CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< イコライザー2(レンタルBD) | main | 『ザ・スクエア 思いやりの聖域』は、英盤BDで >>
ザ・マウンテン 決死のサバイバル21日間(BD)
ザ・マウンテン 決死のサバイバル21日間 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 

原題:The Mountain Between Us (2018)
上映時間:1:51:49
国内劇場未公開
公式サイト:http://www.foxjapan.com/the-mountain-between-us-jp

ゴウ先生総合評価: A-
  画質(2.39:1): A
  音質(DTS-HD Master Audio 7.1): A+/A
  英語学習用教材度: A+/A

 

チャールズ・マーティンが2011年に出版した小説『The Mountain Between Us』を映画化した米国製ドラマ。

 

The Mountain Between Us: Now a major motion picture starring Idris Elba and Kate Winslet (English Edition)
Weidenfeld & Nicolson

 

主演は、『愛を読むひと』(2008)でアカデミー主演女優賞を受賞し、『タイタニック』(1997)『エターナル・サンシャイン』(2004)『リトル・チルドレン』(2006)で同賞に、『いつか晴れた日に』(1995)『アイリス』(2001)『スティーブ・ジョブズ』(2015)で同助演女優賞にノミネートされた、『女と男の観覧車』(2017)のケイト・ウィンスレット

 

もうひとりの主演は、『マンデラ 自由への長い道』(2013)『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(2015)『ダークタワー』(2017)『ダークタワー』(2017)『モリーズ・ゲーム』2017)のイドリス・エルバ

 

その他、ボー・ブリッジスダーモット・マローニーが共演。

 

監督は、『パラダイス・ナウ』(2005)『クーリエ 過去を運ぶ男』(2011)『オマールの壁』(2013)『歌声にのった少年』(2015)のイスラエル出身ハニ・アブ・アサド

 

脚本は、『アバウト・ア・ボーイ』(2002)でアカデミー脚色賞にノミネートされた、『アンツ』(1998)『ナッティ・プロフェッサー2/クランプ家の面々』(2000)『シンデレラ』(2015)『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)の脚本を書き、『ライラの冒険 黄金の羅針盤』(2007)『ニュームーン/トワイライト・サーガ』(2009)『オペレーション・フィナーレ』(2018)の監督をしたクリス・ワイツ、『かけがえのない人 (2014)『アデライン、100年目の恋』(2015)『エブリシング』(2017)のJ・ミルズ・グッドロー

 

☆英語字幕つき国内盤BDで観る

 

ケイト・ウィンスレットイドリス・エルバが大好きな貧乏英語塾長、本作も面白そうだとおもったので、その英盤Blu-ray Discを注文しました。ところが、その直後に1月9日に発売された英語字幕つき国内盤BDを借りられる機会に恵まれ、それならばと借りてみることにしたのでした。

 

すると、20世紀フォックス製BDらしい仕掛けが施してあって、本編も然りながら、後述するその仕掛けに、貧乏英語塾長、大いに悦んだのでした。

 

☆あらすじ

 

主な舞台は、現代のコロラド州山中。

 

アレックス・マーティン(ケイト・ウィンスレット)は、フォトジャーナリスト。ベン・バス(イドリス・エルバ)は、脳神経外科医です。

 

このふたりが、真冬1月、移動のためにアイダホの同じ空港にいました。アレックスは、婚約者マーク(ダーモット・マローニー)との結婚式を翌日に控え、ニューヨーク・シティへ行くためです。他方、ベンはボルチモアで明日10歳の少年の手術をすることになっています。

 

ところが、ふたりが乗ろうとしていたコロラド州デンバー行きの飛行機が天候不良のため欠航となってしまいます。困ったアレックスが調べてみると、チャーター機を飛ばしてくれるサービスがあるではないですか。

 

そこで、まったく知らない相手ですが、一緒にチャーター機を借りないかとベンに声をかけます。ベンはそれを了承し、ふたりはウォルター(ボー・ブリッジス)というベトナム戦争に従軍した男の小さな飛行機に乗り込みます。

 

ところが、コロラド州の雪山に入ったときに、ウォルターは卒中を起こして倒れます。ベンが必死に介抱しますが、飛行不能となり、飛行機は墜落し、アレックスとベンのふたりは、雪山に取り残されてしまったのです。飛行プランも提出していなければ、無線も壊れて使えません。つまり、だれもこのふたりがコロラド山中で遭難したことを知ることはできないのでした……。

 

☆ウィンスレットとエルバのケミストリーを観る映画

 

