CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< チップス 白バイ野郎ジョン&パンチ再起動!?(Netflix) | main | ミッション:インポッシブル/フォールアウト >>
散り椿

 

東宝製作
上映時間:112分
2018年9月28日 国内劇場初公開
公式サイト:http://chiritsubaki.jp/

TOHOシネマズ日本橋 スクリーン9 C-9
2018年10月1日(月)11時50分の回

ゴウ先生総合評価: B
  画質(1.85:1/Digital): A/A-
  音質(Linea PCM): A-
  英語学習用教材度: N/A

 

劔岳 点の記』(2008)『春を背負って』(2014)の木村大作監督・撮影により、葉室麟の同名小説を映画化した東宝製作時代劇。

 

散り椿 (角川文庫)
KADOKAWA/角川書店

 

脚本は、『八月の狂詩曲(ラプソディー)』(1991)『まあだだよ』(1993)で黒澤明の助監督を務めた、『雨あがる』(1999)『阿弥陀堂だより』(2002)『博士の愛した数式』(2005)『明日への遺言』(2007)『蜩ノ記(ひぐらしのき)』(2013)の小泉堯史

 

主演は、木村大作と『時雨の記』(1998)『追憶』(2017)で組んでいる、『永遠の0』(2016)『海賊とよばれた男』(2016)『関ヶ原』(2017)の岡田准一

 

準主演は、西島秀俊黒木華池松壮亮麻生久美子

 

その他、奥田瑛二緒形直人新井浩文柳楽優弥芳根京子駿河太郎渡辺大石橋蓮司富司純子が共演。

 

☆絶対に観たかった

 

カメラマンとしてはあまり評価しない木村大作ですが、監督としてはなかなかのものです。高い評価を受けた『劔岳 点の記』(2008)はもちろん、あまり評判のよくなかった『春を背負って』(2014)も挫折した若者の再出発を静かに描いて面白く感じました。ゆえに、岡田准一が剣豪を演じる時代劇を作ったと聞いたら、どうしても観たくなり、その算段を始めたのでした。

 

うれしいことに、公開直後に1100円で観られるファースト・デーがやってくるので、その日の近場の4Kプロジェクター設置館のスケジュールと混み具合を調べました。すると、TOHOシネマズ日本橋の11時50分の回がぴったりだとわかり、出かけることにしたのです。

 

先客の座席状況を確認してから自分の席を決めるやり方なので、到着したのは、11時40分過ぎ。もう少し後のほうが本当はよいのですが、そのままチケット販売機の前に立ってしまいました。

 

入りは、4割弱。後ろのほうはかなり埋まっていますが、気にしません。かぶりつき派としては、前のほうが好きなので。しかし、前から2列目中央やや左のB-7に先客がいます。前に座っている人がいるのは好みではないのですが、仕方ありません。その人が視野に入らないように3列目中央右のC-9を押さえることにしました。

 

ところが、4列目の斜め後ろに座った老人が、席をしばしば蹴るのです。仕方なく、後半はC-8に逃げてしまいました。なお、この日は、時代劇ということもあって、年寄りが多く、久々に場内で携帯を鳴らすマナー知らずのジジイがいました。ビニール袋をくしゃくしゃいわせる老人もいるし、マナーが悪いのはシニアばかり。どうにかならんものでしょうか。

 

☆あらすじ

 

舞台は、享保15(1718)年冬から翌春までの扇野藩(架空)。

 

瓜生新兵衛(岡田准一)は、かつて故郷の扇野藩で榊原采女(西島秀俊)・篠原三右衛門 (緒形直人)・坂下源之進(駿河太郎)と並び立つ平山道場・四天王の一人と謳われた剣豪です。8年前に藩の不正を糺そうとして失敗し、放逐された過去を持ちます。

 

新兵衛の妻・篠(麻生久美子)は、坂下家の出。当初、采女と結婚する予定でしたが、榊原家と坂下家では身分が違いすぎると采女の母榊原滋野(富司純子)が反対したために、新兵衛と結婚したのでした。

