CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< プロポーズ (DVD) | main | 気になる英語表現: 中国国家主席への米政府の異常な歓迎 >>
リバティーン

原題: The Libertine (2006)
2006年4月8日日本初公開

公式サイト: http://www.libertine.jp/

新宿テアトルタイムズスクエア
2006年4月19日(水)4時10分からの回

ゴウ先生ランキング: C+
★何と、当日3本目!

池袋の新文芸座で『Mr.&Mrs.スミス』と『スタンドアップ』を3時30分に見終わるやいなやすぐにそこを後にし、新宿テアトルタイムズスクエアに一目散で駆け込みました。

来週以降忙しくなりますし、前の2本は4月21日までの上映ですから、ここで無理をして見ておかないとどの作品も映画館で見られなくなると思っての非常手段です。

そしたらば、高島屋12階のチケット売り場に到着したのが、3時52分。ドア・トゥー・ドアで22分の移動時間。快挙です(!?)。

焦って向かったのには訳があります。本作がいまや飛ぶ鳥を落とす勢いのジョニー・デップの最新作であることに加えて、当ブログでは何度も紹介している通り、テアトル系の映画館は水曜日だと男性も1000円で見られるので、混雑する可能性が高いからです。

しかし、思ったほど混んでおらず、340席の館内に218番目にもぐりこめました。

前の座席との間が狭いこの小屋では、最前列の真ん中を狙うことがよくあります。そこだと足をゆっくり伸ばせると同時に大概空いているからです。今日もその位置にしました。

ただし、ひとつ失敗しました。真ん中に走る通路のスクリーンに向かって左側に座ったのですが、右側の座席の下に設けられた足元を照らすライトが目障りだったのです。

そして、このことと力作2本を見てきた疲れとが本作の評価に微妙な影を投げかけました。

★面白い映画だとは思うが・・・

17世紀の後半に活躍した英国の放蕩詩人、ロチェスター伯爵こと詩人のジョン・ウィルモットの33年間の短い半生を、彼のスキャンダラスな生き方に焦点を当てて描く作品です。

ゴウ先生、アメリカ留学時代17世紀のヨーロッパ哲学を専門に研究していましたので、本作が描く時代には並々ならぬ関心がありました。しかも、あのデップがこの奇人伯爵を演じるというのです。どんな作品になるか、公開前から大いに期待を寄せていたのでした。

ところが、障害が待ち受けていました。何たる画質の悪さ!

この小屋では『ベニスの商人』の時も画質に文句をつけましたが、それよりもはるかに悪い画質です。フィルム映像らしいエッジを立てないマイルドな画質とも呼べないほど、ボケボケです。

しかも、映画の性格上、照明を落としたシーンが山と出てきます。その度に細部がよく見えなくなります。暗部の諧調がほとんど分からないのです。

新文芸座のよく調整された素晴らしい映像を見てきたばかりなので、唖然として腹さえ立ってきました。

それに、出だしのテンポがよくありません。疲れも出て、ウトウトしてしまいました。観客を映画の世界に引きずりこむ技をもっと飛ばしてほしいものです。この辺、新人監督の限界でしょうか。

こりゃいかんと思って眠気をはらってスクリーンに集中しようと思っても、右側から目の中に入って来る足元のライトがボケボケのスクリーンとあいまって映画に集中させてくれません。

しかも、眠る人が続出したのでしょう。いびきがあちこちから聞こえる始末。

正直、参りました。

★母娘で見に来る映画じゃない

ゴウ先生の真後ろの席は、母と娘のペアでした。ところが、映画は全編卑猥なシーンと言葉だらけ。余計なことですが、こんなものを年頃の娘さんを連れて見に来てよいのだろうかと心配になったほどです。ゴウ先生と同じく、ほとんど予習せずに見にこられたのでしょう。

