CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< かもめ食堂 | main | セレブの種 >>
フラガール

フラガール (出演 松雪泰子、豊川悦司)
フラガール (出演 松雪泰子、豊川悦司)
2006年9月23日 劇場初公開
公式サイト: http://www.hula-girl.jp/index2.html

シネ・リーブル池袋1
2006年9月26日(火)20時25分の回

ゴウ先生総合ランキング: A-
  画質(ビスタ): A-
  音質(SRD?): A-
今年の初めに予告編を映画館で見て以来、期待していた本作。それなりに泣けたし楽しめたのですが、最高の満足とまではいきませんでした。

★ゴウ先生、邦画に走る

最近見たい映画が日本映画に集中していて、英語塾塾長のブログにしてはいかんなあと思う日々ですが、仕方ありません。面白い邦画が多すぎるのです!(またすぐに、英語学習に役立つ面白い映画を紹介しますから、ご期待ください。)

そんなわけで、前日『寝ずの番』・『かもめ食堂』を見た池袋に二日続けて通います。

仕事を大体終えた8時過ぎ、急いで駆け込むシネ・リーブル池袋。東武百貨店のどこかの8階にあるのですが(?!)、何度も来ているのにスムーズに来られたことがありません。今日も軽く道に迷って(!)、予告編の途中から見始めることになりました。

幸い、この時間帯だと客席はガラガラ。前から5列目の席に陣取り、左右前後だれも視界に入らない状況を作って映画に没入します。

★銀残し?

こうして始まった本作、感動させてくれと願います。ところが、最初に軽く躓きます。「銀残し」という手法で、カラーなのにモノクロっぽい質感で絵が作られていて、ゴウ先生の好きなタイプではなかったのです。

しかも、昭和40年・1965年というのが、現代の映画制作者にもはやこういう少し古臭く見える絵で再現させたくなる時代なのかと思うと、1961年生まれのゴウ先生、複雑な気分です。

映し出される常磐炭鉱の絵。灰色と黒しかない炭鉱住宅。あの石炭の匂いがしてきそうではあるのですが。

★昭和40年の炭鉱は、貧しかった

冒頭、登場する二人の少女。ボロボロの服を着た早苗(徳永えり)とセーラー服の紀美子(蒼井優)。ボタ山の上でフラガールになろうと早苗が紀美子を誘っています。

貧しさが漂います。ここまで貧しかったかどうか。かく言うゴウ先生、父親が炭鉱で働いていたために、4歳の時(昭和40年)まで炭鉱で育ちました。福島ではなく長崎の炭鉱ですが。

確かに、早苗がもんぺを穿いているのは少し違和感があります。高校には行っていない早苗でも、中学時代の安物ジャージーぐらいはもっていたのではないのかと[この部分やまうちさんのコメントに従い、修正しました]。

しかし、本作中盤で映される早苗の家を見て合点がいきます。破れかぶれのふすまが新聞紙で穴埋めされていて、“そうだ、ああだった炭住は”と思い出しました。

しかも、早苗の家には母親がいません。父親(高橋克美)は飲んだくれの炭鉱夫で、弟妹が3人。中学校のジャージーも買えなかったかもしれません。そんな家庭が全国の炭鉱にはどこにでもあったのです。(わが家も似たようなものでした。)

昭和40年。都会はどうあれ、地方は実に貧しいものでした。数年後田中角栄が現れて「日本列島改造論」をぶった時に地方は大拍手だったことを忘れてはなりません。

そんなわけで、40年前の実体験を本作にオーバーラップさせながら見るゴウ先生、涙腺が極めて緩くなりました。

★コメディのはずが・・・

とはいえ、期待していたのは、泣いて笑える、ペーソスたっぷりのコメディ。その笑いの部分がいまいち弾けないのはいただけません。

コメディというよりも、これはシリアスな『プロジェクトX』ではないですか!(何のためにしずちゃんを使ったのか!)

