CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< ドラッグストア・ガール (DVD) | main | 僕はラジオ (DVD) >>
トゥモロー・ワールド
トゥモロー・ワールド
トゥモロー・ワールド
原題: Children of Men (2006)
2006年11月18日 日本初公開
公式サイト: http://www.tomorrow-world.com/

ユナイテッドシネマ・としまえん スクリーン8 
2006年11月19日(日)19時15分の回

ゴウ先生総合評価: B+
  画質(ビスタ): A-
  音質(SR-D/THX): A+
  英語学習用教材度: B+
雨が降る日曜の夕方、INDECのクラスを終えて会員諸君が帰った後、公開2日目の本作を見にユナイテッドシネマ・としまえんに駆け込みました。

としまえんで最大のスクリーン8に予告編の途中で入ると、そこはガラガラ。混雑した映画館が大嫌いなので嬉しくもあるのですが、“面白くないのかも”と少し不安にもなります。

いつも通り、予習はほとんどなし。JR高田馬場駅から山手線に乗る時にちらりと見た看板だけが唯一の先行情報。『ハリポタ』の監督が、クライヴ・オーウェンとジュリアン・ムーアを使って作る近未来映画という予備知識しか持ちません。

すぐに始まった本編。ところが遅れてきたどこかのノータリンが後ろに座って落ち着きません。しかも足を前の席に乗せる始末。つまり、ゴウ先生の顔の1メートル左くらいに汚い足を乗せているのです!

怒鳴りつけてやろうかと思いましたが、それも不愉快になるので、即座に席を移動。しかし、それでも腹の虫が収まらず、本作の前半はなかなか映画に集中できませんでした。いまどき、こんなマナーの悪いアホがいるとは・・・。さびしい限りです。

それにしても、本作の前半は、『Vフォー・ヴェンデッタ』(レビューは、こちら!)を想像させる嫌な展開。どうしてイギリス人は、「イギリス以外全部沈没」のような映画を作りたがるのでしょう。ゴウ先生、相性がよくありません。少子化問題がここまで来ると、ついていくのも大変です。

2027年11月26日にスタートする本作、この日世界で最後に生まれた子供が死んだというニュースから始まります。何らかの理由ですでに18年間も世界中の女性が不妊症にかかってしまい子供が生まれないのです。

しかも、イギリス以外の世界中が崩壊してしまったために、難民がイギリスに不法入国してきます。しかし、イギリス政府は彼らを受け入れることをせず、排除・処刑を繰り返します。

つまりは、希望も何もない暗黒未来がつい20年先に訪れるという映画なのでした。

邦題の『トゥモロー・ワールド』がかもし出すどこか能天気な響きは、本作にはまったくありえません。やはり原題のChildren of Menのどこか暗い響きを持ったタイトルの方がぴったりきます。

そうした時代背景の中で、主人公のセオ(クライヴ・オーウェン)が元妻のジュリアン(ジュリアン・ムーア)の依頼により不法入国した黒人少女キー(クレア=ホープ・アシティー)を助ける羽目になります。ジュリアンは過激な反政府組織Fishのリーダーだったのです。

ところが、ジュリアンは殺され、セオもキーも命を狙われます。しかも、キーは身重。しかし、キーの子供は人類を救える唯一の光。キーを連れたセオの逃避行が始まるのでした・・・。

個人的に楽しみにしていたジュリアン・ムーアの登場はあっけない彼女の死によって奪われ、小汚くて全然強くないクライヴ・オーウェンだけが画面に残り、しかも周りは悲惨な、世界の終末状態。

ゴウ先生、いっそ出て行こうかと思いました。足を椅子に乗せるバカもいることだし・・・。実際、一度はトイレ休憩に駆け込み、気息を整えたほどです。(分かります、この怒り?)

ところが、トイレから戻ってしばらくすると、この映画が牙を剥いてきました。開始1時間ちょっと経ったくらいからです。

戦争が始まったのです!ホンモノの戦争が目の前で見せられるのです!

