CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『The Mustang』が、絶対に面白そう | main | 『The Tomorrow Man』に魅かれてしまう >>
ミッション:インポッシブル(UK 4K UHD BD)

 

原題:Mission: Impossible (1996)
上映時間:1:50:13
1996年7月13日 国内劇場初公開
公式サイト:N/A

ゴウ先生総合評価: A-
  画質(2.41:1): A
  音質(Dolby TrueHD 5.1): A
  英語学習用教材度: A

 

7月4日に生まれて』(1989)『ザ・エージェント』(1996)でアカデミー主演男優賞に、『マグノリア』(1999)で同助演男優賞にノミネートされた、次々とメガヒット作に出演し続けるスーパースター、トム・クルーズ主演・製作によるスパイ・サスペンス・アクション『ミッション:インポッシブル』シリーズ(1996〜2018)の第1作。

 

共演は、ジョン・ヴォイトエマニュエル・ベアールヘンリー・ツェーニージャン・レノヴィング・レイムスクリスティン・スコット・トーマスヴァネッサ・レッドグレーヴインゲボルガ・ダクネイトエミリオ・エステヴェス

 

監督は、『キャリー』(1976)『愛のメモリー』(1976)『フューリー』(1978)『殺しのドレス』(1980)『スカーフェイス』(1983)『アンタッチャブル』(1987)『虚栄のかがり火』(1990)『カリートの道』(1993)『スネーク・アイズ』(1998)『ミッション・トゥ・マーズ』(2000)『ブラック・ダリア』(2006)『リダクテッド 真実の価値』(2007)のブライアン・デ・パルマ

 

脚本は、大物3人。まず、トム・クルーズとは『ミッション:インポッシブル』(1996)『宇宙戦争』(2005)『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(2017)で組んでいる、『ジュラシック・パーク』(1993)『カリートの道』(1993)『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』(1997)『スパイダーマン』(2002)『パニック・ルーム』(2002)『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)『オー!マイ・ゴースト』(2008)『天使と悪魔』(2009)『プレミアム・ラッシュ』(2012:監督・脚本)『エージェント:ライアン』(2014)『チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密』(2015:監督)『インフェルノ』(2016)のデヴィッド・コープ

 

チャイナタウン』(1974)でアカデミー脚本賞を受賞し、『シャンプー』(1975)で同賞に、『さらば冬のかもめ』(1973)『グレイストーク -類人猿の王者- ターザンの伝説』(1984)で同脚色賞にノミネートされた、『ボニーとクライド/俺たちに明日はない』(1967)『テキーラ・サンライズ』(1988)『デイズ・オブ・サンダー』(1990)『ザ・ファーム/法律事務所』(1993)『めぐり逢い』(1994)『アルマゲドン』(1998)『M:I-2』(2000)のロバート・タウン

 

シンドラーのリスト』(1993)でアカデミー脚色賞を受賞し、『レナードの朝』(19990)、『マネーボール』(2011)で同賞に、『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002)で同脚本賞にノミネートされた、『ボビー・フィッシャーを探して (1993)『今そこにある危機』1994)『シビル・アクション」 1999)『ハンニバル』(2001)『ブラックホーク・ダウン』(2001)『オール・ザ・キングスメン』(2006)『アメリカン・ギャングスター』(2007)『ドラゴン・タトゥーの女』(2011)『エクソダス:神と王』(2014)のスティーヴン・ザイリアン

 

☆あらすじ

 

舞台は、製作当時のプラハ、ラングレー、ロンドン。

 

イーサン・ハント(トム・クルーズ)は、極秘諜報部隊IMF(Impossible Mission Force:不可能作戦遂行部隊)の若きエースです。

 

リーダーのジム・フェルプス(ジョン・ヴォイト)の下、その妻クレア・フェルプス(エマニュエル・ベアール)、ジャック・ハーモン(エミリオ・エステヴェス)、サラ・デイヴィス(クリスティン・スコット・トーマス)とともに、プラハである作戦に従事していました。

 

その作戦は、プラハのアメリカ大使館からCIAの非公式工作員リスト「ノック(NOC:non-offical cover)」を盗みだそうとしている大使館職員に対するものでした。ところが、その作戦実行中に、イーサン以外はすべて殺されてしまいます。この結果、裏切ったのは、イーサンであるとCIAの担当者ユージーン・キトリッジ(ヘンリー・ツェーニー)は、判断し、イーサンを逮捕しようとします。

 

