CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< ミッション:インポッシブル/フォールアウト(レンタルBD) | main | 日本未公開『Book Club』は、英盤BDで >>
『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』の英盤BDが、安い

 

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』(2017)の英盤Blu-ray Discが、英アマゾンで3.99ポンドの最安値をつけています。ずっと観たかった作品です。注文してしまいました。

 

本作は、1980年にウィンブルドン決勝で対決したビヨン・ボルグ(1956年6月6日生まれ)とジョン・マッケンロー(1959年2月16日生まれ)を描いたスェーデン・デンマーク・フィンランド合作スポーツ伝記ドラマです。

 

 公式サイト:http://gaga.ne.jp/borg-mcenroe/

 

ボルグを演じるのは、スウェーデン出身である、『ディープ・ウォーター』(2012)『ストックホルムでワルツを』(2013)『蜘蛛の巣を払う女』(2018)のスヴェリル・グドナソン

 

マッケンローは、『トランスフォーマー』シリーズ(2007〜2011)『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)『イーグル・アイ』(2008)『ウォール・ストリート』(2010)『フューリー』(2014)『マン・ダウン 戦士の約束』(2015)のシャイア・ラブーフが演じています。

 

その他、ステラン・スカルスガルドツヴァ・ノヴォトニーの共演です。

 

監督は、『アルマジロ (2010)TV『TRUE DETECTIVE/ロサンゼルス』(2015)のヤヌス・メッツが勤めています。

 

主な舞台は、1980年のウィンブルドン。冷静沈着なプレースタイルで“氷の男”と評された世界ランク1位のビヨン・ボルグでしたが、歴史的記録となる5連覇がかかる大会を前に、かつてないプレッシャーを感じていました。

 

大会が進むにつれ、一層ナーバスになっていくボルグは、ついにもっとも信頼するコーチのレナート・ベルゲリン(ステラン・スカルスガルド)と婚約者のマリアナ・シミオネスク(ツヴァ・ノヴォトニー)に対し感情を爆発させてしまいます。

 

一方、マッケンローは審判に悪態をつき、観客からブーイングを浴びるいつも通りの傍若無人ぶりを発揮しながらも、確実に勝ち上がっていきます。そして、いよいよ、ボルグとマッケンローが決勝のコートに立つのでした……。

 

評論家の受けは、なかなかのものです。Rotten Tomatoesでは、支持率83%で、10点満点中6.5点。Metacriticでは、100点満点中63点となっています。特に、スヴェリル・グドナソンの演技が高く評価されているようです。

 

ボルグとマッケンローの死闘をリアルタイムで、生中継を観ていた貧乏英語塾長としては、この映画には関心をもったものの、シャイア・ラブーフがマッケンローを演じると知って、いささか引くものがありました。外見も声も似ておらず、イメージと違うからです。

 

しかも、好きな劇場で上映されていないこともあって、2018年8月31日から公開されたのですが、観にはいきませんでした。

 

しかし、英盤BDが3.99ポンドまで安くなってくれれば、話は変わります。注文することにしたのでした。

 

国内盤BDも2019年1月23日にリリースされます。

 

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男 [Blu-ray]
ギャガ

 

ですが、ギャガ製ですから、英語字幕がつきません。それでいて、アマゾンでも3853円もします。とても買う気にはなれない代物です(レンタルの予定なし)。

 

米盤BDも存在し、国内アマゾンのマーケットプレイスで取り扱いがあります。

 

Borg vs. McEnroe [Blu-ray]

 

米アマゾンで送料抜きで15.89ドル、国内アマゾンで送料込みで2554円。高すぎです。やはり、英盤BDの優位性は揺らぎません。

 

2018年1月22日発売の英盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。Region Bです。お間違いなく。

 

 Region B
 容量:2層50GB
 映像:1080p/2.39:1/MPEG-4 AVC
 音声:DTS-HD Master Audio 5.1(英・スウェーデン語)
    LPCM 2.0(英・スウェーデン語)
 字幕:英語

 

特典は、かなりの量の映像特典です。

 

 Trailer (2 min)
 Interviews (67 min):
  1. Director Janus Metz
  2. Shia LaBeouf 
  3. Tuva Novotny
  4. Producer Fredrik Wikstrom Nicastro
  5. Stellan Skarsgard
  6. Sverrir Gudnason
  7. Leo Borg
  8. Screenwriter Ronnie Sandahl
  9. Producer Jon Nohrstedt
 Wimbledon Featurette (18 min)
 Q&A with dierctor Janus Metz, Stellan Skarsgard, and 
  Sverrir Gudnason recorded live at the UK premiere of 
  the film at Curzon Mayfair (30 min)

 

すべて英語で話されるようですが、残念ながら、英語字幕はつきません。

 

先日紹介した『マグダラのマリア』(2018)ともう1本の日本未公開映画BDとあわせて注文し、送料(スタンダード便)込みで19.44ポンド、2843でした。本BDを733.26円で購入できたことになります。うれしい限りです。

 

到着予定は、来年1月23日。若き日の感動がよみがえるとよいのですが。

 

| BD購入ガイド | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064138
トラックバック