CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< リチャード・ニクソン暗殺を企てた男 | main | 気になる英語表現: ディズニーのピクサー買収 >>
ヒトラー 〜最後の12日間〜 
ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション
ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション

ゴウ先生ランキング: A-

早稲田松竹
2006年1月25日(水)9:30からの回
公式サイト: http://www.hitler-movie.jp/index2.html
ずっと見たかった映画です。やっと見ることができました。

ロードショー公開されていた渋谷・新宿の映画館と相性が悪いゴウ先生、早くもっと環境の良い映画館で上映されることを望んでいました。

その後昨年12月に池袋の新文芸座に降りてきた時に絶対見るつもりでいたのですが、スケジュールの調整がつきませんでした。

したがって、今回早稲田松竹で見ることができて大いに満足しています。しかも、昨日このブログで書いた『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』という拾い物とも出会えました。ラッキーです。

そして、この映画、ゴウ先生の中では、2005年にロードショー公開された洋画でナンバーワンの作品となりました。もはや、『ミリオンダラー・ベイビー』も『シンデレラ・マン』も敵いません。

凄い作品です。脳天をぶっ飛ばされます。

邦題を見ると、映画の縦の流れは分かります。1945年4月30日にアドルフ・ヒトラーが、ベルリンの地下要塞で愛人エヴァ・ブラウンと自決(心中?)するに至る12日間をじっくりと描きこんだ作品だからです。

そもそもなぜ12日間であったか。ヒトラーが1989年4月20日に生まれているために、誕生日前日1945年4月19日深夜から映画の大部分が構成されているからです。誕生日からわずか11日で死を選ばねばならなかった国家指導者の哀しみを抉りたかったのでありましょう。

その点、原題が邦題とニュアンスが違うことを承知しておくべきです。原題は、ドイツ語で“Der Untergang”。英題は、“Downfall”と訳されています。すなわち「崩壊」という日本語が一番相応しいタイトルを持つ映画なのです」(この映画の直訳として幅広く使われている「没落」という言葉よりもこちらの方がベターだと思います)。

実際、ヒトラーがどんどん「壊れていく」様が、ブルーノ・ガンツの名演技のおかげで、単なる史実を描いた作品というレベルを超えて、強烈な人間ドラマに仕上がっています。

1989年生まれのヒトラーですから、当時56歳になったばかり。にもかかわらず、ガンツ=ヒトラーは亡霊のようなヨボヨボの老いぼれです。

現代のわれわれは、しゃんとした年齢相応の若き独裁者の威勢の良い映像しか知りません。ゆえに、非常に違和感があります。しかし、やはり人間というもの、あれほどの窮地に追い詰められれば、一挙に老けていくものでしょう。

最後のラジオ演説が1945年1月30日。そこで「ドイツは滅び去らねばならない」という有名な焦土作戦の決意を述べて、ベルリンの地下要塞に籠もります。

それ以降、次第に激しくなるソ連軍の攻撃を耳にしながら、彼は一日が一年に匹敵するほど年を取っていったのではないかと想像するしかありません。

その意味では、彼の肉体的生命もすでにこの段階では終えていたのでしょう。画面は正直に監督の意図を反映しています。

禁酒禁煙のうえ、菜食主義のヒトラー。健康には人一倍気をつけていたはずなのです。しかし、バセドー氏病なのか、左手は常にブルブル震え、彼の頭脳は現状を正確に把握する能力をとうに失っていたのでした。

あまりに悲しすぎる、神になれなかった男の姿です。

しかし、映画の凄さは、ヒトラー個人の「崩壊」だけを描くのではなく、崩壊していく第三帝国の実情を――地下要塞の中とほんの一部のベルリン市街を映し出すだけで――描ききったところにあります。

ベルリン市街がボロボロになっていくのに、大量の死傷者が外にはいるのに、地下要塞の中では毎日毎晩酒盛りの日々。市民を守る意図も飢餓のイメージもまったくありません。軍部がすべての物資を市民から奪い取っていたのが分かります。

他方次々と現れる、緩みきった規律の兵士、SS(ナチス親衛隊)が行うドイツ人の中の裏切り者狩り、地下鉄の駅に非難している市民の空ろさ、地下の野戦病院で日々繰り広げられる手術という名の手足の切断、などなど。眉をひそめずに見られるシーンはどこにもないのです。