たまたま乗り合わせた飛行機が墜落し、ふたりがサバイバルしていく。その結果、本作では恋が芽生えるのですが、ひと言でいって、映画・TVではよくある展開です。ゆえに、先が読めてしまうのが、映画的面白みをかなり奪っています。評論家から平凡な評価を得ているのも理解できます(Rotten Tomatoesでは支持率41%で、10点満点中5.2点、Metacriticでは100点満点中48点)。

 

しかし、本作をケイト・ウィンスレットとイドリス・エルバの演技とその演技が醸し出すケミストリーを愉しむものと位置づけると、話は変わります。ふたりのファンであるという贔屓目を抜きにしても面白く感じるのです。

 

まず、このふたりの性格づけがうれしくなります。どんな役でもこなしてきたウィンスレットと剛直な役がメインのエルバですから、受けのウィンスレット、攻めのエルバで行くかとおもったら、それが逆なのです。

 

自分のしたいことは自分のしたいようにしないと気がすまない女をウィンスレットが演じ、受け身でどこかいじけている男をエルバが演じるのです。前者はともかく、後者には驚かされます。

 

しかも、ウィンスレットは、脚本を読んで映画出演が正式に決まった瞬間、もともとの役名「アシュレイ」をイメージにそぐわないとして「アレックス」に換えてしまったというのです。ウィンスレットが、この映画出演を決めた瞬間からアレックスになり切っていたことがわかります。

 

そのアレックスに引きずられてチャーター機に乗ったベンの不運が、まさにベンの運命です。2年前に脳腫瘍の妻を救えなかった心の闇を抱えながら、気の強いアレックスに振り回され、途中まではアレックスをリードするものの、最後には猟師のワナにかかってしまい、逆にアレックスに助けてもらう始末。しかも、ふたりが入院した病院では、病室は分けられ、アレックスの病室にフィアンセのマークがいてショックを受け落ち込みます。偉丈夫エルバのこのぐずぐずした演技が、何ともいじらしく、同性としては大いに共感を覚えてしまうのでした。

 

しかも、このベン、雪の中で21日間も過ごした結果、手の指が凍傷に罹り、繊細な指使いができなくなり、脳神経外科医としての道を閉ざされてしまうのです。追い打ちをかけるように、その後、ニューヨーク・シティでアレックスと再会したときには、アレックスからふられてしまいます。どこまでも不運なベンです。

 

しかし、そんなある意味勝手なアレックスを非難する気になれないのも、事実です。それだけケイト・ウィンスレットが魅力的だからです。このウィンスレットなら、エルバがかしずいても当然だとおもわせるオーラがあります。気が強いのは認めるけれども、それが嫌みではないのです。ファンとしては、唸るしかない美しき演技です。

 

イドリス・エルバも、すでに書いたように、本作は新境地を切り開いた作品です。こんな繊細な演技ができれば、鬼に金棒ではないかといいたくなってしまい、本作のようなキャラクターをよりよい脚本の映画で観てみたくなります。

 

ハニ・アブ・アサドの演出は、オーソドックスですが、インパクト不足。もっと恐怖を煽ってくれないと、このふたりへの想いがより一層高まらないのが、惜しまれます。

 

内容: A-/B+

 

++++++++++

 

画質(2.39:1): A

 

Gump TheatreにてOppo BDP-203から1080・24p信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、3 Mbpsから38 Mbps。

 

撮影は、『ニュースの天才』(2003)『オーストラリア』(2008)『赤ずきん』(2011)『ビーストリー』(2011)『奇跡の2000マイル』(2013)『ニュースの真相』(2015)『ジェーン』(2015)『ドリーム』(2016)のマンディ・ウォーカー

 

機材は、アリ・アレクサ・65、アリ・アレクサ・ミニ、アリ・アレクサ・SXT HDカメラを使用。マスター・フォーマットは、DI(2K)。

 

高画質であり、現代最新BDの水準はぎりぎりクリアしていますが、それ以上のインパクトがないのです。

 

解像度は高く、彫りはそれなりに深いのですが、十分とはいえません。奥行き感も浅く感じる場面があります。

 

個人的に気に入らないのは、色調です。雪山シーンで白が支配的になるのはよいとして、室内などで色がくすみがちになるのが、残念なところです。発色はニュートラル。色数は多いのですが、鮮やかさに欠けます。ただし、肌の質感は、ナチュラルかつリアルです。違和感は、まったくありません。

 

