CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 高橋真梨子「EVERYTIME I FEEL YOUR HEART -君と生きたい-」は、マイベスト夕暮れソング | main | 英語学習に役立つ国内盤BD 1月9日発売分 >>
第76回ゴールデングローブ賞、発表!

 

第76回ゴールデングローブ賞の結果が、現地時間6日に発表されました。少し意外な結果となっています。記録しておきましょう。

 

映画関係受賞作(☆印)とノミネート作品です。


【作品賞(ドラマ)】
☆「ボヘミアン・ラプソディ
 「ブラックパンサー
 「ブラック・クランズマン
 「ビール・ストリートの恋人たち
 「アリー/ スター誕生

【作品賞(ミュージカル/コメディ)】
☆「グリーンブック
 「クレイジー・リッチ!
 「女王陛下のお気に入り
 「メリー・ポピンズ リターンズ
 「バイス

【主演男優賞(ドラマ)】
ラミ・マレック  「ボヘミアン・ラプソディ
 ブラッドリー・クーパー  「アリー/ スター誕生
 ウィレム・デフォー  「永遠の門 ゴッホの見た未来
 ルーカス・ヘッジズ  「ある少年の告白
 ジョン・デヴィッド・ワシントン  「ブラック・クランズマン

【主演女優賞(ドラマ)】
グレン・クローズ  「天才作家の妻 -40年目の真実-
 レディー・ガガ  「アリー/ スター誕生
 ニコール・キッドマン  「Destroyer」
 メリッサ・マッカーシー  「Can You Ever Forgive Me?」
 ロザムンド・パイク  「A Private War」

【主演男優賞(ミュージカル/コメディ)】
クリスチャン・ベイル  「バイス
 リン=マヌエル・ミランダ  「メリー・ポピンズ リターンズ
 ヴィゴ・モーテンセン  「グリーンブック
 ロバート・レッドフォード  「THE OLD MAN & THE GUN(原題)
 ジョン・C・ライリー  「Stan & Ollie」

【主演女優賞(ミュージカル/コメディ)】
オリヴィア・コールマン  「女王陛下のお気に入り
 エミリー・ブラント  「メリー・ポピンズ リターンズ
 シャーリーズ・セロン  「タリーと私の秘密の時間
 コンスタンス・ウー  「クレイジー・リッチ!

【助演男優賞】
マハーシャラ・アリ  「グリーンブック
 ティモシー・シャラメ  「ビューティフル・ボーイ
 アダム・ドライヴァー  「ブラック・クランズマン
 リチャード・E・グラント  「Can You Ever Forgive Me?」
 サム・ロックウェル  「バイス

【助演女優賞】
レジーナ・キング  「ビール・ストリートの恋人たち
 エイミー・アダムス  「バイス
 クレア・フォイ  「ファースト・マン
 エマ・ストーン  「女王陛下のお気に入り
 レイチェル・ワイズ  「女王陛下のお気に入り

【監督賞】
アルフォンソ・キュアロン  「ROMA/ローマ
 ブラッドリー・クーパー  「アリー/ スター誕生
 ピーター・ファレリー  「グリーンブック
 スパイク・リー  「ブラック・クランズマン
 アダム・マッケイ  「バイス

【脚本賞】
☆「グリーンブック
 「ROMA/ローマ
 「女王陛下のお気に入り
 「ビール・ストリートの恋人たち
 「バイス

【作曲賞】
☆「ファースト・マン
 「クワイエット・プレイス
 「犬ヶ島
 「ブラックパンサー
 「メリー・ポピンズ リターンズ

【歌曲賞】
☆「アリー/ スター誕生
 「ブラックパンサー
 「Dumplin'」
 「A Private War」
 「ある少年の告白

【外国語映画賞】
☆「ROMA/ローマ
 「Capernaum」
 「Girl(原題)
 「Never Look Away」
 「万引き家族

【アニメ賞】
☆「スパイダーマン:スパイダーバース
 「インクレディブル・ファミリー
 「犬ヶ島
 「未来のミライ
 「シュガー・ラッシュ:オンライン

 

下馬評では、『アリー/ スター誕生』が作品(ドラマ)・主演男優(ドラマ)・主演女優(ドラマ)・監督賞を獲るのではといわれていたのですが、全部ダメでした。唯一歌曲賞だけ、受賞しています。

 

ボヘミアン・ラプソディ』は強かったし、グレン・クローズもしぶとかったとしかいいようがありません。

 

個人的には、大好きなオリヴィア・コールマンが主演女優賞(コメディ)を受賞したのがうれしくてなりません。やっと名実ともに名女優に認められたということです。すでに『思秋期』(2010)でコールマンの凄さはわかっていたはずなのですが。

 

ともあれ、できるだけ早く、この辺の候補作を観て、選考委員の目が正しかったかどうかを検証したいものです。

 

そして、このひとひねりした結果のせいで、アカデミー賞がさらに興味深くなってきました。さあ、アカデミー賞では、どんなサプライズが起きるのでしょう。楽しみです。

 

| 映画ニュース | 06:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064152
トラックバック