それに追い討ちをかける、劇中ガンツ=ヒトラーが数回繰り返す、「市民は滅びたがっている」という言葉。

国を挙げて崩壊へとひた走る恐ろしさが画面からにじみ出てきます。ヒトラーだけが狂っていたのではなく、すべてが狂っていたのです。

「責任をヒトラーだけに押し付けてよいのか?」監督の意図が透けて見えます。

ともあれ、無残な死の連続です。映し出されないソ連軍の恐ろしさよりも、自国人同士が殺しあう不条理さが胸に迫ります。

その不条理の極致として、ゲッペルス夫人が6人の子供に毒薬を服ませるシーンをカメラは延々と追いかけます。可愛い子供たちを「帝国以外で育てたくはない」と言って、母親が殺していくのです。

「狂気」が淡々と展開する様は、観客のすべての胸を締め付けないはずはありません。

人間を知りたければ、戦争を知りたければ、この映画を見るべきです。『シンドラーのリスト』も、『プライベート・ライアン』も、『戦場のピアニスト』も、『スターリングラード』も超えました。

惜しむらくは、戦場シーンが上記の映画を超えておらず、箱庭的なちゃちさが観客を白けさせる恐れがあることです。

(しかし、その手作り感のある戦場シーン。エンドロールにILMやスカイウォーカーランチのクレジットが流れない画面には新鮮さがあったことも事実です。)

救いのない映画の中で、ヒトラーの秘書トラウドゥル・ユンゲ役のアレクサンドラ・マリア・ララの美しさにはホッとさせられます。

「崩壊」の後、明るい春の日差しを浴びて自転車に乗るラスト・シーンは、ドイツ人全員だけでなく、観客全員の願いを表していると思います。

ヒトラーの罪の重さと同時に、その罪を贖いながら生きていかねばならない人間の宿命が描かれています。納得できる演出です。

ただし、ユンゲ本人が出てきて語る場面は必要だったのか。ユダヤ人対策だとは思いますが、『シンドラーのリスト』の最後の場面同様、ゴウ先生は否定的な見解を持っています。

++++++++++

画質(ビスタ): B

室内シーンが多いために、ビスタが採用されたのでしょう。成功しているとは思います。しかし、敢えて申し上げさせてもらえれば、シネスコサイズで見たかった気がします。狭い地下要塞を、短躯のヒトラーが崩れ去る様を横移動を強調した画面で映すと面白かったように思うのです。

音質: B+

サラウンドもまあまあ。そして、サブ・ウーファーの重低音がかなり効いた映画です。相当な迫力があります。Gump Theatreで挑戦してみたくなりました。

++++++++++++

ドイツ人によるドイツ語映画です。自国の歴史を偏見なしに描ききった作品にはアッパレという言葉を送りたいです。

英語を勉強しているビジネスパーソンだから、英語映画以外は見ないというのでは、あまりに狭い了見です。

絶対に一度は見ておくべき映画でしょう。INDECでの上映も決定しました。早くDVDを買わないと・・・。
| 外国映画(ハ行) | 11:05 | comments(5) | trackbacks(31) |
コメント
こんにちは♪
TBありがとうございました。
>自国の歴史を偏見なしに描ききった作品にはアッパレという言葉を送りたいです
その通りだと思います。
ドイツ人役者がドイツ語で喋るヒトラーだからこそ価値がありましたよね。
原作もなかなか良かったです。
| ミチ | 2006/01/26 9:14 PM |
こんばんは、TBありがとうございました。

やはり、ドイツ人役者を使ったドイツ映画であるのが、よかったと思います。
以前見た『アドルフの画集』は、殊更ヒトラーを矮小化してると感じました。
| mugi | 2006/01/26 10:30 PM |
こんにちは!TBありがとうございました!
僕はこの映画の中で、ヒトラーが決してスーパーマンではなく、ただの人間として描かれていたことが印象的でした。
ヒトラーの存在は結局当時のドイツの世相が生んだアイコンだったんだろうな、と思います。
群像劇としても優れた傑作映画でしたね。
| Ken | 2006/01/26 11:03 PM |
TB恐縮です♪
| 別冊編集人 | 2006/01/27 9:17 AM |
皆さん、TBならびにコメントありがとうございました。

>ミチさん

いつもありがとうございます。ご教授いただいた原作、面白そうですね。読んでみます。

>mugiさん

『アドルフの画集』は未見なんです。今度必ず見ます。

>Kenさん

本当に群像劇としてもよくできた映画でした。いまでもドイツ人の役者さんはみんな軍服が板についていて、しっかり演技しているのには驚きます。日本人の役者さんは、どこか少し軍服が似合わなくなってきている感がありますから。