このユナイテッドシネマ・としまえんスクリーン8はつい3週間前に『父親たちの星条旗』(レビューは、こちら!)を見た場所です。いまでもあの生々しい硫黄島の戦闘シーンが脳裏に浮かびます。

ところが、それよりも、『プライベート・ライアン』のオマハ・ビーチよりも、凄い「戦争」がスクリーンに映し出されているのです。

廃墟と化したビルの中に住む不法移民を取り締まるために来たイギリス軍の兵士たちとテロリストたちがやりあう様は、まるでイラクの戦闘地域に自分が立っているかのようです。

セオは、銃を取ることはありません。ただひたすらキーを捜して銃弾の雨の中必死に街を走るだけなのです。その際の音の怖いこと。THX対応のこのスクリーン8では、銃弾が四方八方からこちらめがけて飛び込んできます。今日は、ウィンブルシートを使いませんでしたが、それでも重低音が身体を貫きます。

ゴウ先生、凍りつきました。

後で知ったら、この場面8分間ノーカットだったとか。セオの後に張り付いた移動カメラが生々しく戦争の悲惨さと人間の愚かさを描きこんでくれます。

そして、人類を待っている未来が希望なのか絶望なのか分からないまま、本作は静かに終わります。

ゴウ先生、開始70分ほどまではC-の映画だと思っていたのですが、最後の30分弱はAの評価を挙げたくなったのでした。これほど途中から劇的に面白さが変わる映画も珍しいかもしれません。

ともあれ、見た後にずしりと重い課題をつけつけられた気分になる映画でした。

++++++++++

画質(ビスタ): A-  

どうしてシネスコで撮ってくれなかったのかと恨めしくなります。もっとすごい迫力を味わえたはずなのに・・・。とはいえ、スクリーン8はビスタでも横幅が18メートル近くありすごい迫力です。

ただし、画質は銀落としっぱい絵で、粒子も粗め。リアルな感じはして映画の内容の荒涼感は出ていると思いますが、個人的に好きな絵ではありません。もう少し滑らかで透明感のある絵が欲しいところでした。

音質(SR-D/THX): A+  

前述しましたが、圧巻はサウンド・デザイン!いままで映画館・Gump Theatreを通じてこれほどリアルな銃声・砲弾音を聞いたのは初めてのような気がします。とにかく怖い。ラスト・シーンで戦闘機が2機頭上を通り過ぎるところも聞きものです。戦争映画フェチ(そういう人がいれば)にはたまらない作品です。

しかも、細かい環境音のサラウンドが静かな恐怖をかもし出すのも事実。水が漏れている音が左後方からしてきたり、人の小さな話し声が右側からゴソゴソ聞こえてきたり。鳥肌が立ちました。

さらに、音楽が素晴らしい。ビートルズやローリングストーンズなどの曲がかかるのですが、そんじょそこらのオーディオ装置では聞けない深みのある音がします。

それもこれも、元々の音響設計もよいのでしょうが、スクリーン8にのみ奢られているTHX仕様のPA装置が効いているものの判断します。実のところ、本作は、スクリーン8くらいの環境のもと評価しないと、本質が見えてこない作品だと思います。

英語学習用教材度: B+

アメリカでは劇場公開もまだ(12月25日公開予定)のため、どのようなフォーマットでDVDが発売されるか分かりませんが、英語はかなり際どい俗語が多用され、あまり品がよいものではありません。しかも、マイケル・ケインを始め、かなりきついブリティッシュ・アクセントで話す俳優が多く出ます。相当英語力のある人向けの勉強材料となることでしょう。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

アルフォンソ・キュアロンの監督映画は、『大いなる遺産』を見ただけ。しかし、ほとんど記憶に残っていません。まずは、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』から見直しましょう。

大いなる遺産
大いなる遺産

☆世界中の女性が不妊症になった理由も、イギリス以外の国が崩壊した理由も、ゴウ先生にはまったく分かりませんでした。この辺、説明不足です。前半ついていけない大きな理由でした。

☆世界が滅亡するという紹介で東京も出るのですが、使われたフィルムが地下鉄サリン事件のものでした。やはり、あれは紛うことなきテロでした。

☆クライマックスの戦闘シーンで、キーが生んだ赤ん坊を見てイギリス軍兵士たちが何ともいえない柔和な顔になります。古臭い言葉ですが、「子はかすがい」という言葉を思い出した3児の父親でした。皆さん、子供を生みましょう!