個人的には、中盤以降、エリザベス・バリーという女優(サマンサ・モートン)を育て上げる付近から、映画が動き出し、少しずつ集中できるようになってきました。

そして、迎えた国王とフランス大使を前にした反体制の内容を含んだ舞台のシーンに至っては、その極度な卑猥さに、これはデップでなければロチェスター伯爵は演じられなかったと感心さえするようになったのです。何せ舞台の上で役者たちにマスターベーションと実際のセックスをやらせようという芝居なのですから。

国王チャールズ二世役としても出演しているジョン・マルコビッチが、デップを主役に置いた本作を製作したくなった意味も分かります。

実際の伯爵も本作で描かれたほど、セックスと酒にうつつを抜かしていたらしいのですが、デップのおかげで、『ナインスゲート』の妖しさは十分に出て、ひとつの作品に仕上がっています。彼以外だと、単に出来の悪いポルノ映画になっていたことでしょう。

ただし、ここまでショッキングな人物を取り上げるのなら、デップにはもうひとつ覚悟を決めてもらって、『愛のコリーダ』のデップ版を作ってもらいたかった恨みが残ります。言葉はどれだけ卑猥でも実際のセックスシーンは実にソフトなのです。

セックスと酒と芸術に命を懸けた男を描くには、めちゃくちゃハードコアな体当たり演技で臨んでもらいたかったものです。

さらに、この映画、実は笑って見てほしいと思われる節がいくつもあるのですが、会場に笑い声が起きません。ゴウ先生、仕方なく、声を殺して笑っていたくらいです。

セックスと酒に溺れて人生を駄目にした男を描くのです。笑うしかないではないですか。演出側ももっと安心して笑えるように作ってもらいたかったものでした。

そのくらいのドギツサがないと、「この物語を見ると、私のことが嫌いになるだろう」と冒頭と結末で観客に語りかけるロチェスター伯爵のモノローグが虚しく響くことになります。

したがって、“Do you like me now?”と伯爵が最後に3回ほど繰り返し問いかけますが、ゴウ先生は今日の上映状態だと、“So-so.”(まあまあ)と気のない返事をせざるを得ません。残念ながら。

++++++++++

画質 (スコープ): D

上記したように、商業映画としては、到底許せないレベルの画質。映画館側も少し対策を取ってもらわないと。

音質(ドルビー・サラウンド?): B-

サラウンドもあるにはありますが、微々たるもの。音が移動するのは感じられますが、音自体あまり広がりませんし、奥行きも感じられません。素晴らしいバロック音楽がもっと深々としたように聞こえて欲しい気がしました。

英語学習用教材度: C

『スタンドアップ』とどっこいどっこいの下品さ。男女の性器を意味する単語を覚えたい人にはうってつけでしょう(!)。ちょっと勧めかねます。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

☆伯爵が国王を前にした公演を失敗した後、梅毒の症状が現れて登場するデップの演技は見ものです。

☆実際のエリザベス・バリーはそれほど美人ではなかったといわれていますが、サマンサ・モートンではこの役にミスキャストだったような気がします。舞台では、本作で伯爵夫人役のロザムンド・パイクが演じたということですが、それが正解だった気がします。モートンはもっとファンタジックな役どころが似合うと思うのです。『マイノリティ・レポート』や『イン・アメリカ 三つの小さな願いごと』のように。

☆そのパイク。彼女を見られたことがこの映画の最大の収穫でした。清楚で芯の強い伯爵夫人の役を凛として演じています。これからの彼女を大いに期待したいものです。



☆ジョン・マルコビッチが、巨大な鼻で登場します。チャールズ2世はあんなに鼻が大きかったのでしょうか?ただし、マルコビッチにはもっとおどろおどろしい役を期待していたので、意外とまともな国王を演じていたので拍子抜けしてしまいました。

☆17世紀のイギリスの不潔さが、もうひとつの主役です。雨が多いイギリス。道はすぐにぬかるみます。馬車も走れないほどです。そんな生活の中、風呂など入らないのでしょう。伯爵の手の爪垢がびっしりなのが彼の短命さを表している気がしました。