暗部情報量にも、もの足りなさを感じます。黒の沈み込みが限界的であるからです。ただし、階調は滑らかですが、コントラストがそれほど高くないので、見づらいシーンが生まれています。

 

大画面の近接視聴も、問題なしです。

 

音質(DTS-HD Master Audio 7.1): A+/A

 

Oppo BDP-203からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

絵よりも、音はましですが、手離しでほめられるほどではありません。「A」評価にするかどうか、最後まで迷ったほどです。

 

左右前後に音を定位させ、音の出所は、スクリーンと正確にマッチします。ですが、後方からの音数が、場面によってばらつきがあり、特にサラウンドバック・スピーカーの活躍度に差があるのが惜しいところです。おかげで、立体音場の密度感にもばらつきができ、墜落シーンはブリザードシーンでは、包囲感も最高になり、移動感も鮮やかですが、そうでないところでは、いまひとつ迫力に欠けます。

 

ノイズフロアは、最低レベル。マイナス30デシベルという大音量でも、うるささはまったくありません。風音などの細かい環境音も、よく聞こえてきます。ラミン・ジャヴァディの書いたヴァイオリンをフィーチャーした音楽も、なかなかの浸透力です。

 

セリフの抜けも、文句なし。サ行にきつさはなく、発音も明瞭です。高音もよく伸びます。ゆえに、エルバの低音とウィンスレットの高音のどちらも耳に馴染みます。

 

超低音成分は、出ると、膨大ですが、そういう場面はそれほど多くありません。

 

英語学習用教材度: A+/A

 

日本語・英語字幕ならびに日本語吹き替えつき。

 

セリフは、多め。俗語・卑語は多少は使われ、F-wordは2度登場します(PG-13指定)。ですが、ちょっと注意すれば、テクストとして十分に使えます。しかも、使われる英語は、大人の英語ですから、勉強になります。

 

確認した限り、英語字幕が完璧にセリフをフォローしています。勉強しやすい素材です。

 

加えて、BDプレーヤーの言語設定を「英語」にすると、米盤仕様となり、音声解説を含め、もともと英語字幕がついている映像特典で英語字幕が利用できます。

 

++++++++++

 

気になるところを、アト・ランダムに。

 

☆3500ドルの製作費で、全米で3035万ドル、海外で1億952万ドル、世界で6280万ドルのスマッシュヒット。実質的にぎりぎり黒字というところでしょうか。

 

特典は、なかなかの量です。まずは、音声特典。

 

 ハニ・アブ・アサド監督による音声解説

 

音声は、ドルビーデジタル ステレオ。上述のやり方で、うれしいことに、英語字幕がつきます。

 

技術的説明とストーリーの解釈が大体3:7というコメンタリーです。

 

アサドの英語は訛っていますが、文法・語法的には正確です。面白みには欠けますが、一聴の価値はあるでしょう。

 

映像特典です。

 

 ^Δ肇汽丱ぅ丱襦2人の絆(12:42)
 過酷な山中での撮影(10:17)
 7荵爐離好織鵐函5:47)
 ぬじ開シーン集(14:15/監督による音声解説付き):
   防水シートを確保するベン
   雪のベッド
   ベンの夢
   雪に閉ざされた洞窟
   小屋の2人
   ソリを作る
   病院の廊下にて
 ゥ好謄ル・ギャラリー(2:03/25枚/音声なし)
 Εリジナル劇場予告編(2:14/字幕なし)

 

映像:
  銑・ァAを基本に、適宜Bが挿入
 ぁΝΑB
 A ビスタ・サイズ(1.78:1)のHD画質(AVC/1080・24p)
 B シネスコ・サイズ(2.39:1?)のHD画質(AVC/1080・24p)
音声: 
  銑ぁ.疋襯咫璽妊献織 ステレオ 2.0
 Α.疋襯咫璽妊献織 5.1
うれしいことに、上述したやり方で、英語字幕を利用できます。

 

☆ 銑は典型的なメイキングなのですが、それらを見ると、ここまで雪山での撮影にこだわるべきなのかと疑問を覚えるほどです。

 

米盤4K UHD BDには、日本語字幕・日本語吹替えがついています。

 

ザ・マウンテン・ビトゥイーン・アス [4K UHD & Blu-ray UHDのみ日本語有り Region Free](輸入版) -The Mountain Between Us-

 

国内アマゾンでも取り扱いがあります。

 

++++++++++

 

ケイト・ウィンスレットとイドリス・エルバのファンの方ならびに英語学習用教材を探している方限定で、オススメします!

 

| 外国映画(サ行) | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064208
トラックバック