CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 歴代映画脚本ベスト101 | main | モディリアーニ 真実の愛 (DVD) >>
アイランド (DVD)
アイランド
アイランド
原題: The Island
2005年7月23日日本初公開

ゴウ先生ランキング: B-/C+

公式サイト(英文): http://www.theisland-themovie.com/
『チーム★アメリカ ワールド・ポリス』を見たら(4月5日のレビュー参照)、本作を見たくなりました。あの作品で「クソ」だと唄われた『パールハーバー』のマイケル・ベイが監督しているからです。

DVDを手にとって思ったのは、「面白い、けど・・・」という思いです。

(ここからネタバレ注意!)

2019年の近未来に人間の完全なクローンが出来るという設定そのものに、まず引っかかります。

いま現在も世界のどこかでだれかがクローン技術を高める研究を続けているとしても、にわかに信じがたい科学の進歩の速さです。

そのうえ、途中からユアン・マクレがーとスカーレット・ヨハンソンの主人公二人がクローンだと分かると、感情移入がしにくくなりもします。

本作で展開されているクローン技術がいまのそれの発展系であるならば、無精交配の結果誕生したクローンには、生殖能力はありえません。つまり、この二人のクローンが愛し合ったところで、子供はできず、クローン人間社会はいずれ消滅するだけのものになるのです。

つまり、たとえ二人が結ばれても普通の意味でクローンの二人の未来はありえないのです。

その明日のないクローンが他のクローンを助けるというストーリー展開に、アクション映画としての面白さは感じるものの、感情移入できないのでありました。

もちろん、それが現代科学への痛烈なる批判をこめた結果であるというのならば、すごい発想であると思わないではありません。しかし、そういうメッセージを伝えられている映画のようには見えないのです。

“クローンで儲けようとした奴らは、クローン人間から復讐されても仕方ない”という程度のコンセプトとしか思えないと言い換えましょう。

その意味で、大いに食い足りないアクション映画でした。「クソ映画」だとは申し上げませんが・・・。

++++++++++

画質 (スコープ): A-

メリハリのついた鮮やかな絵です。屋内シーンも屋外シーンも違和感なく見られます。カメラワークの見事さも、見逃せません。CGも極めて少ないようで、好きな画面構成です。

音質 (ドルビー・デジタル5.1ch): A-

奥行きのある透明感というほど鮮度は高くないものの、サラウンドや重低音の使い方はさすが。切迫感が出ています。

英語学習用教材度: B-

アクション映画であるにもかかわらず(?)、英語そのものの質は低くありません。むしろ上品な英語ばかりが使われていると申し上げてよいでしょう。しかも、本編は英語字幕つき。英語学習用テクストとして十分に使えます。

しかし、アクション映画の常で、会話の量が少なすぎます。お洒落な会話もそれほどありません。さらに、頼みの特典映像もたった15分程度。しかも英語字幕なし。

英語学習用教材としてお薦めするのには、少し勇気がいるDVDです。

++++++++++

気になるところを、アト・ランダムに。

☆ユアン・マクレガーの眉間のいぼ。かつての千昌夫を思い出してしまいました。ファンの方、申し訳ありません。

☆スカーレット・ヨハンソン。この間アメリカで最もセクシーな女優に選ばれていましたが、ゴウ先生にはその魅力がいまいち分かりません。『ロスト・イン・トランスレーション』のどこか中性的な若い人妻には唸るものがありました。が、今回の彼女にはマクレガーが引き付けられるものがよく見えないのです。グラマラスなフィジークが魅力的であるのは認めます。しかし、その域を映画が超えてくれません。脚本の弱さのせいだとは思いますが。

☆彼らクローンが来ている白の制服と靴。プーマ製でした。劇中マクレガーがいうほど悪くないと思いましたが、たまには白以外の色の服も着たいのでしょうね。

☆クローン人間製造の責任者をショーン・ビーンが演じています。『フライト・プラン』以来、どうも悪人に見えなくて困ります。この映画でも本当に悪い奴のようには見えません。主役二人と彼に魅力を出させなかった脚本の弱さは、強調しておくべきでしょう。

