CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< トゥームレイダー 2 (DVD) | main | ブラッド・ワーク (DVD) >>
ナイロビの蜂 (米国盤DVD)

原題: The Constant Gardener (2005)
2006年5月13日 日本初公開
公式サイト: http://www.nairobi.jp/

ゴウ先生総合ランキング: B+
  画質 (ビスタ): A-/B+
  音質 (ドルビーデジタル5.1ch): A-
  英語学習用教材度: A-
現在公開中の本作、3月に購入した米国盤DVDを使って、120インチ・スクリーンとサラウンドにフル対応した音響装置を持つGump Theatreで堪能しました。

★レイフ・ファインズのための映画

いくつか問題はあるものの、実によくできた政治経済サスペンス映画です。

レイチェル・ワイズがアカデミー助演女優賞を受賞したので、彼女の映画だと思う方が多いかもしれませんが、そう思って見ると肩透かしを食らいます。あくまで、レイフ・ファインズのための映画です。

だって、アフリカで失った愛を求めさまようとくれば、彼しかいないでしょう。(『イングリッシュ・ペイシェント』をご覧あれ!)

★アフリカの真実

まず目を引くのが、描かれた世界のリアルさ。ナイロビにある世界最大のスラム街の実態をカメラは冷静に追いかけます。

電気も上下水道もないバラックとそこにいる貧しい人々の姿。それだけを見ただけで、ただならぬ雰囲気を感じ取れます。

こうした絵を撮れる監督(フェルナンド・メイレレス)と撮影監督(セザール・シャローン)が組んで『シティ・オブ・ゴッド』を作ったのならば傑作であるはず、今度絶対見らねば、と固く誓ったほどでした。

★怪しいテッサ

その貧民窟で展開する製薬会社の恐るべき“人体実験”。それに気づき告発しようとする外交官ジャスティン・クエイン(ファインズ)の妻テッサ(ワイズ)と仲間たち。

果たしてそんなナイーブな社会正義を振りかざすだけで、国際的大企業と戦えるのかと心配になります。何か裏があるような気がしてなりません。

そうなると、ジャスティン以外の人がすべて怪しく見えてきます。中でも一番怪しいのが、彼に近づいてきて嫁になったテッサ。

まず、攻撃的な政治的活動家として描かれる彼女が、地味な外交官ジャスティンと恋に落ちたのが解せません。裏があったのではないでしょうか?

テッサは妊娠します。が、あの子は本当にジャスティンの子供なのでしょうか?

その妊娠は死産で終わりますが、そこにも隠された真実があったのではないのでしょうか?

テッサが殺されます。それを調べるジャスティン。そしてたどり着いたのは、製薬会社とイギリス外交官の不正を暴こうとしたテッサの姿。これは、彼女自身が、どこか別の組織のエージェントだということなのではないのでしょうか?

こういう疑問を引き起こしながら、手際よく回想シーンを使って、短時間のうちに問題を進めていく脚本。素晴らしい出来です。

本作がアカデミー賞を始めとした各映画賞の脚色賞にノミネートされたのも十分に納得できます。ただし、上記の疑問にすべて答えて欲しかったと思うのですが・・・。

★邦題に疑問

ところで、見終わった後も納得できないでいるのが、『ナイロビの蜂』という邦題。原題は、上記のように、The Constant Gardener。つまり、「いつも庭弄りをしている人」。そこから、「粘り強くやり続ける人」という意味をこめてつけられたというのが、読み取れます。

したがって、映画が始まってすぐ、主人公ジャスティンが庭弄りをしているのを見るとなるほどなるほどと頷けるのです。講演も下手くそでうだつは上がらないけれど、いつか粘り強く何かを解決しようとし始めるのだろう、と思えます。そして、想像にたがわず、本作の後半は、ジャスティンの超人的な粘りが感動を与えるようになるのです。

しかし、「ナイロビの蜂」ではそれが見えてきません。原作の翻訳も同じタイトルなので、ひょっとすると原作を読むと理由が分かるのかもしれません。ですが、映画ではどこにも“Bees of Nairobi”に類した言葉が出てこないのです。まさかと思い、米国盤DVDに収録されているBonus Featuresから削除されたシーンまでチェックしましたが、やはりなし。

