CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『ハニートラップ 大統領になり損ねた男』の英盤BDが、6.02ポンドで買えた | main | ミッション:インポッシブル/フォールアウト(レンタルBD) >>
クリスマスに最安値をつけた『マグダラのマリア』の英盤BDに乾杯

 

国内劇場未公開・国内Blu-ray Disc/DVD未発売で、iTunesでのみ配信されている『マグダラのマリア』(2018)の英盤BDが、3.99ポンドの最安値をつけました。絶対観たいとおもっていた作品です。注文してしまいました。

 

本作は、新約聖書に登場する聖女マグダラのマリアを主人公とする英米共同製作の歴史ドラマです。

 

タイトル・ロール、マグダラのマリアを演じるのは、『ドラゴン・タトゥーの女』(2011)で同主演女優賞に、『キャロル』(2015)で同助演女優賞にノミネートされた、『セインツ -約束の果て-』(2013)『her/世界でひとつの彼女』(2013)『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(2016)『A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー』(2017)『ザ・ディスカバリー』(2017)『ドント・ウォーリー』(2018)のルーニー・マーラ

 

イエス・キリストを、『グラディエーター』(2000)でアカデミー助演男優賞、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(2005)『ザ・マスター』(2012)で同主演男優賞、にノミネートされ、ルーニー・マーラと『her/世界でひとつの彼女』(2013)『ドント・ウォーリー』(2018)でも共演している、『インヒアレント・ヴァイス 』(2014)『教授のおかしな妄想殺人』(2015)『ビューティフル・デイ』(2017)のホアキン・フェニックスが勤めます。

 

その他、キウェテル・イジョフォータハール・ラヒムの共演です。

 

監督は、『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(2016)でルーニー・マーラと組んだガース・デイヴィス

 

脚本は、TV『ウィッチャーの事件簿:名家の秘密』(2014)TV『ウィッチャーの事件簿:夫婦の秘密』(2014)TV『夜の来訪者』(2015)のヘレン・エドマンソン、『天才画家ダリ 愛と激情の青春』(2008)『パーティで女の子に話しかけるには』(2017)のフィリッパ・ゴスレットが書いています。

 

時は、紀元33年。マグダラ村出身のマリア(ルーニー・マーラ)が、ナザレのイエス(ホアキン・フェニックス)と行動をともにしだします。しかし、マリアが同行することで、ペテロ(キウェテル・イジョフォー)を始めとする男性の弟子たちとの間に不穏な空気が流れます。ですが、マリアは同行をやめないのでした……。

 

評判は、よくありません。Rotten Tomatoesでは、支持率41%で、10点満点中5.5点。Metacriticでは、100点満点中47点という具合です。どうやらキャラクターの掘り下げが十分ではなく、マリアの物語が面白くないということらしいです。

 

しかし、亡き実母の洗礼名がマグダラのマリアであったこともあり、この聖女には非常に関心があります。映画史上初めてのマグダラのマリア主人公の作品でもありますし、絶対に観たいとおもっていたのです。

 

iTunesで観てもよいのですが、英盤BDが送料込みで700円ちょっとで買えるとなれば、文句なくこちらを選びます。

 

なお、米盤BDは発売されておらず、独盤BDが入手可能ですが、独アマゾンで12.97ユーロもして、英盤の優位性は揺るぎません。

 

2018年7月23日発売の英盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。

 

 Region Free
 容量:2層50GB
 映像:1080p/2.20:1/MPEG-4 AVC
 音声:DTS-HD Master Audio 5.1(英語)
    DTS 5.1(独・仏・伊・西語)
 字幕:英・独・仏・伊・西語 など

 

特典は、次のメイキングです。Bluray-Disc.Deからの引用なので、ドイツ語です。

 

 Die Regie bei Maria Magdalena(『マグダラのマリア』の演出)
 Die Besetzung bei Maria Magdalena(『マグダラのマリア』の配役)

 

もう2本のBDとあわせて注文し、送料(スタンダード便)込みで19.44ポンド、2843でした。本BDを733.26円で購入できたことになります。これなら、何の文句もありません。

 

到着予定は、来年1月23日。少し遅れたクリスマス・プレゼントを楽しみに待つことにします。

 

| BD購入ガイド | 07:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064137
トラックバック