☆原題がすごく気になりました。Children of Men。アメリカ人だと絶対に使わない(使えない?)“men”で「人類」を表すやり方。“women”はどこにやったと言われてしまうわけです。Sexismだと言われてしまうわけです。しかし、ここはその不穏当な使い方が一番でした。原題が大きな画面に最初と最後に出ると、ドキっとしてしまいます。

登場人物の名前もなるほどと思わされた次第です。特にセオ(Theo)。これは「神」という意味を表す言葉です。「神学」は“theology”というくらいですから。そして、18年ぶりの子供を産む女性がキー(Key)、カギ。つまり、神の代理としてのセオが、人類の未来への鍵を握るキーを助けるというのが本作の縦糸だったのでした。

マイケル・ケインが出てくるのは知りませんでした(今日確認したら、高田馬場駅の看板にはちゃんと彼の名前が載っていました・・・)。ビートルズを解散した当時のジョン・レノンが老けたらこうなるだろうという長髪とヒゲ面。参りました。

☆本作、120億円もかけて作られたとか。最後の戦闘シーンなどを見たら、うなずける製作費です。どこまでがCGでどこからが実写か、まったく分かりません。

☆ともかく、怖い映画です。個人的には、大昔の『ソイレント・グリーン』あたりを思い出す暗い話でした。

ソイレント・グリーン 特別版
ソイレント・グリーン 特別版

++++++++++

途中まではだれますが、それからは鮮やか。ガラガラの公開2日目の夜の映画館でしたが、もっと人が入ってよい映画だと思います。少なくとも『Vフォー・ヴェンデッタ』よりは面白いし、深みがあります。

関心がある方は、ぜひどうぞ。でも、映画館に行くときは、マナーに気をつけましょう。
| 外国映画(タ行) | 13:14 | comments(5) | trackbacks(40) |
コメント
凄く良い映画でした。
同じくソイレント・グリーンを思い出しました。
ビートルズの音楽はどこでかかってました?

TBありがとうございました。
| とりこぷてら | 2006/11/21 10:35 PM |
TB&コメントありがとうございました。

ビートルズの曲がかかっていたような気がしたのですが、かかっていませんか?マイケル・ケインの家で彼が聞いていた曲にあったような気がしたのですが・・・。曲名も分からないので、間違っていたら、すいません。
| ゴウ先生 | 2006/11/25 2:24 PM |
TBどうもです。
>どこまでがCGでどこからが実写か
でしたね、物語も見せ方も、リアルすぎてちょっと恐くなりました。
| たいむ | 2006/11/25 9:13 PM |
こんばんは。TBありがとうございます。
イギリスって暗い。そんな印象を受けました。Baby が人類の希望なんですねぇ。へそ曲がりの自分は、ちょっと疑問符でした。(^^;) 長回しや戦闘シーンなどは、確かに見応えがありましたね。音響にもお詳しいのですね! すごいです。音楽が気になって、先にサントラ盤で確認してました。セオがジャスパーと葉っぱを楽しみながら話していたシーンのバックは、「Ruby Tuesday」(元々はRolling Stonesの曲)でした。「Bring on The Lucie」(John Lennon)も流れました。
| あかん隊 | 2006/11/25 10:14 PM |
政府が安楽死を推奨する未来『ソイレント・グリーン』。
ヘストンがロビンソンと肉やら目玉焼きを食べるところが楽しくも、最後は怖い映画でしたね。

