で席が確保できる最新システムに馴れている身には、実に不合理。しかも、1100名のホールはギッシリです。席は旧式の椅子で10分も座っていると尻が痛くなりそうな代物だし、嫌な予感が先立ちます。

6時40分の開始時刻が来たのに、すぐには始まりません。気を滅入らせる、下手くそな前フリが入ります。すぐに始めればよいものをと、ゴウ先生、イライラ状態。招待状をくれた報知新聞社には申し訳ないけれども、ゴウ先生の応募メールを放置してくれていた方がよかったのにという気分になりました。

その上、本編が始まっても、前方上部左右にある「禁煙」の赤いランプと後方の緑の「非常口」ランプが消されません。さらに、サウンド・スクリーンの右上方部に、後にあるものに光が反射しているのか、見えにくくなる部分があります。繊細で艶やかな絵を出すはずの銀落としのフィルムがこれでは台無しです。

ひどいのは、音も同じ。セリフの抜けが悪く日本語なのに何と言っているのか分からない部分が何箇所も。しかも、こういう映画に赤ん坊を連れてきた親がいたらしく途中で泣き出す始末。やれやれ。

とても落ち着いて映画を見られる環境ではなかったのです。無料で見るのは、もう勘弁というのが本音でした。

ゆえに、相当辛口のコメントにならざるを得ません。もう一度12月9日に公開されたら、信頼できる映画館まで見に行って今回の評価が正しいかどうか確認するつもりです。

映画は、複合芸術。絵と音と内容が折り重なって感動が押し寄せてきます。絵と音に不満を抱く今回では、内容理解にズレが生じても仕方ありません。

そういう部分を考慮に入れても、内容的に『父親たちの星条旗』(以下、「前作」)と比べていくつかの不満が残りました。(あらすじは、公開前ですし省かせてもらいます。)

第一に、ストーリーの展開が平板すぎます。西郷一等兵(二宮和也)の目線で硫黄島の戦いを再現するという手法はなかなかのものですが、前作にあった痛烈な国家批判が消えてしまったために、西郷や硫黄島で戦う兵士の苦しみがステレオタイプ的なお涙頂戴調で伝えようとしている感があります。

第二に、生きたセリフが少なかった気がします。ポール・ハギスが書いた前作の脚本の完成度がありません。原案に彼が絡んだとはいえ、アイリス・ヤマシタという新人ライターが書いた本作、物足りません。日本語が話せないハギスやクリント・イーストウッドでは、微妙な言い回しに変えることが出来なかったのでしょう。外国人監督の限界を感じさせられた次第です。

第三に、8ヶ月にも及んだトンネル・塹壕掘りの実態をもう少し丁寧に描いてくれたらと思います。確かに、栗山忠道中将(渡辺謙)と旧来のやり方を踏襲しようとする将校との間の軋轢は見えましたが、トンネル掘りに関してそれでも中将が断固として自分のやり方を貫き通したのかどうかがはっきりと分かりませんでした。

第四に、原題がRed Sun, Black Sand(赤い太陽、黒い砂)からLetters from Iwo Jimaに変わってしまった部分に不満が残ります。おそらく最初の構想では“Red Sun”に象徴される大日本帝国の矛盾を“Black Sand”の硫黄島に見るという発想で映画を作ろうとしたはずなのです。

ところが、政治的配慮のせいなのか、栗山中将や西郷などの兵士の手紙を中心にして、戦いたくないのに戦わざるを得なかった個々の兵士の苦しみを描くことに変わり、少し焦点がボケた感じがしたのでした。

第五に、36日間の戦いの推移がよく見えません。戦記を知らない人だと本作は1週間程度の戦いだったのかと思ってしまうかもしれません。もう少し丁寧な説明が必要だったと思います。

これだけ不満があっては、ゴウ先生、泣けません。期待が大きすぎたゆえに失望していることは分かっています。ですが、もっと完成度の高い作品を期待してもよいものだと思っていたのでした。

