CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『クワイエット・プレイス』は、米盤BDで観ることに | main | 『アンクル・ドリュー』は、観てみたい >>
『バーバラと心の巨人』も、米盤BDで

 

現在劇場公開中の『バーバラと心の巨人』(2017)の米盤Blu-ray Discが、米アマゾンで10.31ドルの最安値をつけています。観たいとおもいつつも、上映する劇場が少なく、都合が合わなくてイライラしていました。ゆえに、渡りに船です。購入することにしました。

 

本作は、米英中ベルギー合作により、ジョー・ケリーケン・ニイムラのグラフィック・ノベル『I Kill Giants』を実写映画化したファンタジー・ドラマです。

 

I KILL GIANTS (IKKI COMIX)
小学館

 

I kill giants
BAO Publishing

 

監督は、『ヘリウム』(2013)でアカデミー短編実写賞を受賞した、本作が長編劇映画デビューとなるデンマーク出身のアンダース・ウォルター

 

脚本・製作は、TVアニメの原案・企画・脚本で活躍する原作者ジョー・ケリーが担当。本作が長編劇映画デビューとなります。

 

主演は、『俺たちスーパー・ポリティシャン めざせ下院議員!』(2012)『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(2015)『死霊館 エンフィールド事件』(2016)の子役マディソン・ウルフ

 

準主演は、『アバター』(2009)『コロンビアーナ』(2011)『ザ・ワーズ 盗まれた人生』(2012)『ファーナス/訣別の朝』(2013)『それでも、やっぱりパパが好き!』(2014)『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ(2014・2017)『夜に生きる』(2016)のゾーイ・サルダナ

 

その他、イモージェン・プーツシドニー・ウェイドロリー・ジャクソンジェニファー・イーリーが共演しています。

 

 公式サイト:http://barbara-movie.jp/

 

本作は、あることで心に痛手を受け、巨人がいると信じて奇行に走る孤独な12歳の少女バーバラ・ソーソン(マディソン・ウルフ)が、手を差し伸べようとする学校のスクールカウンセラー(ゾーイ・サルダナ)、姉(イモージェン・プーツ)、イギリスからの転校生(シドニー・ウェイド)を振り切ってしまう姿を描く作品です。

 

評価は高く、Rotten Tomatoesでは、支持率79%で、10点満点中6.3点。Metacriticでは、100点満点中74点となっています。

 

ただし、残念ながら、興行的には世界で18万ドルしか売り上げられないという惨憺たるもので、1510万ドルの製作費は回収できませんでした。

 

しかし、そんなことは関係ありません。原作は読んでいませんが、その設定と魅力的な出演陣に強く魅かれたからです。「映画は、女優で決まる」が信条で、愛するゾーイ・サルダナ、ジェニファー・イーリー、イモージェン・プーツが出るうえ、あの可愛らしいマディソン・ウルフが主役というのですから、食指が伸びます。

 

とはいえ、興行的に成功していないため、10月12日に公開開始されたのですが、上映終了が相次ぎ、いまでは東京でも、というか関東全体でも、TOHOシネマズ シャンテだけでしか上映されていません。ゆえに、米盤BDがここまで値下がりしてくれたので、悦んで注文したというわけです。

 

2018年5月22日に発売された米盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。上映時間は、106分です。

 

 Region A
 容量:1層25GB
 映像:1080p/2.39:1/MPEG-4 AVC (17.99 Mbps)
 音声:DTS-HD Master Audio 5.1 (48kHz, 24-bit) (英語)
 字幕:英・ 西語

 

アメリカの一部の劇場ではドルビーアトモス上映されたのですが、BDへの搭載は見送られました。この興行成績だと仕方ないかもしれません。

 

特典です。

 

 The Making of I Kill Giants (1080p; 1.78:1; 5:39)
 Anatomy of a Scene (1080p; 1.78:1; 4:52)
 I Kill Giants Graphic Novel: Chapter 1 (1080p)
 Photo Gallery

 

昨日紹介した『クワイエット・プレイス』(2018)のBDとともに購入して、送料(スタンダード便)込みで30.26ドル、3559円でした。本BDを1902.19円で買えたことになります。これだと、TOHOシネマズ シャンテにシネマーレージデイに地下鉄で行くよりやや高いくらい。何とか許せます。

 

到着予定は、11月23日。魅力的な女優たちに会えるのが、何より楽しみです。

 

| BD購入ガイド | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064080
トラックバック