CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『記者たち 衝撃と畏怖の真実』は、米盤BDで | main | 5月3日全米公開『Long Shot』は、絶対に面白そう >>
『ある女流作家の罪と罰』、アメリカ脚本家組合脚色賞を受賞

 

国内劇場公開日は未定ですが、すでに『ある女流作家の罪と罰』(2018)という邦題が決まっている『Can You Ever Forgive Me?』が、アメリカ脚本家組合脚色賞を受賞しました。大好きなメリッサ・マッカーシー主演作ですから、気分は最高です。そして、一日も早く観たくなってしまったのでした。

 

本作は、リー・イスラエルが2008年に発表した自伝『Can You Ever Forgive Me?』(未邦訳)を映画化した米国製クライム・コメディです。

 

Can You Ever Forgive Me?: Memoirs of a Literary Forger (English Edition)
Simon & Schuster

 

監督は、『ミニー・ゲッツの秘密』(2015)で注目された女優でもあるマリエル・ヘラー

 

脚本は、当初は本作を監督する予定であった、『セックス・アンド・マネー』(2006)『おとなの恋には嘘がある』(2013)『コネチカットにさよならを』(2018)のニコール・ホロフセナーと本作が脚本家デビューとなる、俳優のジェフ・ウィッティが書いています。

 

主演は、前述通り、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011)でアカデミー助演女優賞に、本作で同主演女優賞にノミネートされた、『デンジャラス・バディ』(2013)『タミー/Tammy』(2014)『SPY/スパイ』(2015)『ゴーストバスターズ』(2016)『メリッサ・マッカーシー in ザ・ボス 世界で一番お金が好き!』(2016)『ライフ・オブ・ザ・パーティー』(2018)のメリッサ・マッカーシーです。

 

準主演は、本作でアカデミー助演男優賞にノミネートされている、『ドム・ヘミングウェイ』(2013)『LOGAN/ローガン』(2017)のリチャード・E・グラント

 

本作は、かつて活躍した伝記作家のリー・イスラエル(メリッサ・マッカーシー)が生活に逼迫し、有名人の手紙を偽造して売り出すとそれが大当たりし、旧友ジャック・ホック(リチャード・E・グラント)とともにさらに手広くやっているうちに、FBIから目をつけられてしまうことになる様を描くブラック・コメディです。

 

評価は、非常に高いものでした。Rotten Tomatoesでは、支持率99%で、10点満点中8.3点。Metacriticでは、100点満点中87点となっています。

 

アカデミー賞では、主演女優賞・助演男優賞・脚色賞にノミネートされています。受賞は難しいでしょうが、今回アメリカ脚本家組合(WGA:Writers Guild of America)賞を受賞したのは立派そのもの。マッカーシー・ファンとしては、大いに満足です。

 

なお、本作はまだBlu-ray DiscもDVDも、アメリカで発売されていません。映画祭以外は、全米5館の限定上映だったせいでもあるのでしょう。ゆえに、BDを取り寄せることもできず、歯がゆいおもいをさせられています。

 

国内劇場公開は、早くて半年ぐらい先になりそう。一日も早い米盤ないしは英盤BDのリリースを期待したいものです。

 

 

| 映画ニュース | 06:53 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
劇場公開はありません
今夏にデジタル配信とDVD発売予定です
http://www.foxmovies-jp.com/canyoueverforgiveme/sp/

パペット大騒査線 追憶の紫影が劇場公開されて
本作が劇場スルーなのは 非常に残念に思います
| キャップ | 2019/02/19 11:02 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064195
トラックバック