++++++++++

画質(スコープ): A-/B+  

上記のようなひどい環境でもこの評価ですから、前作を見たユナイテッドシネマとしまえんだったら、十分にAの評価を下せるのではと思いました。サウンド・スクリーンの穴が大きいせいでしょう。モアレ・ノイズが出るし、あの艶やかさがありませんでした。

音質(SRD?): A-/B+

戦闘シーンの迫力はかなりのものですが、肝心のセリフの抜けが良くなく、高音がきつく聞こえるのには閉口しました。音響に関して最新の映画館を偏差値70くらいだと言うと、60行かないような読売ホールです。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

☆冒頭、タイトルが日本語で出てきたときには腰を抜かしました。しかも、英語字幕なし。素晴らしい配慮です。アメリカでの上映ではどうなるのでしょう。

☆それにしても、英語学習用教材に使えないアメリカ映画があるとは思いませんでした。英語絡みは都合10分もないでしょう。

☆セットであろうが軍服であろうが、時代考証にほとんど違和感なし。アメリカ人のスタッフが作った映画だとは思えませんでした。

☆さらに、アメリカ兵が日本軍捕虜をライフルで撃ち殺すシーンも入れてあり、驚きを禁じえません。

栗山中将の最後のシーンは、実に神秘的な映像。素晴らしいのひと言です。

☆「ケンさん」とくれば、渡辺謙ではなくて、高倉健さんと決めている旧人類のゴウ先生。常に渡辺にきつい評価をしてきたのですが、本作の彼は別格。優しくて芯の強い栗山中将をしなやかに演じています。

☆気に入らないのは、渡辺が英語で芝居をするところ。急に芝居芝居した演技をしようとするのが鼻につきます。それがアメリカから帰国する時の送別会で日米が戦争を始めたらどうするかというような場面での会話でそうなるのですから、いただけません。

☆素晴らしかったのが、バロン西中佐を演じた伊原剛志。馬を題材に渡辺謙とやりあう姿には、武人の輝きがありました。

☆西郷役の二宮和也は、悪くはないものの、ゴウ先生には違和感が付きまといました。着物姿ひとつとっても、イマイチしっくりいっていない感じがして。

中村獅童が演じた伊藤海軍中尉。典型的な旧日本軍兵士を演じさせられてうんざりしたかもしれませんが、小ずるそうな役がぴったりでした。『男たちの大和』(レビューは、こちら!)よりもこちらの悪役の方が向いています。

☆その意味では、通常語らえていることと異なり、史実に近く海軍にも石頭がいっぱいいたことを描いてくれたのはよかったと思います。

☆それにしても、試写会というものがこんなに混雑して、マナーの悪い観客が多くて(携帯をチェックしたり、赤ん坊が泣いたり、笑う場所でないところで急に笑い出したり、隣の席のことを考えなくて足を投げ出したり)、不快なものだとは思いませんでした。よほど鑑賞環境がよい場所でなければ、二度と試写会に応募するつもりはありません。去年『シンデレラ・マン』を所沢の試写会でパイプ椅子に座って見たほうがよほど気分がよいものでした。

++++++++++

淡々と硫黄島の戦いを振り返るというイーストウッドの製作姿勢にはうなずけるものがあります。戦争映画なのに、不思議な静寂感が漂うのです。

しかし、そういう見る者に緊張感を与える映画の場合、質の高い鑑賞環境が必要なことは言うまでもありません。その意味では、昨日の環境ではとても本作を見た気がしません。

12月10日に、リベンジを図ります。
| 外国映画(ア行) | 19:20 | comments(4) | trackbacks(57) |
コメント
映画館でご覧になるときは、初見の感想を頭からふりはらって、白紙の状態に戻してからご覧になることをお勧めします。キャストに関する先入観も、です。そうすれば、もっと心に届く作品だと、私は思います。
| とおりすがり | 2006/11/23 9:33 PM |
ご忠告ありがとうございます。

