CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『恋人よ帰れ!わが胸に』の独盤BDが、7.99ユーロの安さになっていた | main | 『黄昏』の独盤BDが、8.99ユーロ >>
『フロント・ページ』の独盤BDも、7.99ユーロ

 

昨日紹介した『恋人よ帰れ!わが胸に』(1966)に続き、ビリー・ワイルダージャック・レモンウォルター・マッソーが手を組んだ『フロント・ページ』(1974)の独盤Blu-ray Discも、独アマゾンで7.99ユーロの最安値をつけています。大昔に見たはずですが、完全に忘れている映画です。この機会に観直したく、注文してしまいました。

 

本作は、ベン・ヘクトチャールズ・マッカーサーが書いた同名戯曲を映画化した米国製ブラック・コメディです。

 

監督・脚本の巨匠ビリー・ワイルダー(1906年6月22日ー2002年3月27日)は、『失われた週末』(1945)でアカデミー監督・脚色賞、『サンセット大通り』(1950)で同脚本賞、『アパートの鍵貸します』(1960)で同監督・脚本賞を受賞し、『ニノチカ』(1939)『第十七捕虜収容所』(1953)『麗しのサブリナ』(1954)『情婦』(1957)『お熱いのがお好き』(1959)で同監督賞に、『HOLD BACK THE DAWN』(1941)『異国の出来事』(1948)『麗しのサブリナ』(1954)『お熱いのがお好き』(1959)出脚色賞に、『地獄の英雄』(1951)『恋人よ帰れ!わが胸に』(1966)で同脚本賞にノミネートされています。

 

共同脚本は、ワイルダーの右腕で1950年代以降の作品のほとんどを一緒に書いたI・A・L・ダイアモンドです。

 

このワイルダーが『お熱いのがお好き』(1959)『アパートの鍵貸します』(1960)『あなただけ今晩は』(1963)『恋人よ帰れ!わが胸に』(1966)『お熱い夜をあなたに』(1972)で組んだジャック・レモンを主役に据えて6度目のタッグを組んだのが本作です。ちなみに、本作後も『新・おかしな二人/バディ・バディ』(1981)でもふたりは組んでいます。

 

レモンはレモンで、『ミスタア・ロバーツ』(1955)でアカデミー助演男優賞、『セイヴ・ザ・タイガー』(1973)で同主演男優賞を受賞し、その他、『お熱いのがお好き』(1959)『アパートの鍵貸します』(1960)を含め6回同主演男優賞にノミネートされた名優です。

 

準主演は、『恋人よ帰れ!わが胸に』(1966)でアカデミー助演男優賞を受賞し、『コッチおじさん』(1971)『サンシャイン・ボーイズ』(1975)で同主演男優賞にノミネートされた、『おかしな二人 (1968)『フロント・ページ』(1974)『新・おかしな二人/バディ・バディ』(1981)『おかしな二人2』(1998)でもジャック・レモンと組むことになるウォルター・マッソーが勤めています。

 

若きスーザン・サランドンが出ているのも、ファンとしてはうれしいことです。

 

その他、ヴィンセント・ガーディニアデヴィッド・ウェインアレン・ガーフィールドチャールズ・ダーニングハーバート・エデルマンキャロル・バーネットポール・ベネディクトという名優たちが出ているのも、注目です。

 

舞台は、1920年代後半のシカゴ。死刑囚脱走の特ダネをものにしようと奮闘する新聞記者たち(ジャック・レモンウォルター・マッソー)の姿を描くのが本作です。スーザン・サランドンは、ジャック・レモンの恋人役として登場します。

 

ゴールデングローブ賞では、作品賞(ミュージカル・コメディ部門)・主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)(ジャック・レモン、ウォルター・マッソー)にノミネートされました。

 

ビリー・ワイルダーとジャック・レモンの作品は、BDでできるだけ集めたいとおもっています。ゆえに、安くなったら買おうと考えていましたから、この売価は最高です。

 

なお、米英盤BDは存在せず、本作をBDで観たければ、独盤を利用するしかありません。

 

日本では、DVDが出ています。

 

フロント・ページ [DVD]
紀伊國屋書店

 

ですが、英語字幕もついていないのに、アマゾンで6000円おするのですから、とんでもない話です(レンタルもなしです)。

 

国内アマゾンでも、独盤BDを買うことは可能です。

 

Extrablatt

 

ですが、送料込みだと1730円かかり、ドイツに直接注文したほうが安いのです。

 

2018年2月22日発売の独盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えは、つきません。Region Bです。お間違いなく。上映時間は、105分となっています。

 

 Region B
 容量:2層50GB
 映像:1080p/2.35:1/MPEG-4 AVC
 音声:LPCM 2.0(英・独語)
 字幕:英・独語

 

特典は、なかなかのものです。

 

 Trailer
 Dokumenttation über Billy Wilder (ca. 24 Min.)
 Bildergalerie mit seltenem Werbematerial

 

昨日紹介した『恋人よ帰れ!わが胸に』(1966)ともう1本のBDとあわせて注文し、送料(スタンダード便)込みで28.78ユーロ、3752でした。本BDを1200.58円で購入できたことになります。ありがたい話です。

 

到着予定は、2月20日。ワイルダー、レモン、マッソーに酔いしれることにします。

 

| BD購入ガイド | 18:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064181
トラックバック