それにしても、ヘストンが首に巻いてたマフラーの似合わないこと(笑)。

おっと、つい別の映画のコメントになってしまいました(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
| にら | 2006/12/01 4:20 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/581081
トラックバック
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN
今日は、「UCとしまえん 」のポイントを使って映画を観ようと思ったので、レイトショーではなくて、10時からの上映「トゥモロー・ワールド 」を選択。 予告編なんかで見てて、結構期待していた映画です。 今日が初日ということもあって、混んでるかなぁ、と
| いいかげん社長の日記 | 2006/11/21 8:22 PM |
トゥモロー・ワールド
今日から公開された「トゥモロー・ワールド」見てきました。ついでに「ソウ3」も見てきたんですが^^;)「プラダを着た悪魔」も見たかったんですが、さすがに時間が取れませんでした。この「トゥモロー・ワールド」は面白かったです。お薦めしちゃうな。近未来なんだ
| ぷち てんてん | 2006/11/21 9:09 PM |
トゥモロー・ワールド
唯一の希望を 失えば、 人類に明日はない。           評価:★3点(満点10点) 2006年 109min 監督:アルフォンソ・キュアロン 主演:クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン 【あらす
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/11/21 9:30 PM |
トゥモロー・ワールド
公開日 2006/11/18監督:アルフォンソ・キュアロン 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」出演:クライヴ・オーウェン/ジュリアン・ムーア/マイケル・ケイン 他【あらすじ】2027年、我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。未来への希望を失った人間たち
| Good job M | 2006/11/21 10:01 PM |
「トゥモロー・ワールド」 now roadshow!
そう、ジュリアン・ムーアはフォーガットンの後、もう一回子供亡くしたのね…   トゥモロー・ワールド CHIRDREN OF MEN 製作年度 2006年 製作国 アメリカ/イギリス 上映時間 109分 監督 アルフォンソ・キュアロ
| とりあえず生態学+ | 2006/11/21 10:28 PM |
映画「トゥモロー・ワールド」
2006年65本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」のアルフォンソ・キュアロン監督作品。女流ミステリ作家P・D・ジェイムズの『人類の子供たち』を映画化した近未来SFサスペンス。子供が誕生しなくなった近未来の地球を舞台に、人
| しょうちゃんの映画ブログ | 2006/11/21 10:54 PM |
トゥモロー・ワールド・・・・・評価額1550円
メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロンによる近未来SF大作。 「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」では少々勝手が違ったのか、食い足りない印象が残ったが、こちらは中々の仕上がりだ。 子供が誕生しなくなり、人類が絶
| ノラネコの呑んで観るシネマ | 2006/11/21 11:12 PM |
トゥモロー・ワールド
子供が誕生しない未来〜人類だけが地球から消え去る〜このままでは、地球を受け継ぐ者は、誰もいなくなる。2027年 ─ 我々人類にはすでに18年間も子供が誕生していない。このままでは、そう遠くない日、地球を引き継ぐ者はすべて地上から消え去ってしまう!
| パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ | 2006/11/22 12:41 AM |
トゥモロー・ワールド
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  人類の希望・・・それはたった一つの産声  
| カリスマ映画論 | 2006/11/22 3:05 AM |
トゥモロー・ワールド
西暦2027年。人類には18年間、新生児が誕生していなかった。世界は荒廃し、唯一正常な社会体制を維持しているイギリスには難民が押し寄せていた。ある日、エネルギー省に勤めるセオは、地下組織のリーダーであるかつての妻・ジュリアンと再会する。彼女はセオ
| 5125年映画の旅 | 2006/11/22 8:48 AM |
トゥモロー・ワールド
子どもが生れない未来に希望の火を灯すのは・・・
| 悠雅的生活 | 2006/11/22 10:52 AM |
2006-21:トゥモロー・ワールド
