CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『メン・イン・ブラック:インターナショナル』は、前シリーズを超えるか | main | 『Judy』で、レネー・ゼルウィガーに逢える >>
『デッド・トゥ・ミー 〜さようならの裏に〜』、全話観らねば

 

NetflixオリジナルTVシリーズ『デッド・トゥ・ミー 〜さようならの裏に〜』(2019〜)の配信が昨日5月3日から始まり、早速第1話を観ました。そしたらば、これが面白いではありませんか。眠れない夜が続きそうです。

 

本作はダーク・コメディとなっていますが、第1話を観る限り、サスペンスドラマといいたくなりました。第1シーズンは、10話構成です。

 

 公式サイト:https://www.netflix.com/jp/title/80219707

 

主演・製作総指揮は、『俺たちニュースキャスター』(2004)『俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク』(2013)『お!バカんす家族』(2015)『バッド・ママ』(2016)『ホームメイト!』(2017)のわが愛するクリスティナ・アップルゲイト

 

準主演・製作は、TV『ブラッドライン』シリーズ(2015〜2017)『パパVS新しいパパ』(2015)『パパVS新しいパパ2』(2017)『グリーンブック』(2018)『ラ・ヨローナ 〜泣く女〜』(2019)のリンダ・カーデリーニです。

 

その他、ジェームズ・マースデンマックスウェル・ジェンキンスエド・アズナーが共演しています。

 

企画・製作総指揮・脚本は、TV『NYボンビー・ガール』(2011〜2014)の脚本を書いたリズ・フェルドマンです。

 

その他、製作総指揮に、『エルフ 〜サンタの国からやってきた〜』(2003)『アダルト♂スクール』(2003)『俺たちニュースキャスター』(2004)『奥さまは魔女』(2005)『プロデューサーズ』(2005)『ペナルティ・パパ』(2005)『主人公は僕だった』(2006)『俺たちフィギュアスケーター』(2007)『俺たちダンクシューター』(2008)『俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-』(2008)『マーシャル博士の恐竜ランド』(2009)『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』(2010)『俺たちサボテン・アミーゴ』(2012)『俺たちスーパー・ポリティシャン めざせ下院議員!』(2012)『俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク』(2013)『パパVS新しいパパ』(2015)『ゲットハード/Get Hard』(2015)『カジノ・ハウス』(2017)『パパVS新しいパパ2』(2017)『俺たちホームズ&ワトソン』(2018)のウィル・フェレル

 

フェレルの盟友でありますから、当然、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)でアカデミー脚色賞を受賞し、同監督賞にノミネートされた、『俺たちニュースキャスター』(2004)『俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-』(2008)『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』(2010)『俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク』(2013)『バイス』(2018)を監督したアダム・マッケイも製作総指揮に参加しています。

 

まだ第1話を観ただけですが、クリスティナ・アップルゲイトが演じるのは、最近夫をひき逃げで亡くして怒りが収まらない息子ふたりを抱えた不動産業者ジェン・ハーディング。リンダ・カーデリーニは、ジュディ・ヘイルという得体のしれない女性を演じます。ジュディも婚約者を最近亡くしたといって、悲しみを癒すための集まりに参加し、知り合いになり、親友としてつきあうのですが、次第にジュディの嘘が明らかになっていきます。

 

Rotten Tomatoesでは、支持率が94%もあるのに、10点満点中5.99点しか取れず、Metacriticでは、100点満点中65点となっていますから、微妙な評価のドラマではあります。

 

でも、いいんです。大好きなクリスティーナ・アップルゲイトとリンダ・カーデリーニが出るのですから、それだけでうれしくなってしまいます。

 

早く観ないといけません。

 

| テレビ | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064261
トラックバック