☆アメリカでの公開が今年の3月10日。興行的には相当苦戦しているようです。どうなるでしょうか。ちなみに冒頭のポスターは、オリジナルのものです。

++++++++++

デップ・ファンだからといって、女性の方は見に行く場合はくれぐれも気をつけてください。見るに忍びないシーンが多いことは事実です。

それと、前述しているように、本作をテアトルタイムズスクエアで見るのはあまりお勧めしません。他の映画館を検討して下さい。大きなスクリーンなので迫力はすごいのですが・・・。

というわけで、もう一度よりより上映環境で見てみたい映画です。それまで、評価は厳しいものにさせてもらいます。
| 外国映画(ラ行) | 11:29 | comments(12) | trackbacks(28) |
コメント
初めまして。TBありがとうございました。
私もテアトルタイムズスクエアで観てまいりました。
初日に行ったのですごく混んでいて感動しました。
実はうちの方では上映がなかったんです。
東京にはジョニーファンがこんなにたくさん〜!と
ものすごく嬉しくなったものです。
内容的には理解できないところも多く映像も薄暗く気分的に
盛り上がれなかったんですけど、とにかくジョニー・デップの熱演に
魅せられた映画ということでしょうか。
| ジュン | 2006/04/20 9:01 PM |
TBありがとうございました。
こちらからもTBらせていただきました。

かなり賛否両論分かれるこの映画、面白い切り口で
レビューしてあり、大変興味深かったです。

今後とも一方的に(笑)宜しくお願い致します。
| ammma | 2006/04/21 12:56 PM |
ジュン様

TB&コメントありがとうございます。

本当にゾッとするくらい迫力があったジョニーでした。奇しくも役名と同じですが・・・。

| ゴウ先生 | 2006/04/21 5:39 PM |
ammma 様

TB&コメントありがとうございました。

やっぱり映画って環境次第で評価がガラリと変わると思うんです。直前に見た『Mr.&Mrs.スミス』なんかすごく恵まれた環境で見られて、感動してしまいましたから。

こちらこそよろしくお願いします。
| ゴウ先生 | 2006/04/21 5:42 PM |
はじめまして。TBありがとうございました。

「ヴェニスの商人」もテアトルタイムズスクエア鑑賞だったのですか?画質の悪さは、もとのフィルムが悪いわけではなくて、映画館の環境によるものなんでしょうか…?
シロウトなもので、そのへんの技術的なことはよくわからなくて…。
私は、蝋燭の光だけで演技指導をするシーン、好きでした。
あと、新文芸坐。あの雰囲気、好きです(笑)
| chatelaine | 2006/04/22 4:00 PM |
ゴウ先生、はじめまして。
TBありがとうございます。

「インク!」と叫ぶロチェスターに
「ドリンク?」と聞き違えたのか、お酒を持ってきたり、
一瞬、笑っていいのかな?と思えるシーンもありましたが、
作品全体に、ロチェスターのあふれる才能を見出すことが出来ず、
おかしいなぁと思いながらの鑑賞になっちゃいました。

| ゆづ | 2006/04/23 5:39 PM |
こんにちは。
私は渋谷でみましたが、普通に見やすかった画面だったと思います。たしかに眠くなりました。
そして、とても混んでいました。

解釈の難しい映画ですね。
でも、ジョニーにはぴったり。
| civaka | 2006/04/24 2:02 PM |
>chatelaine様

以前寄せていただいたコメントによれば、テアトル・タイムズスクエアの場合、オムニマックスというプラネタリウム用のスクリーンを使っていて、それがクリアさをなくしているということでした。さらに、シネマスコープの映画が少なくなってきて、シネスコ用レンズが使われなくなっているのも影響あるという説もあります。

本当のところは分かりませんが、画質の悪い印象は拭えないので、上記のようなレビューを書かせてもらいました。
| ゴウ先生 | 2006/04/29 5:45 PM |
>chatelaine様

