CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< クリスマスに最安値をつけた『マグダラのマリア』の英盤BDに乾杯 | main | 『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』の英盤BDが、安い >>
ミッション:インポッシブル/フォールアウト(レンタルBD)
ミッション:インポッシブル/フォールアウト ブルーレイ+DVDセット(ボーナスブルーレイ付き)[Blu-ray]
2018
パラマウント

 

原題:Mission: Impossible - Fallout (2018)
上映時間:2:27:24
2018年8月3日 国内劇場初公開
公式サイト:http://missionimpossible.jp/


劇場レビュー:http://blog.indec.jp/?eid=1064039


ゴウ先生総合評価: A+++
  画質(2.39:1/2.20:1/1.90:1): A
  音質(Dolby Atmos/Dolby TrueHD 7.1): A+
  英語学習用教材度: A++

 

トム・クルーズ主演・製作によるスパイ・サスペンス・アクション『ミッション:インポッシブル』シリーズ(1996〜)第6弾。

 

準主演は、ヘンリー・カヴィルヴィング・レイムスサイモン・ペッグレベッカ・ファーガソンミシェル・モナハン

 

その他、ショーン・ハリスアンジェラ・バセットヴァネッサ・カービーフレデリック・シュミットウェス・ベントリーアレック・ボールドウィンが共演。

 

監督・製作・脚本は、『ユージュアル・サスペクツ』(1995)でアカデミー脚本賞を受賞し、トム・クルーズと『ワルキューレ』(2008:脚本・製作)『アウトロー』(2012:脚本・監督)『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014:脚本)『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015:原案・脚本・監督)『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』(2016:製作)『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(2017:脚本)で組んだ、『ツーリスト』(2010)『ジャックと天空の巨人』(2013)の脚本家クリストファー・マッカリー

 

☆英語字幕つきレンタルBDで観る

 

10月1日に109シネマズ木場で観て大感激し、シリーズ最高傑作と確信し、「A+++」評価をしました。

 

その国内盤Blu-ray Discが12月19日にリリースされました。貧乏英語塾長、セルBDを買いたいのは山々だったのですが、財政状況が許さず、泣く泣くレンタルBDを借り出すことにしました。レンタルBDは、セルBDの本編BDを使ったもので、特典BDはつきません。

 

特典も本編BDに入れてほしいとおもうのですが、本編が2時間27分もあって、音声がドルビーアトモスで、しかも音声解説が3種類もついているのですから、仕方ない決定です。

 

☆あらすじ

 

舞台は、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(2015)でソロモン・レーンが逮捕されて2年後の現代のベルファスト、ベルリン、パリ、ロンドン、カシミール。

 

ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)は逮捕されました。ですが、そのテロリスト組織「シンジケート」は「アポストルズ」と名前を変えて活動をし、世界中に核爆弾テロを仕掛け、バチカンも破壊されてしまいます。

 

この世界の危機にあたり、ベルファストにいるIMFのイーサン・ハント(トム・クルーズ)に、盗まれたプルトニウム3個をアポストルズが「ジョン・ラーク」というまったく素性のわからない原理主義者に売る前の奪還が命じられます。

 

イーサンはベルリンに飛び、ルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)、ベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)と合流し、作戦を遂行しようとしますが、途中で捕まったルーサーを助けようとしている間に、一度は手に入れたプルトニウムを奪われてしまい、作戦は失敗に終わってしまいます。

 

3つの都市を標的にした同時核爆発テロの危機が迫る中、ベルリンからパリへ向かおうとしているときに、イーサンは空軍基地でIMF長官アラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)と打ち合わせをしていました。そこへ、CIA長官エリカ・スローン(アンジェラ・バセット)が現れ、作戦を失敗したイーサンだけには任せられないとCIAの最強工作員オーガスト・ウォーカー(ヘンリー・カヴィル)が監視役として送り込まれます。

 

わずかな手がかりを頼りにテロを計画する謎の組織に迫ろうとするイーサンは、パリに乗り込んで、敵につながる謎の女ホワイト・ウィドウ(ヴァネッサ・カービー)の信用を得るため、その兄ゾラ・ミトソポリス(フレデリック・シュミット)とともに、収監中のソロモン・レーンの脱獄に手を貸すという危険な賭けに出ます。

 