首をひねらざるを得ない話です。

ともあれ、人間の小賢しい悪事と無縁に永遠に続くアフリカの大地。その中で、“constant gardener”でいるがゆえに、知ってしまって悲しい結末に至るジャスティンの運命。

深いメッセージを秘めた佳作です。

++++++++++

画質 (ビスタ): A-/B+

アフリカの乾いた大地とヨーロッパ・イギリスのどこかくすんだ世界とが強烈なコントラストを出している絵です。惜しむらくは、透明感に欠け、暗部の諧調表現がイマイチであること。時に見にくい画質となっています。ただし、荒れた画質は監督の意向に沿った面白い効果を生んでいることは認められます。

音質 (ドルビーデジタル5.1ch): A-

アフリカ音楽がふんだんに使われ、様々な生活音が背景に使われています。特に貧民街や病院でのシーンなど、アフリカの混沌が見事に表現されています。これでもう少し透明感が高かったらと惜しまれます。

英語学習用教材度: A-

イギリス英語のお手本のような映画です。特典も見応えがあります。しかも英語字幕つき。ハイレベルの学習用です。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

☆レイフ・ファインズが後半ずっと着続ける汚れ放題のTシャツ。洗いざらしのTシャツを着せてあげたいと男のゴウ先生でも思います。可哀そうです。切ないです。

☆レイチェル・ワイズが風呂場で見せるヌードの妊婦姿。ゴウ先生、てっきり本当に妊娠しているように思い込んだのですが、どうやら違う様子。すごい技術です。

☆湖のほとりで見せる最後の結末の映像の美しさ。少し荒れたフィルムの粒子間がリアリティを高めています。

++++++++++

ここで描かれるアフリカの現状に疎かったゴウ先生、すごいショックを受けました。

そしてそうしたメッセージ性の高い作品を見事に映画化できた製作スタッフの腕前にも。

国際ビジネスに関心ある人は絶対に見なければならない作品です。

INDEC定期上映会用プログラムに決定しました!
| 外国映画(ナ行) | 19:03 | comments(8) | trackbacks(57) |
コメント
 TBありがとうございました。

 僕も邦題より原題のほうが気に入っているんですが邦題の意味は劇中出てくる製薬会社「スリー・ビーズ」がナイロビの蜂(ビー)という意味だったかと思います。

 それにしてもアメリカだともうDVD出てるんですね。
| nappa | 2006/05/22 4:48 PM |
『虎の意地っぱり』のuniko@ニャンくんです。
何があってもうろたえず、英国紳士たるジャスティンが変わる時。そして初めて車を降りて歩き始めた時、ハッとさせられました。
私は米DVD版ではなく、日本公開映画で観ましたが、観に行く前に、ストーリーの肝となる部分の会話を英語学習の講座「ヒアリングマラソン」のCDの「シネマ試写室」で聞いてから観に行きました(英語学習中です)。

作品の紹介文に「Justine Quayle is a soft-spoken and conservevative British diplomat in London.」と書いてあったのですが、そのままでしたね(笑)。
テッサの事は「an outspoken young activist」と書かれてありました。これもそのまま・・・^^
求婚(?)の場面でジャスティンが勘違いしてしまった事をテッサに「sorry, sorry, sorry, sorry」と何度も謝っちゃたりする部分が好きです。2人の声のトーンとか、ジャスティンがテッサに「今やってる事を辞めて欲しい」と柔らかなイギリス英語で感情を抑えて言う場面やら。深いですね・・・
日本でDVDが出るの、楽しみです。もうアメリカでは見られるなんて、羨ましいです!

個人的に、ビル・ナイの話す鼻にかかったイギリス英語がやたら気に入ってます(^^♪
| uniko@ニャンくん | 2006/05/22 10:44 PM |
TB有難うございました♪
英語塾の先生なんすね〜〜〜私のブログの「ホテル・ルワンダ」のレビューに 毎回英語のコメントが 付きます・・・
何かいてるかわからないので もし暇がありましたら 訳していただけませんか?なんちゃって^^(初めてなのに図々しいですね^^;)