ただし、完成度はクリント・イーストウッド作品の中で高くないのはいかんともしがたい事実だと思っています。A-になれば最高だと思っているくらいです。

ちなみに、キャストに関する先入観はもっておりません。むしろ個々の俳優の演技にはそれほどケチをつけるつもりはありません。問題は、上に書いたように、脚本だと思っています。

誤解なきように申し上げると、映画としての完成度を問題にしているのであって、素材の素晴らしさ、こういう形で栗山中将を称えてくれる映画を作ってくれたイーストウッドへの尊敬の念は忘れていません。悪しからず。
| ゴウ先生 | 2006/11/24 12:58 AM |
はじめまして、こんにちは。もう観てらしたんですね。
ミリオンダラーベイビーと父親達の星条旗に感動したので、手紙は12月9日に見に行くぞと決めています。ゴウ先生の感想を読んで、あまり期待し過ぎないように自分の逸る心を引き締めています。いよいよ、あと二週間後です。楽しみじゃ〜。号泣しちゃうと恥ずかしいしので、知ってる人がいない遠くの映画館まで行く予定です♪
| もく | 2006/11/25 10:55 AM |
こんばんは。先の作品からジャンプして、こちらを拝読いたしました。うーん。難しいですね。読売ホールは、決して映画上映に向いた会場ではありませんね。自分も試写会で行ったことがあります。試写会は、本当にその映画を観たい…と思ってくる人は少ないような気がします。個人的にですが。
マナーは最悪です。何時間も前から並ぶのも、自分は嫌なので、ゴウ先生と同じく、めったに参加しません。
試写会に行ってもいいのは、映画館(特にシネコン)で行われるものに限ります。これだと、設備にひどく泣かされることはありません。
今作は、未見なので、なんとも言えませんが、日本公開用に編集されたものではないでしょうか? DVDなどになれば、ディレクターズカットなどで確認できるかもしれませんが。
なお、イーストウッド監督は「私は日本語を流暢に話せるのですよ」(キネマ旬報11月上旬号)らしいですよ。(^^;)
| あかん隊 | 2006/11/26 7:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/583179
トラックバック
二宮和也 噂
友達が二宮和也のことをかっこいいと言っていましたが、私もそう思います。知的なところに特に注目してほしいな。もはやドラマで二宮和也を見ないのは不可能でしょ。才能ナンバー1ですから。二宮和也のドラマから、私の1日ははじまるのです。二宮和也のかっこよさはあり
| 二宮和也 | 2006/11/25 9:58 PM |
『硫黄島からの手紙』 ワールドプレミア試写会鑑賞
太平洋戦争最大の激戦地、硫黄島。緻密な防御戦術で米軍を恐怖に陥れた栗林忠道中将は、家族へ愛情あふれる手紙を送り続けた。硫黄島。米国にとっては日本本土空襲の拠点。日本にとっての本土防衛の拠点。陸上戦力、日本軍約2万人に対して、米軍は支援部隊含め約16万人
| 映画な日々。読書な日々。 | 2006/11/26 9:16 PM |
『父親たちの星条旗』(映画館)
 一昨日、『父親たちの星条旗』を観に行きました。久し振りに観客の年齢層が高めでしたね。まあこの方が落ち着いて観れますね。
| 喫茶10 | 2006/11/27 1:31 AM |
映画vol.97 『硫黄島からの手紙』*謙さん来場
 『硫黄島からの手紙』※舞台挨拶付試写会 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 伊原剛志 二宮和也 加瀬亮 公式サイト ◇渡辺謙さん・伊原剛志さん 舞台挨拶 「戦争物」と「ホラー」は映画館で観ないようにして
| Cold in Summer | 2006/11/29 4:52 PM |
キャッシング比較GX【限度額300万円以上】
大きく借りる限度額が高いキャッシングのご紹介!
| キャッシング比較 | 2006/11/29 6:28 PM |
「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。
| 長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ | 2006/11/29 11:14 PM |
劇場鑑賞「硫黄島からの手紙」
「硫黄島からの手紙」を鑑賞してきました日米双方で約3万人もの戦死者を出した硫黄島戦を、日米双方の視点から描いたクリント・イーストウッド監督による硫黄島プロジェクト第2弾。圧倒的不利な局面にありながら、米軍に立ち向かった日本兵たちの闘いを、指揮を執った
| 日々“是”精進! | 2006/12/09 2:35 PM |
硫黄島からの手紙
余は常に諸氏の先頭にある。