イーサンは、その濡れ衣を晴らすために、生き残っていたことがわかったクレアとともに、IMFを解雇されたものの凄腕のフランツ・クリーガー((ジャン・レノ)、ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)を仲間にして、ラングレーにあるCIA本部に潜入しNOCリストを盗み出し、それを利用することで、武器商人マックス(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)を利用することで、真犯人を突き止めよう身の潔白を明らかにしようとするのでした……。

 

☆4K UHD BDは、BDとは別もの

 

本作を観るのは、2008年9月8日(月)以来、11年ぶりのことです。そのときは、2008年7月25日リリースされた『M:i ミッション:インポッシブル トリロジーBOX』からのレンタルBlu-ray Discを利用しました。

 

M:i ミッション:インポッシブル トリロジーBOX [Blu-ray]
トム・クルーズ,J.J.エイブラムス
パラマウント ジャパン

 

ところが、このBDボックスの画質・音質が、それはもうひどい代物でした。映像コーデックがMPEG-2で、音声がドルビーデジタル5.1というのですから、DVDよりややましというレベルにとどまっており、とうてい満足できませんでした。

 

しかし、残念ながら、それ以降10年もリマスターされることはなく、この粗悪なBDしか利用できなかったのです。

 

それが、昨夏4K UHD BDがリリースされたことで(日本では2018年7月25日発売)、事情が変わりました。35mmフィルムから直接4Kスキャンして得たデータを4K映像にしたネイティブ4KをHDR10で観られるようになったからです。

 

ミッション:インポッシブル (4K ULTRA HD + Blu-rayセット) [4K ULTRA HD + Blu-ray]
トム・クルーズ
パラマウント

 

これならば、音声もドルビーアトモスを願いたいところでしたが、それはかなえられず、ドルビーTrueHD 5.1となりました。それでも、ドルビーデジタル5.1(640bpm)よりははるかにましです。

 

というわけで、この4K UHD BDで本作を観直してみたいとおもっていたら、本作から『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)までのシリーズ全6作の4K UHD BDをすべて収めた英盤コレクションが50ポンドという最安値で英アマゾンで販売されていたため、18日(月)に注文したら、それが昨日届いたため、早速観ることにしたのでした。

 

結論からいえば、まったくの別ものでした。

 

映像の変化は、たとえ2Kプロジェクターで、HDR10の恩恵もなく、2K映像として見ても、圧倒的な違いです。比較するために、同梱されている従来のBDの画質もチェックしたのですが、その酷さを改めて痛感した結果に終わりました。4K UHD BDの画質を「A」(現代最新BDの標準画質)だとすれば、BDの画質は解像度が低く、締まらない絵です。よくて「A-/B+」、心情的には「B+」に落としたくなります。

 

音声も、4K UHD BDが「A」の迫力をもつとすれば、BDにはよくて「B+」の感慨しかもてません。音にパワーがみなぎっているうえ、見事なサラウンド効果です。アクション映画のツボを押さえた音響設計であり、それをしっかりと家庭劇場で再現できるのですから、うれしくなります。

 

この画質・音質の大幅向上により、本作の面白さを再認識できたのも僥倖でした。若きトム・クルーズの演技はオーバーアクション気味で、大根演技ではあるのですが、そのアクションのキレがすばらしく、オリジナルの『スパイ大作戦』が与えてくれた知的満足感に不足する脚本・演出の弱さを補っていることがわかります。

 

やはり映画は、脚本・演出だけではなく、役者の存在感・絵・音を含めた総合芸術であることを痛感させられたのでした。

 

内容: B+


++++++++++


画質(2.41:1): A
 

Gump TheatreにてOppo UDP-203から1080・24p信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層66GB。コーデックは、HEVC / H.265。HDR10。伝送レートは、2 Mbpsから114 Mbps。

 

撮影は、『ホッファ』(1992)でアカデミー撮影賞にノミネートされた、デ・パルマとは『ボディ・ダブル』(1984)『アンタッチャブル』(1987)、『カジュアリティーズ』(1989)、『レイジング・ケイン』(1992)『スネーク・アイズ』(1998)、『ミッション・トゥ・マーズ』(2000)の7本で組んだ、『アウトサイダー』(1983)『ランブルフィッシュ』(1983)『セント・エルモス・ファイアー』(1985)『ローズ家の戦争』(1989)『ホッファ』(1992)のスティーヴン・H・ブラム

 