衰退する石炭産業。相次ぐ人員解雇。町はさびれた。それを救うために立ち上がったのが、炭鉱の娘たちだった・・・。

田口トモロウのナレーションが聞こえてきます。中島みゆきの「地上の星」がかぶさります。

しかも、手法は『ミリオンダラー・ベイビー』と『スウィングガールズ』を足した熱血スポーツ根性もの。『パッチギ!』の李鳳宇プロデューサーが作っているのに、その深みがありません。

確かに、ゴウ先生は泣けました。しかし、心のどこかで、二番煎じの感が強い映画であるという思いがうごめくのです。

★よっ、お竜さん!

そういうゴウ先生を救ったのが、富司純子さんでした。

前日『寝ずの番』で粋な芸者姿の純子さんを見てきたばかりなのに、今日は炭鉱の女。そして、それが合うのです!

東映任侠映画華やかし頃、純子さんは「緋牡丹お竜」という大看板を背負って日本中で戦ってきました。

その緋牡丹お竜がよみがえってきたのかと、ゴウ先生、錯覚するほどでした。

思えば、明治の末に生きる侠客は、富国強兵という時代の波と戦う守旧派でした。ゆえに、戦う相手は、合理化を叫ぶ会社経営者であり、利益追求に走る新興ヤクザ。その時代背景と重なるからこそ昭和40年代に、東映任侠映画が大ブレイクしたのでした。

侠客の生き様を美学と呼べるまで追究した高倉健さん・鶴田浩二とならんでそのブームを支えたのが、だれあろう純子さんでした。粋でいなせで強かったのです。

おそらく製作者はそのことを踏まえて昭和40年設定の本作に、彼女を起用したのだと想像します。実際、お竜さんが戦う相手には、炭鉱夫を虫けら扱いする炭鉱経営者もいたのですから。

その凛とした佇まいで炭鉱住宅を歩く姿を正面から撮るカットは、身に着けているものこそ、炭鉱の女として貧しいものですが、その背中には緋牡丹が彫られているかのようでした。

そして、最初は炭鉱側に立っていた純子さん演じる千代が、娘・紀美子のガンバリに打たれ、炭鉱よりもハワイアンを選ぶ形になり、お竜さんとしてカンバックするのには、拍手を送りたくなったほどです。

もちろん、蒼井優のフラダンスは見事です。最後のソロで躍る場面は鳥肌が立ちます。彼女の将来性も買います。

しかし、ゴウ先生に落涙をもたらしたのは、娘の晴れ姿をこっそり見に来ていた母千代の姿でした。見事に踊りきった娘に対して、泣きながら拍手する姿に、ゴウ先生は最高のカタルシスを得たのでした。

都会のダンサーが落ちぶれて田舎に流れてきて、土地の人間と軋轢を繰り返しながら、その土地に同化していくという、ありきたりな前半の流れには少し不安を感じましたが、最後の純子さんの拍手でそれも許せる気になったのでした。

本作、少なくともゴウ先生には、純子さんなしでは成り立たなかった映画です。

++++++++++

画質(ビスタ): A-

シネ・リーブル池袋1のスクリーンは、180人という収容人員の割にはかなり大きめ(同作を今現在上映中のアミューズCQN1のそれより、おそらく大きいはずです)。それを前から5列目で見上げる形で見ましたが、フォーカスその他まったく問題ありません。「銀残し」という手法が嫌いなので、Aを差し上げませんでしたが、本作を見るには最適な映画館のひとつではないでしょうか。

音質(SRD?): A-

効果音や通常の音楽はサラウンドしません。しかし、ダンスシーンになると思い切って音を回すので、頭の上からパーカッションが降ってくる感じになる迫力です。しかも、この小屋のPAは透明度が高く、セリフの抜け、弦楽器の響きが実にきれいです。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

☆個人的には、常磐炭鉱を解雇されて、炭鉱で働くために夕張まで流れていった早苗一家のその後が気になって仕方ありません。本当に早苗にはフラガールの一員として躍らせてあげたかった。でも、あれが当時の日本の貧しさだったのです。戦後は決して終わっていませんでした。