私もこの映画好きです。
「ナイロビの蜂」の予告を観た時から 「蜂」とは テッサの事かと 思っていました。
静かに 穏やかに生きてきた男の前に現れ、若い(映画の中では23歳だかの設定^^)肢体を武器に外交官の「妻の座」として 現れた蜂・・・・。
甘い蜜に寄って来るが 刺されると 死ぬ事もある・・・

でも 映画を観た後では ジャスティンの周りに突然おこった「不幸」とか「不条理」などを称して 製薬会社からの一字の「蜂」を
とったのかなぁ〜〜と 勝手に思っていました^^
| とんちゃん | 2006/05/22 11:22 PM |
TBありがとうございました。

この映画は大変気に入ったのですが、自分の表現力ではとても伝えきれず、いらいらしていましたが、ゴウ先生のレビューはとても表現力豊かで感銘を受けました。

また寄らせてもらいます。<m(__)m>
| chibi | 2006/05/23 10:16 AM |
TBありがとうございました☆
物悲しい音楽とアフリカの景色が美しかったです。
「究極の愛」というようなキャッチだったのですが
二人の心情を描ききれていないように思えて
恋愛モノとしては好みではなかったです。
社会派風、恋愛のスパイスの効いたサスペンス
よく出来ていて、楽しみました。。。
| Ren | 2006/05/23 6:35 PM |
TBどうもでした〜♪
>まず、攻撃的な政治的活動家として描かれる彼女が、地味な外交官ジャスティンと恋に落ちたのが解せません。裏があったのではないでしょうか?
コレは、僕も思った〜♪自分には無い、温厚なモノを相手に求めたんかな?テッサを受け入れたジャスティンも凄いと思った・・・凄く情熱的な女性で、政治活動にムッチャ興味がある・・・自分の仕事のジャマにならないか、考えなかったのでしょうか?
| はっち | 2006/05/26 11:01 PM |
こんにちは。わたしは邦題の方がいいと思ったんですが、記事を読ませていただいて、なるほどと思いました。
TB させていただきました〜
| カオリ | 2006/05/28 4:47 PM |
TBさせていただきました。

