CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『ザ・マウンテン 決死のサバイバル21日間』は、英盤BDで | main | イコライザー2(レンタルBD) >>
スカイスクレイパー(BD)
スカイスクレイパー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

 

原題:Skyscraper (2018)
上映時間:1:42:24
2018年9月12日 国内劇場初公開
公式サイト:http://skyscraper-movie.jp/

ゴウ先生総合評価: B+/B
  画質(2.40:1): A
  音質(Dolby Atmos/Dolby TrueHD 7.1): A+/A
  英語学習用教材度: A+

 

スコーピオン・キング』(2002)『ウィッチマウンテン/地図から消された山』(2009)『ファースター 怒りの銃弾』(2010)『ワイルド・スピード』シリーズ (2011〜2017)『ヘラクレス』(2014)『カリフォルニア・ダウン』(2015)『モアナと伝説の海』(2016)『セントラル・インテリジェンス』(2016)『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017)『ランペイジ 巨獣大乱闘』(2018)のドウェイン・ジョンソン主演による米中合作アクション・アドベンチャー。

 

準主演は、ネーヴ・キャンベルチン・ハン

 

その他、ノア・テイラーローランド・ムーラーバイロン・マンパブロ・シュレイバーハンナ・クィンリヴァンが共演。

 

監督・製作・脚本は、『セントラル・インテリジェンス』(2016)でドウェイン・ジョンソンと組んだ、『ドッジボール』(2004)『なんちゃって家族』(2013)のローソン・マーシャル・サーバー

 

☆英語字幕つきBDで観る

 

2月6日にNBCユニバーサルから本作のBD、4K UHD BD、3D BDが、リリースされました。ユニバーサル製であれば、本編はもちろん、特典にも英語字幕がついているはずです。ドウェイン・ジョンソンのファンでもある貧乏英語塾長、取り寄せることにしたのでした。

 

☆あらすじ

 

主な舞台は、現代の香港。

 

ウィル・ソーヤー(ドウェイン・ジョンソン)は、元海兵隊中尉で、FBIの人質救出部隊のリーダーを勤めていました。ところが、ミネソタ州での事件で民家に乗り込んだ時に、犯人が自爆してしまいます。ウィルは、その巻き添えを食って、左脚をひざ下からなくしてしまい、義足生活を余儀なくされます。

 

この結果、FBIを辞めざるを得ず、小さなセキュリティ・コンサルティング会社を立ち上げることにしました。しかし、ウィルを救った海軍軍医サラ(ネーヴ・キャンベル)と恋に落ち、結婚し、ジョージア(マッケナ・ロバーツ)とヘンリー(ノア・コットレル)という双子の姉弟をもち、幸せな生活を送っていたのでした。

 

その事件から10年後、かつて部隊の部下であったベン(パブロ・シュレイバー)から、香港にある高さ約1劼箸い世界最大のビル「ザ・パール」のセキュリティ・システムの調査を依頼されます。

 

このザ・パールは、香港の大富豪ジャオ・ロン(チン・ハン)が作ったもので、ジャオに認められれば、莫大な収入が保証されます。ウィルは緊張しながら、妻と二人の子供を連れ、ザ・パールの98階に滞在することにします。

 

そんな状態の中、突然ウィルが襲われ、ザ・パールに何者かが侵入し96階で火災を起こします。この結果、98階にいたサラ、ジョージア、ヘンリーは炎に直面せざるを得なくなります。。こうしてウィルは、義足の身で、ほうぼうに怪我をしながらも、家族を救うために、単身ザ・パールに乗り込んでいくのでした……。

 

☆面白くないことはないが、スリルがない

 

本作には、いくつか欠点があります。そのうち3つ指摘させてもらいます。

 

第1に、ドウェイン・ジョンソンが義足をつけたとしても、やっぱりドウェイン・ジョンソンであることです。その強さは計り知れません。監督の意向としては、メチャクチャ強いジョンソンに弱みを作るために左脚を切断させたというのですが、とても弱々しくは見えないのです。何せあの筋肉の鎧を身に着けているのですから。