 

浪人となっても新兵衛に連れ添い続けた篠でしたが、京で結核に倒れてしまいます。今わの際に、篠は新兵衛に「私の代わりに家の庭から見える散り椿を見てきてほしい。そして采女様を助けてほしい」と最期の願いを託すのでした。

 

この8年間に、不正事件に関与したと疑われていた采女の父が何者かに殺され、その犯人は新兵衛ではないかと噂されていました。さらに、その責任を取るために、国家老の石田玄蕃(奥田瑛二)から命じられ、源之進が切腹をしてしまいます。こうして、坂下家は、長女と長男を亡くし、次女の里美(黒木華)と次男の藤吾(池松壮亮)が支えていかざるを得なくなったのでした。

 

父の非業の死による不利な立場を乗り越える采女のがんばりで、いまは側用人となり、三右衛門も藩主千賀谷政家(渡辺大)の警備担当の役目を与えられていました。

 

采女は新兵衛にとってのかつての親友にして恋敵であり、不正事件をめぐる因縁の相手でしたが。篠の願いを受け、扇野藩へと戻ってきた新兵衛は、不正事件の真相を突き止めるべく奔走するのでした……。

 

☆『椿三十郎』への木村流オマージュ

 

『散り椿』というタイトルとあらすじ、そして予告編を観ただけで、原作は読んでいません。ですが、そこから受けた印象は、黒澤明監督・脚本、三船敏郎主演『椿三十郎』(1962)へのオマージュではないかという予感でした。黒澤に傾倒している木村大作ですから、間違いではないはず。そして、それは正解でした。

 

しかし、このオマージュ、重いし、暗いのです。『椿三十郎』にあった、軽快さとユーモアがありません。さらにいえば、三十郎が見せる機転の鋭さも新兵衛にはないのです。岡田准一は、軽快さ・ユーモア・鋭い機転を持ち合わせている俳優。木村はどうしてそれを引き出さなかったのでしょう。この結果、『椿三十郎』のすばらしさにははるかに及ばない出来となっています。

 

ストーリー展開も、国家老の不正を浪人が暴くという主筋まで『椿三十郎』と一緒です。本作は友情と恋愛を持ち込んだところが違うのですが、そのせいで主要登場人物が増え、進行が遅くなり、複雑な展開をセリフで説明しなければならなくなって、物語がテンポよく進んでいきません。

 

そのうえ、編集も甘く(柳楽優弥演じる平山十五郎のシーンは不必要でしょう)、退屈さを覚えます。経験の浅い菊池智美では、木村を制御できなかったのでしょう。あと15分は短くしておくべきでした。

 

俳優も、脚本・演出に足を引っ張られています。

 

岡田准一の殺陣の斬新さと力強さには圧倒されます。三船敏郎とよい勝負です。本当に惚れ惚れします。しかし、三船の重厚さが醸し出されないために、無理して重々しく演じようとしており、『追憶』(2017)同様、空回りしています。これは、岡田のよさを十分に引き出せなかった脚本と演出の問題です。

 

西島秀俊も、見事な刀裁きを見せてくれるですが、側用人として第一の実力者・石田玄蕃にズケズケものをいえる理由がよくわからず、混乱します。これも脚本と演出の問題です。

 

奥田英二は、悪者家老の典型演技。目新しいものはありません。その分、底が割れてしまい、早い段階で先が完全に読めてしまうのは面白くないところです。

 

池松壮亮、緒方直人、宇野十蔵役の新井浩文は、ひととおり。石橋蓮司の田中屋惣兵衛も、特に石橋でなくてもよかったことでしょう。渡辺大の藩主だけが、爽やかかつ伸びやかで、観る者をホッとさせてくれます。

 