噂どおりの名作で、社会派の映画でありながら心から感動しました。
| タウム | 2007/10/27 8:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
「ナイロビの蜂」意外と宣伝通り、かつ傑作
ストーリー: アフリカのナイロビでイギリスの外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ある日、弁護士で救援活動家の美しい妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を殺されてしまう。失意の中、ジャスティンは、妻が追っていた事件がイギリスの薬品メーカーに
| 小生の映画日記 | 2006/05/22 4:43 PM |
ナイロビの蜂
渇いた大地から届く,深い愛のラブストーリー。
| Akira's VOICE | 2006/05/22 4:54 PM |
社会派サスペンス:『ナイロビの蜂』
&#63824;『ナイロビの蜂』朝一で存てまいりました。(>Д<)ゝ” 社会派サスペンスです&#63911; (適・につけました。) 朝から存る映族ではなかった...かな&#63912; 存終わった後あまりスッキリはしません。 しかし存賊えあります。 何だか久々にこ
| この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!! | 2006/05/22 4:58 PM |
ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER
レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ主演 ジャスティン・クエイルは英国外交官で物静かな庭いじりが好きな男 その妻テッサは正義感が強く 気丈で自分の信念を持って突き進み 強引とも思われるほどの言動で真実を追求する法律家です ふたりはケニア ナイロビで
| travelyuu とらべるゆう MOVIE | 2006/05/22 5:08 PM |
ナイロビの蜂・・・・・評価額1700円
ブラジル、リオのスラムで生きる少年たちの姿を鮮烈に描いた、「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督のハリウッド進出第一作。 何と「鏡の国の戦争」などで知られ
| ノラネコの呑んで観るシネマ | 2006/05/22 5:11 PM |
ナイロビの蜂
■ 試写会にて鑑賞 ナイロビの蜂/THE CONSTANT GARDENER 2005年/イギリス/128分 監督: フェルナンド・メイレレス 出演: レイフ・ファインズ/レイチェル・ワイズ/ユベール・クンデ/ダニー・ヒューストン/ビル・ナイ 公式サイト ケニア駐在の英国外務省
| Addicted to the Movie and Reading! | 2006/05/22 5:56 PM |
ナイロビの蜂
 レイチェル・ワイズ。綺麗です・・・と思ったら「ハムナプトラ」シリーズの女優だ
| eclipse的な独り言 | 2006/05/22 6:36 PM |
映画「ナイロビの蜂」
んー、これ舞台がアフリカだから映像含め色々と新鮮に見えるだけで、 ストーリー自
| いもロックフェスティバル | 2006/05/22 6:38 PM |
ナイロビの蜂
それは、しばしの別れのはずだった。 英国外務省一等書記官のジャスティンは、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサを見送った。 「行ってくるわ」「じゃ2日後に」それが妻と交わす最後の会話になるとも知らずに…。 テッサは車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺
| とりあえずな日々(仮) | 2006/05/22 6:43 PM |
「ナイロビの蜂」みた。
活動家だった妻の疑問の残る死に陰謀や策略の影を見た夫。現在と、過去と、回想とを交えながら事件の真相に迫るというサスペンスタッチに描かれた作品であり(スリルこそないけど)どんどんと引き付けられていった。自らも蠢く陰謀の渦中に身を投じ、命懸け
| たいむのひとりごと | 2006/05/22 6:45 PM |
【MOVIE】ナイロビの蜂
いつも仲良くしてもらっている会社の先輩と映画デート♪私が前から目を付けていた『ナイロビの蜂』を観にいきました。初日だった昨日、劇場に入っていくと妙に年齢層が高い・・・。20代くらいはほとんどいなくて、
| 深海からの手紙 | 2006/05/22 6:52 PM |
ナイロビの蜂
「ナイロビの蜂」 The Constant Gardener/製作:2005年、
| 映画通の部屋 | 2006/05/22 7:02 PM |
蜂なのに、蝿、ハエ・・・『ナイロビの蜂』
あ〜、ハエ、ハエ〜♪ 蝿、蝿〜♪はえはえぇ〜♪ 『ナイロビの蜂』観に行きました。 行ってからというもの、ここ2日間ほど、「あ〜ハエ、ハエ♪」の音楽がアタマから離れず、「ハエ病」にうなされております。 何をしてても、勝手にクチが「あ〜ハエ、ハエ」って
| 虎の意地っぱり〜何がなんでもタイガース | 2006/05/22 7:06 PM |
『ナイロビの蜂』
『ナイロビの蜂』(原題 The Constant Gardener)試写。 とても不思議な映画です。ラブストーリーといえばそうだけれど、観ている間は、終始社会派サスペンススリラーのようでいて、見終わると、切なさや諦め、哀しさ、深い慈愛と、色んな感情がじわじわと込み上げてく
