CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 気になる英語表現: 日銀、量的緩和解除 | main | 侠客列伝 >>
力道山
力道山 デラックス・コレクターズ・エディション
力道山 デラックス・コレクターズ・エディション
2006年3月4日日本公開

ゴウ先生ランキング: A-

2006年3月8日10時00分からの回
テアトル新宿

公式サイト: http://www.sonypictures.jp/movies/rikidozan/index.html
★期待にたがわぬ出来

韓流ブームからはずっと距離を置いてきたゴウ先生、好きなテーマや監督や俳優を頼りに年に数本ずつ韓国映画を見ています。

そして、絶対に見たいと思っていたのが、この『力道山』。『シルミド』のソル・ギョングが、ロバート・デ・ニーロばりに体重を28圓眩やして演じたという噂を聞いて、ずっと胸が騒ぎ続けていたのです。

しかも、韓国では2004年12月には公開されていたのに、あまり評判に登った気配もなく、ゴウ先生、やきもきしていたのでした。

そして、見て、ゴウ先生、映画としての完成度の高さに脱帽しました。素晴らしい!

テアトル新宿では、毎週水曜男性も1000円で見られますが、それでは申し訳ないくらいです。ぜひご覧になっていただきたいと思います。

★フィクションを織り交ぜることでリアリティが高まった

北朝鮮生まれの力道山。本名・金信洛。にもかかわらず、日本人として日本人の期待を背負って生きていかねばなりませんでした。その男の苦しみ・切なさを、積極的に虚構を織り交ぜることで、より観客にはっきりと伝えることに成功しています。

その意味で、力道山が相撲界を飛び出して「プロレスリング」(劇中、ソル力道山は、「プロレス」ではなくこの言葉を使います)の世界に入るまでの前半は、多分に作られた話だと思います。

しかし、だからこそ、力道山の哀しみが伝わってくるのです。しかも名場面ばかりです。

たとえば、戦時中力道山が大根をかじりながら道を歩いている場面。彼の横を後の妻・綾(中谷美紀)が人力車に乗って通りかかります。そこへ突然の空襲警報。力道山は綾の手を引っ張って近くの防空壕へ駆け込むのです。

そこで交わされる二人の会話。ゴウ先生、そこの場面だけで1000円の元は取れたと思いました。ソルのみならず、中谷の演技も見事です。ゴウ先生にとっては、歴史に残る名場面となりました。

さらに、力道山が菅野武雄講演会会長(藤竜也)に取り入ろうと、逃げ回り、川の中で行進しながら「赤き血潮の予科練の〜」と「若鷲の唄」を歌うシーン。朝鮮人が日本で生きるために見つけた処世術のすべてをそのシーンで描こうという演出の意図が活きています。

そして、ハロルド坂田(武藤敬司)と行う初めてのスパーリング。その後いくつもプロレスリングの試合が登場してきますが、もっとも映像的に美しい場面です。武藤が気持ちの良いように、次から次へとプロレスの技をソルにかけていくのですが、その時ソルが感じている痛みをシェアすることで、観客にはそこが新しい力道山の誕生だと判断できます。

このように、前半の描き方には深みがあります。一方、後半破滅へと向かっていく力道山の描き方には物足りなさが残るのが残念です。菅野からも綾からも見捨てられて、それでも虚勢を張り続けたというのは、やはり通説にそのまま寄りかかってしまい、新鮮味に欠けました。

とはいえ、観終わった後は、ずっしりとした感動に襲われます。現実を超えた映画的快感に包まれるのです。

++++++++++

画質 (シネマスコープ): A-

オープン・セットも、ロケも、スタジオでも、破綻していません。きめ細かい風合いです。こういうオーソドックスな絵、ゴウ先生、大好きです。

もちろん、シネスコですから、評価も上がります。

音質: B

多分ステレオ録音だと思われます。試合のシーンとかで少し物足りなく感じました。DVDが出たら、多分5.1chになるでしょうから、その時を楽しみに待ちたいと思います。

