CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 第91回アカデミー賞、ノミネーション発表 | main | 『ニューヨーク1997』の最新4Kリマスター英盤BDが、10ポンド >>
『天才作家の妻 -40年目の真実-』は、英盤BDで

 

明日1月26日から国内劇場公開が始まる『天才作家の妻 -40年目の真実-』(2017)の英盤Blu-ray Discが、イギリスでは1月28日に発売されます。英アマゾンで12.99ポンドの最安値をつけており、劇場へ行く時間が取れない不満を解消するために、購入することにしました。

 

本作は、『ディス・イズ・マイ・ライフ』(1992)の原作者であるメグ・ウォリッツァーが2003年に出版した小説『The Wife』(未邦訳)を原作としたスウェーデン・英・米合作の人間ドラマです。

 

The Wife: Discover the critically acclaimed novel behind Glenn Close’s Oscar nominated performance (English Edition)
Vintage Digital

 

主演は、『ガープの世界』(1982)『再会の時』(1983)『ナチュラル』(1984)でアカデミー助演女優賞、『危険な情事』(1987)『危険な関係』(1988)『アルバート・ノッブス』(2011)、そして本作で同主演女優賞にノミネートされている、TV『ダメージ』シリーズ(2007〜2012)のグレン・クローズが勤めています。

 

準主演は、『未来世紀ブラジル』(1985)『キャリントン』(1995)『エビータ』(1996)『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997)『ヒステリア』(2011)のジョナサン・プライスです。

 

その他、クリスチャン・スレイターマックス・アイアンズハリー・ロイドアニー・スタークエリザベス・マクガヴァンが共演しています。

 

監督・製作総指揮は、スウェーデン出身で、日本で公開される映画は本作が初となるビョルン・ルンゲです。

 

 公式サイト:http://ten-tsuma.jp/

 

舞台は、1958年から1992年までのアメリカとスウェーデン・ストックホルム。1958年に教授と女子大生で出会ったジョゼフ(ハリー・ロイド)とジョーン(アニー・スターク)は不倫愛に落ち、ジョゼフは妻と離婚し、ジョーンと結婚します。

 

それから40年、ジョゼフ(ジョナサン・プライス)は有名な作家となり、ジョーン(グレン・クローズ)はその夫を支えてきました。その夫にノーベル文学賞授賞の報せが舞い込みます。ふたりは、授賞式のためにストックホルムへ向かうのですが、そこで現れたジョゼフの伝記を書こうとしている記者(クリスチャン・スレイター)にジョーンはあることを告げられ、心が揺れてしまうのでした……。

 

評価の高い作品です。Rotten Tomatoesでは、支持率84%で、10点満点中7.1点。Metacriticでは、100点満点中77点という具合です。

 

その多くが、グレン・クローズの名演を賛美しています。クローズ・ファンとしてはうれしい限りです。実際、本作でクローズはアカデミー主演女優賞にノミネートされています。

 

「映画は、女優で決まる」が持論の貧乏英語塾長としては、絶対に観たいとおもってしまったというわけです。

 

米盤BDも1月29日に発売されます。

 

 

しかし、米アマゾンで22.08ドルもして、送料込みだと3000円以上します。これでは手を出せません。ありがたい英盤の存在です。

 

2019年1月28日発売の英盤BDの仕様は、発売前のために、よくわかりません。おそらく、日本語字幕・日本語吹替えはつかず、Region Bだとおもわれます。

 

特典は、わかっています。

 

 The Wife - A Look Behind The Scenes (featurette) (28分)
 Theatrical trailer

 

もう1本のBDとあわせて注文し、送料(スタンダード便)込みで24.22ポンド、3606でした。本BDを2037.49円で購入できたことになります。これなら、劇場まで電車賃を使って観に行くよりも安くつきそうです。

 

ただし、到着予定は、2月15日から3月4日ということ。どうせ劇場へ行く暇がありませんから、のんびり待つことにします。とはいえ、2月24日のアカデミー賞授賞式前に着いてくれるとうれしいのですが。

 

| BD購入ガイド | 06:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064170
トラックバック