機材は、パナビジョン・パナフレックス・プラチナ35mmフィルム・カメラを使用。オリジナル・アスペクト比は、2.39:1。

 

グレインが大量に残されたフィルムルックな画調です。昨今のデジタル画質とは、まったく異なります。しかし、そのこと自体が、フィルム映像を愛する人間には好ましくおもわれてしまうのです。しかも、細部をえぐり出すほどではないものの、解像度も高いので、満足度が高まります。4Kプロジェクターで観たら、さらに満足度は高まるはずです。


色温度は、場面によって変更されていますが、基本はややオレンジ系が支配する低温度。BDでくすんでいた部分が、かなりすっきりしていて、見やすくなっています。発色もパワフルというほどではありませんが、かなり濃厚です。肌の質感にも、ほとんど違和感を覚えません。

 

暗部情報量も、かなりのもの。黒がよく沈み、コントラストもかなりの高さなので、暗いシーンが多い作品ですが、見づらさはほとんどありません。

 

120インチの大画面の近接視聴も、問題なしです。

 

音質(Dolby TrueHD 5.1​): A

 

Oppo UDP-203からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス24デシベル。

 

BDと比べて、絵の変化も凄いものでしたが、音の変化もそれに劣りません。

 

とにかく、音のエッジがきっちりとしていて、透明度が高いクリアでクリスピーな音であるにもかかわらず、ヒステリックになることはなく、マイナス24デシベルという大音量でもうるさく感じません。

 

そのS/N比のよさに、左右前後に音を散りばめた5.1チャンネルのスピーカー・リンケージのよさが重なり、しかも、ギミックともいえるほど音を振り回すサウンド・デザインに、サラウンド・ジャンキーはうれしくなってしまいます。

 

ダニー・エルフマンが編曲したラロ・シフリンのテーマ曲も、TVシリーズを彷彿とさせながら、最新の音響効果を持っていて、古くからのファンを悦ばせてくれたのでした。

 

セリフの抜けも、文句なし。レンジも広く、サ行も滑らかで、発音もとても聴き取りやすいものです。

 

超低音成分は、かなりのもの。部屋によっては調整が必要でしょう。

 

英語学習用教材度: A
 

日本・英語字幕ならびに日本語吹替えつき。

 

セリフ量は、多め。ですが、俗語・卑語は多くはありません。F-wordも、S-wordも登場なしです(PG-13指定)。注意さえすれば、テクストとして十分に使えます。

 

英語字幕は、確認した限り、完璧にセリフをフォローしており、勉強しやすいものです。

 

++++++++++

 

気になるところを、アト・ランダムに。

 

☆8000万ドルの製作費で、アメリカで1億8000万ドル、海外で2億7000万ドル、計4億5700万ドルを売り上げたメガヒットを記録しています。

 

特典は、同梱のBDの中に入っていて、従来通りのものです。
  
  偉大なるミッション - 40年間の軌跡 (11'25")
  ミッション:緊迫のスタント (05'09")
  ミッション:我々の中のスパイ (08'40")
  ミッション:列車をとらえろ (02'38")
  ミッション:国際スパイ博物館 (06'30")
  エージェント・ファイル 静止画
  映画での輝き:クルーズ (09'13)
  ジェネレーション:クルーズ (3;36)
  フォト・ギャラリー
  ミッション:マーケティング
    特報(1'06) , 予告編 (1'55) (03'01)
    TV Spots (9 パターン) (03'47)

 

++++++++++

 

2Kディスプレー、2Kプロジェクターしかもっていない人でも、4K UHD BD対応プレーヤーをお持ちなら、十分にその技術的革新を享受することができ、購入する価値のある4K UHD BDだと断言します。特に、シリーズ・ファン、トム・クルーズ・ファンの方には、強くオススメします!

 

| 外国映画(マ行) | 20:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
はじめまして、同作品の購入を検討しております。

4K UHD BDディスクおよびボーナスディスクに
日本語対応しているいるのはどの作品になりますでしょうか?

過去記事から、ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション (2015)
には日本語未対応とのことですが・・・。
ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018)
およびボーナスディスクの方は、日本語対応してますでしょうか?
| sky school | 2019/04/03 9:18 AM |
はじめまして。

4作目までは、4K UHD BDに日本語字幕・日本語吹替えがついています。

ですが、残念なことに、5・6作目には入っていません。BDは6作とも、すべて日本語字幕・日本語吹替えなしです。
| ゴウ先生 | 2019/04/19 6:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064234
トラックバック