| 試写会帰りに | 2006/05/22 7:44 PM |
ナイロビの蜂
2005/イギリス 監督:フエルナンド・メイレレス 出演:レイフ・ファインズ    レイチェル・ワイズ    ユベール・クンデ    ダニー・ヒューストン   ジェームズ・ボンドやイーサン・ハントが出てくるかとおもっちゃったわ! 以下、ネタバレ感想
| Lovely Cinema | 2006/05/22 8:18 PM |
ナイロビの蜂
『ナイロビの蜂』は、ただの大河ドラマでもロマンスでもない映画でした。 ガーデニングが趣味の、英国外交官のジャスティンは、探究心と正義感が強く魅力的なテッサと恋に落ち、ともにアフリカへ旅立ちます。 テッサは、友人の医師アーノルドと好んでスラムへ出かけ
| ロッタのひなたぼっこ | 2006/05/22 8:38 PM |
ナイロビの蜂
監督:フェルナルド・メイレレス、出演:レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、2005年英国 思慮深くいかにも英国人然とした外交官の男と、若く奔放な妻の物語。
| 私のひとりごと、主に映画評中心で…。 | 2006/05/22 8:58 PM |
ナイロビの蜂(2005/イギリス/監督:フェルナンド・メイレレス)
【VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ】アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン(レイフ・ファインズ)。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサ(レイチェル・ワイズ)の行動には深く
| のら猫の日記 | 2006/05/22 9:11 PM |
『ナイロビの蜂』
もともとは『炎のゴブレット』のマイク・ニューウェルが撮るはずだったこの映画ですが、スケジュールが合わず、ブラジル人フェルナンド・メイレレスの手で映画化されました。なかなかアライブ感のある映像になっていてナイロビの空気が伝わってきそうでした。
| 映像と音は言葉にできないけれど | 2006/05/22 9:34 PM |
シネマ日記 ナイロビの蜂
妻の死の謎を追う夫を描く、社会派サスペンス。 アフリカにおける製薬会社の新薬の人体実験を暴こうとし、そして殺された妻。そんなことなど知らず、幸せな夫婦と思っていた英国
| skywave blog | 2006/05/22 10:02 PM |
ナイロビの蜂
ストーリー ナイロビの英国高等弁務官事務所に勤務する外交官ジャスティンのもとに、妻テッサが惨殺されたという知らせが入る。ガーデニングを趣味とし、穏やかで礼儀正しく誠実な人柄のジャスティンであったが、喪失感の中、彼女の死の真相を探
| コンパス・ローズ  | 2006/05/22 10:25 PM |
ナイロビの蜂
監督 フェルナンド・メイレレス 出演 レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ダニー・ヒューストン ピート・ポスルスウェイト イギリス外務省に勤めるジャスティンは、妻テッ
| カタログ | 2006/05/22 10:59 PM |
「ナイロビの蜂」
 2005年/イギリス  監督/フェルナンド・メイレレス  出演/レイフ・ファインズ      レイチェル・ワイズ  重い。すごく重い。でも、目を逸らしてはならない。そんな気分にさせられた。  アフリカのナイロビで外交官として働くジャスティン。しかし
| It's a wonderful cinema | 2006/05/22 11:02 PM |
『ナイロビの蜂』
ああ・・あの『シティ・オブ・ゴッド』の監督だったんだと後から「なるほど」と思った。 映像のトーンがね、そうだし。 子供の表情を撮るのが上手いですねやっぱり。 随分前から散々公式HPを覗いては楽しみにしていたクセに、そういう基本情報が全然頭に入っておらず
| Brilliant Days | 2006/05/22 11:05 PM |
ナイロビの蜂
「ナイロビの蜂」 2006年 英 ★★★★☆ この春、一番観たくて心待ちにしていた、作品。やっと公開です。雄大なアフリカ大陸の大自然を舞台に、夫婦の愛や不条理に立ち向かう正義感や、やりきれない思いを切ない音楽に乗せて 描いた、リアリティあふれる物
| とんとん亭 | 2006/05/22 11:13 PM |
「 ナイロビの蜂 」
監督 : フェルナンンド・メイレレス 主演 : レイフ・ファインズ /  レイチェル・ワイズ/       公式HP:http://www.nairobi.jp// ナイロビの蜂(原題 TheConstantGardener ) サスペンス小説の巨匠ジョン・ル・カレの傑作小説を完全映画化。 監督
| MoonDreamWorks | 2006/05/22 11:36 PM |
「ナイロビの蜂」
「ナイロビの蜂」東京厚生年金会館で鑑賞 口コミでラブストーリーよりもサスペンと聞いていたので気持ちは楽でした。これでラブストーリーと思ったらとてもついていけない感じです。先入観を持ってしまうと作品がつまらなくなるのでそれ以上の情報は入れませんでした
| てんびんthe LIFE | 2006/05/23 12:06 AM |
「ナイロビの蜂」