++++++++++

気になったところを、アト・ランダムに。

☆ソル・ギョングで『血と骨』をリメイクしてもらいたい!見るまでは、あの金俊平は前田日明でないとと思っていましたが、ソルならやれます。朝鮮訛りの日本語で、ガンガン暴れまくって欲しいものです。

☆とにかく、この映画はソルに尽きます。彼の深みのある演技力にしばしば目頭を熱くさせられました。特に彼がしゃべる日本語の朝鮮アクセントのあるイントネーション。最高です。

ゴウ先生は、力道山の日本語がどれほどのものだったか、聞いたことはあるとは思うのですが、思い出せません。しかし、ソルの日本語を聞いていると、きっと力道山はああだったのだと思えてしまうのです。おそらく、本人の日本語はもっと流暢だったと思います。しかし、ソルのそれの方がよほどリアリティに迫っているのです。

☆さらに、日本語の歌が上手いのには、驚かされました。「若鷲の唄」の他に「王将」を唄いますが、これが実に味のある歌なのです。しっかりワン・コーラス流れますが、だれません。すばらしい。

☆「朝鮮では、笑ってばかりいた。しかし、日本人は笑うなと殴った。だから、笑うために成功したい」

重たい言葉ですが、この言葉はどこか上滑りしたように思います。言わなくても、ソルの体からそのことが発散されていたように思うのです。

☆その一つの場面が、朝鮮人の友人の焼肉屋で力道山が2度食事を取るシーン。そこは朝鮮語でソルが語ります。ガツガツと焼肉を頬張る力道山のちょっと下品な食べ方と荒んだ内容の朝鮮語の会話の雰囲気がピッタリで、何とも言えない緊張感が画面に走ります。食事するだけでこれだけのムードを醸し出せるソルに、よけいなセリフは不要でした。

☆中谷美紀。『電車男』を見ていないもので、『壬生義士伝』以来の対面となりました。大好きな女優さんです。なぜ好きかといえば、彼女の発する声と日本語のイントネーションの美しさに惹かれるからです。

だからこそ、後半、痛ましくて痛ましくて。渾身の役作りでした。もっと活躍してほしい映画女優です。でも、ゴウ先生に言わせると、痩せすぎです。ふっくらとしたらよいにの・・・。

☆武藤はよかったです。橋本真也を始めとして、現役プロレスラーが協力していましたが、彼がピカイチでした。さすが、元映画俳優!

☆さらに、戦中・戦後の日本を再現したオープン・セットとCG。ほとんど違和感なく、韓国人監督が作ったとは思えませんでした。

++++++++++

昨今の風潮からして、ひょっとしたら、声高に反日気運を煽るような描き方になっているのかと恐れていたら、そうではありませんでした。政治のレベルにはない冷静な交流が、民間芸術レベルにはあるということです。

ともあれ、政治的メッセージを抜きにして、文句なく楽しめ、そして観終わると何がしかの思いが込み上げてくる作品です。

どなたにもお薦めします。

力道山 プロレス
力道山 プロレス
| 外国映画(ラ行) | 17:13 | comments(5) | trackbacks(32) |
コメント
韓日映画人の気骨を感じる力作でした。
ソル・ギョングは勿論、日本の俳優の受けの演技も素晴らしいものでした。
中盤の脚本がややとっ散らかってるのがもったいないですが、全体に満足感の高い映画でした。
| ノラネコ | 2006/03/11 6:47 PM |
TBどうもです。

笑う・・については感慨深かったです。
| たいむ | 2006/03/11 8:01 PM |
こんにちは。
TBありがとうございました。
なんとも印象的だったのは力道山が力士の下済み時代に頭角を現すために仕組んだ事件のクダリです。
やるなぁ!と力道山を一気に好きになりました。
| sabunori | 2006/03/12 12:34 AM |
こんばんは\(^o^)/
トラックバックありがとうございます。m(__)m
力道山の私の知らなかった部分をたくさん観させていただきました。今でも、異国の地で成功するというのは大変なことだと思いますが、あの当時は今以上に大変だったと思います。
| たやけん | 2006/03/12 12:58 AM |
こんにちは!!

