CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 斉藤一人『変な人の書いた成功法則』 | main | 気になる英語: ホリエモン逮捕 >>
ライフ・アクアティック (DVD)
ライフ・アクアティック
ライフ・アクアティック

ゴウ先生ランキング: B+

公式サイト: http://www.movies.co.jp/lifeaquatic/
ビル・マーレイという役者は、得体が知れません。極端な言い方をすれば、いい人なのか悪い人なのかよく分からないのです。

古くは『ゴーストバスターズ』から『ロスト・イン・トランスレーション』、そして本作に至るまで、イメージというか「人間性」(?)が摑めない俳優さんなのです。

その得体の知れないマーレイが、かのクストー船長のような海洋探検家を演じる脱力系コメディが、『ライフ・アクアティック』(直訳すれば、水中生活)であります。

何せマーレイを含めた出演者が凄い!本作を監督したウェス・アンダーソンの作品はこれまで一本も見ていないのですが、見らねばなるまいという気にさせます。

アンジェリカ・ヒューストン、オーウェン・ウィルソン、ケイト・ブランシェット、ウィレム・デフォー、ジェフ・ゴールドブラッド、などなど。

キャストに惹かれて見始めたものの、20分も経たないうちに映画そのものに惹かれるようになりました。

ゲラゲラとは笑えないけれど、クスクス笑えて、しかもずっしりと考えさせるものがある。こういうタイプのコメディ、ゴウ先生、大好きです。

ストーリーをここで書くのは野暮でしょう。公式サイトで軽く確認して、本作を見てください。ここでは、ゴウ先生の注目ポイントをアト・ランダムに書き記します。

☆名前がヘン!

マーレイの役名がSteve Zissou!というわけで、彼が率いる海洋探検チームは、Team Zissouと呼ばれます。「ズィスー」なんて、どこ系の白人なのでしょう?

☆チーム・ズィスーのユニフォームが欲しい!

このチームは、赤のニットキャップと、水色の作業服、それに特注のアディダスのスニーカーが制服となっています。何か馬鹿馬鹿しくて気になって仕方ありません。その中でも特に、スニーカー。箱込みで欲しいです。

☆ベラフォンテ号の断面撮影が楽しい!

チーム・スィスーの母船が、ベラフォンテ号。オンボロの船ですが、映画の中では、それが舞台劇のように縦に輪切りされた大型セットで撮影されている部分があって、その断面を見ているだけで楽しくなります。特にマーレイがウィルソンと一緒に船底からデッキまで登るシーンなど、ワクワクしてくるほどです。

☆ヒューストンの肌のたるみとセクシーな声の対比が艶かしい!

マーレイの妻役のアンジェリカ・ヒューストン。『アダムズ・ファミリー』の怪演を思い出させる役です。もともと怖い顔が、年取って弛みかけてきてさらに怖さが増してきています。にもかかわらず、それを裏切るような可愛らしい声がたまりません。

☆ケイト・ブランシェットのマヌケぶりが嬉しい!

不倫の挙句妊娠してしまった女性記者役のブランシェット。ストーリーが展開していくと、彼女の「強い」イメージがどこかずれていきます。撮影時に実際に妊娠していたという彼女の軽く膨らんだお腹がほっとさせる効果を挙げています。

☆ギター一本で唄われるスペイン語の曲が最高!

いい歌だなあと思っていたら、すべてディビッド・ボウイのヒット・ソングだとか。ボサノバっぽくアレンジされて、スペイン語の歌詞を使ってガット・ギター一本で唄われると、ボウイのファンでもないゴウ先生でも感動してしまいます。

☆その他

オーウェン・ウィルソンのヒゲが怪しい!
『プラトーン』でのイメージが拭えないウィレム・デフォーに、あのトホホ演技が出来るとは!
やっぱりジェフ・ゴールドブラッドは、ゲイっぽい!