>別冊編集人さん

これからもよろしくお願いします。
| ゴウ先生 | 2006/01/27 12:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/401813
トラックバック
ヒトラー 〜最期の12日間〜
 アドルフ・ヒトラーはユダヤ人だった!という仮説は大好きなのですが、それを想像させるシーンもあった・・・  それはエヴァとの質素な結婚式。「汝はアーリア人か?」と訊かれた瞬間のやりとりで、絶妙の間にゾクゾクしてしまった。実際にはその点を突くようなスト
| ネタバレ映画館 | 2006/01/26 11:52 AM |
アドルフに告ぐ
「ヒトラー〜最期の12日間〜」観ました。 監督は「es」のオリヴァー・ヒルシュビーゲル。 タイトル通りヒトラーとナチスドイツの終焉を 秘書の眼を通して描かれます。 首都ベルリンの地下要塞に潜り、 地図上でしか見ない軍隊に指示を出す。 時に激昂したり、時に人
| 宇宙のめいぐると | 2006/01/26 8:18 PM |
ヒトラー 〜最期の12日間〜
ヒトラー 〜最後の12日間〜 を観た。 1945年4月20日。ソ連軍の砲火が押し寄せるベルリン。ヒトラーとその側近たちは、総統官邸の地下要塞に避難していた。もはや敗戦を疑う者はいな
| 雑記のーと Ver.2 | 2006/01/26 8:42 PM |
ヒトラー 〜最期の12日間〜 (2004) DER UNTERGANG 155分
 1942年、トラウドゥル・ユンゲは数人の候補の中からヒトラー総統の個人秘書に抜擢された。1945年4月20日、ベルリン。第二次大戦は佳境を迎え、ドイツ軍は連合軍に追い詰められつつあった。ヒトラーは身内や側近と共に首相官邸の地下要塞へ潜り、ユンゲもあとに続く。
| 極私的映画論+α | 2006/01/26 8:42 PM |
映画「ヒトラー 最期の12日間」
映画館にて「ヒトラー 最期の12日間」★★★★★ 戦後60年にしてついにドイツが動いた? この映画、どう見ればいいのかとても悩んだ。 ストーリー:1945年4月、ベルリン。ソ連軍が間近に迫ってくる中、首相官邸の地下要塞では側近たちがヒトラーの56歳の
| ミチの雑記帳 | 2006/01/26 9:11 PM |
止まれない暴走の末の狂気 「ヒトラー 最期の12日間」
評価:95点{/fuki_cool/} ヒトラー 最期の12日間 すごい映画を観ました。 戦争映画としては、今年最高傑作だと思います。 「ヒトラー」という非常にデリケートなテーマを色々な部分に気を使いながら、決して悪役過ぎず、決して人間過ぎずに描いた作品です。
| 平気の平左 | 2006/01/26 9:17 PM |
【映画】ヒトラー 〜最期の12日間〜
ドイツでは、あまりのリアルさに社会問題にもなったというの作品。 狂暴で残虐というレッテルを貼られ、戦後は責任を一人かぶせられ、後の首相(だったかな。)には「国民に責任はなくても我々は義務を負っている」(だったかな。)という、まわりくどくて分かり辛いが要
| Eternity Blog | 2006/01/26 9:26 PM |
『ヒトラー〜最期の12日間〜』
『ヒトラー〜最期の12日間〜』公式サイト 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 脚本:ベルント・アイヒンガー 出演:ブルーノ・ガンツ 、アレクサンドラ・マリア・ラーラ 、    ユリアーネ・ケーラー 、トーマス・クレッチマン 、    コリンナ・ハル
| Rabiovsky計画 | 2006/01/26 9:27 PM |
「ヒトラー〜最期の12日間〜」
日曜に行ったのが間違いだったか、初回から最後までずっと満席でしたね。ついでに隣の「皇帝ペンギン」も。本当は2作とも見たかったんだけど、3時間待って、こちらだけ鑑賞してきました。 ヒトラーの女性秘書ユンゲの視線で、たんたんと客観的に描いている。それがな
| the borderland | 2006/01/26 9:58 PM |
「ヒトラー ~最後の12日間~」
東京国際フォーラムホールD1「ヒトラー ~最後の12日間~」試写会。オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督がインタビューで「ヒトラーを人間的に描くというタブーに挑戦した。しかもドイツ人の自分が」という様な事を話していた。 主演のブルーノ・ガンツも「この役を引き受け
| 試写会帰りに | 2006/01/26 10:14 PM |
ヒトラー 〜最後の12日間〜
