CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< ダニー・ボイル監督『Yesterday』は、絶対に面白そう | main | 『ドリス・デイ・コレクション』の独盤が、10.99ユーロの最安値に >>
『アナと雪の女王』続編の予告編、公開

 

11月22日に全米公開されるディズニー製作大ヒットアニメ『アナと雪の女王』(2013)の続編のポスターと予告編が、公開されました。なかなか興味深い予告編です。おそらく世界同時公開となるでしょうから、日本のファンの方も11月末には本編を観ることができるはずです。

 

主なキャラクターの声の出演者は、次のように前作と変わりません。

 

 クリステン・ベル  アナ
 イディナ・メンゼル  雪の女王/エルサ
 ジョナサン・グロフ  クリストフ
 ジョシュ・ギャッド  オラフ

 

これに加えて、エヴァン・レイチェル・ウッドスターリング・K・ブラウンが参加します。

 

監督は、前作と同じく、『ターザン』(1999)『サーフズ・アップ』(2007)短編『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』(2015)のクリス・バック、前作の脚本も手掛けたジェニファー・リー(製作総指揮も兼務)です。

 

今回の脚本は、『ドリーム』(2016)でアカデミー脚色賞にノミネートされた、『プーと大人になった僕』(2018)のアリソン・シュローダーが書いています。

 

詳しい内容は、明らかになっていませんが、IMDbによると、アナ、エルサ、クリストフ、オラフが王国の古代の秘密を明らかにするために、森の中に深く入っていく展開になるということです。

 

アスペクト比は、2.24:1がもともとのものですが、劇場では2.39:1になるとか。3D上映されるかどうかは未定ですが、ドルビービジョンで処理されます。音声は、一部の劇場ではドルビーアトモス、DTS:X、Auro 11.1を楽しめるとか。一部の劇場では、現代最高のアニメ画質・音質を享受できそうです。

 

前作は、全米4億74万ドル、海外8億7574万ドル、世界で12億7648万ドルを売り上げました。本作も、それに近いか、それを上回るメガヒットを記録しそうです。折りしも、クリスマス・シーズンに公開されます。大量の大人と子供が映画館に足を運びそうです。

 

 

| 映画ニュース | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064191
トラックバック