TBとコメントのお礼を失念してしまいました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。


| ゴウ先生 | 2006/04/29 5:48 PM |
>ゆづ様

TB&コメントありがとうございました。

そうなんです。この映画、実は相当ギャグが詰まった可笑しい映画なんです。その辺がギクシャクしていたのが、当方の評価を下げてしまった原因です。

これからもよろしくお願いします。

>civaka様

TB&コメントありがとうございました。

渋谷は見やすかったですか・・・やっぱり。

ジョニー・デップはこの手の映画にまだまだ出続けるのでしょうか。もうそろそろ普通の刑事役とかを演じる姿も見てみたいのですが。

これからもよろしくお願いします。
| ゴウ先生 | 2006/04/29 5:53 PM |
初めまして!
1日に3本は疲れますよね。私もたまにそんな暴挙に出ることがあります(苦笑)
本作は内容が内容だけにこれだけのキャストが揃っているのにも拘らず、上映館が少なく、上映期間も短いところが多いようですね。
ジョニデのファンになってから数々の作品を観てきましたが、その中でもロチェスター伯爵を演じるジョニデは魅惑的で特に素晴らしかったです(^^♪
後半の病に罹って変わり果てた姿になってすら、美しく感じてしまいました。。。
| honu | 2006/05/05 2:57 PM |
ゴウさん始めまして。