☆松雪泰子が登場する場面。『カルメン、故郷に帰る』の高峰秀子を思い出しました。ちょっと古すぎますか。

時代考証の甘さ、多分にあると思います。でも、許します。個人的には、平山まどかがもっていたサムソナイトのトランクが、1986年ごろにゴウ先生が買ったものと同じタイプだったのには愕然としたのですが。

☆本作、ゴウ先生にいわせれば、松雪泰子と豊川悦司の映画ではありません。蒼井優と富司純子の母娘映画です。炭鉱が男の世界であるだけに、男勝りの女ばかりが登場しますが、残念ながら、松雪だけはそれから外れてしまった印象です。


☆その蒼井優。踊る彼女は輝いていました。その輝きが普通の場面でもっと活かされていればと思っていました。あまりにその落差が大きすぎます。

山崎静代の起用は、いまいちでした。彼女に笑わせる技術と才能がないのか脚本が悪いのか、彼女の存在がうまくコミックリリーフとして使われていません。

☆個人的に好きだったのは、会社の庶務係で子持ちの初子を演じた池津祥子。最近一番面白かったテレビドラマ『吾輩は主婦である』でのぶっ飛んだキャラクターもよかったのですが、今回も映画をしめてくれました。よい脇役として活躍してもらいたいものです。

☆のん兵衛で乱暴者の早苗の父親役の高橋克美。怖いです。ゴウ先生、自分の親父を思い出しました。TBSドラマの『セカチュー』以来の好演でしょうか。

++++++++++

あれこれ不満があるのは事実。しかし、泣いたのも事実。前半のもたつきと松雪泰子の存在感が薄く感じられたところ以外は許せました。

1800円の価値は微妙ですが、サービス・デーを活用してでも映画館で見ていただきたいと思います。

映画館でいえば、シネ・リーブル池袋はお薦めです。しかもこの最終回は、帰りは遅くなりますが、1200円のレイトショー料金で見られますし、空いていますので、尚のこと推薦させてもらいます。

シネ・リーブル池袋公式サイト: http://www.cinelibre.jp/ikebukuro/index.html

(とはいえ、今日27日に渋谷のアミューズCQNとシネ・リーブル池袋に行ったら、どちらもほぼ満員の盛況でした。恐るべし『フラガール』人気です。)
| 日本映画(は行) | 17:40 | comments(5) | trackbacks(58) |
コメント
こんにちは、jamsession123goです。
ブログにTBありがとうございました。

>蒼井優と富士純子の母娘映画です。

賛成です。
jamsession123goも富司純子の迫力にやられました。
| jamsession123go | 2006/09/28 8:06 PM |
初めまして。「気まぐれ961部隊!」のコレコ(仮)と申します。
「フラガール」のTBありがとうございました。
こちらからもTBさせて頂きました。
富士純子の演技はすごく渋くて良かったと思います。当時、炭坑で働く男たちを支えていたのは、あのような女性だったのでしょうね。
早苗の父ちゃんも・・・現代であんなことをしたら、あっという間に「虐待」とされてしまうでしょうけど、昭和の時代はあのようなことは当然だったのですよね。
| コレコ(仮) | 2006/09/28 9:38 PM |
トラックバックありがとうございました。
早苗は、高校に通っていないから
学校ジャージを持っていないのではないでしょうか?

“炭鉱夫を虫けら扱いする炭鉱経営者”の話、と聞いて
戸梶圭太の
『CHEAP TRIBE―ベイビー、日本の戦後は安かった』
を思い出しました。
(あまりの気持ち悪さに途中で断念しましたけど)
| やまうち | 2006/09/29 1:34 AM |
皆さん、TBバックならびにコメントありがとうございます。