| 悠雅的生活 | 2006/12/09 4:42 PM |
「硫黄島からの手紙」みた。
「これはアメリカ映画だよな。」エンディングで改めて思った。『父親たち星条旗』に続き、硫黄島2部作”日本から見た硫黄島”編だということだったけれど、どうもこれも”アメリカから日本を見た硫黄島”という気がした。(以下若干内容に触れます) 私に
| たいむのひとりごと | 2006/12/09 4:54 PM |
「硫黄島からの手紙」
  先週試写会で見てきました。   「硫黄島からの手紙」     「父親たちの星条旗」に続く、 クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作の第二弾です。     
| しんのすけの イッツマイライフ | 2006/12/09 5:58 PM |
『硫黄島からの手紙』
監督:クリント・イーストウッド 製作スティーブン・スピルバーグ CAST:渡辺謙、二宮和也 他 STORY:1944年6月。アメリカ留学経験のある栗林中将(渡辺謙)が硫黄島に着任する。既に壊滅的だった日本軍。各軍から見放された硫黄島での戦いの為、栗林は島中
| Sweet* Days | 2006/12/09 6:28 PM |
硫黄島からの手紙
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。
| Akira's VOICE | 2006/12/09 6:57 PM |
礼節の極み「硫黄島からの手紙」
「硫黄島からの手紙」注・内容に触れています。最も衝撃的なことは、これは紛れもなく「ハリウッド映画」(イーストウッド監督作品は正確にはハリウッド映画と呼べないかもしれないが便宜上ハリウッド映画と表記して
| 映画雑記・COLOR of CINEMA | 2006/12/09 8:17 PM |
硫黄島からの手紙
ただの涙だけじゃない、 アメリカが描いた日本兵の姿。
| 映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α | 2006/12/09 9:26 PM |
■週末の学び12/8「硫黄島からの手紙」★しばしトップ固定
※しばしトップ固定 最新記事はひとつ下より ↓↓ ※ホンダラさん!さっそく補足ありがとうございます!   私が演じたのは、ひとりのパン屋です。この作品を見てから、今もたくさんのことを感じ、考えています。 私がひとつだけわかったことは、この作
| 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! | 2006/12/09 10:26 PM |
硫黄島からの手紙
 アメリカ  ドラマ&戦争  監督:クリント・イーストウッド  出演:渡辺謙      二宮和也      伊原剛志      加瀬亮 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島 に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立つ。ア
| 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 | 2006/12/09 10:43 PM |
父親たちの星条旗 クリントイーストウッド監督
いや〜クリントイーストウッドはいい映画を作るねぇ〜 泣けるという映画ではないけど、見終わった後にいろいろな事を考えさせられる 映画でした。 いや深い!
| たけしのポレポレ部屋 | 2006/12/09 11:45 PM |
硫黄島からの手紙
見てきました~。 久々のキャナルシティでした。 てか。。。すごく多くて(ノ゚?゚)ノびっくり!! デスノートのときは本当にすごかったけど。。。空席が無い! 今日はあちこち空いているものの、うさぎは前から2列目という 場所の悪さ。。。 ま、いいけどね。 今テ
| ちわわぱらだいす | 2006/12/09 11:55 PM |
硫黄島 海軍少将・市丸利之助 「ルーズベルトに与える書」全文掲載(英文含む)
  TBさせていただきます。今、話題の「硫黄島」。海軍少将・市丸利之助氏の「ルーズベルトに与える書」全文掲載(英文含む) させていただきます。
| 現役雑誌記者による、ブログ日記! | 2006/12/10 1:09 AM |
硫黄島からの手紙
硫黄島からの手紙(2006 アメリカ) 原題   LETTERS FROM IWO JIMA        監督   クリント・イーストウッド            脚本   アイリス・ヤマシタ       撮影   トム・スターン          音楽   クリント・イー
