CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『魂のゆくえ』は、スペイン盤BDで | main | The Dawn Wall/ドーンウォール(Netflix) >>
日本未公開『Disobedience』は、西盤BDで

 

国内劇場未公開・Blu-ray Disc/DVD未発売・インターネット未配信『Disobedience』(2017)のスペイン盤BDが、12.99ユーロの最安値をつけています。魅力的な女優ふたりが競演している作品です。しかも、日本語字幕・日本語吹替えがつくかもしれません。購入してしまいました。

 

本作は、大人の女性同士の恋愛を描いたナオミ・アルダーマンが2006年に発表した同名小説を映画化したアイルランド・米国・英国合作の人間ドラマです。

 

Disobedience: From the author of The Power, winner of the Baileys Women's Prize for Fiction 2017
Penguin

 

監督・脚本は、『ナチュラルウーマン』(2017)でアカデミー外国語映画賞、ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したチリ出身の鬼才セバスティアン・レリオが勤めています。

 

主演は、ふたり。ひとりは、『ナイロビの蜂』(2005)でアカデミー助演女優賞を受賞し、『女王陛下のお気に入り』(2018)で同賞にノミネートされた、『ファウンテン 永遠につづく愛』(2006)『愛情は深い海の如く』(2011)『ロブスター』(2015)『否定と肯定』(2016)『コンプリート・アンノウン 〜私の知らない彼女〜』(2016)『レイチェル』(2017)のレイチェル・ワイズです。

 

もうひとりは、『スポットライト 世紀のスクープ』(2015)でアカデミー助演女優賞にノミネートされた、『きみに読む物語』(2004)『きみがぼくを見つけた日』(2009)『恋とニュースのつくり方』(2010)『ミッドナイト・イン・パリ』(2011)『君への誓い』(2012)『アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜』(2013)『サウスポー』(2015)『アロハ』(2015)『ゲーム・ナイト』(2018)のレイチェル・マクアダムス

 

正統的ユダヤ社会において、愛し合ってしまった幼馴染の女性ふたりの運命を描く映画です。原題が“disobedience”(不服従)で、コピー(tagline)が“Love is an act of defiance.”(愛とは、反抗行為である)というところからも、世間の一般通念に挑むWレイチェルの姿が浮き彫りになります。

 

評価は、とてもよいものでした。Rotten Tomatoesでは、支持率88%で、10点満点中7.6点。Metacriticでは、100点満点中74点となっています。とはいえ、興行的には奮いませんでしたので、国内公開は難しいことでしょう。

 

米盤BDも、当然、出ていますが、米アマゾンで22.97ドルもして、送料を入れると3000円以上します。

 

独盤BDも存在して、独アマゾンで8.99ユーロしかしないのですが、日本語字幕・日本語吹替えがつかないのです。4ユーロぐらいの差なら、何とかなるとおもって、西盤にしたのでした。

 

ただし、日本語字幕・日本語吹替えがつくというのも、確かでないといえば確かでありません。Blu-ray.comの当該サイトには仕様がほとんど書かれていないからです。頼みの綱は、Amazon.esの当該サイトの音声蘭に“Japonés”と記してあることです。そのくせ、字幕のほうには“Japonés”はないのですから、当てにならない頼みの綱です。

 

というわけで、よくわからない西盤の仕様ですが、米・独盤を参考に記してみると、こんなものではないかと想像しています。

 

 Region Free
 容量:2層50GB
 映像:1080p/2.40:1/MPEG-4 AVC
 音声:DTS-HD Master Audio 5.1(英・カステラーノ語)
    Dolby Digtal 5.1(日本語?)
 字幕:英・西・オランダ(・日本?)語

 

特典は、どうやら何もつかないようです。これで、日本語字幕・日本語吹替えがついていなかったら、ガッカリですが、ひとつ賭けてみようという気になったという次第です。

 

昨日紹介した『魂のゆくえ』(2018)のBDとあわせて注文し、送料(スタンダード便)込みで33.53ユーロ、4347でした。本BDを1948.50円で購入できたことになります。高いですが、好奇心の強さにはかないません。

 

到着予定は、3月28日。とにもかくにも、日本語字幕・日本語吹替えがつくかどうかに西盤BDの価値はかかっています。

 

| BD購入ガイド | 21:54 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
スペイン版は日本語入りですよ!
| masaki | 2019/03/16 9:21 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064216
トラックバック