>jamsession123さま

本当にこの2人は素敵でした。

>コレコ(仮)さま

あれが当時の炭鉱の親父でした。わが家も苦労しました。もう二度と御免ですが。

>やまうちさま

言葉足らずですいません。中学の時のジャージーを着る方法もあると思っていたからああいう文章になりました。しかし、安いジャージー(蒼井優は着ていますが)ですら買えない家庭があったのがあの時代だったのです。
| ゴウ先生 | 2006/09/29 8:34 AM |
こんにちは。
トラックバックありがとうございます。

>蒼井優と富司純子の母娘映画です。

娘の成長とそれを実感する母の物語でしたね。

結構、時代考証気にしていると思ったのですが、トランクがペケでしたか(^^ゞ
| でんでん | 2006/10/23 6:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
フラガール
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
| Akira's VOICE | 2006/09/27 7:02 PM |
【フラガール】
★も〜すごい好きです(涙)好きすぎて、何から書けばいいのでしょう・・・!?アカ
| 空の「一期一会」 | 2006/09/27 7:13 PM |
『フラガール』熱い女性たちのハワイアン
母方の実家が福島なので、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)何度か行ったことあります。 『フラガール』   監督:李相日 出演:松雪泰子 蒼井優 豊川悦司他 atシネプレックス幕張 私的満足度:★★★★☆ 昭和40年。時代の波に押され寂
| 演劇と本とTVと漫画とかにまつわるエトセトラ | 2006/09/27 8:16 PM |
「フラガール」無謀な夢構想を現実にした炭鉱の人たちと娘たちの情熱ダンス
「フラガール」は昭和40年に炭鉱の町だったいわき市に炭鉱に変わる事業として炭鉱会社が構想した「常磐ハワイアンセンター」開場までを描いた実話のドリームストーリーである。当時海外旅行(ハワイ旅行)が夢だった時代に全くあり得ないシュチエーションの構想に色々
| オールマイティにコメンテート | 2006/09/27 8:33 PM |
『フラガール』情熱に拍手!
ダンス教師と少女達の友情と成長を、歓びと癒しのハワイアンミュージックの 爽快なサウンドで贈る、ダンスムービー 『フラガール』を観てきました。もうねぇ、こんなに感動と興奮したのっていつ以来だろう?
| ミックスランチ2号 | 2006/09/27 9:06 PM |
「フラガール」
いや〜〜ビックリしました。   しずちゃんが出ている場面では、 他の出演者の存在を喰ってしまっていると思いましたよ。 ひょっとしたら女優さんで化けるかも?、、、ですよ(^^;   全体的に本当に気持ちよく映画を見ることができました。
| しんのすけの イッツマイライフ | 2006/09/27 9:07 PM |
「フラガール」
「フラガール」九段会館で鑑賞 またまた昭和のお話です。昭和40年。当時福島県の炭鉱町で炭鉱を閉山し、あの『常磐ハワイアンセンター』をつくっていった実話だそうです。昭和の時代を回顧する作品がこのところ続いて公開されていますが、なんでこんなに辛くてもの
| てんびんthe LIFE | 2006/09/27 10:57 PM |
『フラガール』
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一徳、高
| 京の昼寝〜♪ | 2006/09/27 11:41 PM |
フラガール/松雪泰子、豊川悦司、蒼井優
南海キャンディーズのしずちゃんが一人で踊っていた劇場予告編はかなり以前から見せられていたので、全容が掴めないものの何だか気になる作品だったわけですが、公開が目前にして宣伝量も一気にアップしていくに従って前評判おグングンと高まっていきましたね。いつの間
| カノンな日々 | 2006/09/28 4:47 PM |
「フラガール」で感動(;θ;)
招待券をもらったので、映画「フラガール」の試写会に行ってきました!! 今回は特別試写会ということで、音楽を担当したハワイ出身のウクレレ奏者ジェイク・シマブクロのちょっとしたライブがあったり、マスコミ用の撮影タイムがあったりと映画が始まる前にもかなり楽
| Thanksgiving Day | 2006/09/28 4:53 PM |
フラガール
さて、映画観まくってる私ですが、以前書いたのが「スーパーマン リターンズ」で、8月の帰省時に観たもので、なんと9月はまだ1本も観てない事に気付いた!まあ、道の駅巡りまくったりしてて、休み中朝から晩まで車で走り回っていて観に行く暇が無かったというのもあ