ゴウ先生、この映画はホントに観て良かったと思わせてくれる映画でした。というか、日本人なら観ないといけない映画だと思いました。

”パッチギ”もそうですが、過去の朝鮮と日本の関係…
考えさせられますよね…

そして、力道山には感謝しても感謝しきれないような気がします。今の日本があるのは、力道山のおかげといっても過言ではないと思いました。
| ゆきえ | 2006/03/12 1:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
力道山 国際映画祭
力道山 上映時間 2時29分  監督 ソン・ヘソン 出演 ソル・ギョング 中谷美紀 藤達也 萩原聖人 橋本真也 評価 6点(10点満点)  クロージングなのでセレモニーに相応しい服装で来いとのことだが、気にしない気にしない。席が12列目で前の前からは
| メルブロ | 2006/03/11 6:11 PM |
力道山/ソル・ギョング、中谷美紀、藤竜也、萩原聖人、橋本慎也
いよいよ一般公開ということで、追記してあげておきます。 映画の好みは人それぞれだとは思いますが、私が体感したあのスタンディングオベーションの感動に偽りはなかったと思います。それだけはハッキリと断言できます。これはプロレス映画でもヒーロー映画でもなく、
| カノンな日々 | 2006/03/11 6:17 PM |
力道山・・・・・評価額1500円
韓流の影響か、若い女性の姿も結構目立ったが、全体にロビーで待つ観客の年齢層が高いのだ。 「そりゃ力道山だからシニアですよ。力さんだもの、力さん。」 そんな年配の方の声も聞
| ノラネコの呑んで観るシネマ | 2006/03/11 6:36 PM |
力道山(時代のヒーローに破天荒な人生はつきもの)
「力道山」は昭和初期のテレビ放送が始まった頃のヒーロー力道山の生涯を描いた映画である。若干事実と異なる部分はあるものの、当時の時代背景、日本と朝鮮との関係が描かれており、韓国から観た力道山像とも言える作品である。
| オールマイティにコメンテート | 2006/03/11 6:43 PM |
力道山
力道山の真実を描いた映画...と、予告編の印象から想像していたのですが...。 私自身は、力道山をリアルタイムで知っているわけではありません。昭和を振り返るドキュメンタリーなどで、力道山の闘う映像を観たことは、何度もありますが...。その時の印象は
| 日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜 | 2006/03/11 7:20 PM |
「力道山」みた。
当たっちゃったから 予定外の試写会鑑賞。そうでなければ鑑賞予定のなかった作品。そもそも”プロレス”だの”K1”だの格闘技系にはまったく興味なしだもんね。(以下、 ネタバレ有り)私が”力道山”について、知っていること。(1)「力道山」という名
| たいむのひとりごと | 2006/03/11 8:01 PM |
「シリアナ」「力道山」を観る(ネタバレあり)
 昨日は骨太のノンフィクション二編「シリアナ」「力道山」を観てきた。しかし両者の
| ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版) | 2006/03/11 8:49 PM |
力道山
韓国で、日本人キャストの発表があったときから 公開をずっと楽しみにしておりました! なんたって、主要キャストに私の好きな 中谷美紀さんの名前がありましたからねー!(〃▽〃) 幸運にも試写会が当たったので、劇場へ! 「力道山」2006年公開、日韓合作
| きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/ | 2006/03/11 9:01 PM |
「力道山」
「力道山」試写。韓国・日本合作映画。149分ですが、全く長さを感じませんでした。 “力道山”といえば、PlayStation 2のプロレスゲーム「オールスタープロレスリング」で、蝶野正洋、武藤敬司と共によく使い戦いました。リング上から君臨するシーンは神々しく迫力があ
| 試写会帰りに | 2006/03/11 10:27 PM |
「SPIRIT」
「SPIRIT」スピリット試写。「ジェット・リー最後のマーシャル・アーツ作品」という宣伝文句が気になりながら観ました。 ジェット・リーの武術、アクションは、本当に凄かった! 飛んでも、回っても、飛びながら回り蹴りしても、体の中心がぶれない。殴られて飛んでいく