しかし、イーサンたちを妨害してレーンを殺そうとしてきた謎のバイク・ライダーが、そこに現れます。それは、前回の作戦で協力しMI6を退職して自由の身になったはずのイルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)だったのでした……。

 

☆何度観ても、感動は変わらない

 

また泣いてしまいました。イーサン・“トム・クルーズ”・ハントの私情を抑えて、世界平和のために頑張る姿が感動的なのです。あれだけ好きだった愛妻ジュリアを、愛しているからこそ離婚し、テロリストと不正CIA工作員を始末するために命を懸けるのですから、たまりません。シリーズ最高傑作、スパイ映画最高傑作という確信は、今回観ても揺るぎませんでした。

 

とにかく、過激なアクションを展開しつつ人情味あふれるトム・クルーズが最高です。特に、カシミールの場面は、涙があふれます。右足首を骨折しながら、そのハンデを感じさせずに、あの断崖絶壁(ロケ地はノルウェー)を実際に登ったのですから、圧倒されます。

 

そのうえで、わがミューズであるレベッカ・ファーガソンとミシェル・モナハンが花を添えるのです。何度でも繰り返し観たくなります。

 

わがトム・クルーズよ、永遠なれ!

 

(内容については、上掲の劇場レビューを参照ください。)

 

内容: A+++


++++++++++


画質(2.39:1/2.20:1/1.90:1): A
 

Gump TheatreにてOppo UDP-203から1080・24p信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、15 Mbpsから41 Mbps。

 

撮影は、『BOY A 』(2007)『レッド・ライディング I :1974』(2009)『おじいさんと草原の小学校』(2010)『ブリッツ』(2011)『シャドー・ダンサー』(2011)『エレン・ターナン 〜ディケンズに愛された女〜』(2013)『シークレット・デイ』(2014)『戦場からのラブレター』(2014)『エクス・マキナ』(2015)『アナイアレイション -全滅領域-』(2018)のロブ・ハーディ

 

機材は、アリフレックス235、アリフレックス435、パナビジョン・ミレニアム・DXL、パナビジョン・パナフレックス・ミレニアム・XL2 35mmフィルム・カメラ、レッド・ウェポン・ドラゴンHDカメラを使用。マスター・フォーマットは、DI(4K)。世界の一部の劇場では、ドルビービジョン上映。


109シネマズ木場では、4Kプロジェクターによるネイティブ4K上映を観たのですが、意外と軟調であるため、画質には不満を覚えました。その印象は、BDでも変わりません。現代最新BD画質の水準はクリアしていますが、それ以上のものではありません。

 

劇場とは違い、IMAX版も含めているために、アスペクト比が2.39:1だけではなく、2.20:1と1.90:1が含まれています。

 

グレインがかなり大粒のアナログ撮影部分とデジタル撮影部分の画質の差は激しく、強い違和感を覚えてますし、解像度も高いものの、細部をえぐりだす迫力はありません。


発色は、ほぼニュートラル。アナログ部分では色数がやや間引かれ、くすみがちですし、デジタル部分も目が覚めるほど鮮やかではありません。あっさりとした色合いです。さらに、肌の質感にも、時おり違和感を覚えます。

 

暗部情報量は、かなりのもの。黒がよく沈み、コントラストはそれほど高くないのですが、階調はかなり滑らかで、見づらさはほとんどありません。

 

120インチの大画面の近接視聴も、ほぼ問題なしです。

 

音質(Dolby Atmos/Dolby TrueHD 7.1​): A+

 

Oppo UDP-203からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

一部の劇場では、ドルビーアトモス、ドルビーサラウンド7.1、Auro 11.1、DTS:X、IMAX 12-Track、Sonics-DDP上映。

 

ドルビーアトモス対応していないGump Theatreでは、ドルビーTrueHD 7.1で視聴。

 

これも、劇場体験と酷似しています。

 

109シネマズ木場ではドルビーデジタル5.1で聴いたのですが、劇場レビューでは、「現代最高のシネソニック」と断言しました。その印象が、そのままBDでも味わえます。

 

左右前後に音を定位させ、サラウンド・スピーカーはもちろん、サラウンドバック・スピーカーからの音数も大量で、みっちりとした濃厚な立体音場を味わえます。音の出所も、スクリーンと完全にマッチし、各スピーカーのリンケージも見事で、移動感は鮮やかに決まります。カーチェイス、バイクチェイス、ヘリコプターチェイスは、耳へのご馳走です。