| 欧風 | 2006/09/28 5:55 PM |
踊る蒼井優が呼ぶ感動。
『フラガール』(★★★☆☆) 2006年/日本 監督/李相日 出演/松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、富司純子 他 福島の常磐ハワイアンセンター創設時の実話を元にしたストーリーです。次々と炭坑が閉鎖に追い込まれる街
| アジアンリミックス | 2006/09/28 6:32 PM |
フラガール/試写会
フラガール    http://www.hula-girl.jp/ 監督: 脚本: 李相日 脚本: 羽原大介 撮影: 山本英夫 美術: 種田陽平 音楽: ジェイク・シマブクロ 出演: 松雪泰子 >平山まどか     豊川悦司 >谷川洋二朗     蒼井優 >谷川
| 如意宝珠 | 2006/09/28 6:58 PM |
しずちゃんの演技に号泣! 今、最も“泣ける”映画はコレ
雑誌「Weeklyぴあ」調査による、9月23日(土)公開の映画満足度ランキングでは、“泣ける”と評判の『フラガール』が、92.8点という高得点をたたき出し、1位となった。2位には家族のあり方を問う『紀子の食卓』、3位にはアダム・ サンドラー主演の『もしも昨日が選べたら
| 芸能☆極秘☆ニュース | 2006/09/28 7:34 PM |
映画のご紹介(181) フラガール
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(181) フラガール-フラガールたちの「ひたむきさ」が観る者の心を打つ。 jamsession123goの場合は、レビュー本体は映画の解釈、映画で語られたストーリー・テーマの意義を中心に
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/09/28 8:06 PM |
『フラガール』
「いくぞ! フラガール!」 ハワイアンのメロディと、情熱的なフラダンスに、魅了されっ放しの約2時間。 身も心もすっかりハワイの気分です。(笑) 東北発の炭鉱娘のハワイ行き物語は、実に面白くて、嬉し泣き・悔し泣き…、涙、涙のサクセスストーリーで、私たち観客
| Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐ | 2006/09/28 8:30 PM |
フラガール(評価:☆)
【監督】李相日 【出演】松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/池津祥子/徳永えり/岸部一徳/富司純子/他 【公開日】2006/9.23 【製作】日本 【ストーリー】 昭和40年。エネルギー革命により需要は石炭から石油へと移り
| シネマをぶった斬りっ!! | 2006/09/28 8:42 PM |
フラガール
本日公開初日、朝一番に観て来ました! 『フラガール』#%V:261%# ・・・久しぶりの良作です#%V:100%# (チラシの画像はクリックで拡大。裏面はコチラ)
| 気まぐれ961部隊! | 2006/09/28 9:34 PM |
フラガール
人生がいっぱい詰まった映画でした。 昭和40年。炭鉱の町いわきでは、石炭産業の斜陽により炭鉱閉鎖の危機に陥っていた。 企業と町にとっての最後の切り札は、温泉を利用して“ハワイアンセンター”を作ることだった。 だが、2000人のリストラに対して新しいセンター
| とりあえず、コメントです | 2006/09/28 11:20 PM |
37 フラガール
この試写会もすごく盛況。私もとても見たかったのでうれしかった。だいたい松雪泰子はきっぷがよくて素敵だし、蒼井優は宮崎あおいと並んで、今後の日本映画を支えていくでしょう。 昭和40年。炭鉱の町常磐は石油に取って代わられる時代の波においていかれそうでした
| 毎週水曜日にMOVIE! | 2006/09/29 12:00 AM |
映画「フラガール」
映画『フラガール』を観に行った。 男女問わず年齢層問わず、人にオススメできる映
| いもロックフェスティバル | 2006/09/29 12:26 AM |
フラガール★★★
心配いりません。 彼女はこの夏、立派なフラガールになります! 『パッチギ!』のトークイベントのときに しずちゃんが踊っている特報を見て、気になって、 そのあと『陽気なギャングが世界を回す』(だったかな?)を見に行ったときに 別の特報を見て しずちゃんの踊
| 三日坊主ふたたび | 2006/09/29 1:29 AM |