| 映画のメモ帳+α | 2006/12/10 1:17 PM |
『硫黄島からの手紙』
この映画は特別な思いで観ました。映画を観て感激したのは、クリント・イーストウッド監督をはじめスタッフの人に日本映画に敬意を表している雰囲気が汲み取れる作風になっていることです。
| 映像と音は言葉にできないけれど | 2006/12/10 5:45 PM |
何のために戦うのか【硫黄島からの手紙】
先に公開されている硫黄島2部作の一つ 「父親たちの星条旗」はアメリカから見た闘
| 犬も歩けばBohにあたる! | 2006/12/11 12:31 AM |
硫黄島からの手紙
          公式サイトはこちら。     評価:★4点(満点10点) 2006年 141min 監督:クリント・イーストウッド 主演:渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 中村獅童 【あらすじ】戦況が悪化の一途をたどる
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/12/11 9:07 PM |
硫黄島からの手紙
十分な兵力も武器も弾薬も食料も水も持たず、過酷な戦いを強いられる日本兵から見た硫黄島の戦いが描かれています。先に公開されている「父親たちの星条旗」 と合わせて「硫黄島二部作」となっています。 日本の兵隊たちが、過酷な状況の中で、いかに死力を尽くし
| 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2006/12/12 12:48 AM |
「硫黄島からの手紙」
奇しくも真珠湾攻撃の日と同じ12月9日・・・。映画「硫黄島からの手紙」が公開されました! チラシ画像はクリックで拡大。裏面はコチラ
| 気まぐれ961部隊! | 2006/12/12 12:48 AM |
映画「硫黄島からの手紙」
2006年70本目の劇場鑑賞です。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最も苦しめた指揮官として知
| しょうちゃんの映画ブログ | 2006/12/12 2:02 AM |
YouTube動画渡辺謙が「硫黄島からの手紙」で000
これまで、急性骨髄性白血病やその再発、C型肝炎ウィルスの感染といった病をみごとに克服して渡辺謙は現在大活躍中です。
| YouTube動画芸能界の000 | 2006/12/12 1:16 PM |
硫黄島からの手紙★LETTERS FROM IWOJIMA
 クリント・イーストウッド監督、硫黄島2部作『硫黄島からの手紙』を観てきました。平日の夕方にも関わらず、多くのお客さんでした。1作目『父親たちの星条旗』はアメリカから見た硫黄島、今回は日本から見た硫黄島。5日間で硫黄島戦は終結するはずだった。しかしそ
| 銅版画制作の日々 | 2006/12/12 3:44 PM |
硫黄島からの手紙
硫黄島からの手紙 この作品の噂を聞いたのは去年だったっけ。 クリント・イーストウッド監督そして中村獅童の名前。 いやおうにも期待は昂ぶっていた。 そしてようやく鑑賞する事が出来た。
| 映画君の毎日 | 2006/12/13 1:14 AM |
真・映画日記『硫黄島からの手紙』
12月10日(日) 11時前に起きる。 パンを食べたり身支度をし、 11時40分には外出。 上野の東急系列の映画館で『硫黄島からの手紙』を見ることに。 午後1時前に着く。 すると、階段に列が出来てるではないか? さすがは人気作。 なんとか中通路の席が取れた。
| CHEAP THRILL | 2006/12/13 7:18 PM |
硫黄島からの手紙
常に諸子の先頭に在りクリント・イーストウッド監督「硫黄島」2部作第2弾。本作品は、当初「父親たちの星条旗」だけを製作する予定だったクリント・イーストウッド監督が、この「硫黄島での戦い」について調査するうちに日本からの視点で「硫黄島」を描く必要があると
| シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー | 2006/12/14 9:04 PM |
【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA)
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/12/14 10:57 PM |
「硫黄島からの手紙」事実を風化させるなと心に刻む