バイクを褒めてくださったのでTBしてみました。
私も彼女の今後が楽しみです☆

| ゆきぱく | 2006/05/23 1:54 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/461710
トラックバック
リバティーン
【The Libertine】2005年/イギリス 監督:ローレンス・ダンモア   出演:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコヴィッチ 公開初日の今日ジョニー・デップ主演の『リバ
| BLACK&WHITE | 2006/04/20 9:02 PM |
リバティーン
公開:2006/04/08(2006.04.08鑑賞)監督:ローレンス・ダンモア音楽:マイケル・ナイマン出演:ジョニー・デップ     サマンサ・モートン    ジョン・マルコヴィッチ    ロザムンド・パイク 1660年代、王政復古のイギリス。国王の親族が居並ぶ大事
| 映画鑑賞★日記・・・ | 2006/04/20 9:31 PM |
リバティーン
モノクロームの映像の中でロチェスターが口上を述べる場面はすばらしい。低くささやくような官能的な声で挑発的な言葉を次々に繰り出して、観客に「私を好きになるな」と警告するジョ
| Kinetic Vision | 2006/04/21 12:32 AM |
リバティーン
17世紀のロンドン、伝説の放蕩詩人
| 悠雅的生活 | 2006/04/21 12:52 AM |
「 リバティーン 」
監督 : ローレンス・ダンモア 出演 : ジョニー・デップ / サマンサ・モートン /      公式HP:http://www.libertine.jp/ 「 脚本の三行で出演を即決した 」「 後にも先にも一度しかめぐりあわない作品 」ジョニー・デップにそう言わしめた作品。 
| MoonDreamWorks | 2006/04/21 12:52 AM |
リバティーン
リバティーン(liberine)=「放蕩者」「道楽者」の意 ジョニー・ディップが「脚本の冒頭3行を読んで出演を即決した。後にも先にも生涯で一度しかめぐり合わない作品。」と絶賛して出演した作品です。 舞台は17世紀、王政復古期のイギリス。国王チャールズ?世の寵
| 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2006/04/21 7:10 AM |
リバティーン
初めに断っておく。諸君は私を好きになるまい どうか私を好きにならないでくれ・・・・・ 冒頭、美しい顔のジョニー・デップ演ずるロチェスター伯爵がこう語りかける。
| シェイクで乾杯! | 2006/04/21 8:30 AM |
私を好きになんかならないで
天才だけれども、女好き、酒好き、ポルノ作家としても有名だった、17世紀イギリスに
| And I Don't Want To Live This Life | 2006/04/21 12:54 PM |
リバティーン
放蕩の 存在と無なる 自由なり   私は彼を知らない。17世紀に実在したという英国の放蕩詩人ロチェスター伯爵。おそらく、まず知る人はいなかろう、この手の実在人物は葬り去られる運命にあるみたいだから。それが今になって陽の目を浴びるというのはグレアム
| 空想俳人日記 | 2006/04/21 1:33 PM |
リバティーン
最近ジョニー・デップを見倒してたのは、実はこの映画を見るためでした。もともと作
| とっさの絵日記 | 2006/04/21 1:47 PM |
17世紀の放蕩詩人「リバティーン」
[:映画:]「リバティーン」 ちょっと新宿に用があって、水曜だし映画観るか…って感じで選んでしまったので、予備知識ナシ。 ジョニー・デップ主演の時代物で、彼が脚本を3行読んで出演を決めた、ということだけ。 もともと時代ものが苦手なので、ジョニー・デップ
| That's the Way Life Goes | 2006/04/21 4:55 PM |
リバティーン
   17世紀のイギリスにおいて国王チャールズ二世(ジョン・マルコヴィッチ)の寵愛を受けたロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)は、露骨な性描写の政府批判の詩を詠んだ為、国王から追放されていたが、恩赦を受けロンドンへ戻ってきた。  その才能は
| とにかく、映画好きなもので。 | 2006/04/21 5:02 PM |
リバティーン
リバティーン 上映時間 1時間50分 監督 ローレンス・ダンモア 出演 ジョニー・デップ サマンサ・モートン ジョン・マルコビッチ ロザムンド・バイク 評価 5点(10点満点)  この2年半で外で映画を見る習慣がすっかり身についてしまったため、むしょう
| メルブロ | 2006/04/22 2:31 PM |
『リバティーン』レビュー/放蕩の申し子
昨日の映画館研修で、映画観たい病が発症し、今日は『リバティーン』を観にいった。3月は旅行や入院であわただしく、映画館に行けなかったので、一ヶ月ぶりの劇場鑑賞。 スクリーンのありがたみをひしひしと感じる…。 まるでモノクロ映画かのように、全編にわた
| 西欧かぶれのエンタメ日記 | 2006/04/22 3:54 PM |
「リバー ティーン」醜悪も美しいジョニー・デップを鑑賞する映画
「リバー ティーン」★★★ ジョニー・デップ主演 ローレンス・ダンモア監督、2004年イギリス ジョニー・デップを見に行く映画だ。 17世紀、王政復古のイギリス。 特権階級に生まれ、 あらゆる才能に恵まれた男。 王様をも恐れない男の奔放な生活。 病に
| soramove | 2006/04/22 6:06 PM |
■リバティーン