フラガール・・・・・評価額1700円
今から40年ほど前、東北の田舎町に、突如として「ハワイ」が出現した。 斜陽産業となっていた炭鉱の失業対策として、掘削のさいに湧き出る温泉とその熱を利用し、巨大なドームの中に常夏のハワイを再現した温泉リゾートを作った
| ノラネコの呑んで観るシネマ | 2006/09/29 2:43 AM |
「 フラガール 」
監督 : 李相日 出演 : 松雪泰子  / 豊川悦司  / 蒼井優 脚本 : 羽原大介 (パッチギ) 公式HP : http://www.hula-girl.jp/index2.html 予想外に感動的な良い作品でした☆ボロボロ泣いちゃった・・・思わずフラダンスを習いに走りたくなります(笑)
| MoonD.W.☆rikocchinの超天然ブログ | 2006/09/29 9:35 AM |
フラガール
「フラガール」 評価 ★★★★★★★★★★ (絶対的賞賛作品) 『あらすじ』  昭和40年、福島県いわき市。炭坑町として賑わいを見せるも時代の移り変わりより石炭から石油へ とエネルギーの需要は移ってゆく。そんな町で暮らす高校生の早苗は、通
| 何を書くんだろー | 2006/09/29 11:19 AM |
激安価格 【弁護士のくず】DVD&関連商品
豊川悦司・伊藤英明出演の【弁護士のくず】 DVDの楽天最安値はこちら! Amazon も調べられますので、よりお値打ちにゲットできます。 【弁護士のくず】関連アイテムもご案内しています。
| 激安通販 【DVD・CD・本】 格安価格比較ナビ | 2006/09/29 1:48 PM |
「フラガール」レビュー
「フラガール」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実、岸部一徳、富司純子 *監督:李相日 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログか
| 映画レビュー トラックバックセンター | 2006/09/29 5:52 PM |
【劇場鑑賞101】フラガール(hula girl)
昭和40年 東京から来た カリスマダンサー 集められた 炭鉱の娘たち 北国を常夏の楽園に!! 40年の時を越え語られる奇蹟の実話。 人生には降りられない舞台がある――― まちのため、家族のため、友のため、 そして自分の人生のために、
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/09/29 7:54 PM |
フラガール
              評価:★10点<+1点>(満点10点) 監督:李相日 主演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代 池津祥子    岸部一徳 富司純子 2006年 120min ダンスの教師と少女達の友情と
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/09/29 8:21 PM |
フラガール☆独り言
バスを降りた少女が見つけた1枚のチラシそれが・・・運命を変えた。このままじゃ、イヤだ!何かを変えたい!『フラガール』観てきました。冒頭の映像、結構好きだなぁ〜クラクション鳴らされて、慌ててよける少女の遠景から、手にとるチラシまでそれが早苗ちゃん(徳永
| 黒猫のうたた寝 | 2006/09/29 8:40 PM |
『フラガール』・試写会
今日は某インターネットポータルサイトで当選した 『フラガール』の試写会に行ってきた。 《私のお気に
| しましまシネマライフ! | 2006/09/30 12:03 PM |
フラのメロディの乗って♪東北の奇跡の実話/『フラガール』李 相日監督
●フラガール● ●監督;李 相日 ●脚本:李 相日,羽原 大介 ●美術;種田 陽平 ●音楽;ジェイク・シマブクロ ●舞踊振付・フラダンス指導;カレイナニ早川 ●企画・プロデュース:石原 仁美 ●製作;李 鳳宇 出演;松雪 泰子/豊川 悦司/蒼井 優/山崎 静
| 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世 | 2006/09/30 4:18 PM |
『フラガール』
監督:李相日 CAST:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司 他 昭和40年、福島県の炭坑に誕生したハワイアンセンターにまつわる実話を映画化。 福島県いわき市、常磐炭坑は時代の流れと共に閉山の危機に追い込まれていた。そんな中、「ハワイアンセンター」の計画が持
| **Sweet Days** | 2006/09/30 7:21 PM |
