CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 火火(ひび) | main | 気になる英語表現: アメリカのファーストフードはヤバイ! >>
いつか読書する日
いつか読書する日
いつか読書する日
2005年7月2日初公開

新文芸座
2006年4月12日(水)11時50分からの回
(併映:『火火』)

ゴウ先生ランキング: A-

公式サイト: http://www.eiga-dokusho.com/
当日2本目となる田中裕子主演映画。ドドっとジジババが押し寄せます。新文芸座の8割ぐらいが埋まったのではないでしょうか。ジジババは、本作が好きなのか、それとも映画を見る以外にすることがないのか。一人一人にお尋ねしたくなりました。

ただし、田中裕子という女優がジジババ受けする女優であることは、NHKの化物ドラマ『おしん』で証明されています。しかも、本作ではあの時おしん(田中)をいじめた佐賀の姑(渡辺美佐子)まで出てくるのです。最近のジジババ、そこまで調べて来訪したのかもしれません。

とはいえ、そんなことは見始めてから考え出したこと。『火火』同様、まったくの予習なし。チラシさえ見ていません。

+++++ここから、ネタバレ注意!+++++

そこで始まったこの映画、坂道を走る田中の足元がやけに気になります。

エンディングのクレジットによると、長崎市内で撮影されたとか。どうりでどこかで見たことがある場所だと感じたわけです。

しかし、見ている最中はそれがどこだかわかりません。30年以上訪れていない長崎の風景をはっきりと思い出せるわけがないのです。

そのどことも知れない坂道を、毎朝主人公大場美奈子(田中)は瓶入りの牛乳を担いで走り登ります。見ているこちらは、何を求めてそのような決して楽ではない仕事を50歳の未婚の女性がしているのか知りたくて、心をかきむしられます。

そして登りついた坂の上の配達先。高校時代から30年以上好きである高梨槐多(岸部一徳)の家でした。

槐多は好きでもない牛乳を2本、頼み続けています。決まって6時5分に牛乳瓶の触れ合う音を立てながら登ってくる美奈子の気配を感じたくて。

他方、美奈子は自分の足元が気になります。不倫をしていたであろう実の母(鈴木砂羽)と槐多の父(杉本哲太)が事故で死んで以来、一人で生きていくことを決めた美奈子。この町を出て行かず静かに槐多を思う生活は、まさしく「足元」を見続ける生活だったのです。それゆえ、カメラも執拗に足元を追いかけます。

しかし、美奈子も槐多も足元を気にしつつも、自分の欲求をすべて捨て去ったわけではありません。

一人で寂しくないですかと働くスーパーの後輩から訊かれた時、美奈子は「クタクタになって、眠ればいいのよ」と応えます。逆に言えば、クタクタにならなければ眠られない燃えさかる情念を美奈子は持っていたということなのです。(このあたり、疲れ果てて布団でうつぶせのまま死んだように眠る『火火』の神山清子とだぶります。たくましさの裏側のせつなさが。)

市役所の児童福祉課で働く槐多も同じでした。平凡な業務と末期がんの妻(仁科亜季子)の看病の日々。自分を殺し、毎朝の美奈子の牛乳配達の音だけを頼りに生きているように見えます。しかし、心の中にフツフツと湧き上がる現状への苛立ちがあったのです。

市役所に苦情を言いに来た老人に槐多は尋ねます。「50歳から85歳までは長いですか?」

槐多は動きました。児童虐待する母親から息子二人を救うために、上司(山田辰夫)を説得し、児童相談所に働きかけるのです。

やがて槐多の妻が死に、美奈子は槐多を誘い母と槐多の父が事故に遭った現場へ連れていきます。そして、「いままでしたかったこと、全部して」と地面にへばりついていた心を天へと羽ばたかせるのでした。



淡々と進む恋心が炎のように燃えさかるその瞬間を、無作法なキスシーンで映画は捉えます。シルエットで映し出される互いの服を脱がせあうその場面は、映画史上最も美しいラブシーンではないでしょうか。

しかし、二人のドラマはそこで終わりません。愛を表に出すことを許された二人は、さらに欲張ります。足元を見つめることを忘れました。そしてそういう愚かなことは男がやるに決まっています。