「硫黄島からの手紙」★★★★★必見! 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演 クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ 硫黄島が制圧されたら 米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土に向かうことになる 日本の最後の生命線を舞台に イーストウッド監督
| soramove | 2006/12/15 7:38 PM |
硫黄島からの手紙(2006/アメリカ/クリント・イーストウッド)
【新宿ミラノ座】 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将(渡辺謙)が降り立つ。アメリカ留学の経験を持つ栗林は、無意味な精神論が幅を利かせていた軍の体質を改め、合理的な体制を整えていく。上官の理
| CINEMANIAX! | 2006/12/16 12:51 AM |
★「硫黄島からの手紙」
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。
| ひらりん的映画ブログ | 2006/12/16 2:48 AM |
ひとつの戦争の中で起きていた、様々な出来事。『硫黄島からの手紙』
第二次世界大戦時の硫黄島での戦いを日本側の目線で描いた作品です。
| 水曜日のシネマ日記 | 2006/12/16 11:01 AM |
「硫黄島からの手紙」見てきました。
 この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで硫黄島からの手紙見てきました。
| よしなしごと | 2006/12/17 3:33 PM |
「硫黄島からの手紙」を観る
 今日は「硫黄島からの手紙」を観てきた。死闘といわれる硫黄島の戦いを双方の視点で
| ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版) | 2006/12/17 4:33 PM |
硫黄島からの手紙
DEPOTのおすすめ度:★★★★★ 公開日:2006年12月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙,二宮和也,伊原剛志 鑑賞日:2006年12月11日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 戦況が悪化の一途をたど
| CINEMA DEPOT's BLOG | 2006/12/17 11:25 PM |
「硫黄島からの手紙」
なんだかんだで3週間ぶりの映画でした。知らないうちに、ようやく「海賊版撲滅キャンペーン」の映像も替わりました。で、「硫黄島からの手紙」です。「父親たちの星条旗」の対になる作品ということで、淡々としたアプローチは同じなのでしょうけど、玉砕した敗戦国側か
| −☆ EL JARDIN SECRETO ☆− | 2006/12/18 1:01 AM |
映画「硫黄島からの手紙」
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将の栗
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/12/20 2:13 AM |
硫黄島からの手紙 2006-70
「硫黄島からの手紙」を観てきました〜♪ 太平洋戦争末期、栗林中将(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦、硫黄島に降り立つ。栗林中将は、着任早々それまで進められていた作戦を大幅に変え、兵隊たちへの待遇も変更する・・・ 人気Blogランキング    ↑ 押
| 観たよ〜ん〜 | 2006/12/20 7:16 AM |
硫黄島からの手紙
さて、昨日はクラブワールドカップに行った、と書きましたが、その試合の前日、16日も東京にいたので、映画を観ることに。 池袋シネマサンシャインで観た
| 欧風 | 2006/12/21 1:40 AM |
禁じられた歌 〜「硫黄島からの手紙」を観て
「硫黄島からの手紙」を観た後、 いろいろ気になったのでネットで調べていたら、 びっくりしたことがありました。 (以下、出典はさまざまですが、ネットで探していただければ すぐに見つかると思います。私の情報が間違っていたらごめんなさい。 と先に謝ってお
| 森についてもっと知りたい | 2006/12/22 1:03 AM |
硫黄島からの手紙
 この作品を観てつくづく感じさせられたことは、自分はクリント・イーストウッドのよき観客にはとうてい成り得ないことでした。  この名優にして老
| シネクリシェ | 2006/12/26 3:23 AM |
硫黄島からの手紙