 

ノイズ感はなし。純度が高く、鳥の鳴き声・風音など細かい環境・効果音が聞こえてきますし、ほとんどすべての場面に流れる小さな劇伴音楽がストーリーを盛り上げます。同時に、銃声・爆破音・打撃音は痛みと重みがあります。

 

ローン・バルフェの音楽の響きも最高。弦楽器が団子にならず、分離感に優れています。ラロ・シフリンのテーマ曲のアレンジも、古いファンを悦ばせてくれます。

 

セリフの抜けも、文句なし。レンジも広く、サ行も滑らかで、発音もとても聴き取りやすいものです。

 

超低音成分は、膨大。部屋によっては調整が必要でしょう。

 

英語学習用教材度: A++
 

日本・英語字幕ならびに日本語吹替えつき。

 

セリフ量は、多め。ですが、俗語・卑語は多くはありませんが、F-word2回など、登場します(PG-13指定)。とはいえ、注意さえすれば、テクストとして十分に使えます。

 

英語字幕は、確認した限り、完璧にセリフをフォローしており、勉強しやすいものです。

 

しかも、本編BDには、3種類の音声解説がついており、それすべてに英語字幕がつくのですから、たまりません。

 

++++++++++

 

気になるところを、アト・ランダムに。

 

☆音声解説の最後で、トム・クルーズが、“We can make better”(もっとうまく作れる)というのには、ビックリ仰天です。どうやら次回作もクリストファー・マッカリーと作る模様で、ファンとしてはうれしくてなりません。

 

☆1億7800万ドルの製作費で、最終的に、アメリカで2億2016万ドル、海外で5億7086万ドル、世界で7億9102万ドルのメガヒット。全米・世界とも、シリーズ最大の売り上げを記録しました。当然のことです。

 

本編BDには、3種類の音声特典がついています。

 

 クリストファー・マッカリー(監督)と
  トム・クルーズによる音声解説
 クリストファー・マッカリー(監督)と
  エディ・ハミルトン(編集)による音声解説
 ローン・パルフェ(音楽)による音声解説

 

音声は、ドルビーデジタル・ステレオ。うれしいことに、すべてに英語字幕がつきます。情報量は、膨大。ファンは、すべて必聴です。特に、マッカリーとクルーズの音声解説は、格別といえます。

 

☆セルBDの特典BDには、次の60分以上の映像特典がついています。

 

 製作の舞台裏
 削除シーン モンタージュ
 追跡シーンの音楽分析
 究極のミッション 
 ストーリーボード
 劇場用予告編

 

☆通常盤BDに加えて、4K UHD BDを含め、次の5種類のBDが入手可能です。

 

ミッション:インポッシブル/フォールアウト (4K ULTRA HD + ブルーレイセット)(初回限定生産)(ボーナスブルーレイ付き)[4K ULTRA HD + Blu-ray]
2018
パラマウント

 

【Amazon.co.jp限定】ミッション:インポッシブル/フォールアウト ブルーレイ+DVDセット(ボーナスブルーレイ付き)(ビジュアルシートセット付き) [Blu-ray]
2018
パラマウント

 

【Amazon.co.jp限定】ミッション:インポッシブル/フォールアウト [4K ULTRA HD+ブルーレイセット](ボーナスブルーレイ付き)(ビジュアルシートセット付き)[4KULTRAHD+Blu-ray]
2018
パラマウント

 

【Amazon.co.jp限定】ミッション:インポッシブル/フォールアウト スチールブック仕様 4K ULTRA HD + ブルーレイ セット(ボーナスブルーレイ付き)[4K ULTRA HD + Blu-ray]
2018
パラマウント

 

ミッション:インポッシブル 6ムービー・ブルーレイ・コレクション(初回限定生産)ボーナスブルーレイ付き 7枚組 [Blu-ray]
1996/2000/2006/2011/2015/2018
パラマウント

 

++++++++++

 

映画ファン、本シリーズ・ファン、トム・クルーズ・ファン、必見・必聴。画質はイマイチですが、音は極上。レンタルBDでも、音声解説が3種類もついて、お腹いっぱいになり、大感激です。セルBDも、購入の価値は十分にあります。極めて強力にオススメします!

 

| 外国映画(マ行) | 04:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064134
トラックバック