CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 虹の女神 Rainbow Song | main | ファイティング・ガール (DVD) >>
地下鉄(メトロ)に乗って
地下鉄(メトロ)に乗って (出演 堤真一)
地下鉄(メトロ)に乗って (出演 堤真一)
2006年10月21日 劇場初公開
公式サイト: http://www.metro-movie.jp/

ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン7 D-6
2006年11月1日 12時15分の回

ゴウ先生総合評価: C
  画質(スコープ): B
  音質(SR-D): B
いつも通りの予習なし。地下鉄東西線の駅で見かけたポスターに惹かれてしまい、映画の日ならば見てみたいと思っていたのでした。

そんなゴウ先生の心を見透かしたように、11月1日のユナイテッド・シネマとしまえんでは、『父親たちの星条旗』(レビューは、こちら!)を9時45分から見ると12時7分に終了するので、12時15分から始まる本作を待ち時間ゼロで見られるようになっているのです。

大作の感動さめやらぬ中、見始めた本作、いきなり邦画の画質にへこみます。さっきの美しい絵と比べようもありません。地下鉄永田町駅に立つ主人公長谷部真次(堤真一)が荒い粒子の中でアップアップしている感じです。もう少し滑らかで艶やかな絵が撮れないものでしょうか・・・。

そして始まる物語も、ゴウ先生にはよく理解できません。

まず、最初のタイムスリップ。地下鉄で中学校の恩師野平啓吾(田中泯)と偶然(?)出会ったことがきっかけで、現代の永田町駅の出口を出ると昭和39年の丸の内線新中野駅という設定です。どうしてこのようなタイムスリップが可能なのでしょう。野平に不思議なパワーがあるのでしょうか。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でも『サマータイムマシン・ブルース』でもよいですが、タイムマシンらしきものが使われていたならば理解もしやすいのです。それが、ただ単に駅の出口を出ると昭和39年というのでは、ちょっとついていけません。何か説明がほしいところです。

しかも、昭和39年の新中野駅前の公衆電話から電話をかけているのに現代の実在人物にかかることができるシーンが現れて、なおのこと混乱します。こういうことがどうして可能なのでしょう。

タイム・パラドックスがどうのこうのではなく、映画の前提が見えなくて困ってしまったのです。

同じく、途中からは「地下鉄に乗って」行く必要がなくなり、地下鉄がない満州へでもどこへでも行けるようになるというストーリー展開になってしまっては、口あんぐりです。

ファンタジーだから何でも許せといわれても、一定のルールがないと切迫感も緊張感も生まれません。

実際、満州でソ連軍に追われる真次とその愛人軽部みち子(岡本綾)は、あっけなく現代に戻れるのです。もう少しハラハラさせる演出でもよいと思うのですが、それがありません。しかも、満州だと思えといわれてもチャチなセット撮影ですので、全然満州っぽくないのです。

ストーリーの縦糸がこんな風ですから、重要な横糸である父と息子の和解や母と娘の情愛に共感が持ちにくい結果となったのでした。

しかも、タイム・パラドックスがいい加減に使われて、父小沼佐吉(大沢たかお)の大成功のきっかけが戦後すぐの東京に現れた息子の真次にあるとしたり、母お時(常盤貴子)の妊娠に現れ流産させることで自分の存在を消してしまったみち子の話など、申し訳ないけれども、ご都合主義的なものにしか映りません。

第一、戦後パンパンをやっていたお時が昭和39年の時点で妊娠しているということは、お時は40歳前後かそれ以上になっており、そこで初産というのは何とも現実感に乏しい感じがします。第一、みち子自身が昭和40年生まれだとすれば、現在41歳。岡本綾ではちょっと無理があります。

というわけで、本作、ゴウ先生には説明不足過ぎる映画に思えました。原作を読めば分かると言われても、それでは困ります。期待していただけに、残念でした。

++++++++++

画質(スコープ): B  

シネマ・スコープの画面にワクワクしたのですが(何せ昭和30年代後半の映画はほとんどシネスコですから)、それも絵が出る前まで。上記の通り、標準的な邦画の画質になってしまい、興を削がれてしまいました。CGも『ALWAYS 三丁目の夕日』(レビューは、こちら!)の上を行っていません。

音質(SR-D): B

画質同様、絵も現代水準からいえば、ほめられません。セリフが割れ気味で聞こえづらい場面が多々ありました。最後の雨のシーンでは、雨の包囲感がSR-Dらしく十分にありましたが、雨の音がうるさくてセリフが聞き取りにくいのには閉口しました。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

真次とみち子の不倫関係。同じ会社の同僚で行っているのですが、そのことに少なくとも真次は悩んでいる風もなく、みち子もその中途半端な関係を改善したいようにも見えず、最後のみち子の消滅が実に分かりにくいものになりました。

大沢たかおを老け役で使ったのはいかがなものだったでしょうか。昭和39年でも東京の大会社の社長があのようなみすぼらしい格好をしていたとは思えません。そういう役と衣装を与えられた大沢が哀れに見えました。

☆3人の子供の父親としてみると、常盤貴子の妊婦の演技も大げさすぎて、違和感がありました。あの膨らみ方だと妊娠5ヶ月前後でしょうから、安定期に入っていて、あれほど鈍重に動かなくてもよいでしょうし、ひょっとするとあの程度の転倒だと流産しないかもしれません。

堤真一が出る映画は、『フライ・ダディ・フライ』、『ローレライ』(レビューは、こちら!)、『ALWAYS 三丁目の夕日』などよく見ていると思うのですが、本作が一番輝いていなかった印象があります。お茶目な堤が、ゴウ先生は好きなのです。

☆NHKの朝の連ドラ『オードリー』以来注目している岡本綾ですが、もう一歩弾けてくれません。愛人役だったというところで、ギクッとしてしまったゴウ先生がいけないのでしょうが。

昭和39年の新中野駅前は、本当に上のポスターのようになっていたのでしょうか?

++++++++++

期待していたのに、混乱されっぱなしで、楽しめませんでした。きっと原作を読んでいる方には問題なかったのでしょう。

レンタルDVDを待ってもよいのではというのがゴウ先生の率直な感想です。
| 日本映画(た行) | 18:55 | comments(3) | trackbacks(36) |
コメント
TB有難うございました★
私もこの映画は、原作を珍しく読んでいたので、ちょっとは楽しみにしていたのですが(とはいえ原作は覚えてないので
面白くなかったんだと思います^^)
ちょっと納得いかない事ばかりでしたね〜〜^^;

タイム・スリップして何がいいたかったんだろう?
父親に背を向けて歩いてきた真次に本当の父の姿を見せたかっただけ?それならわかるんだけど・・・
不倫していた女が異母兄妹だったなんて・・・もっと驚けよ!と突っ込みたかったですけどね^^
また来ま〜す♪
| とんちゃん | 2006/11/06 9:50 PM |
 ゴウ先生、初めましてmasalaと申します。
 勝手にトラバさせて頂きました。
 ゴウ先生が、ブログの中で映画の画質と音質について書いてありましたが、私は画質の荒さとセリフの歪は映画の時代設定に合わせてワザと荒らしてあると思って見ていました。特に長男の遺体と対面するシーンの画質が顕著に現れていて画質に微粒子状な物が飛んでいたみたいでした、しかし現代のシーンでは画質はクリアでした。
 製作者の意図は判りませんが、映画館によってフィルムのプリントの良し悪しがあったのかも。
| masala | 2006/11/08 2:11 PM |
TB &コメントありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

>とんちゃん 様

同感です。タイムスリップものはきちんと細部にわたってこだわってもらわないと見る気になれません。

それに、みち子が可哀想だし、ああいう風に消えてしまう理由も映画では明確に分からないし、残念な映画でした。

>masala 様

こちらこそ、はじめまして。

画質・音質の評価については、ユナイテッド・シネマとしまえんスクリーン7ではこうであったという評価です。プリント・映画館が違うと当然評価は変わりうると思います。

ただし、時代に応じて画質が変えられていたとは思えず、両方とも決してほめられた画質ではありませんでした。『父親たちの星条旗』の滑らかな銀落としの映像とは比べようがなかったのです。
| ゴウ先生 | 2006/11/08 3:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/568429
トラックバック
地下鉄(メトロ)に乗って
「地下鉄に乗って」と聞くと吉田拓郎さんが楽曲を提供して猫がうたった名曲(正確には「地下鉄にのって」※THE BEST収録)をイメージしてしまいますが、こちらは浅田次郎原作の「地下鉄(メトロ)に乗って」
| 映画雑記・COLOR of CINEMA | 2006/11/06 12:46 PM |
地下鉄(メトロ)に乗って 映画
★★★☆  ご存知、浅田次郎の同名小説を、映画化した作品である。原作ものを映画化すると、原作を読んだ人達は、どうしてもつっこみを入れたくなるようだ。しかし商業ベースの映画には、いろいろと制約があり、原作を舐めるように再現することは不可能である。また映
| ケントのたそがれ劇場 | 2006/11/06 12:54 PM |
『地下鉄(メトロ)に乗って』
試写にて『地下鉄に乗って』鑑賞。「あなたは、父になる前の父親を知っていますか?」「あなたが生まれる前の母親に会いたいですか?」というコピーと、地下鉄に乗ってタイムスリップするという設定には引かれましたが、それだけだった……。 存在感のある老人にはじ
| 試写会帰りに | 2006/11/06 1:18 PM |
『地下鉄に乗って』鑑賞!
『地下鉄に乗って』鑑賞レビュー! 121分間のタイムスリップファンタジー いつもの地下鉄を降りると、そこは 昭和39年の東京だった....。 時代を超えてメトロが繋ぐ 激しくも切ない愛の物語 日本中を涙させた 『鉄道員』から7年
| ☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo! | 2006/11/06 1:27 PM |
「地下鉄(メトロ)に乗って」
「地下鉄(メトロ)に乗って」丸の内ピカデリー2で鑑賞 地下鉄で通勤はしていませんが、いつも使っている丸の内線、半蔵門線、銀座線が使われているのでうれしい感じ。「交渉人」で使われていた地下鉄の駅は駅名以外は東京じゃあなかったのでつまらなかったし。韓国
| てんびんthe LIFE | 2006/11/06 1:51 PM |
地下鉄をつくっちゃえ
地下鉄に乗って 鑑賞 60点(100点満点中) 浅田次郎の同名小説を映画化。 昭和39年の少年時代に兄を失い、その原因を家族に横暴な父にあると考え、父を憎んで生きてきた主人公・真次(堤真一)が、仕事の帰りに地下鉄の駅から出ると、そこは兄が死んだ日の新中
| (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) | 2006/11/06 3:03 PM |
映画の記録(194) 地下鉄(メトロ)に乗って
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画の記録(194) 地下鉄(メトロ)に乗って-邦画界はレトロブームだが..... 久しぶりに試写会というものに行って、今週末から公開される「地下鉄(メトロ)に乗って」を観た。 三丁目の夕日の記
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/11/06 6:44 PM |
地下鉄(メトロ)に乗って
さて、21日の映画ハシゴ観ですが、1本目は舞台挨拶があったので、「シネマヴィレッジ8」で
| 欧風 | 2006/11/06 6:51 PM |
地下鉄(メトロ)に乗って
  あなたは父になる前の父親を 知っていますか? あなたが生まれる前の母親に 会いたいですか?       評価:★6点(満点10点) 2006年 121min 監督:篠原哲雄 主演:堤真一 岡本綾 常盤貴子 大沢たかお 【コメ
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/11/06 7:52 PM |
地下鉄(メトロ)に乗って
小さな会社で営業を営む長谷部は、自分の事ばかり考え、家族を蔑ろにしてきた父親と絶縁状態だった。そんな父が病に倒れ、会いに行こうか迷っていた時、地下鉄の構内で死んだ兄によく似た人影を見つける。彼を追いかけ、地下鉄を出た先は、昭和39年の東京だった。そ
| 5125年映画の旅 | 2006/11/06 7:56 PM |
地下鉄(メトロ)に乗って
公開日 2006/10/21監督:篠原哲雄出演:堤真一/岡本綾/常盤貴子/大沢たかお/田中泯/笹野高史/吉行和子 他【あらすじ】スーツケースを抱え、いつものように地下鉄の駅に降り立つ長谷部真次。営業マンとして一日歩き回った帰り道に携帯電話のメッセージを確認すると、弟
| Good job M | 2006/11/06 9:28 PM |
地下鉄(メトロ)に乗って
浅田次郎さんの同名小説の映画化です。 この映画の公開をワタシ的には楽しみにしてたんです。 好きな作家さんの作品だし、監督は篠原哲雄さんだったし、堤真一さんも好きだったし・・・どんなファンタジーになるんだろうと・・・ 楽しみにしてた分、落胆が激しかっ
| 愛猫レオンとシネマな毎日 | 2006/11/06 9:44 PM |
地下鉄(メトロ)に乗って
「地下鉄(メトロ)に乗って」 2006年 日 ★★★☆ 浅田次郎さんの原作。これは、結構前に読んだ筈ですが内容を全く 覚えていません。余り感動しなかったからかなぁ・・・?(・・? 神田のとある小さな下着メーカーに勤めるサラリーマン、長谷部真次
| とんとん亭 | 2006/11/06 9:45 PM |
「地下鉄に乗って」はいい話でした・・・(;θ;)
中野サンプラザで行われた、映画「地下鉄(メトロ)に乗って」の試写会に行ってきました!! 「鉄道員(ぽっぽや)」などでお馴染みの、浅田次郎さんの小説を映画化した作品です。 こんなお話です・・・ ↓↓↓ 『いつもと同じ会社からの帰り道。地下鉄を降りて駅の階
| Thanksgiving Day | 2006/11/06 11:16 PM |
「 地下鉄(メトロ)に乗って 」
監督 : 篠原哲雄 出演 : 堤真一 / 岡本綾 / 常盤貴子/ 大沢たかお 原作 : 浅田次郎 公式HP : http://www.metro-movie.jp/  ||「 地下鉄は良いね、思うままにどこへでも行けるから 」またまた、大
| MoonDreamWorks★Fc2 | 2006/11/06 11:18 PM |
地下鉄(メトロ)に乗って
人の心を惹き付けて止まない。一人一人の個性が混ざり合って、一つの色を成して、クラ
| RAKUGAKI | 2006/11/06 11:33 PM |
地下鉄(メトロ)に乗って
地下鉄はいい。思った場所に自在に行ける。
| 悠雅的生活 | 2006/11/07 12:12 AM |
『地下鉄(メトロ)に乗って』を観たよ。
シェアブログ1565に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  大好きな女優・常盤貴子さんの、ヴァラエティに富んだ「昭和コスプレ」を見られたのは嬉しかったな。綺麗だった〜。 『地下鉄(メトロ
| 【待宵夜話】++徒然夢想++ | 2006/11/07 12:33 AM |
『 地下鉄に乗って(メトロに乗って) 』
映画 『  地下鉄に乗って(メトロに乗って) 』   [試写会鑑賞] 2006年:日本 【2006年10月21日公開】[ 上映劇場  ] 監督:篠原哲雄 原作:浅田次郎 【キャスト】 堤真一 岡本綾 常盤貴子 大沢たかお 公式サイト いつもの地
| やっぱり邦画好き… | 2006/11/07 8:30 AM |
劇場『地下鉄(メトロ)に乗って』
監督:篠原哲雄 原作:浅田次郎 出演:堤真一、岡本綾、田中泯、笹野高史、綱島郷太郎、吉行和子、常盤貴子、大沢たかお他 浅田次郎、流行ってますね。ワタシもけっこう好きです。だけどコレの原作はまだ読んでなかったw 近いうちに買います。で、えー、と、主人公が大
| 映画ダイエット | 2006/11/07 11:28 AM |
地下鉄(メトロ)に乗って
映画「地下鉄(メトロ)に乗って」の感想です
| ジャスの部屋 -映画とゲーム- | 2006/11/07 11:28 AM |
地下鉄(メトロ)に乗って
メトロな揺れ レトロなルーツに 心揺れ   昭和39年へタイムスリゥプ。ふうむ、東京オリンピックの年。ところが、終戦直後や戦争中も出てくる。おんや、地下鉄って、そんな昔からあるの? 自分の知識の無さに、あとから地下鉄の歴史を紐解いてみた。な、なん
| 空想俳人日記 | 2006/11/07 12:27 PM |
地下鉄(メトロ)に乗って
満 足 度 :★★★★     (★×10=満点)  監  督 :篠原哲雄 キャスト :堤真一        岡本綾              常盤貴子        大沢たかお 、他 ■ストーリー■  長谷部真次(堤真一)は下着メーカーの営業
| ★試写会中毒★ | 2006/11/07 6:13 PM |
地下鉄に乗って
いつもの地下鉄を降りると、 そこは昭和39年の東京だった―。 友人から映画の試写会のお誘いを受けた。 昨日、仕事を終えるや、いそいそと会場へ急いだ。 いつもの地下鉄に乗って。 観たのは浅田次郎原作の「地下鉄(メトロ)に乗って」だ。
| コンパス・ローズ  | 2006/11/07 10:48 PM |
地下鉄に乗って
自分の思っていた雰囲気とは、少し違っていました。 タイムスリップものです、これ。 ある日、主人公の長谷部真次(堤真一)が地下鉄を降りたら、そこは東京オリンピックの開催に沸く昭和39年の東京で、突然タイムスリップするっていう話しなんです。 で、
| UkiUkiれいんぼーデイ | 2006/11/08 8:55 AM |
地下鉄(メトロ)に乗って
期待値:48%  浅田次郎の同名の小説の映画化。 タイムスリップ・ファンタジーなので、現在-過去を往
| 週末映画! | 2006/11/08 10:44 AM |
映画「地下鉄に乗って」を鑑賞。
 皆さん、こんにちはmasalaです。 今日は、TOHOシネマズ川崎にて「地下鉄(メトロ)に乗って」を見てきました。 今日は客入りが非常に悪く、154席のスクリーン4に24名の客入り、年配のお客さんも多数見に来ている。 映画の話は、地下鉄から、東京オ
| masalaの辛口映画館 | 2006/11/08 1:47 PM |
「地下鉄(メトロ)に乗って」戻りたい‘あの頃’はありますか?
「地下鉄(メトロ)に乗って」★★★☆ 堤真一、岡本綾、常盤貴子、大沢たかお 主演 篠原哲雄 監督、2006年 地下鉄のホームで 自分の子供時代を知る人に 偶然出会う。 こんなにも人の多い街だから そんな偶然もありえそうだ。 地下鉄の駅から地上へ出ると
| soramove | 2006/11/11 8:50 PM |
【劇場鑑賞115】地下鉄(メトロ)に乗って
あなたは、父になる前の父親を知ってますか? あなたが生まれる前の母親に会いたいですか? いつもの地下鉄を降りると、そこは昭和39年の東京だった───。
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/11/12 6:21 PM |
地下鉄<メトロ>に乗って
 昔からよくある、自分や自分の肉親の過去に戻る話の一つですが(とはいっても、大傑作『バタフライ・エフェクト』の強い影響を感じさせます)、大き
| シネクリシェ | 2006/11/13 5:45 AM |
真・映画日記『地下鉄に乗って』
10月25日(水) コートを着用。寒いからね。 昼間は少し暖かい。 仕事はそこそこに。 午後6時に終業。 虎ノ門にある「チケットフナキ」で映画のチケットを7枚買う。 『地下鉄に乗って』 『上海の伯爵夫人』 『クリムト』 『父親たちの星条旗』 『虹の女神』
| CHEAP THRILL | 2006/11/15 7:48 PM |
地下鉄(メトロ)に乗って
 とある衣料品店の営業をしているサラリーマン、長谷部真次(堤真一)は衣料品を積めたスーツケースを転がしながら、地下鉄を乗り継いでいた。永田町のプラットホームで座ってその日の疲れを癒していると、そこに現れたのはかつての恩師でもあった野平
| とにかく、映画好きなもので。 | 2006/11/17 8:24 PM |
『地下鉄に乗って』
ワーナーマイカルの試写会が当たったので行ってきたんだけど、駄作だった。あれはないでしょう。あれは。あのラストは女として許せないんですけど。やぱり、シナリオ書いてるのが男だからでしょうかねえ。女だったら、絶対あんなラストは書きません。命は大切にしなきゃ
| ふつうの生活 ふつうのパラダイス | 2006/11/18 8:14 PM |
地下鉄(メトロ)に乗って <ネタバレあり>
この映画のようにタイムスリップ出来るとすれば ワタクシは自分が生まれた日の両親の様子が見たい。長女なので 喜んだには違いないが はたしてどの程度偶然だか仕組まれたことなのか 兄ちゃんの命日に事が始まりあれだけ憎んでいた父親の“真の姿”に出会う事になる
| HAPPYMANIA | 2006/11/23 3:21 AM |
『地下鉄(メトロ)に乗って』・試写会
今日は某映画関連サイトで当選した鉄道映画祭2006の 上映作品『地下鉄(メトロ)に乗って』を観てき
| しましまシネマライフ! | 2006/12/10 12:10 AM |
mini review 07037「地下鉄(メトロ)に乗って」★★★★★☆☆☆☆☆
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 121分 公開日 : 2006-10-21〜 監督 : 篠原哲雄 出演 : 堤真一 岡本綾 常盤貴子 大沢たかお 田中泯 笹野高史 北条隆博 吉行和子 父親が倒れたという知らせを受けた日、長谷部真次
| サーカスな日々 | 2007/03/27 2:45 PM |