本当にこの時期見たくなるような作品が少なくて困ってしまう。以前では考えられないくらい邦画が上映されており洋画の方が好きな私のような人はどうしようもない。そんな中トゥモロー・ワールドという作品が封切られた。CMの感じからすると子供が出来なくなった未来、
| 七転八倒映画館 | 2006/11/22 1:15 PM |
トゥモロー・ワールド
久々に度肝を抜かれる映画を観た気がします。 終末観が漂う映像からみなぎる緊迫感やエネルギーがすごい。 原題の"Children of men"(「人類の子供たち」)という 原作小説の「18年間子供が生まれない2027年」の世界を モチーフに、かなり監督アルフォ
| It's a Wonderful Life | 2006/11/22 1:21 PM |
トゥモロー・ワールド Children of Men
クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン主演 2027年 ロンドンのエネルギー省に勤めるセオは人類で一番若い 18歳の少年が死んだ事をニュースで知ります この18年間新たな人類誕生をみない世界になっていました セオは突然 前妻で今は反政府
| travelyuu とらべるゆう MOVIE | 2006/11/22 8:59 PM |
トゥモロー・ワールド
《トゥモロー・ワールド》 2006年 アメリカ/イギリス映画 − 原題 −CH
| Diarydiary! | 2006/11/22 9:38 PM |
映画のご紹介(212) トゥモロー・ワールド
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(212) トゥモロー・ワールド-何ができるかと言えば... 光の旅人 K-PAXのレビューで「CG技術が発達して映画に特殊効果を使うことのハードルが低くなり、SF的でない映画でも特殊効
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/11/23 8:01 AM |
『トゥモロー・ワールド』
監督:アルフォソン・キュアロン CAST:クライヴ・オーウェン、マイケル・ケイン、ジュリアン・ムーア 他 STORY:西暦2027年、人類は生殖能力を無くし、2009以来地球上には1人も子供が産まれなくなっていた。人類存続の危機に貧し、世界各地で紛争やテロが起きてい
| sweet* Days | 2006/11/23 8:09 PM |
『トゥモロー・ワールド』
通話料=0円(*1) 出生率=0%(*2) (*1…2006年現在。同一電話会社の携帯電話との通話のみが、ゴールドプランに加入して月額基本料金9600円を払いさえすれば無料です) (*2…2027年現在。東京は崩壊して測
| ねこのひたい〜絵日記室 | 2006/11/24 3:23 PM |
トゥモローワールド
一人の男が達成する明日への架け橋。
| Akira's VOICE | 2006/11/24 5:53 PM |
トゥモロー・ワールド
「トゥモロー・ワールド」 2006年 英/米 ★★★★ 2027年(約20年後!)、人類は滅亡に瀕していた。 世界中で戦争や内戦が勃発。 さらに生殖能力を完全に失い、子供が生まれない世界へ突入していた。 近い将来、こんな日が来るかもしれない?
| とんとん亭 | 2006/11/24 7:38 PM |
【劇場鑑賞127】トゥモロー・ワールド(原題:CHILDREN OF MEN)
2027年 子供が誕生しない未来 そう遠くない明日 人類だけが地球から消え去る 唯一の希望を失えば、人類に明日はない
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/11/24 8:04 PM |
トゥモロー・ワールド
(06年11月鑑賞) 「近未来世界の描写が素晴らしい。画面に真に迫る迫力がある。...
| 丼 BLOG | 2006/11/25 3:01 PM |
トゥモロー・ワールド
2027年、子供が生まれなくなって18年。イギリスだけが、国家として唯一機能している、そんな世界が描かれます。 私はなぜか、近未来ものに強く惹かれます。そこでは、必ず
| skywave blog | 2006/11/25 7:30 PM |
「トゥモロー・ワールド」みた。
劇場チラシや予告編、原題「CHILDREN OF MEN」から、なんとなく『アイランド』のようなイメージを持っていた。しかしまったく異なり、これは『日本以外全部沈没』でのGAT(外人アタック・チーム)”VS外国人難民”そのままではないか!
| たいむのひとりごと | 2006/11/25 9:12 PM |
トゥモロー・ワールド(20061119)
本編とは別な印象を与えるような予告編が、少なくない昨今。この映画の予告編は、裏
| cococo | 2006/11/25 10:15 PM |
『トゥモロー・ワールド』
『天国の口、終わりの楽園』、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のアルフォンソ・キュアロン監督の最新作。人類滅亡をテーマにしたSF映画だが、そのあまりのリアルさと、新しい観点のSF的解釈に世界が注目した話題作だ。 西暦2027年。人類が生殖機能を失