 

ジョンソン・ファンとしては悪くない気分ですが、映画としてはいかがなものか。ジョンソン人気と中国人観客のせいで3億ドルの売り上げを達成できましたが、不満が残ります。『ダイ・ハード』(1988)が成功したのは、ブルース・ウィリスがそれほど強いように見えないために観客がウィリスを応援したくなったところにあったのですから。

 

第2に、音声解説で監督本人が何度も繰り返していますが、本作は『タワーリング・インフェルノ』(1974)と『ダイ・ハード』(1988)からあまりに直接的影響を受けすぎています。パクリといいたくなるほどです。史上最高の超高層ビルが火事に襲われるのは、前者。金目的のテロリストたちが暗躍して、妻想いのひとりの男が奮闘するのは、後者です。

 

もう少し脚本が何とかならなかったのかと文句をいいたくなります。企画が通ってから脚本を完成させるのに10か月しかなかったと監督はいっていますが、そのせいなのか雑な展開です。『ドッジボール』(2004)『セントラル・インテリジェンス』(2016)でユニークな脚本を書いたローソン・マーシャル・サーバーであるだけに、もっと独自の脚本が書けたはず。残念です。

 

第3に、超高層ビルが舞台となっているのに、意外と怖くありません。極度の高所恐怖症人間で、『ザ・ウォーク』(2015)でジョセフ・ゴードン=レヴィットが2棟のワールドトレードセンター間にかけたロープの上を綱渡りするシーンや『メイズ・ランナー:最期の迷宮』(2018)の最後のビルが崩れ落ちる中ディラン・オブライエンたちがヘリコプターに飛び乗るシーンなど、スクリーンを直視することができなかったです。

 

ところが、本作にはそういうスリルがないのです。ここは監督の腕のなさのせいです。格闘・銃撃シーンにも目新しさがなく、第一、あれだけの超高層ビル火災なのにハラハラドキドキ感が足りません。それが増してこそ、ジョンソンの家族愛がより引き立つはずです。もう少し恐怖を煽る演出・撮影を試みてほしいものでした。

 

なお、『E.T.』(1982)『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)のプロダクションデザイナー、、ジェームズ・D・ビゼルが作り上げたザ・パールは見事。中国の古い民話から真珠を加えた竜をイメージして作ったものだとか。この造形力は、評価に値します。

 

スティーヴ・ジャブロンスキーの音楽は、平凡。特に記憶に残りません。

 

俳優は、まずまず。ジョンソンを別にすると、もっとも存在感があったのは悪党の親玉コレス・ボタを演じたローランド・ムーラー。その不気味さは、格別です。デンマークにはよい俳優がいるものだと感心してしまいました。

 

スクリーム』シリーズ(1996〜2011)のネーヴ・キャンベルは、強くたくましく、それでいて知性を感じさせます。ただし、『ウィッチマウンテン/地図から消された山』(2009)でジョンソンが共演したカーラ・グギーノとキャラクターが被るところが損をしているかもしれません。

 

チン・ハンの存在感は、なかなか。中国の大富豪の貫禄十分です。

 

ともあれ、ドウェイン・ジョンソン・ファンには愉しめる映画ですが、ファン以外の人には微妙かもしれません。

 

内容: B-


++++++++++


画質(2.40:1): A
 

Gump TheatreにてOppo UDP-203から1080・24p信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、9 Mbpsから48 Mbps。

 

撮影は、ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)でアカデミー撮影賞を受賞し、『グッドナイト&グッドラック』(2005)で同賞にノミネートされ、『シリアナ』(2005)でスティーヴン・ギャガンと組んでいる、現代の巨匠のひとりロバート・エルスウィット

 

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)を始め、『ブギーナイツ』(1997)『マグノリア』(1999)『パンチドランク・ラブ』(2002)『インヒアレント・ヴァイス』(2014)とポール・トーマス・アンダーソン監督作品が有名。

