CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 不都合な自由(Netflix) | main | おとぎ話を忘れたくて(Netflix) >>
天下無敵のジェシカ・ジェームズ(Netflix)

 

原題:The Incredible Jessica James (2017)
上映時間:1:23:36
2017年7月28日Netflix配信:国内劇場未公開・国内BD/DVD未発売
公式サイト:https://www.netflix.com/title/80171022​

ゴウ先生総合評価: A-/B+
  画質(1.85:1): A-
  音質(Dolby Digital Plus 5.1): A-
  英語学習用教材度: A‐

 

男ゴコロはマンガ模様』(2015)『オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式2』(2015)のジェシカ・ウィリアムズ主演による米国製コメディ。

 

準主演は、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011)『疑惑のチャンピオン』(2015)『モリーズ・ゲーム』(2017)『クローバーフィールド・パラドックス』(2018)のクリス・オダウド

 

その他、ノエル・ウェルズレイキース・スタンフィールドが共演。

 

監督・脚本は、『さよなら。いつかわかること』(2007)『プリティ・フープ』(2009)『男ゴコロはマンガ模様』(2015)『最高の家族の見つけかた』(2016)のジェームズ・C・ストラウス

 

☆クリス・オダウドを信じてみた

 

ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011)以来、クリス・オダウドのファンです。オダウドが出ていると知ると、その映画を観たくなります。

 

本作にしても、映画はもちろん、ジェシカ・ウィリアムズのことも、まったく知らなかったのですが、オダウドが出ていると知って、観たくなったという次第です。このあたり、Netflixだと定額料金(契約しているのは、2K HD画質で月額1200円のレギュラー・コース)で見放題ですから、気も楽です。

 

☆あらすじ

 

舞台は、現代のニューヨーク・シティ(NYC)とオハイオ。

 

ジェシカ・ジェームズ(ジェシカ・ウィリアムズ)は、NYCで脚本家としての成功をめざすオハイオ州出身の黒人女性です。最近、黒人男性の恋人デイモン・ジョハンシン(レイキース・スタンフィールド)からふられてしまい、その傷が癒えません。

 

そんな姿を見かねた親友の白人女性ターシャ(ノエル・ウェルズ)が、白人男性のアプリ製作者ブーン(クリス・オダウド)を紹介します。しかし、ブーンはブーンで、別れた白人女性妻マンディ・ムーア(メーガン・ケッチ)のことが忘れられず、ふたりの関係は暗礁に乗り上げてしまったのでした……。

 

☆拾いもの

 

仕事に恋に行き詰っている30歳前後の女性を描くというのは、よくある設定です。ところが、どこか新鮮に感じます。さりげない登場人物の日常を本音で描いた脚本とジェシカ・ウィリアムズのおかげです。セリフが生き生きとしていますし、ウィリアムズとクリス・オダウドはもちろん、レイキース・スタンフィールド、ノエル・ウェルズとのケミストリーがとてもよいのです。大いに楽しめました。

 

脚本のすばらしいところは、ずけずけと本音をいっているように見えるジェシカとブーンが、実はその発言すらも自分たちの本意を口にしているのかどうかわからなくなるという描き方に共感を覚える点のです。

 

ジェシカは元恋人デイモンを、ブーンは元妻マンディを忘れられないのに、ふたりはデートを重ね、自分たちの気持ちを測りかねます。ポスターにある「好きになるのは簡単。愛するのは難しい(Likes are easy. Love is hard.)」というコピーが、まさにふたりの状況です。

 

とはいえ、「天下無敵」のジェシカですから、めげません。何でもよいほうに解釈するのが強みです。送った脚本が不採用になっても、その旨を通知する手紙の文面に優しい表現があるとそれだけで、元気になります。このたくましさは見習いたいものです。

 

ブーンにしても、マンディに新しい恋人ができて気がかりで、平気でストーカー化していますし、それでいてジェシカとの関係を保とうとします。

 

さらに、セリフの端々といくつかの場面では、大笑いできます。特に、ジェシカの夢の中にデイモンが現れ、その挙句、ビルから落ちてきたピアノに押しつぶされる開始33分過ぎのシーンには、その唐突さもあって、爆笑でした。

 