++++++++++

画質(シネスコ): 120インチ B+

制作費はそれほどかけていないはずなのですが、安っぽい画面になっていません。巧みな絵作りをしています。

音質(ドルビーデジタル5.1ch): B

映画自体がサラウンド要素をあまり要求しない映画ですが、サラウンド感はかなりあります。まずまずのクリアさを維持してもおり、コメディ映画の水準は十分に超えています。

英語: B+

マーレイの作品ですから、下品な俗語も時に登場しますが、おしなべてきっちりとした英語が使われます。ダイアローグも多いので、十分英語学習用のテクストとして使えることでしょう。

++++++++++

おかしな設定なのに、ストーリーは、冒険活劇。それでいて、人生の曲がり角でミドル・クライシスを感じるマーレイが主人公であるなど、何度も見直せる“立派な”作品になっています。

はまる人とはまらない人とに分かれる映画だと思いますが、ゴウ先生は完全に前者です。

まずは、肩の力を抜いて、無心に見ていただきたい作品です!きっと楽しめるはずですから。
| 外国映画(ラ行) | 10:16 | comments(3) | trackbacks(7) |
コメント
こんばんは。トラバどもです。
アディダスのスニーカーはめっちゃいいですね!
これは私も欲しかったです。

ただ映画自体ははまらなかった方ですね(^^;
| カヌ | 2006/01/28 11:09 PM |
TBありがとうございました。

あのスニーカー、欲しいですよね。売っているといいのに・・・。
| ゴウ先生 | 2006/02/01 12:15 AM |
TBさせていただきました。

独特のゆるい感覚と淡々としたビル・マーレーの演技。
奇妙な印象が残りました。
| タウム | 2007/11/09 4:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/399334
トラックバック
ライフ・アクアティック
「ライフ・アクアティック」★★★★(DVD) 2005年アメ
| いつか深夜特急に乗って | 2006/01/27 9:30 PM |
ライフ・アクアティック@恵比寿ガーデンシネマ
アメリカ映画界の次代を担うウェス・アンダーソン監督にビル・マーレイ、ウィレム・デフォー。男心をくすぐるミニチュア構造と、目を引くカラーコーディネーションに釣られた。 スティーヴ・ジズーは水中ドキュメンタリー監督兼海洋探検家として過去に名を馳せたが、
| ソウウツおかげでFLASHBACK現象 | 2006/01/28 9:58 AM |
「ライフ・アクアティック」
9/11 飯田橋ギンレイホール にて 脱力系コメディーも脱力しきっちゃうと、 どこで笑っていいかも分からなくなってしまうようで…。 監督:ウェス・アンダーソン 出演:ビル・マーレイ、オーウェン・ウィルソン、ケイト・ブランシェット、アンジェリカ・ヒュース
| こだわりの館blog版 | 2006/01/28 12:46 PM |
「ライフ・アクアティック」
最初の10分は、「川口浩が洞くつに入る♪カメラマンと照明さんの後から入る♪」こんなテーマが流れてきそうな(^^;シュールな川口浩探検隊(あるある探検隊とはちゃいますよ〜)といった趣きでした。 かなり好みが分かれそうな作品。 楽天的でユルイです。家族
| the borderland | 2006/01/28 11:03 PM |
「ライフ・アクアティック」
 2004年/アメリカ  監督/ウェス・アンダーソン  出演/ビル・マーレイ      ケイト・ブランシェット      オーウェン・ウィルソン  「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」のウェス・アンダーソン監督の最新作。  主演はビル・マーレイ。共演はオー
| It's a wonderful cinema | 2006/01/28 11:44 PM |
「ライフ・アクアティック」
結構豪華なキャストで・・・ 5月の劇場公開時、思わず恵比寿まで見に行こうかなっ・・と思ってやめた作品。 単館は怪しい・・・かなっ・・って。 原題は「THE LIFE AQUATIC WITH STEVE ZISSOU」。 2005年製作の海洋冒険・ファンタジー+コメディ、118分もの。
| ひらりん的映画ブログ | 2006/01/29 2:52 AM |
ライフ・アクアティック
第141回  長期の闘病の末、永眠されたルーサー・ヴァンドロスの冥福をお祈りいたします。 ★★★★(劇場) 「沈黙の世界」(1956)という映画がある。  ジャック=イヴ・クストーによる海底記録映画で、ドキュメンタリーとして初めてカンヌ映画祭
| まつさんの映画伝道師 | 2006/02/05 6:34 AM |