CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『シルク・ドゥ・ソレイユ3D 彼方からの物語』の英盤3D BDが、たったの4.99ポンド | main | 英語学習に役立つ国内盤BD 11月3日発売分 >>
ロニー・コールマン:偉大なる王者(Netflix)

 

原題:Ronnie Coleman: The King (2018)
上映時間:1:33:09
Netflix配信:国内劇場未公開・国内BD/DVD未発売
公式サイト:https://www.netflix.com/title/81018183​

ゴウ先生総合評価: A-/B+
  画質(1.78:1): A/A-
  音質(Dolby Digital Plus 5.1): A-/B+
  英語学習用教材度: A-

 

ジェネレーション・アイアン』(2013)『ジェネレーション・アイアン2』(2017)とプロ・ボディビルダーのドキュメンタリー映画を撮ってきたヴラッド・ユーディン監督・製作・脚本による伝説のプロ・ボディビルダー、ロニー・コールマンを追ったドキュメンタリー。

 

出演は、ロニー・コールマン本人と家族はもちろん、ジェイ・カトラー、ドリアン・イエーツ、リッチ・ガスパリ、ショーン・レイ、ケヴィン・レヴローン、フレックス・ウィラー、クリス・コーミアー、ヴィクター・マルティネス、カイ・グリーンなどの歴史に残る名ボディビルダーたち。

 

☆ロニー・コールマン・ファンなら、見逃せない

 

アメリカでは6月22日に劇場公開されたドキュメンタリー映画です。それが、いつの間にかNetflixで公開されているのをつい数日前に発見しました。ボディビルディング・ファンの貧乏英語塾長、すぐに観ることにしたのです。

 

☆食い足りない部分はあるが、悪くない

 

もっと突っ込んでほしいという感想を持ちましたが、ロニー・コールマンが、必死に生きている姿を観られてうれしくなりました。

 

ロニー・コールマンは、アーノルド・シュワルツェネッガー、ドリアン・イエーツに次いでボディビルディングに革命を起こした人物です。ゆえに、現役時代の練習方法を描いたビデオは何本もリリースされていて、観たことがありますが、その人となりは知らなかったので、非常に興味深いものでした。

 

ロニー・コールマンは、1964年5月13日米ルイジアナ州生まれのIFBBプロ・ボディビルダー。ボディビルディング界最高の栄誉であるミスター・オリンピアを、1998年から2005年まで8回連続して獲得しています。これは、1984年から1991年まで優勝したリー・ヘイニーに並ぶ史上最多記録です。(続いて、アーノルド・シュワルツェネッガー、現役のフィル・ヒースの7回、ドリアン・イエーツの6回、ジェイ・カトラーの4回と続きます。)

 

現役時代は、コンテストに出るときで136圓發△辰燭箸いい泙垢、その身体は筋肉と骨しかないように見えます。上のジャケットに移っているフロントもそうですが、バックも圧倒的です。

 

 

ところが、この王者は、背骨と股関節を痛め、いまは松葉杖もしくは歩行補助器がないと歩けなくなっています。現役時代、360圓箸い信じられない重さのバーベルでフルスクワットを2回もする日常を送っていたことで、椎間板が破壊されたのです。同時に股関節もひどい状態で、本作前の時点で7回の手術を受け、本作では2017年に8回目の手術を受けるまでの姿が細かく描かれます。

 

このために、いまは体重が100坩焚爾砲泙膿搬里肋さくなっています。とはいえ、撮影時53歳とはおもえない往年をおもい出させる見事な肉体ではあるのですが。

 

というのも、いまも現役時代と同じテキサス州アーリントンに住み、痛み止めを飲みながら、30年以上通っているメトロフレックス・ジム(ジェイ・カトラーは「糞壺(shithole)」と形容)に通い、ウェイト・トレーニングをやっているのです。本当にボディビルディングが好きなのでしょう。

 