☆同じく不満をもったのが、ゴウ先生の大好きな黒人巨漢俳優マイケル・クラーク・ダンカンの扱い方。『アルマゲドン』や『グリーンマイル』の熱演を懐かしく思い出しました。彼の身体と声の魅力をもっと存分に活かしてほしかったものです。

☆同じく『アルマゲドン』のメンバー、スティーヴ・ブシェミ。相変わらず歯並びが悪く、何かしてくれそうな気配濃厚でした。でも、それも若干肩透かしでした。

☆『グラディエーター』でラッセル・クロウを助けた黒人戦士ジャイモン・フンスーが、警官役で登場します。しかし、彼の存在もどこかステレオタイプ的使われ方で、ゴウ先生は不満です。『イン・アメリカ/三つの小さな願いごと』の方がはるかにベターです。

☆というわけで、俳優の使い方に不満の残る本作、やはり注目は実写で撮ったというアクション・シーンの数々。特に、カーチェイスの迫力は、腐ってもマイケル・ベイという感じでした。

++++++++++

辛口のコメントが多くなってしまったレビューですが、あれこれ細かいことを気にしなければ、十分に楽しめる映画ではあります。

まずは、レンタルでどうぞ。
| 外国映画(ア行) | 13:08 | comments(2) | trackbacks(15) |
コメント
こんばんは!TBありがとうございました!
最初のSFシーンでは、どうなることかと思いましたが、
アクション映画になってからは、楽しめました。
やっぱりこれ、アクション映画?
ぁ、クローンっていうテーマも、ありましたね、、、
またよろしくお願いしますね。
| 猫姫少佐現品限り | 2006/04/12 12:20 AM |
TBありがとうございます!

私はアメリカのDVDなどで、日本語字幕なしで見ることが多いのでこちらのサイトはとても参考になります♪
アイランドはわかりづらい英語はそんなになかったと思います。確かにしゃれた会話などはありませんでしたが、相変わらずブシェミの英語が聞き取りづらいです・・・早口だし。