| 試写会帰りに | 2006/03/11 10:29 PM |
力道山:ヒーローの抱く孤独と苦悩
★監督:ソン・ヘソン(2004年 韓国・日本作品) 京都シネマにて鑑賞。 ダルデ...
| 「朱雀門」という方法・第2章 | 2006/03/11 10:51 PM |
力道山
期待値:72%  日韓合作映画。 日本勢は中谷美紀、萩原聖人、藤竜也、破壊王・橋本真也など。 力道山
| 週末に!この映画! | 2006/03/11 11:10 PM |
☆力道山☆
成功することで、自分の存在を確かめたかった。 彼がまだ成功していないとき、笑っていると、 ”なぜ貧しい朝鮮人が笑っているんだ!!”と日本人にののしられた… だから、成功して本当に笑えるようになるまで、笑う事と泣く事を封印した。
| 趣味ゆうゆう | 2006/03/11 11:29 PM |
力道山(評価:◎)
【監督】ソン・ヘソン 【出演】ソル・ギョング/中谷美紀/萩原聖人/藤竜也 【公開日】2006/3.4 【製作】韓国・日本 【ストーリー】 1945年。貧困と戦争から逃れる為相撲
| シネマをぶった斬りっ!! | 2006/03/12 12:23 AM |
力道山
劇場にて鑑賞 パンフにて 「日本人がいちばん力道山を知らない」 と見て、 日本人が一番かどうかは別にして 私は力道山のことをほとんど知らない。。。 だって生まれてないし、 名前くらしか聞いたことがない。 私の知ってるプロレスラーはといえば、
| ドリアンいいたい放題 | 2006/03/12 12:26 AM |
力道山
名前はもちろん知っている。 でもプロレスラーで日本人ではなかった・・・ということくらいしか知らない。 そんな程度の認識のまま観た「力道山」。 なんとも濃い39年の人生。 常々思うのだがこの世から差別という意識は決してなくならないだろう。 もしも
| 龍眼日記 Longan Diary | 2006/03/12 12:27 AM |
韓国映画レポート「力道山」(ソル・ギョングさん、中谷美紀さん、萩原聖人さん出演)
最近はあまり観ないのですが、私は以前プロレスが凄く好きだった時期があります。そのため、「力道山」の日本公開を楽しみにしていました。 人気blogランキングへ
| 韓国映画&韓流スターサランヘ | 2006/03/12 12:55 AM |
『力道山』
『ALWAYS 三丁目の夕日』で、ひとつ残念なシーンが。 大勢の人たちが白黒テレビで、プロレスを観戦するシーン。 老若男女を問わず、皆が空手チョップの身振りを。あたかも、自分たちの空手チョップが力道山のそれとシンクロし、白人レスラーの胸板に叩きこまれると、
| ストーリーの潤い(うるおい) | 2006/03/12 1:02 AM |
力道山
前から見たいと思ってて...いずれ日本でも公開するのは分かってるんだけど、やっぱり早く見たくて^^;; ソル・ギョング主演の「力道山」です。
| KAOMEAブログ版 | 2006/03/12 2:13 AM |
力道山(舞台挨拶付き)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  栄光と孤独を背負って疾走した男
| カリスマ映画論 | 2006/03/12 4:22 PM |
力道山(04・韓・日)
「負けてください、あなた、一度だけ負けてください。」 プロレスには全く興味がない。彼が活躍していた時代は生まれてないし、「日本人が一番、力道山を知らない」という予告編を見ても見る気はなかった。しかし、「負けてください」に予告編が変わったとき、突如
| no movie no life | 2006/03/12 5:15 PM |
力道山 Rikidozan
時の崖 頂に立つ 孤独感   月に何度か新幹線の旅があります。お遊びでなく大概がお仕事で東京出張。車内では概ね本を読んでいますが、特に晴れた日は静岡駅を過ぎたあたりから外の景色が気になりだします。やおら立ち上がりトイレへ行く振りをしてデッキへ。そ
| 空想俳人日記 | 2006/03/16 11:24 PM |
映画のご紹介(108) 力道山
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(108) 力道山-力道山は、笑いを忘れた 最強で、しかも、孤独な闘士だった。 昭和を振り返るという写真展を訪れたことがあるが、未舗装の砂利道で集まる子どもたちや木造平屋建て