製作/2004年  ドイツ 監督/オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演/ブルーノ・ガンツ  アレクサンドラ・マリア・ララ  コリンナ・ハルフォーフ 77点 史上最も有名な独裁者アドルフ・ヒトラー。 彼の人間性を描くことはタブーなのだろうか、と ずっと思ってい
| 映画にKISS☆ (おはなとぱーこ) | 2006/01/26 10:18 PM |
ヒトラー 最後の12日間 2004年【独】
 「偉人英雄も使用人から見れば、タダの人」という言葉がある。タダの人が見たのでタダの人になるのだと皮肉ったのは作家・塩野七生氏だが、女性秘書から すればヒトラーは“理想の上司”を絵に描いたような人物だった。秘書採用の面接時、国家最高権力者の前で緊張し
| トーキング・マイノリティ | 2006/01/26 10:24 PM |
【映画】ヒトラー 〜最期の12日間〜
2004年ドイツ監督)オリヴァー・ヒルシュビーゲル出演)ブルーノ・ガンツ アレクサンドラ・マリア・ララ満足度)★★★★ (満点は★5つです)シネマ・ライズにて -----あらすじ-----第2次大戦末期。西進してきたソ連軍の猛攻に会い、ドイツ第三帝国の崩壊は目
| セルロイドの英雄 | 2006/01/26 10:35 PM |
ヒトラー 最期の12日間
Der Untergang 2004年 ドイツ ヒトラーが自殺を図る日までそばにいた女性秘書。彼女がみたヒトラーとは? 謎に包まれたヒトラーの死。ヒトラーの自殺説は嘘で、本当は密かに生き
| cinema note+ | 2006/01/26 10:54 PM |
ヒトラー〜最期の12日間〜 [美化してないよ、未来を良くしたいんだよ]
**********ストーリー************ ベルリンで天使業を営んでいたブルーノ・ガンツさんは、ある時、人間の女性に恋をしてしまいました。刑事コロンボの励ましなどもあって、天使をやめて人間になることを彼は決意したのです。 そして・・・目覚めると、そこは鍵十字がい
| 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ | 2006/01/26 11:21 PM |
ヒトラー〜最期の12日間〜
「ヒトラー〜最期の12日間〜」★★★★ (盛岡フォーラム3)
| いつか深夜特急に乗って | 2006/01/27 9:26 PM |
ヒトラー 〜最期の12日間〜
アドルフ・ヒトラーが地下で過ごした最期の12日間を、当時の個人秘書が綴った回顧録を元に描いた衝撃の問題作。ソ連軍の猛攻により日毎に悪化する戦況。そんな極限状態の中、地下要塞のヒトラーはある重大な“決断”を下すことに。   ヒトラーというのはとても
| 色即是空日記+α | 2006/01/27 9:27 PM |
ヒトラー〜最後の12日間〜
選挙結果に暗澹とした思いに落ち込んだ後で、この映画を観ると空恐ろしさが倍増する。 今年6月、新国立劇場で上演されたベルリナー・アンサンブルの『アウトゥロ・ウイの興隆』(ブレヒト作)は、抑止可能なヒトラーの暴走を阻止できなかった国民を含む当時の状況を、
| ようこそ劇場へ! | 2006/01/27 11:55 PM |
殺人鬼ヒトラーの内面を描く◆『ヒトラー 〜最期の12日間〜』
8月11日(木)名演小劇場にて 2004年2月に、私は『アドルフの画集』という映画を観た。独裁者になる前の青年時代のアドルフ・ヒトラーは絵を描くことが好きで、ある画商との出会いによって一時は画家を目指すのだが、次第に政治運動に傾倒して行った…というストー
| 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 | 2006/01/28 4:36 AM |
映画『ヒトラー最期の12日間』(Der Untergang)感想B面
以前にも掲示板で話題になりましたが。 過日、アントニー・ビーヴァーというイギリスの軍事史家が、ベルリン最終戦についての超力作ドキュメンタリー作品『ベルリン陥落1945』を発表して大いに評判となりました。単なる事件の記録にとどまらず、この戦場における
| ~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録 | 2006/01/28 4:35 PM |
ヒトラー 〜最後の12日間〜
市原悦子主演「家政婦は見た!」ではなく、 「女性秘書は見た!ヒトラーの真の姿を!!」 映画の日、夜の部。この日4本目で最終。 「ロボッツ」、「ポケモン」の2本のアニメと、オバカ人形劇「チーム★アメリカ」を鑑賞後の歴史映画。 茶化したような書き出
| ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! | 2006/01/28 4:44 PM |
「ヒトラー 〜最期の12日間〜」
 ヒトラー ~最期の12日間~ スペシャル・エディション 「ヒトラー 〜最期の12日間〜」 ★★★☆ DOWNFALL、DER UNTERGANG (2004年ドイツ/イタリア) 監督:オリヴァー・ヒルシュビー
| NUMB | 2006/01/29 12:16 AM |
■ヒトラー ~最後の12日間~
ヒトラー(ブルーノ・ガンツ)に気に入られ、個人秘書の職を得たトラウドゥル・ユンゲ(アレクサンドラ・マリア・ララ)。彼女が秘書として働きはじめて2年半が経った時、第2次世界大戦のヨーロッパ戦線は大詰めを迎えソ連軍の砲火が迫っていた。そこでヒトラーは
| ルーピーQの活動日記 | 2006/01/29 2:07 AM |
ヒトラー~最期の12日間~
ヒトラーと聞いて観よう観ようと思いつつ、公開終了間際になってたので本日観て来ました。 結論から言うとものすごくしっかり作られてる映画だなぁと。 見ごたえばっちり。 今年映画館で見た映画で間違いなくベスト1。(10本くらいしか見てないけどね・・・) 「妖怪大戦
| 風の吹くまま 気の向くままに ~ blow with the wind ~ | 2006/02/22 9:52 PM |
ヒトラー ~最期の12日間~(Der Untergang)
監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル 主演 ブルーノ・ガンツ 2004年 ドイツ/イタリア映画 155分 ドラマ 採点★★★★ “理想”を貫き通すには、多くの犠牲が払われる。やがて“理想”は“妄想”へと成り代わり、人々を巻き込み、正常な判断すら出来なくなり、さらに多
| Subterranean サブタレイニアン | 2006/02/24 5:39 PM |
ヒトラー 〜最期の12日間〜
ヒトラー 〜最期の12日間〜2004年 ドイツ監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル出演:ブルーノ・ガンツ , アレクサンドラ・マリア・ラーラ , ユリアーネ・ケーラー , トーマス・クレッチマンStoryアドルフ・ヒトラーが地下で過ごした最期
| しーの映画たわごと | 2006/03/01 8:37 PM |
「ヒトラー 〜最期の12日間〜」
05年公開作で見逃しちゃってた作品。 なかなか評価が高いみたい・・・でも、 ひらりん、戦争モノにがてなんだよなーーーー・・・ といいつつ、最近結構戦争がらみの映画見ちゃってるけど・・・。
| ひらりん的映画ブログ | 2006/03/08 12:59 AM |
映画のご紹介(113) ヒトラー 最期の12日間(2005年)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(113) ヒトラー〜最期の12日間〜(2005年)-戦争って、本当は 誰が責任を負うのか? 3月中旬以降、映画館で上映している映画にあまり興味を引かれるものが
| ヒューマン=ブラック・ボックス | 2006/04/01 1:05 PM |
ヒトラー 最期の12日間
評価:★5点(満点10点) 2004年 155min 監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル 主演:ブルーノ・ガンツ アレクサンドラ・マリア・ラーラ    コリアーネ・ケーラー 【あらすじ】 1942年ドイツ総統本部、ヒトラーの秘書に抜擢されたメンフィス出
| Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) | 2006/10/04 2:54 PM |
ヒトラー 最期の12日間
ドキュメンタリーを観ているような見応え!
| Akira's VOICE | 2006/11/16 4:40 PM |
映画『ヒトラー 〜最期の12日間〜』
原題:Der Untergang 1945年5月7日、第3帝国は終焉を迎える。ドイツ・ナチス総統ヒトラーが4月20日に地下要塞に籠もり自殺するまでの最後の12日間の悲劇の物語・・ この映画、歴史家ヨアヒム・フェストの「ダウンフォール」と、ヒトラーの秘書ト
| 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜 | 2006/11/23 2:44 AM |