| моя комната 〜まやこむなた〜 | 2006/11/25 10:30 PM |
127.トゥモロー・ワールド
2027年、子供が誕生しなくなって18年経っていた。人類が生殖能力というものを失って、一気に終わりを迎えるのでなく、少しづつ死に向かっていく、という感じ、それが、とてもリアリティのある描写をされている。設定がしっかりとしていて、逆にとても恐ろしい感じがす
| レザボアCATs | 2006/11/25 11:34 PM |
『トゥモロー・ワールド』
  『トゥモロー・ワールド』   子供が誕生しない未来を変えるひとりの少女。 唯一の希望を失えば、人類に明日はない。   感動しました。 スクリーンの中に一筋の小さな希望が見えたような気がしたんです。 こんな衝撃は初めてでした。 18年間子供が生まれ
| 唐揚げ大好き! | 2006/11/26 6:14 AM |
トゥモロー・ワールド
 昔、「エグゼクティブ・デシジョン」というカート・ラッセルとスティーブン・セガ
| eclipse的な独り言 | 2006/11/26 5:30 PM |
豪華キャストだけど…【トゥモロー・ワールド】
なんかいや〜な予感がしました。 水曜日のレディースデーだってのに 有楽町の劇場
| 犬も歩けばBohにあたる! | 2006/11/26 8:23 PM |
トゥモロー・ワールド
そういえば・・・秘密の部屋では爆睡してしまったけど(寝不足だったからです、きっ
| C note | 2006/11/27 3:17 PM |
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN
 唯一の希望を失えば人類に明日はない
| Enjoy Life♪ | 2006/11/27 4:39 PM |
トゥモロー・ワールド
いかにも今日的な社会問題を重厚に描いた、 衝撃の近未来SF大作!! STORY:西暦2027年。 人類にはすでに、18年間子供が誕生していなかった。 この地球を引き継ぐものは、いずれ途絶えてしまう・・・。 エネルギー省官僚のセオ(クライヴ・オーウェン)は、
| 映画とはずがたり | 2006/11/30 12:15 AM |
真・映画日記(3)『トゥモロー・ワールド』
(2から) 映画館を出て銀座に移動。 WINSの前にあるマクドナルドで時間を潰す。 午後7時から「シネマイッキ塾」に参加。 18人参加。 暑かったなあ。 『プラダを着た悪魔』、『麦の穂をゆらす風』について語りあう。 9時終了。 有楽町駅前の中華料理屋で打
| CHEAP THRILL | 2006/11/30 11:09 PM |
「トゥモロー・ワールド」どうしても未来は悲惨のようだ
「トゥモロー・ワールド」★★★ クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン主演 アルフォンソ・キュアロン監督、2006年アメリカ/イギリス 映画で描かれる未来はどれも 夢も見れないような 暗いものが多い、 第三次世界大戦で世界は崩壊し
| soramove | 2006/12/02 1:26 PM |
トゥモロー・ワールド−(映画:2006年153本目)−
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:クライヴ・オーウェン、ジュリアン・ムーア、マイケル・ケイン、キウェテル・イジョフォー、チャーリー・ハナム、クレア=ホープ・アシティー 評価:87点 公式サイト (ネタバレあります) そろそろ
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/12/30 9:16 AM |
[ トゥモロー・ワールド ]セオの目を通して見た世界、109分
[ トゥモロー・ワールド ]を吉祥寺で鑑賞。 上映期間は、たぶん1ヶ月もなかったかもしれない。 [ 父親たちの星条旗 ] [ プラダを着た悪魔 ] [ 007カジノ・ロワイヤル ]など他の作品が注目されすぎて、目立たなかったかも・・・。しかし敬遠するには、惜
| アロハ坊主の日がな一日 | 2007/02/01 12:24 AM |
「トゥモロー・ワールド」 子供は希望
先日観た「パリ、ジュテーム」の一遍を撮っていたアルフォンソ・キュアロン監督の作品
| はらやんの映画徒然草 | 2007/03/25 8:11 PM |
赤ちゃんがいないいない世界「トゥモローワールド」
「トゥモローワールド」をレンタル。 ボチボチよかっただす。 赤子は宝じゃ! 気になったシーン。 途中の戦闘シーンでカメラに、なんか液体(血?)みたいなの付いたまま撮影してたねー?あれ、あえて?撮り直しが大変だったから?トゥモロー・ワールド監督:アル
| 花小金井正幸の日々「絵描人デイズ」 | 2007/03/30 12:49 PM |
トゥモロー・ワールド 07078
トゥモロー・ワールド CHILDREN OF MEN 2006年 英  アルフォンソ・キュアロン 監督クライヴ・オーウェン  ジュリアン・ムーア  マイケル・ケイン  キウェテル・イジョフォー  クレア=ホープ・アシティ  チャーリー・ハナム う〜ん
| 猫姫じゃ | 2007/04/14 9:30 PM |