CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 英国アカデミー賞、発表! | main | 『アナと雪の女王』続編の予告編、公開 >>
ダニー・ボイル監督『Yesterday』は、絶対に面白そう

 

イギリスで6月28日に劇場公開されるダニー・ボイル監督『Yesterday』(2019)の予告編が、公開になりました。それを観たら、ムチャクチャ面白そうではありませんか。日本公開が待ち遠しい限りです。

 

本作の監督・製作は、監督・製作は、『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)でアカデミー監督賞を受賞し、『127時間』(2010)で同脚色賞にノミネートされた、『トレインスポッティング』(1996)『ザ・ビーチ』(1999)『28日後...』(2002)『トランス』(2013)『スティーブ・ジョブズ』(2015)『T2 トレインスポッティング』(2017)のダニー・ボイルです。

 

主演は、これまでTVで活躍してきたインド系イギリス人のヒメシュ・パテル

 

準主演は、『シンデレラ』(2015)『高慢と偏見とゾンビ』(2016)『ベイビー・ドライバー』(2017)『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』(2017)『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』(2018)のリリー・ジェームズ

 

その他、ケイト・マッキノンが共演しています。

 

設定が面白いのです。ある日、いきなりビートルズの歌を世界中の人が知らなくなり、主人公のインド系イギリス人ジャック(ヒメシュ・パテル)だけが知っていて、ビートルズの歌を唄うと、恋人(リリー・ジェームズ)がしびれまくり、その曲のよさが知れると、音楽プロデューサー(ケイト・マッキノン)が後押しをして、インド系イギリス人が大スターになっていくという話です。

 

結末はわかりませんが、ダニー・ボイルが作る映画ですから、絶対に面白いはず。大いに期待してしまいます。

 

全米公開が、9月13日。日本での劇場公開は、もっと遅れそうです。それでも、絶対に観たいものです。日本公開がなければ、海外からBlu-ray Discを取り寄せることにします。

 

 

| 映画ニュース | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064190
トラックバック