 

最近では、『ザ・タウン』(2010)『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)『ボーン・レガシー』(2012)『ナイトクローラー』(2014)『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)『ゴールド/金塊の行方』(2016)『サバービコン 仮面を被った』(2017)『ローマンという名の男 -信念の行方-』(2017)『ベルベット・バズソー:血塗られたギャラリー』(2019)という話題作も担当。

 

機材は、アリ・アレクサ・65、アリ・アレクサ・ミニ、アリ・アレクサ・XT・プラスHDカメラを使用。マスター・フォーマットは、DI(バイト数は不明)。オリジナル・アスペクト比は、2.39:1。

 

かなりの高画質。ですが、現代最高レベルには、あと一歩はっきり及びません。

 

解像度は高く、細部がスポイルされている印象はないものの、やや甘さを感じさせる部分があります。それでも、彫りは深く、奥行き感も十分に出ています。4K UHD BDの画質はこれよりよいでしょうが、不満があるかと問われれば、2Kでもそれほど不満は覚えないともいえます。

 

色調は、ニュートラル。色数も、豊富です。色乗りもパワフルで、鮮明。原色も中間色も見事です。くすみはありません。肌の質感も、ナチュラル。違和感はまったくなしです。

 

暗部情報量も、かなりのもの。黒がよく沈み、コントラストも高いので、夜間シーンが多い本作ですが、見づらいシーンはありません。

 

大画面の近接視聴も、問題なしです。

 

音質(Dolby Atmos/Dolby TrueHD 7.1​): A+/A

 

Oppo UDP-203からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

一部の劇場ではドルビーアトモス、Auro 11.1、ドルビーサラウンド7.1上映。

 

ドルビーアトモス非対応のGump Theatreでは、ドルビーTrueHD 7.1で視聴。

 

絵と比べると、インパクト大です。現代最高のBDシネソニックに、もう半歩というところでしょうか。トップスピーカーつきのドルビーアトモスで聴いたら、A+以上の評価としそうです。

 

左右前後に音を定位させ、サラウンド・スピーカーとサラウンドバック・スピーカーの4本が大活躍をします。おかげで、立体音場の密度感はかなりの高さで、包囲感は十分です。しかも、リンケージが見事なので、スクリーンと音源のマッチングはほぼベスト。ヘリコプターの移動音も鮮やかに決まり、サラウンドジャンキーを悦ばせてくれます。

 

問題は、高さ表現。サラウンド・スピーカーとサラウンドバック・スピーカーを1.8mの高さに置いているものの、超高層ビルを描きますから、真上から降りかかる音がかなりあるようなのですが、トップスピーカーがないために、それを味わえません。トップスピーカーつきのドルビーアトモスで聴けば、A+以上と書いた所以です。

 

ノイズフロアは、最低レベル。マイナス30デシベルでもうるさく感じず、不快なメタリック成分も乗りません。細かい環境音・効果音・街の喧騒・室内の反響音がよく聞こえてきますし、爆発・打撃・炎上音など、迫力十分です。音楽も、団子状にならず、かなりの分解能を誇ります。

 

セリフの抜けも、文句なし。サ行がきつくなることもなく、こもりもせず、発音も明瞭です。レンジも広く、高音が押さえられている印象もありません。

 

超低音成分は、出るとドーンと出ます。それでも、飽和することはなく、部屋が揺れることもありません。立ち上がり・立下りが速く硬質なLFEです。

 

英語学習用教材度: A+
 

日本・英語字幕ならびに日本語吹替えつき。

 

セリフは、多め。俗語・卑語の登場は、F-wordが1回、S-wordが4回登場しますが、目くじらを立てるほどではありません(PG-13指定)。安心してテクストに使えます。

 

英語字幕は、確認した限り、完璧にセリフをフォローしており、非常に勉強しやすい素材です。

 