女優に関していえば、麻生久美子の儚さと黒木華の健気さは、イメージ通りでファンとしてはうれしくなります。特筆すべきは、富司純子が悪役を演じたことです。しかし、これも脚本と演出のせいでオーバーアクション気味になり、残念ながら、富司らしさが出ているとはいえません。

 

文句なしの傑作を期待していたために、悪くない映画だとはおもうのですが、失望感が大きなものとなってしまったのでした。

 

++++++++++

 

画質(1.85:1/デジタル): A/A-

 

撮影は、『八甲田山 (1977)『駅 STATION (1981)『海峡 (1982)『居酒屋兆治 (1983)『夜叉 (1985)『あ・うん (1989)『鉄道員(ぽっぽや) (1999)『ホタル (2001)『単騎、千里を走る。 (2005)で高倉健と組んだ、『火宅の人』(1986)『寒椿』(1997)『誘拐』(1997)『時雨の記』(1998)『赤い月』(2004)『北のカナリアたち』(2012)『追憶』(2017)の木村大作

 

機材の詳細は不明ながら、35mmフィルム・カメラを使用。マスター・フォーマットは、不明(たぶん、DI)。

 

4Kプロジェクターによる上映。

 

はっきりいって、木村の画調は好みではありません。フィルムらしさが軟調のほうに振れて、彫りの深いがっちりとした絵を作ってくれないからです。自然光撮影にこだわるのはよいのですが、のっぺりとした絵になるのは避けてもらいたいところでした。これは、高倉健主演作でもそうです。奥行きは見事に出ているのに、もったいないところです。

 

発色も、場面によって、いろいろ手を加えられているようですが、おおむねあっさりとしたものです。色乗りは、晴れた日の屋外シーン以外は、パワーを感じられません。しかも、どこか白茶けた印象で、雪の日のシーンが見づらくなっています。

 

暗部情報量も、いまひとつ。黒の沈み込みが足りず、コントラストが低い場合が多いためにために、田中屋襲撃場面での新兵衛の活躍がよくわかりません。A-に落とすか、最後まで悩んだ次第です。

 

3列目だと、やや見上げることになりますが、割りと楽にスクリーンをすべて把握できます。かぶりつき派の貧乏英語塾長には何も問題ありません。

 

音質(Linear PCM): A-

 

フロント重視の音響設計。後方からの音数は少なく、みっちりとした立体音場を愉しむことはできません。絵と同じく、音もあっさりとしたものです。音の出所とスクリーンとのマッチ度も曖昧です。たとえば、雨が降る屋内シーンで、本当は雨がスクリーン右側中心に降らなければならなくても、雨が全体に同じ音量で降っていて、まるで家の中にも雨が降っているようでした。

 

ノイズフロアは、最低レベル。音をできるだけ間引こうという製作意図のようですが、静けさの表現はよく出ています。音量は、耳に優しいレベル。不快感ゼロです。刀による斬撃音も、控えめです。チェロのソロ演奏は、実にすばらしいもの。スクリーンの奥から聞こえてきます。

 

セリフの抜けは、文句なし。サ行がきつくならず、発音も明瞭です。音像も膨らまず、口元に寄り添います。

 

超低音成分は、控えめ。ほとんど記憶にありません。

 

英語学習用教材度: N/A

 

++++++++++

 

岡田准一の殺陣は、絶品。Blu-ray Discが出たら、その場面だけ編集して見たいくらいです。欲張らずに、余計なセリフやおもわせぶりでオーバーアクションになっているシーンを切った編集にし直して95分程度の映画にしたら、本作は絶対に傑作になりえます。

 

| 日本映画(た行) | 12:44 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
問題はも音楽で、『ゴッド・ファーザー』の「愛のテーマ」そっくりですね。これで海外で公開できるでしょうか、盗作と言われかねません。

全体に不可思議な作品で、脚本の小泉の責任です。この時代に独占販売と言った言葉があったでしょうか、大いに疑問です。
| さすらい日乗 | 2018/10/06 8:02 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064036
トラックバック