個人的には、スカーレットのしゃがれ声がセクシーで好きです。まだ若いのに、貫禄を感じさせますよねー。

これからも宜しくお願いします。
| maimai | 2006/04/16 1:32 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/455256
トラックバック
『アイランド』(2005)
2019年、大気汚染から守られた都市で単調で退屈な日々を送っている人々の夢は、抽選で選ばれて、地上に残された最後の楽園”アイランド”へ行くことだった。しかし実は彼らは、クライアントに臓器を提供するためだけに生かされているクローンだったのだ。そのことに気づ
| 【徒然なるままに・・・】 by Excalibur | 2006/04/11 8:56 PM |
アイランド (The Island)
監督 マイケル・ベイ 主演 ユアン・マクレガー 2005年 アメリカ映画 136分 アクション 採点★★ どんなに高級な素材を使おうが、ファーストフードを作ってしまう男、マイケル・ベイ。マク○ナルドのハンバーガーにとやかく文句を言っても大人気ないと思うので、出来る
| Subterranean サブタレイニアン | 2006/04/11 9:02 PM |
アイランド
アイランドTHE ISLAND 2005年 アメリカ 映像が綺麗でストーリーも面白かった。未来的な感じが「マイノリティリポート」っぽかった。 でも必要以上にカーチェイスが多いのはどう
| cinema note+ | 2006/04/11 11:55 PM |
アイランド 今年の232本目
アイランド いやぁ、おもしろかった。 うちの姉君、最近、少し良くなってきたのですが、まだ安静生活。で、アイランド見たいから、借りてこい!と、、、新作だから、全部貸し出し中yo。といっても、誰かが返しに来るまで、そこで待っていろ!と、、、 最初の近未来的
| 猫姫じゃ | 2006/04/12 12:15 AM |
映画鑑賞感想文『アイランド』
さるおです。 『THE ISLAND/アイランド』を観たよ。 監督は『BAD BOYS/バッド・ボーイズ』シリーズ、『ARMAGEDDON/アルマゲドン』『PEARL HARBOR/パール・ハーバー』『THE TEXAS CHAINSAW MASSACRE/テキサス・チェーンソー』など効率よくヒットを生み出すマイケル・ベイ
| さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー | 2006/04/12 12:22 AM |
アイランド
「アルマゲドン」「パール・ハーバー」のマイケル・ベイ監督 主演はユアン・マクレガーです     アイランド ストーリーは・・・劇場公開時にも各方面で紹介されてましたね お金持ちが出資して 自分のクローン人間を作り 病気になったときにクロー
| そこで馬が走るかぎり | 2006/04/12 7:28 AM |
アイランド
うん、普通におもしろかったです。 オビワンケノービならぬユアンと、この女優は初めてかな?のスカーレット・ヨハンソン。 なかなかの好演だったのではないでしょうか。
| しーの映画たわごと | 2006/04/12 8:53 AM |
予告編はネタばらしすぎ◆『アイランド』
7月19日(火)試写会(TOHOシネマズ木曽川)にて この作品って、予告編を観ると思い切りネタをばらしちゃっているんだけど、それって知らない方が絶対に映画を楽しめると思うので、私は予告編で触れているネタばれには触れずに書こうと思っている。 とある施設で働く
| 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 | 2006/04/12 11:08 AM |
アイランド
SFアクション映画。 まぁまぁ面白い。 何も考えなければ。マイケル・ベイ監督としてはいいほうだと思う (ぉぃw   地球は汚染されてしまった。生き残った人々はシェルターのような管理都市で何もかも管理されて暮らしている。不自由は無いけれど、退屈
| 色即是空日記+α | 2006/04/12 9:06 PM |
アイランド
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ あんまりユアンのこと好きじゃなかったんだけどね。この作品でちょーっとだけ好きになりかけた・・・(笑)
| カリスマ映画論 | 2006/04/15 1:27 PM |
アイランド【Island】
良くも悪くもマイケル・ベイ 主演がユアンとスカーレット・ヨハンソン♪しかもSF、面白そう!でも、、、、監督はマイケル・ベイでしょー。というわけで映画館で見そびれた作品。こないだDVDにて鑑賞。感想は・・・・・普通でしたね。マイケル・ベイにしては良か
| maimai's cinema land | 2006/04/16 1:28 PM |
映画『アイランド』
原題:The Island (2005年製作) ユアン・マクレガー特集、SFでシリアスなクローンと臓器売買がテーマなのに、スリリングでゲーム感覚なアクション満載、ユアンが本領を発揮する・・ 自分がクローンであることを知らない人々、地下都市に隔離され臓器提供
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/08/04 1:10 AM |
<アイランド> 
2005年 アメリカ 137分 原題 The Island 監督 マイケル・ベイ 原案 キャスピン・トレッドウェル=オーウェン 脚本 キャスピン・トレッドウェル=オーウェン    アレックス・カーツマン  ロベルト・オーチー 撮影 マウロ・フィオーレ 音楽 スティー
| 楽蜻庵別館 | 2006/08/27 2:29 PM |
『アイランド』と隠れて飲むお酒
ちょっと前に話題になった映画ですね。 ユアン・マクレガーとスカーレット・ヨハンソンの 共演ですね。 でも今回が初見でした。 斬新と言えば斬新だったのではないでしょうか。。。 ストーリーは、ですが。 クローン人間がたくさんいます。 その人たち
| 映画とお酒と・・・エトセトラ | 2006/09/10 7:09 PM |
アイランド
「アイランド」という映画をみました。 ワーナー・ホーム・ビデオ アイランド  舞台は2019年。大気汚染が進んだ結果地球上は人が住めない世界になっていました。主人公のリンカーンは、そんな有毒ガスに侵された世界から救い出され、衣食住を完璧に
| シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記 | 2006/12/07 2:35 PM |