高校時代、溺れそうになったことを美奈子に笑われてショックだったといまでもいい続ける槐多。子供が川で溺れそうになったのを助けに行き、そして溺れ死にました。

川の底から引き上げられた槐多は、不思議と笑顔でありました。高校時代の仇を取った思いなのかもしれません。

そして、美奈子と槐多の長くて短い恋は、終わったのでした。

++++++++++

珍しく、ストーリー展開を語ったレビューを書いてしまいました。それだけ、脚本が優れており、地味で平凡な人生などどこにもないといってくれているドラマだからです。

見ている最中は、こんなものかなと思っていましたが、映画館を出てしばらくすると、何ともいえない切なさがこみ上げてきました。ラストシーンで大写しになる坂の上の田中のうなじの汗が、ゴウ先生には涙に思えるようになったのです。

じわりとボディブローが効いてくる珠玉の大人のラブストーリーです。

++++++++++

画質 (ビスタ): B+

同じ時期の日本映画で、主演女優も同じなのに、これほど画面の質感が違うものかと妙に感心してしまいました。本作のほうが、色は濃いめです。ただし、残念なことに使用プリントはかなり傷んでいました。雨降りが冒頭見られたほどです。本作はそれだけ人気だったということでしょうか。『火火』にはみられなかった現象でした。

音質 (ドルビーステレオ?):B-/C+

音に濁りを感じますし、広がりも奥行きもほとんどないモノラル状態。池辺晋一郎の素晴らしい曲ももっとよいサウンド・デザインで聴きたい気がしました。アコーディオン(バンドネオン?)の音がもっと切れているはずなのです、本来は。

++++++++++

気になったところを、アト・ランダムに。

☆本作は、暗闇の中で観客に極度の緊張を強いながら進む作品。久方ぶりに、映画でなければ表現できない映画を見た気がします。観客をテレビの前に釘付けにしておかなければ成立しないテレビドラマとはまったく発想が違う作品です。ゴウ先生、こういう映画が見たかったのです。

☆ミニ・シアター系の映画館でしか上映されなかった本作。新文芸座のこんなに大きなスクリーンで上映されたのは初めてではないかと思われます。そして躍動する田中裕子の熱演に、これは小さな画面のテレビで見るべきものではないと思ったのでした。

☆田中の素晴らしさの秘密の一端を劇中発見した気がしました。それは彼女の身体の柔らかさです。働いているスーパーの休憩時間にストレッチをするシーンがあるのですが、その時のしなるような身体の動き。ゴウ先生、目が釘付けになりました。

☆岸部一徳。最初、なんでこんなダサイ親父がいまでも好きなんだろうと不思議でなりません。しかし、エンディングが近づくにつれて、美奈子を幸せにしてやってくれと頼む気になります。この人が重宝される理由がよく分かる映画です。

☆ゴウ先生が田中の実の夫である沢田研二だったら、本作を見て相当嫉妬しそうです。まずもって、槐多は自分がやりたかったといいたいですし、田中を虜にする岸部そのものにも嫉妬しそうです。ゆえに、かつてのバンド仲間の意見を知りたいのですが・・・。

☆二人を除くと、最高だったのが老人性認知症にかかって徘徊を続ける元英文学者を演じた上田耕一。妻の渡辺美佐子から怒られると、あの怖い顔で「ごめんなさい」と素直に謝るところなど最高です。