「フラガール」
間もなく公開される「フラガール」の試写。すばらしい感動作。昭和40年、エネルギー革命により炭坑閉鎖の危機が迫る福島県いわき市。そこでは、北国をハワイに変えようというプロジェクトが持ち上がっていた。その目玉となるフラダンスショーに出演するダンサーを育てる
| やまたくの音吐朗々Diary | 2006/09/30 9:15 PM |
*フラガール*
{{{      ***STORY***           2006年    日本 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイア
| Cartouche | 2006/10/01 5:59 PM |
フラガール 〜楽園は人の心の中にある〜
昔ながらの、そして今もおそらく変わらないであろう娯楽映画の王道と言える快作だ! この作品の舞台は昭和40年。石炭から石油へのエネルギー転換が急速に進み、本州最大の常盤炭鉱でも大幅な人員削減を強いられていた。そこで新しくレジャー施設"常盤ハワイアン
| 映画のメモ帳+α | 2006/10/02 7:52 PM |
フラガール
フラダンス ダンスが済んでも 踊ろうよ   もちろん、常磐ハワイアンセンターの成立物語は凄い重要だと思います。これまでの、日本が推し進めてきた産業、資源である黒いダイヤモンドなる石炭に関わる仕事にいらっしゃる人にとって、リストラあり、新たな事業の
| 空想俳人日記 | 2006/10/03 12:37 PM |
『フラガール』
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]    2006/09/23公開  (公式サイト) (公式ブログ) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクロ
| アンディの日記 シネマ版 | 2006/10/03 3:23 PM |
フラガール 
フラガール @ユナイテッドシネマとしまえん 9・30(土) ? 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代  岸部一徳 富司純子 公式サイトはコチラ 北国に常夏の楽園「常磐ハワイアンセンター」が
| シュフのきまぐれシネマ | 2006/10/03 10:44 PM |
フラガール
公開一週間でとても評判がいいようなので、「フラガール」を観に行ってきました。 評判どおり、とてもいい映画で、見終わったあとの満足感もあり、あたたかい気持ちになれて、泣けて笑えて大満足でした。 出演者の啖呵のかっこいいこと。平山まどか(松雪泰子)のぶ
| まぁず、なにやってんだか | 2006/10/04 11:20 PM |
フラガール
フラガール公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆☆総合評価  ☆☆☆☆
| シネマ de ぽん! | 2006/10/06 10:49 AM |
フラガール
まず、この映画会社に一言言いたい・・・。 パンフレットの出来が       とっ
| まじめにふまじめ★ | 2006/10/07 12:03 PM |
真・映画日記『フラガール』
9月28日(木) 久々によく晴れた一日。 少し暑い。 仕事はそこそこ。 夕方、「チケットフナキ」虎ノ門店に寄る。 『フラガール』を見る予定だが、 時間がぎりぎり。 念のため、9月限定の株主優待券ではなく、 年末まで使えるやつを買う。1300円。 午後
| CHEAP THRILL | 2006/10/07 8:31 PM |
「フラガール」を観る(ネタバレあり)
 今日は盟友N氏とシネマサンシャイン沼津で「フラガール」を観てきた。N氏が注目し
| ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版) | 2006/10/08 9:13 AM |
フラガール
監督:李相日  音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、寺島進 炭鉱の町福島県のいわき市。そこで東北に南国の楽園を!という働きかけは 閉山により町が衰退していくのを
| BLACK&WHITE | 2006/10/09 12:01 PM |
『フラガール』☆ツタヤ映画DVD鑑賞
『フラガール』 今日も少しいつもと違いますが、今一番みたい地元映画!! を紹介しちゃいます。 YU『いま一番みたい映画だよね。実はたいしたことないって思ってたんだ』 MI『なんていったって地元の映画だからね。 こんな田舎の映画では・・・そう思うのも無理