17世紀、王政復古のイギリス。追放されていたジョン・ウィルモットことロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)が、恩赦を受けてロンドンへ戻ってきた。彼は悪友たちが演劇議論を交わすバーに寄り、国王チャールズ二世(ジョン・マルコヴィッチ)の親族に、性描写の
| ルーピーQの活動日記 | 2006/04/22 9:57 PM |
「リバティーン」
「リバティーン」   公式サイト 劇場鑑賞  ゆづの好き度  ☆    (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年4月8日公開  上映時間110分 正直なところ、 見終わった後、非常に具合が悪くなってしまいました。 多少ですが予習していたので
| ●○ゆるゆるシネマ感想文○● | 2006/04/23 5:40 PM |
『リバティーン』
この映画、今話題のジョニデプが主演なのに都内では四箇所しかやってない。いつもの劇場では無理なので、はるばる渋谷まで見に行きました。内容見たら…、いやもう確かにそこらのシネコンじゃ流せないな。無理ないわ。そしてすごーく混んでました。なにしろ上映館少ない
| ふつうの生活 ふつうのパラダイス | 2006/04/24 2:00 PM |
「リバティーン」/耽美的だが「耽美」になりきれていない歯痒さ
『リバティーン』(2005 / イギリス / ローレンス・ダンモア) Text By 鮫島 サメ子  寄生虫は、その名のとおり宿主に寄生して生業を立てる。当然ながら、自身の首を絞めるような暴挙には至らないはずだが、時にその匙加減を誤って勢力を拡大しすぎた結果、肝心の宿主
| I N T R O+blog | 2006/04/24 5:20 PM |
リバティーン
「インタビュー・ウィズ・バンパイア」に出てくるドラキュラようなJ・デップ。不健康で妖艶なロチェースター伯爵が、最後は梅毒でボロボロになるところまで、なんともデップらしい怪演でした。腐臭が臭ってくるような演技って初めて観ましたよ〜。
| エリ好み★ | 2006/04/25 12:00 AM |
リバティーン(先行上映)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  奔放がゆえの孤独、絢爛がゆえの闇  
| カリスマ映画論 | 2006/04/25 8:19 PM |
映画「リバティーン」
原題:The Libertine 初めと最後の言葉、私が好きか?・・こんな私でも・・それでも私が好きなのか、どうか私を好きにならないでくれ・・自由奔放に生きた孤独な男の物語。 第二代ロチェスター伯爵(ジョニー・デップ)は、詩人にして舞台作家。新人のエリザベ
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/04/30 2:29 AM |
『リバティーン / THE LIBERTINE』 ☆今年39本目☆
こちらに視線をまっすぐ向け、こう語り掛けるジョニデ演じるロチェスター伯爵で始まる本作。 これで一気に、私は17世紀の世界へ突入――。 台本の冒頭3行を読んだだけで出演を決めたというだけあって、まさにジョニデのハマリ役。 溢れるほどの知性と才能を持って
| honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜 | 2006/05/05 3:01 PM |
映画 * 『リバティーン』
アルコールと梅毒が原因で33歳で死亡── ジョニー・デップ扮する第2代ロチェスター伯爵の生涯は 破廉恥で破天荒で、スキャンダルにまみれている。 ? 国王の前で淫猥な語を連ねた詩を詠じ国政と批判し、 他国からの客に披露する舞台で卑猥なモチーフを
| 複数恋愛進行中 | 2006/05/09 7:50 PM |
リバティーン THE LIBERTINE
ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、 ジョン・マルコヴィッチ、ロザムンド・パイク主演 Allow me to be frank you will not like me 素直に言わせていただくなら あなたは私を好きにはならないだろう THE LIBERTINE=放蕩者 ジョン・ウィルモットは語りだす
| travelyuu とらべるゆう MOVIE | 2006/05/12 3:47 AM |
『リバティーン』
リバティーン CAST:ジョニー・デップ、サマンサ・モートン、ジョン・マルコビッチ 他 STORY:1660年、性の自由に対する考えが変化していった頃の王政復古のイギリス。詩人のロチェスター伯爵ことジョン・ウィルモット(ジョニー・デップ)は国王チャールズ
| Sweet* Days | 2007/02/15 5:06 PM |
『リバティーン』
これも見るつもりだったのに行けなかったのでDVD鑑賞。大好きなジョニー・デップが最初の3行を読んで出演を決めたという映画。映画のイメージとしてはこんな色・・・。 「17世紀イギリス。国王の寵愛を受ける天才詩人ロチェスター卿の破天荒な人生と愛を描く」という
| ・*・ etoile ・*・ | 2007/03/02 12:51 AM |
映画「リバティーン」
2006年21本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。ローレンス・ダンモア監督デビュー作品。「素晴らしい才能を有しながらも、挑発的な言動を繰り返し、酒とセックス三昧の奔放な人生の果てに33歳の若さで亡くなった孤独な天才詩人の半生を描く。全体的に暗い雰囲気で17世
| しょうちゃんの映画ブログ | 2007/03/02 1:36 AM |