☆上田の演技を見ていて思ったのは、ボケも恋も要は自分を見失うという意味では同じなのかもしれないということでした。

☆渡辺美佐子、タバコの吸いすぎです。灰皿の上に火のついたタバコを放置するのもやめましょう。ゴウ先生、生理的に嫌になりました。

☆やっぱり、山田辰夫、好きです。脇がしっかりしている映画は最高です。

++++++++++

坂道が登場する映画は、なぜか心が惹かれます。息を切らしながら登るという行為に清々しさを感じるからでしょうか。美奈子の美しさをもう一度目にしたい気がします。

発売されているDVDを入手して、本作で唯一気に入らなかったサウンド・デザインを確認してみるつもりです。

ぜひ、見てください。
| 日本映画(あ行) | 10:50 | comments(2) | trackbacks(12) |
コメント
この映画は地味ながら根強い人気がありますね。
私の近くの映画館では去年から今年の初めにかけて
ロングランしていました。
あちこちでまだ上映されているのかと思うと
嬉しくなります。
| iyahaya98 | 2006/04/15 8:38 PM |
ごめんなさい。
後になりましたが
TBありがとうございました。
| iyahaya98 | 2006/04/15 8:39 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/456741
トラックバック
[ いつか読書する日 ]いままでしたかったこと、全部
[ いつか読書する日 ]@渋谷で鑑賞。 前評判では、いいと聞いていたので早速上映初日に行ってきた。 いつもはひとりで見るのだが、ひさしぶりに友達と一緒だった。 ストーリーはこんな感じ。 誰よりも大切な人。けれど、触れ合うことはおろか、目を合わせるこ
| アロハ坊主の日がな一日 | 2006/04/15 2:08 PM |
映画のご紹介(111) いつか読書する日
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(111) いつか読書する日-狙いは面白いのだが、 平凡を演じた演技が平板過ぎた。 大場美奈子(田中裕子)は、坂の多い町で牛乳配達をする50歳の女性。 父を早くに亡くし、母も
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/04/15 5:05 PM |
「いつか読書する日」〜坂とともに生きる
2004年監督/緒方明出演/田中裕子 岸部一徳 仁科亜季子 渡辺美佐子 香川照之長崎の町で牛乳配達をしている大場美奈子(田中裕子)は50歳、独身。彼女は、高校時代付き合っていたがある事件がきっかけで疎遠になってしまった高梨槐多(かいた)(岸部一徳)の家にも
| お茶の間オレンジシート | 2006/04/15 8:33 PM |
いつか読書する日
"いつか読書する日" このタイトルには何か思い当たる節がある。僕は、忙しいという理由に託けて最近は読書の時間を設けないでいる。これを読もうと購入した単行本はたくさんある。しかし仕事に追われていたりすると、落ち着いて読書する暇がないのが現状だ。最近は例
| cultyシネマ行状記 | 2006/04/15 9:56 PM |
いつか読書する日(04・日)
上映終了後、「牛乳飲みたい!」と思って、直後にコンビニで買って飲んだ私です。(「私の頭の中の消しゴム」のときもコーラ飲みたくなったけど・・・) キネ旬ベストテン特集と言うことで、このたび、再上映がなされたので見てきた。 主人公は、50歳で結婚
| no movie no life | 2006/04/15 11:25 PM |
いつか読書する日:いままでしたかったこと全部して ユーロスペース
50歳で独身、牛乳配達とパート勤めで暮らしている美奈(田中裕子)。 末期ガンの妻を看病している役所勤めの槐多(岸部一徳)。 二人は高校の同級生。当時つきあっていたが、それぞれの父親と母親が自転車の二人乗りで交通事故死してから疎遠になってしまった。 あれ
| 気ままに映画日記☆ | 2006/04/16 12:21 AM |
ここ数日・4/16版
「かもめ食堂」 「ヨコハマメリー」 「第18回ピンク映画大賞」 自主映画サークル
| R氏のクリエイター日記 | 2006/04/17 2:20 AM |
いつか読書する日
評価:☆☆☆☆ 30年以上も胸に秘めた思い。「ありえないだろう」と、斬り捨てられないのは、一重に田中裕子の演技を超えたリアリティだ。この女性ならば、そんな生き方もするのではないかと思わせてしまうところが凄い。 ストイックに生きる美奈子の対局にあるの
| レンタルビデオ一刀両断 | 2006/04/30 11:47 PM |
映画『いつか読書する日』
大場美奈子50歳の長い恋、15歳の忌まわしい出来事から35年間、街を出ず嫁ぎもせず一人の男を想い続け、遂に恋が成就する日がやってきた 坂道と市電、いかにも長崎を思わせるその街で、大場美奈子(田中裕子)は朝の牛乳配達、昼間はスーパーのレジで働く。
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/08/12 3:28 AM |
「いつか読書する日」幸せの形はそれぞれ
「いつか読書する日」★★★wowow鑑賞 田中裕子、岸部一徳 主演 緒方明 監督、2004年 中学の初恋の想いをずっと 心の中に持ち続けている 50才すぎの女性が主人公。 はたから見ると幸せそうには見えないが、 それでも日々の小さな幸せを ひとり感じてい
| soramove | 2006/08/21 10:05 AM |
田中裕子のプロフィール
田中裕子(たなかゆうこ)本名・澤田 裕子。1955年4月29日生まれ。女優。夫は歌手・俳優の沢田研二。大阪府池田市出身。北海道札幌西高等学校卒業、藤女子短期大学中途退学を経て明治大学文学部演劇学科卒業。明大在学中の1975年に文学座に入り、女優活...
| 田中さんのブログ〜田中美保・美帆・れいな・ロウマ・気象予報士の田中まや〜 | 2006/11/15 10:44 PM |
mini review 07003「いつか読書する日」★★★★★★★☆☆☆
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2004年 製作国 : 日本 時間 : 127分 公開日 : 2005-07-02〜2005-08-19 監督 : 緒方明 出演 : 香川照之 杉本哲太 田中裕子 岸部一徳 渡辺美佐子 山肌に家々が貼り付いたような生まれ故郷で、牛乳配達をし
| サーカスな日々 | 2007/01/26 11:56 PM |