CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 放送映画批評家協会賞が、今年の映画賞の流れを決めた?! | main | 『ブラック・クランズマン』の米盤4K UHD BDを11.99ドルで購入 >>
『ボヘミアン・ラプソディ』、2018年最大のヒット映画に

 

ボヘミアン・ラプソディ』(2018)が、日本でもの凄いヒットを続けています。

 

**********

 

『ボヘミアン・ラプソディ』興収ランキング年間1位に 100億円超え確実

01月15日 14:12

『ボヘミアン・ラプソディ』興収ランキング年間1位に 100億円超え確実

2018年公開作品ランキングで1位になった『ボヘミアン・ラプソディ』(C)2018 Twentieth Century Fox

(ORICON NEWS)

 

 英ロックバンド・クイーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリーの生き様を軸に描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』(昨年11月9日公開)が公開10週目にして累計興行収入94億円を突破した。これで、92.3億円をあげた邦画ランキングNo.1の『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』を抜き、2018年公開の邦画・洋画興行収入合わせた年間総合ランキング第1位に躍り出た。

 10週目の週末(1月12日・13日)は469スクリーンで動員27万2344人、興行収入3億9785万円を記録。この数字は先週末より118%の水準で推移しており、またも右肩上がりに。

 3連休の最終日14日までの累計動員は683万6433人、累計興行収入は94億3739万円に達した。この累計数字は92.3億円をあげた邦画ランキングNo.1『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』及び91.8億円のNo.2『名探偵コナン ゼロの執行人』を上回り、ついに年間1位を獲得した。

 IMAXでの日本歴代興行収入ランキングでは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『アバター』を上回り、歴代1位となった。今後は1月22日に予定される『第91回アカデミー賞』のノミネート発表で、主要部門(作品賞、主演男優賞)のノミネートが期待される。また同時期には、日本での累計興行収入100億円超えが確実視されている。まだ『ボヘミアン・ラプソディ』クイーン旋風の勢いは止まりそうにない。

 

**********

 

いやはや、観に行きたいとおもいつつも、混んでいる映画館が大の苦手の貧乏英語塾長、二の足を踏んでいます。いつになったら、落ち着いて観られるのか。もうしばらく静観です。

 

その間は、クイーンのCDを聴いて我慢することにします。

 

| 映画ニュース | 06:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064161
トラックバック