うれしいのは、引退すると惨めな晩年を送るビルダーが多い中、立ち上げたサプリメント会社ロニー・コールマン・シグネチャー・シリーズが成功を収め、高額な手術代を賄えて、白人の妻スーザンと娘ふたりとともに立派な家に住んでいられることです。

 

しかも、性格的にかなり異常なビルダーが多い中、警察官を長年勤められたように、コールマンがそういうつらい身体的状況にありながら、精神状態が落ち着いていることが、長年のファンとしてはうれしくなります。

 

夫婦仲も、娘たちとの関係もよい模様で、家族といるととてもよい表情をしています。かつてのライバルたちもコールマンの真面目さと性格のよさを指摘するのが印象的です。特に、辛口コメントが多いショーン・レイが褒めるのですから、コールマンの人のよさは格別なのでしょう。

 

ただ、手術は成功したとありますが、その後の姿は見られないのが、気がかりです。そのあたり、リリースを少し伸ばして、手術の成果を観たいものでした。とはいえ、椎間板ヘルニアを始め、なかなか根治しない激しい苦痛を伴う病気と闘っている方には、勇気を与える作品となっています。

 

内容: A-/B+

 

++++++++++

 

画質(1.78:1): A/A-

 

Gump TheatreにてOppo UDP-203から1080・60i信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。コーデックは、不明。伝送レートも、不明。

 

撮影は、短編・ドキュメンタリーで活動するケヴィン・イスラエル・カストロ、TV、短編、ドキュメンタリーで活動するクリスティン・メンディス

 

機材、マスター・フォーマットは、不明。ただし、エンド・クレジットには、レッド・カメラのロゴが出てくるので、レッドが使われたものと推測。オリジナル・アスペクト比も、1.78:1。

 

新しく撮影されたものと過去のビデオ映像とが混じっており、上の評価は前者のものです。後者だと、「C」評価がよいところです。

 

新しく撮影されたものは、Netflixの水準画質を上回る高画質です。最新Blu-ray Discにはやや及ばないものの、DVDにははっきりと勝っています。

 

解像度は、かなりのもの。細部も甘くなっていません。彫りも深く、奥行き感も出ています。

 

発色は、ニュートラル。色乗りはパワフルで、くすみも少なく、かなりの鮮明さです。肌の質感にも、違和感はありません。

 

暗部情報量も、なかなか。コントラストが高く、夜のシーンでも見づらさはありません。

 

120インチの大画面の視聴には、4メートルも離れれば楽しめます。

 

音質(Dolby Digital Plus 5.1): A-/B+

 

Oppo UDP-203からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

フロント重視の音響設計。後方からの音数は少なめです。まあ、ドキュメンタリー映画ですから、これでよしとしないといけません。

 

ノイズフロアは低く、マイナス30デシベルでも、まったくうるさくありません。音の角が丸まることもなく、すっきりしています。

 

セリフも、すっきりと響きます。レンジは広く、高音も伸び、詰まりません。サ行も滑らかです。

 

超低音成分は、ゼロです。

 

英語学習用教材度: A-

 

日本語・英語字幕つき。日本語吹き替えは、つきません。

 

セリフは、かなりの量。しかも、俗語・卑語は、F-wordを含め、ほとんど登場しません。

 

英語字幕は、確認した限り、完璧にセリフをフォローしています。挿入歌にも、英語字幕がつきます。

 

とはいえ、特典が予告編しかないNetflixですから、これ以上の評価は無理です。

 

++++++++++

 

☆原題は、Ronnie Coleman: The King。邦題は、“King”の前についた“The”を重視したものといえます。

 

ケヴィン・レヴローニのロニー・コールマンの物まねがあまりに似ていて、笑ってしまいました。

 

++++++++++

 

ボディビルディング・ファン、闘病している方、必見です。画質は良好、音質はまずまず。オススメします!

 

| 外国映画(ラ行) | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064070
トラックバック