CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『ブラック・クランズマン』の米盤4K UHD BDを11.99ドルで購入 | main | 日本未公開『ウェディング・テーブル』は、米盤BDで >>
『ベスト・バディ』の米盤BDが、5.99ドル

 

日本では限定公開され、DVDだけが発売されている『ベスト・バディ』(2017)の米盤Blu-ray Discが、米アマゾンで5.99ドルの最安値をつけています。評価はとてつもなく低い映画ですが、古い映画ファンにはうれしい3名優が出ています。貧乏英語塾長、注文してしまいました。

 

本作は、『さよならゲーム』(1988)でアカデミー脚本賞にノミネートされた、『ブレイズ』(1989)『ハード・プレイ』(1992)『タイ・カップ』(1995)『ティン・カップ』(1996)『ハリウッド的殺人事件』(2003)のロン・シェルトン監督・脚本によるアクション・コメディです。

 

主演のひとりは、『ミリオンダラー・ベイビー』(2004)でアカデミー助演男優賞を受賞し、『NYストリート・スマート』(1987)で同賞に、『ドライビング Miss デイジー』(1989)『ショーシャンクの空に』(1994)『インビクタス/負けざる者たち』(2009)で同主演男優賞にノミネートされたモーガン・フリーマン

 

もうひとりの主演は、『タイ・カップ』(1995)でロン・シェルトンと組んだ、『逃亡者』(1993)でアカデミー助演男優賞を受賞し、『JFK』(1991)『リンカーン』(2012)で同賞に、『告発のとき』(2007)で同主演男優賞にノミネートされたトミー・リー・ジョーンズです。

 

準主演は、『ティン・カップ』(1996)でロン・シェルトンと組んだ、『リーサル・ウェポン3』(1992)『ザ・シークレット・サービス』(1993)『ゲット・ショーティ』(1995)『身代金』(1996)『リーサル・ウェポン4』(1998)『トーマス・クラウン・アフェアー』(1999)『ナイトクローラー』(2014)『マイ・インターン』』(2015)『フランクとシンディ』(2015)のレネ・ルッソ

 

その他、ジョー・パントリアーノグレン・ヘドリージェーン・シーモアジョニー・マティスが共演しています。

 

舞台は、現代のカリフォルニア州パームストリングス。元弁護士でいまは当地の巨大リゾートの経営者であるデューク(モーガン・フリーマン)に、元FBI捜査官レオ(トミー・リー・ジョーンズ)が、美女スージー(レネ・ルッソ)の奪い合いを含め、何かといちゃもんをつけたうえに、マフィアとの抗争まで始まるという映画です。

 

男ふたりがレネ・ルッソを巡って恋のさや当てをするというのは、ロン・シェルトン作品では『ティン・カップ』(1996)そのものです。女性をめぐる三角関係というならば、すでに『さよならゲーム』(1988)で行っています(そのときの3人は、ケヴィン・コスナースーザン・サランドンティム・ロビンス)。

 

というわけで、新鮮味はありません。しかも、脚本・演出がイマイチらしく、この3人の出演作なのに信じられないほど酷評され、興行的にも大失敗で終わりました。Rotten Tomatoesでは、支持率5%で、10点満点中2点。Metacriticでは、100点満点中21点という惨状です。興行的にも、2200万ドルをかけて製作したのに、世界で760万ドルしか売り上げられませんでした。

 

とはいえ、これほどひどい映画だといわれると、逆に観たくなります。3俳優のファンとしては、どうしても気になるのです。

 

日本ではBDは発売されていませんが、上述通り、2018年11月2日にDVDがリリースされており、レンタルも可能です。

 

ベスト・バディ [DVD]
Happinet

 

しかし、ハピネット製らしく、英語字幕はつきませんし、いまさらDVDという感じです。

 

アマゾン・ビデオでは、HD版を視聴可能です。

 

ベスト・バディ(字幕版)

 

レンタル500円、購入2500円です。しかし、貧乏英語塾長には高すぎます。

 

というわけで、2018年2月27日発売の米盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。上映時間は、91分です。

 

 Region A
 容量:2層50GB
 映像:1080p/2.39:1/MPEG-4 AVC
 音声:DTS-HD Master Audio 5.1 (英語)
    DTS 5.1 (西語)
 字幕:英語 

 

特典は、残念ながら、つかないようです。まあ、専門サイトBlu-ray.comが米盤BDをレビューしていないくらいですから、貧乏英語塾長のような物好きなファン以外には、見捨てるべき作品なのでしょう。悲しい限りですが……。

 

昨日紹介した『ブラック・クランズマン』(2018)の4K UHD BDともう1本のBDとともに購入し、送料(スタンダード便)込みで37.93ドル、4269円でした。本BDを1066.80円で買えたことになります。これなら許せます。

 

到着予定は、2月4日。拾いものであればよいのですが。

 

| BD購入ガイド | 06:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064163
トラックバック