191僂離リス・オダウドも小さく見える183僂離献Д轡・ウィリアムズは、取り立てて美人というわけでも、声がよいというわけでもありませんが、さり気ないおかしさがとてもよくて、好感がもてます。

 

オダウドは、いつも通りのおとぼけ感と肩の凝らないおかしみが本作でも出ています。ノエル・ウェルズやレイキース・スタンフィールドも、まさにその路線。人生の転換点を描いている作品なのに、深刻にならずによい意味での軽みがあるのが本作の最大の長所です。

 

モリー・ゴールドスタインジェシー・ゴードンの編集も、キレがよく、飽きさせることがありません。

 

ジェームズ・C・ストラウス、『最高の家族の見つけかた』(2016)に続いてのヒットです。

 

内容: A-/B+

 

++++++++++

 

画質(1.85:1): A-

 

Gump TheatreにてOppo UDP-203から1080・60i信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。コーデックは、不明。伝送レートも、不明。

 

撮影は、本作が初の撮影監督となる、TVやドキュメンタリーで活躍するショーン・マッケルウィー

 

機材・マスター・フォーマットは、不明。オリジナル・アスペクト比も、1.85:1。

 

Netflixの水準よりやや上の画質。とはいえ、最新Blu-ray Discのそれには及ばず、DVDよりははっきりとましというところです。

 

解像度はかなりの高さ。細部がスポイルされている印象はありません。彫りも深く、奥行き感も出ています。フラットに見える場面はほとんどなしです。

 

発色は、ニュートラル。ただし、ややくすんでおり、くっきりすっきりとはいきません。それでも、肌の質感はかなりナチュラル。違和感はそれほどありません。

 

暗部情報量も、かなりの量。コントラストがそれなりに高く、黒も予想以上に沈み、暗い場面でも、見づらいシーンはなしです。

 

120インチの大画面の近接視聴には、4メートルも離れれば、愉しめます。

 

音質(Dolby Digital Plus 5.1): A-

 

Oppo UDP-203からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

左右前後に音を定位させる音響設計。後方からの音数は少なめですが、それでもはっきりと聞こえてきます。音楽が鳴り出すと、立体音場の密度感が高まります。さらに、左右の広がりはかなりのもので、スクリーンの外から環境音が放たれるのも好印象。包囲感はかなりのものですし、移動感も相当。音の出所とスクリーンとのマッチ度もほぼ正確です。

 

ノイズフロアは低く、マイナス30デシベルという大音量でも、まったくうるさくありません。音の角が丸まることはなく、くっきりしています。室内の反響成分・話し声・車の走行音などの細かい環境音がよく聴こえ、臨場感を高めます。音楽も団子になることなく、かなりの分解能です。

 

セリフの抜けも、文句なし。発音は至極明瞭で、レンジは広く、高音も伸び、詰まったりはしません。

 

超低音成分は、低音楽器の最低音だけです。もの足りない気もしますが、そういうことを求める映画ではありませんから、気にはなりません。

 

英語学習用教材度: A-

 

日本語・英語字幕ならびに日本語吹き替えつき。

 

セリフは、多め。しかも、俗語・卑語は、F-wordを含め、多少登場しますが、目くじらを立てるほどではありません。少し注意しさえすれば、テクストとして十分に使えます。

 

英語字幕は、確認した限り、完璧にセリフをフォローしています。さらに、Netflixらしく、ラップ曲を除き、挿入歌の歌詞の英語字幕も出てきます。勉強しやすい素材であることは間違いありません。

 

とはいえ、特典が予告編しかないNetflixですから、これ以上の評価は無理です。

 

++++++++++

 

☆原題は、The Incredible Jessica James。わかりやすく直訳すれば、「信じられないジェシカ・ジェームズ」。固有名詞に形容詞がつくと、定冠詞“the”がつきます。邦題は、直訳といってよいでしょう。

 

☆黒人女性と黒人男性、黒人女性、白人男性、白人女性とすべての組み合わせが見られる人種融合模範映画という感じです。これから、このタイプの映画はますます増えていくと予想されます。

 

☆アメリカでも、BD・DVDは発売されていません。

 

+++++++++++

 

コメディ映画ファン、必見の人間ドラマ。画質・音質は、なかなか。オススメします!

 

| 外国映画(タ行) | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック