CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 木更津キャッツアイ 日本シリーズ (DVD) | main | シン・シティ (DVD) >>
69 sixty nine (DVD)
69 sixty nine
69 sixty nine
2004/07/10 劇場初公開
公式サイト: http://www.69movie.jp/

ゴウ先生総合ランキング: B
  画質(ビスタ): B
  音質(ドルビーデジタル5.1ch): B
『フラガール』(レビューは、こちら!)で昭和40年(1965年)の福島を再現した李相日。宮藤官九郎脚本で、昭和44年(1969年)の村上龍的佐世保を再現するというので見てみました。

そこで出した結論:映画は個人的思い込みである!

ゴウ先生、昭和36年(1961年)佐世保に生まれ、昭和44年には隣の佐賀県伊万里市に住んでいました。それゆえ、親に連れられ佐世保にはよく行ったものです。しかも、原作者村上龍を佐世保北高校で教えた経験を持つという国語教師が、ゴウ先生の高校3年の時の担任の先生。こうした背景が、ゴウ先生の点数を実に甘いものにしてしまったのです。

確かに、映画そのものを客観的に評価すると厳しいものがあります。原作を読んではいませんが、出演者も脚本も演出もどこか中途半端。『フラガール』レベルを期待すると、大いに裏切られます。

まず、疑問の出演者が、主役の妻夫木聡。村上本人と思しき矢崎剣介(ケン)を演じていますが、どうも違う。

佐世保ネイティブのゴウ先生としては、福岡ネイティブの妻夫木の発音にイチャモンをつけたくなります。本人は同じだと思っているのでしょうが、博多弁と佐世保弁は似て非なるもの。かえって神奈川県出身の安藤政信の方が偏見がないせいか、よりネイティブに近い発音です。

さらに、妻夫木には原作にはあったと想像するケンの不良性とカリスマ性がありません。悪ふざけしても許してもらおうという可愛げ気のない開き直りだけが感じられ、興ざめします。

さらに、ケンが恋する松井和子が、それほどの女性かと思う太田莉菜なのが物足りません。共演している水川あさみや三津谷葉子の方がはるかに魅力的です。

さらに、脚本も出だしはどこか『嫌われ松子の一生』(レビューは、こちら!)と『木更津キャッツアイ』を足して2で割ったようなノリで期待を持たせるのですが、それがしぼんでいきます。

『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』のレビューでも書きましたが、クドカン脚本の長所はハチャメチャでありながら、一線を守る道徳性が実はあること。

ところが、本作にはそれがありません。学生運動という大義名分を掲げさえすれば何をしてもよいとケンは信じている節があり、学校のバリケード封鎖の悪質性など鼻白む思いになります。

さらに、演出もそうした俳優・脚本のキズを救うレベルに到達していません。ただ勢いで演じさせただけという雰囲気。妻夫木の代表作にしてあげるわけにはいきませんでした。

にもかかわらず、ゴウ先生、嫌いではなれません。

ここ20年ほど行ったことがないので、登場するロケ地がすべて佐世保なのかどうか判断できませんが、時折出てくるなじみ深い場所。そしてあの空気。垣間見る時代の雰囲気がゴウ先生を引き付けるのでした。

ことにアダマ(安藤)が北高の屋上において目いっぱいの佐世保弁でひとり言をいうシーン(後述するように、字幕の標準語訳がゴウ先生に言わせると2箇所ほど間違えていますが)。

さらに、ケンとアダマの同級生岩瀬学(金井勇太)が停学を喰らって実家の時計屋の居間でウクレレ片手に唄う「フランシーヌの場合は」の替え歌には、いっぺんに時計の針を35年前に引き戻されてしまいました。

欠点も目立ちますが、ある種青春の爆発するエネルギーを掬い取った映画であることは間違いありません。ゴウ先生は、許してもよいかなと思うのです。十分、笑えます。

++++++++++

画質(ビスタ): B  

Gump Theatreの120インチ・スクリーンに映写すると、粒子の荒れや透明感の不足が感じられます。ゴウ先生、プロジェクターをかなりいじりました。もう少し滑らかな画調ができなかったものでしょうか。

音質(ドルビーデジタル5.1ch): B

音楽が多用されているのに、サウンド・デザインもいまいち。本来はステレオ上映だったためか、リア・サラウンドは取ってつけたようなものになってしまっています。音の抜けもイマイチでした。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

☆アダマの独り言の翻訳の間違いを示しておきましょう。

#1(11分17秒)
安藤:女子のマスゲームば見よっぎ、ぐらいしてくんもんね。
字幕:女子のマスゲームを見ていると、胸がムカムカしてくる。
ゴウ先生訳:女子のマスゲームを見ていると、ガッカリしてくる。

#2(11分24秒)
安藤:こすかっさねえ。
字幕:まるでちんかすのようだ。
ゴウ先生訳:ずるいんだよなあ。

☆岩瀬学の替え歌は以下の通りです(60分5秒)。新谷のり子の「フランシーヌの場合は」のメロディーでどうぞ。

  岩瀬学の場合は
  あまりにもおばかさん
  岩瀬学の場合は
  あまりにもさびしい
  7月19日の日曜日
  バリの中に燃えた命ひとつ
  岩瀬学
  
☆ここにも出ていた岸部一徳。なかなかの佐世保弁。さすがです。

++++++++++

『パッチギ!』の完成度にはとても及びませんが、ゴウ先生には「昭和」を痛感させる映画です。

レンタルDVDでどうぞ。
| 日本映画(さ行) | 10:30 | comments(1) | trackbacks(4) |
コメント
この映画が好きで、今度佐世保に行く予定です
楽しみです!

村上龍は私の青春の師匠です!

私も是非この人のような作品を世に出したい(映画で)
| さくら | 2019/02/08 5:52 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/557195
トラックバック
『69 シクスティナイン』
妻夫木君主演の青春映画。舞台は69年の長崎佐世保。 妻君扮するケンは、女の子とロックの事ばっかり考えながら、学生生活に悶々としている典型的な健全なる高校生。 そんな彼がリーダーとなって、同級生を巻き込みながら、封建的な学校の体制を脅かすべく計画した一
| **Sweet Days** | 2006/10/09 8:39 PM |
『69 sixty nine』観ました。
妻夫木聡、安藤政信、その他多数 出演。 1969年の佐世保。 高校3年生のケンは、海外の音楽・映画・演劇をごちゃ混ぜにしたフェスティバルに強い共感を抱き、自分も友人達とフェスティバルの開催を決意するのだが、開催までの道のりに様々な事件が・・・ とい
| おがわくん的日々とかなんかそういうあれ・・・ | 2006/10/10 12:43 AM |
69 sixty nine
製作年度 2004年 製作国 日本 上映時間 113分 監督 李相日 原作 村上龍 脚本 宮藤官九郎 出演 妻夫木聡 、安藤政信 、金井勇太 、太田莉菜 、柴田恭兵 (allcinema ONLINE) 解説: 芥川賞作家・村上龍の自伝的ベストセラー小説を映画化。『木
| タクシードライバー耕作のDVD映画日誌 | 2006/10/10 5:29 AM |
69 -sixty nine-
青春とはロックとエロスとハッタリである。 超熱い妻夫木聡君とクールな安藤政信君のコンビが絶妙! (妻夫木君て福岡出身なのね。ちと親近感♪) そしてヒロイン、太田莉菜の透明感というか…。 (この子ロシア人とのハーフなんだね…) 先
| 無想志願 | 2006/10/10 12:47 PM |