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/03/18 9:38 AM |
「力道山」ソル・ギョングの役者魂は本物!
この記事は2004年12月23日ソウルで見た時 すぐにブログにソウルから書いたもの。 日本でも公開が始まったので再掲載する。 「力道山」★★★☆ ソル・ギョング、中谷美紀主演 ソン・ヘソン監督、2004年韓国 土曜の深夜、残りひとつの席に滑り込む。 ソル
| soramove | 2006/03/30 7:02 PM |
ソル・ギョング「力道山」 −ポスト「冬ソナ」−そうではなさそう?
ポスト「冬ソナ」:ソル・ギョング「力道山」か?1.希望の星「力道山」 第二次世界大戦に敗れ、沈みきっていた日本人に希望と勇気を与えた「力道山」(本名:金信洛(キム・シルラク)/日本名:百田光浩)は、日本の希望の星のような存在だった気がします。でも力道
| 明日への道しるべ@ジネット別館 | 2006/04/01 8:25 AM |
映画「力道山」 監督がつくりあげた勝って切ないオリジナル力道山物語
タイトル:力道山/韓国 ジャンル:/2004年/149分 映画館:テアトル梅田(60席) 鑑賞日時:2006年3月11日(土),18:55〜 40人 私の満足度:75%  オススメ度:75% ◆序 「日本人が一番力道山のことを知らない」というキャッチコピー。 なんだか「日本人に朝鮮人の気持ち
| もっきぃの映画館でみよう | 2006/04/02 12:36 PM |
力道山 DVD
戦後日本最大のヒーローだった伝説的なプロレスラー・力道山の生涯を 映画化した日韓合同作品。 差別や偏見に苦しみながらもそれをバネにのし上がっていった男の壮絶な生き様と 彼を支え続けた芸者・綾の織り成す物語を鮮やかに映し出しています。 力道山を演じるため
| 噂の情報屋 | 2006/06/24 7:19 PM |
力道山 06年160本目
力道山 2004年 韓国・日本   ソン・へソン 監督ソル・ギョング , 中谷美紀 , 萩原聖人 , 藤竜也故 橋本真也 , 船木誠勝 あと、秋山準 もでていたらしいです。 日本映画じゃなかったんだ、、、 それにしてもソル・ギョング 、元々日本語、少しは出来た
| 猫姫じゃ | 2006/08/28 5:59 PM |
昭和の巨星!偉大なレスラーの伝記/『力道山』主演ソル・ギョング
●力道山 ● ●監督;ソン・へソン ●美術監督;稲垣尚夫 ●出演: ソル・ギョング/中谷美紀/藤竜也/萩原聖人/橋本真也/山本太郎 ●韓国映画 2004年作品  毎週火曜日は市内の“タイムクリップ”のレンタル料金が安い。ついつい何か借りたくなるのだが、夕
| 活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世 | 2006/09/03 4:54 PM |
NO.171「力道山」(韓国・日本/ソン・ヘソン監督)
日本人でも朝鮮人でもない。 「力道山」は世界人であることを望んだのだ。 僕が生まれたのは、1953年である。その年、アメリカ帰りの力道山を中心として、日本プロレス協会が立ち上がった。翌54年、有名な「力道山・井村VSシャープ兄弟」の一戦が、テレビ中継された。
| サーカスな日々 | 2006/09/23 5:33 PM |
力道山
評価:★8点(満点10点) 2004年 149min   監督:ソン・ヘソン 主演:ソル・ギョング 中谷美紀 萩原聖人 鈴木砂羽 【あらすじ】1945年、貧困生活を脱出しようと祖国を離れ、力士になるため単身日本へやってきた力道山だったが、日本人で
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/11/23 10:46 AM |
映画『力道山』
原題:Rikidozan 戦後日本のヒーローの1人、その名は力道山、戦争で疲弊し打ちひしがれた当時、体の大きな白人を空手チョップでなぎ倒し、熱狂のうちに受け入れられる・・ 朝鮮半島の出身の金(ソル・ギョング)は、力道山の四股名で関脇まで昇進するが不当
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2007/02/11 2:33 PM |