| 子供のツタヤ映画DVD鑑賞 | 2006/10/10 8:06 AM |
★「フラガール」
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
| ひらりん的映画ブログ | 2006/10/11 2:36 AM |
フラガール 06年205本目
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 今年
| 猫姫じゃ | 2006/10/25 2:07 PM |
スパリゾートハワイアンズ
今日から4連休! やったー!で、今日明日と福島県の「スパリゾートハワイアンズ」で過ごす。むか~し昔、子供の頃、まだ「常磐ハワイアンセンター」という名前だった時に親戚一同と行ったことがあると思うが、そのときの記憶は、ほとんどない。今日はあいにくの雨だが
| DREAM×POWER | 2006/10/25 6:47 PM |
映画「フラガール」
泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され風前の灯の常磐炭鉱、大量解雇の嵐が吹き荒れるなか、閉山の穴埋
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/10/31 1:04 AM |
フラガール
「父親たちの星条旗 」の試写会を一緒に観に行った友人が この作品を観て常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)に 行きたくなったので一緒に行ってくれる人を探してる、とか。 私の周りではかなり評判がいいこの作品。 「絶対泣きますよ!」 「
| 映画、言いたい放題! | 2006/11/04 6:24 AM |
松雪泰子、『子宮の記憶・ここにあなたがいる』の披露舞台挨拶
松雪泰子主演映画『子宮の記憶・ここにあなたがいる』の完成披露舞台挨拶が行われた。同舞台挨拶で松雪泰子は「嫉妬も、愛の形かな」との意味深長の発言も。映画は2007年1月公開。
| アイドルゴシップ芸能ニュース24 | 2006/11/14 9:32 AM |
フラガール 2006-64
「フラガール」を観てきました〜♪ 昭和40年、炭鉱の町磐城では、炭鉱閉鎖による大幅な人員削減が行われており、街全体が沈んでいた。そんな中、炭鉱から湧き出す温泉を利用するハワイアンセンターの建築というプロジェクトが計画される。センターの目玉は、本格的
| 観たよ〜ん〜 | 2006/11/24 7:09 AM |
フラガール = 日本
   未来をあきらめない 北国を常夏の楽園へ。40年の時を越え語られる奇蹟の実話。 カッコイイ!! 今年の映画の中でも、特にいい!!
| a day on the planet | 2006/12/28 11:48 AM |
昨年の邦画1位は「フラガール」
映画専門誌「キネマ旬報」が、2006年度の映画ベストテンを発表しました。今回で80回目となる「キネマ旬報は、女性監督や若い世代の作り手が高い評価を得たのが特徴だそうです。わたしも今回選出された映画は観に行きました。さすがに心に響くモノがありました...
| 秘伝!夢のネット生活♪ | 2007/01/10 8:11 AM |
「フラガール」(2006)
監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代、池津祥子、徳永えり、 岸部一徳、富司純子 他 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり、閉山が相次ぎ、町は先細りの一途をたどっていた。そこで、起死回生のプロジェクトとして豊
| TMDiary | 2007/01/10 10:31 PM |
「フラガール」
シネマアイリスで「フラガール」を観た。24日から1000円開放となっている。 昭和40年代の福島県の炭鉱町が舞台。当時「黒いダイヤ」とまで云われた石炭。しかし、外国からの石油の供給に押され、国内の炭鉱は次々と閉山。そんな中、閉山間際の炭鉱町に、炭鉱に代わる町
| Nobody knows | 2007/02/26 10:42 PM |
フラガール−(映画:2007年25本目)−
監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子 評価:96点 公式サイト 先日、第30回日本アカデミー賞を受賞。 蒼井優は助演女優賞を受賞。 評判どおりの素晴らしい映画だった。 しかし、しずちゃんの汚い泣き顔にもらい
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/02/27 11:43 PM |