(2005年・英/監督:フェルナンド・メイレレス) 原作ジョン・ル・カレ。ル・カレと言えば40年ほど前、「寒い国から帰ったスパイ」というサス
| お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 | 2006/05/23 12:11 AM |
■ナイロビの蜂
英国外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を見送った。しかし2日後に帰ってくる筈だったテッサは、車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺され永遠に帰らぬ人となる。警察はよくある
| ルーピーQの活動日記 | 2006/05/23 12:15 AM |
ナイロビの蜂
夫婦の深いラブストーリーであり、重い社会派サスペンス。怒りを覚え、恐ろしくもあり、切なくもあり、感動の話でもある。見ている間は感動も何もなかった。ただただ圧倒されて。エンドロールが流れ出しても最後まで席を立てずに湧き上がる思いを感じていた。
| 色即是空日記+α | 2006/05/23 12:23 AM |
ナイロビの蜂
梅田ピカデリー 日本人の感覚として、映画はまだ「特別な時間」である。多くの日本人は、1年に映画を10本も観ない。平均すると5〜6本。つまり、2ヶ月に1本である。10年で50本。だから私は「ターミネー
| 映画評論家人生 | 2006/05/23 1:14 AM |
ナイロビの蜂
アフリカの太陽のように情熱的な妻テッサと、 イギリスの庭園のように秩序正しい 外交官の夫ジャスティン。 愛し合っているからといって、 相手のすべてを理解しているとは限らない。 ジャスティンの場合もそうだった。 互いを尊重するという名目で、 テッサ
| Enjoy Life♪ | 2006/05/23 6:09 AM |
ナイロビの蜂/試写会
ナイロビの蜂 THE CONSTANT GARDENER 公式サイト→http://www.nairobi.jp/ 監督: フェルナンド・メイレレス   製作: サイモン・チャニング=ウィリアムズ  原作: ジョン・ル・カレ      脚本: ジェフリー・ケイン  撮影: セザール・シャローン  プ
| 如意宝珠 | 2006/05/23 7:22 AM |
『ナイロビの蜂:The Constant Gardener』
公開2週目で見に行きました。いろいろなことを感じ取れる映画だと思います。
| IT'S MY LIFE | 2006/05/23 10:18 AM |
ナイロビの蜂
“世界がアフリカを食いものにしている” このセリフが胸を突いた。 夫婦の深い愛を描いた感動のラブストーリー、というぐらいしか予備知識なく鑑賞しました。 少々“愛”などというものが“浅く”なってきた私ども夫婦・・・[:ひやひや:] 英国外交官の
| UkiUkiれいんぼーデイ | 2006/05/23 12:01 PM |
ナイロビの蜂
第453回 ★★★★☆(劇場) (綺麗事と思われる文面あるので、ご注意あそばせ) 「何かがキレイになるには、何かが汚くなければならない」  これは「汚れ保存の法則」と呼ばれるものだ。  転じてこれは「成功の裏にある犠牲」を意味する言葉とも捉
| まつさんの映画伝道師 | 2006/05/23 2:35 PM |
ナイロビの蜂
予告編を何度も見てたのでかなりシリアスな内容だろうと覚悟して見に行きました。明るい画面に反して テーマは重くのしかかってきました。アンジェリーナ・ジョリーの
| めざせイイ女! | 2006/05/23 4:29 PM |
アフリカの太陽 『ナイロビの蜂』
ラブストーリーとしてさんざん宣伝されているにもかかわらず、 なぜか、私はサスペン
| パフィオ - People of About Forty Years Old - | 2006/05/23 5:26 PM |
ナイロビの蜂 (2005)
ナイロビの蜂 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 レイフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ、ビル・ナイ 評価 8 ★★★★★★★★  アフリカ・ケニアのナイロビ。ガーデニングが唯一の趣味という英国外務省の一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、ア
| マーク・ダーシーの日記 | 2006/05/23 8:33 PM |
映画のご紹介(133) ナイロビの蜂
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(133) ナイロビの蜂-「きっかけは、妻の死」 「たどり着いたのは、妻の愛」 とは名キャッチだね。 原題はThe constant gardener(「いつも庭いじりしている人」みたいな
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/05/23 8:39 PM |
FUN … 『ナイロビの蜂』
【cinema de refresh(?)】
| FUN×5 〜五つの楽(fun)を探して〜 | 2006/05/23 10:55 PM |
ナイロビの蜂
★本日の金言豆★ イヴェット・ピアパオリ:女性活動家で慈善事業家。19歳で国際難民救済協会の職につき、1999年に60歳で交通事故死するまでの間、アフリカの貧民の為に精力的に活動し