特典は十分な量ですし、音声解説にまで英語字幕がつきます。すばらしいテクストです。

 

++++++++++

 

気になるところを、アト・ランダムに。

 

☆原題も、Skyscraper。直訳すれば、「空をこするもの」。ゆえに、かつては「摩天楼」と訳した「超高層ビル」を意味します。

 

中国人俳優たちの英語があまりにネイティブなので、調べてみたら、チン・ハンは中国系シンガポール人、現場の警察を仕切るウー警視を演じたバイロン・マンは中国系アメリカ人(何とUSCロースクールでJDを取得した弁護士でもあります)、女暗殺人シャを演じたハンナ・クィンリヴァンは、台湾人の母とオーストラリア人の父親の娘。英語がうまくて当然です。

 

☆1億2500万ドルの製作費で、アメリカで6842万ドル、海外で2億3645万ドル、世界で3億487万ドルのメガヒット。これなら、ぎりぎり黒字でしょうか。

 

特典は、なかなかの量です。まずは、音声特典。

 

 ローソン・マーシャル・サーバー監督による本編音声解説

 

音声は、ドルビーデジタル ステレオ。うれしいことに、英語字幕がつきます。

 

☆裏話が多く、情報量にはややもの足りなさを感じるものの、面白いコメンタリーです。

 

映像特典です。

 

 〔じ開シーン (5種/12:07:監督による音声解説つき)
 ▲蹈鵐亜Ε弌璽献腑 (5種/10:17:監督による音声解説つき) 
 ドウェイン・ジョンソン:ヒーローの役作り (4:04) 
 ぅぅ鵐好團譟璽轡腑 (4:12) 
 ソ性陣のアクション (2:35) 
 νЬ陲僚わり (3:19) 
 Щ厂鬚離▲ション (2:40)
 返事はパイナップル (1:38) 

 

映像: 
  Ν◆A
 〜─Bを基本に、適宜Aが挿入

 A:シネスコ・サイズ(2.40:1?)のHD画質(AVC/1080・24p)
 B:ビスタ・サイズ(2.40:1?)のHD画質(AVC/1080・24p)

音声: ドルビーデジタル ステレオ 2.0

うれしいことに、すべてに英語字幕がつきます。 

 

映像特典〜は、オーソドックスなメイキングです。

 

☆通常盤に加えて、3D BD、4K UHD BDを含め、次の7種類のBDが入手可能です。

 

スカイスクレイパー 4K ULTRA HD + Blu-ray セット[4K ULTRA HD + Blu-ray]
2018
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

 

スカイスクレイパー 3Dブルーレイ+ブルーレイセット [Blu-ray]
2018
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

 

【Amazon.co.jp限定】スカイスクレイパー ブルーレイ+DVDセット(特典映像ディスク付き) [Blu-ray]
2018
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

 

【Amazon.co.jp限定】スカイスクレイパー 4K ULTRA HD + Blu-rayセット(特典映像ディスク付き)[4K ULTRA HD + Blu-ray]
2018
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

 

【Amazon.co.jp限定】スカイスクレイパー 3Dブルーレイ+ブルーレイセット(特典映像ディスク付き) [Blu-ray]
2018
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

 

【Amazon.co.jp限定】スカイスクレイパー 4K ULTRA HD + Blu-ray スチールブック仕様[4K ULTRA HD + Blu-ray](特典映像ディスク付き)
2018
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

 

【Amazon.co.jp限定】スカイスクレイパー 3D+ブルーレイセット スチールブック仕様(特典映像ディスク付き) [Blu-ray]
2018
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

 

++++++++++

 

ドウェイン・ジョンソン・ファン、必見。アクション映画ファン、一見の価値あり。パニック映画ファン、パスしてもよいでしょう。BDは、画質良好、音質優秀、英語学習にはもってこいの出来です。ジョンソン・ファンと英語学習用教材を探している人に限って、オススメします!

 

| 外国映画(サ行) | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064206
トラックバック