ラジオを聴いていると、この一週間「硫黄島からの手紙」の特集をやってるし、テレビでも取り上げられているし、アカデミー賞候補との呼び名も高く、近所の映画館の招待券が当たったので(ってこれが一番の理由)、観に行ってきました。 絶対号泣しちゃうだろうから、
| まぁず、なにやってんだか | 2006/12/26 12:09 PM |
硫黄島からの手紙
硫黄島からの手紙公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価  ☆
| シネマ de ぽん! | 2006/12/28 1:29 PM |
【劇場映画】 硫黄島からの手紙
≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要
| ナマケモノの穴 | 2007/01/03 9:32 AM |
硫黄島からの手紙
硫黄島2部作の第2弾 アメリカ側の視点から描かれた「父親たちの星条旗」に 対し、
| いろいろと | 2007/01/03 6:49 PM |
硫黄島からの手紙
遅ればせながら新年明けましておめでとうございます! これからもどうぞよろしくお願いいたします!! たくさんお休みさせていただきましたので、これからまたガンガン行きたいと思います(≧∇≦)b さて早速、 年始1発目は『硫黄島からの手紙』です。 製作年度 2
| スーパーヅカン | 2007/01/07 5:41 PM |
【映画】「硫黄島からの手紙」評
鳴り物入りの映画でもある作品で、是非とも見てみたいと思っていたのが、今回観た「硫黄島からの手紙」―――だ。これは、ご存知の通り、クリント・イーストウッドが日米双方の視点から描いた、硫黄島二部作の二作目だ。この、両軍双方からの視点で、一本づつの映画を
| われおもふこと | 2007/01/12 2:14 PM |
硫黄島からの手紙(12月9日公開)
アメリカで公開された「父親たちの星条旗」に対して,日本で公開されたのが,この「硫黄島からの手紙」 日本とアメリカ,それぞれから見た,第二次世界大戦での硫黄島の戦いを描いている. ----(PR)---------- リンクサービスのお知らせ オレメデアに,あなたのブログ
| オレメデア | 2007/01/12 3:18 PM |
映画「硫黄島からの手紙」 試写会にて
監督:クリント・イーストウッド 製作総指揮:ポール・ハギス 原作:栗林忠道 、吉田津由子 脚本:アイリス・ヤマシタ 音楽:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、松崎悠希 、 中村獅童 、裕木奈江 公式サイト
| 渋谷でママ気mama徒然日記 | 2007/01/13 11:37 PM |
硫黄島からの手紙−(映画:2007年7本目)−
監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童 評価:72点 公式サイト (ネタバレあります) 何が凄いって、これだけ日本人がワラワラと出てくる映画が洋画であって、監督がクリント・イー
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/01/20 10:07 AM |
「硫黄島からの手紙」 世界でシェアすべき作品  
公開中の映画「硫黄島からの手紙」を観賞。監督・製作:クリント・イーストウッド。製作:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ、製作総指揮・共同原案:ポール・ハギス。脚本:アイリス・ヤマシタ。出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童
| やまたくの音吐朗々Diary | 2007/01/21 6:42 AM |
渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙
渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙渡辺謙(わたなべ けん、1959年10月21日 - )は、新潟県北魚沼郡小出町(現、魚沼市)出身の日本の俳優。演劇集団 円を経て2002年より渡辺謙はケイダッシュ所属。身長184cm、体重80kg。血液型はA型。渡辺謙の「謙」の名
| 大腸がん手術・今は元気で稼ぐ! | 2007/01/25 4:18 PM |
硫黄島からの手紙
クリント・イーストウッド監督の2部作『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』。本作は日本側から見た硫黄島の闘いを描き、そこで何か起こったのか、兵士たちは何を思って闘ったのか、
| あなたに読んでもらいたい本 | 2007/03/09 5:10 PM |