| 金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等 | 2006/05/24 1:37 PM |
「ナイロビの蜂」
公式サイト シネマイクスピアリ、公開4日目初回です。 シアター4(361席)、30分前に着いて1番!! でも、少なかったですよん・・・・・10数人でした。
| Puff's Cinema Cafe Diary | 2006/05/24 6:37 PM |
ナイロビの蜂
【映画的カリスマ指数】★★★★★  地の果て、愛と信念を胸に・・・  
| カリスマ映画論 | 2006/05/24 8:46 PM |
ナイロビの蜂
「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督作品。 レイチェル・ワイズ
| cinema mix box | 2006/05/25 1:14 AM |
ナイロビの蜂
 この作品を、妻の死にまつわる疑惑を調査する社会派サスペンスとみるか、亡き妻との思いを綴る恋愛映画とみるか、見解は分れるでしょう。  自分は
| シネクリシェ | 2006/05/25 6:17 AM |
「ナイロビの蜂」 2006-28
「ナイロビの蜂」を観てきました〜♪ 英国の在ナイロビ一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、北部の街キロへ向かう妻テッサ(レイチェル・ワイズ)を空港で見送る。2日後また会えるはずだったが、彼の元に届いたのは訃報だった。彼女の死に疑問を持っ
| 観たよ〜ん〜 | 2006/05/26 6:37 AM |
ナイロビの蜂
《ナイロビの蜂》 2005年 イギリス映画 - 原題 - THE CONSTA
| Diarydiary! | 2006/05/27 7:50 PM |
ナイロビの蜂
ナイロビの蜂 上映時間 2時間8分 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 レイフ・ファインズ レイチェル・ワイズ ユベール・クンデ ビル・ナイダニー・ヒューストン 評価 6点(10点満点)  何を上映するか知らされない試写会。アンケートに答えて報酬が
| メルブロ | 2006/05/27 11:42 PM |
ナイロビの蜂
テレビCMで、この映画を推薦しているのはなんと!スピリチュアル・カウンセラーの江原哲之さん。確かに、冒頭5分で逝ってしまった妻と交信するわけですから、「スピリチュアル映画」といえるのかも。。。
| エリ好み★ | 2006/05/28 12:20 AM |
ナイロビの蜂(05・英)
ナイロビってどこだろう。ネットの地図で探したら ケニアの首都でした。ルワンダとも近いんですね。 原題は「The constant gardener」。邦題「ナイロビの蜂」の方がいいですね。イギリス人作家の作品の映画化。 ? 物語は、イギリス人の外交官・ジャスティス(
| no movie no life | 2006/05/28 4:52 PM |
「ナイロビの蜂」を見てきました。
 アフリカにおける製薬会社の汚職を命を省みず暴いていく感動作と思ってナイロビの蜂を見てきました。間違ってはいなかったけど、でも、この映画のテーマってラブストーリーだったのね。そんな風には全然思って見に行かなかった・・・。
| よしなしごと | 2006/05/31 7:20 PM |
『ナイロビの蜂』・試写会
今日はおそらく某雑誌で当選した 『ナイロビの蜂』の試写会に行ってきた。 [アンケートに答えて4色ボ
| しましまシネマライフ! | 2006/06/03 1:49 PM |
「ナイロビの蜂」
あーこの映画はちょっと難しいです。 よかったのか、そうでもなかったのかも、判断しにくいところ。 私はあまり感想はあいまいにはならない方なんですが…。 ちぐはぐなんですよね、社会派と思いきや思いっきりラブストーリーともいえるし、オスカーを獲ったテッサ
| That's the Way Life Goes | 2006/06/10 11:07 PM |
映画「ナイロビの蜂」
原題:The Constant Gardener アフリカ・ナイロビで、3人に一人が死ぬという結核のための新薬の人体実験が・・人命を軽々しく扱う巨悪に立ち向かい、不正を暴こうとするが・・。 ケニア・ナイロビの英国外交官ジャスティン・クエイル(レイフ・ファインズ)が
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/06/17 6:40 PM |
真・映画日記(後編)『ナイロビの蜂』
14時半に映画館を出る。 渋谷駅に出て109方面に。 金券ショップに行き『ナイロビの蜂』のチケットを買う。1290円。 ロフト方面に歩き渋谷シネパレスへ。 あれ、ここは初めてかも。 建物の7階に行くと人がごった返している。 大盛況である。 早速、受付で整理番号
| CHEAP THRILL | 2006/07/15 5:45 PM |
ナイロビの蜂 (The Constant Gardener)
監督 フェルナンド・メイレレス 主演 レイフ・ファインズ 2005年 イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★★ 一部の比較的裕福な国を除いて、平均寿命が50歳代を軒並み割ってしまうアフリカ。平均寿命が30歳代の国も、決して少なくない。今これを書いている私
| Subterranean サブタレイニアン | 2006/11/21 1:29 PM |