CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< デッドプール2(BD・劇場版) | main | ポール・サイモンのコンサーツ・ツアー引退に当たり、伝記を読むことに >>
『キャプテン・マーベル』の公開が待ち遠しい

 

2019年3月8日全米公開の『キャプテン・マーベル』(2019)は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初の女性スーパーヒーローが主役を演じる超大作です。その予告編が、ついに公開されました。

 

本作は、マーベル・コミックの実写映画を同一の世界観で描くMCU21作目の作品となります。

 

主演のタイトル・ロールを演じるのは、『ルーム』(2015)でアカデミー主演女優賞を受賞した、『ショート・ターム』(2013)『フリー・ファイヤー』(2016)『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)のブリー・ラーソンです。

 

準主演は、サミュエル・L・ジャクソンベン・メンデルソーンジュード・ロウ

 

その他、アネット・ベニングジャイモン・フンスークラーク・グレッグが共演しています。

 

監督・脚本は、『ハーフネルソン』(2006)『なんだかおかしな物語 (2010)『ワイルド・ギャンブル』(2015)のアンナ・ボーデンライアン・フレック夫妻。

 

共同脚本は、メグ・レフォーヴニコール・パールマンジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレリズ・フラハイヴカーリー・メンチ

 

というわけで、製作は男性(ケヴィン・ファイギ)ですが、主演も女優なら、監督・脚本家8人中7人が女性という昨今の#MeToo運動を反映しています。「映画は、女優で決まる」が信条の貧乏英語塾長としては、実にうれしくなる布陣です。

 

あらすじをまとめてみましょう。

 

本作の舞台は、1990年代のアメリカを中心とした地球です。

 

地球は、スクラル族とタリー族のふたつの種族のエイリアンによる銀河間紛争に巻き込まれていました。その最中、アメリカ空軍の女性パイロットであるキャロル・ダンバース(ブリー・ラーソン)が、ある事故でエイリアンのDNAが自身の遺伝子と融合し、ウォルター・ローソン(ジュード・ロウ)の指導の下銀河で最も強力な存在になってしまいます。

 

S.H.I.E.L.D.のヘッドエージェントであるニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)、同エージェントであるフィル・コールソン(クラーク・グレッグ)と協力し、地球を脅かすスクラル族のタロス(ベン・メンデルソーン)と戦うことになるのでした……。

 

ブリー・ラーソンといえば、男もひれ伏すたくましさを見せることでは、天下一品の女優です。そのラーソンが女性が書いた脚本を女性が監督する映画で、憎きエイリアンを退治するというのです。たまりません。

 

しかも、予告編を観ればおわかりのとおり、サミュエル・L・ジャクソンは最新デジタル技術により、25歳若返った姿で登場します。つまり、『パルプ・フィクション』(1994)『ダイ・ハード3』(1995)当時の姿になっているのです。この2作が大好きな人には、たまらないジャクソン像だとおもいます。

 

ワイルド・ギャンブル』(2015)でアンナ・ボーデンライアン・フレック監督の下、ライアン・レイノルズと主演を演じたベン・メンデルスゾーンが悪役を演じるというのも、うってつけです。この人の不気味さは、余人にはかなわないものですから。

 

技術的なことをいいますと、注目するのは、その映像です。アリ・アレクサ・65 4K HDカメラのほかに、パナビジョン・ミレニアム・DXL、レッド・ウェポン・8K・VV・モンストロという8K HDカメラで撮影されており、おそらくDIファイルは4Kになるでしょうから、ものすごい映像が見られるはずです。

 

ちなみに、撮影は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)『ドクター・ストレンジ』(2016)と3本のMCU作品を担当してきた、『レイヤー・ケーキ』(2004)『ハンニバル・ライジング』(2007)『スターダスト』(2007)『ブローン・アパート 』(2008)『キック・アス』(2010)『ペイド・バック』(2010)『ザ・ライト -エクソシストの真実-』(2011)『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(2011)『セブン・サイコパス』(2012)『タイタンの逆襲』(2012)『リピーテッド』(2014)『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』(2015)『スリー・ビルボード』(2017)ベン・デイヴィスですから、期待が高鳴ります。

 

音声も、ドルビーアトモス、DTS:X、Auro 11.1、IMAX 12 Track、ドルビーサラウンド7.1と最高仕様が奢られています。現在最高の映像・音響体験ができそうです。

 

日本での劇場公開日は未定ですが、世界同時公開の可能性が高いので、3月8日前後になるのではと期待しています。待ち遠しいですね。

 

まずは、予告編をお楽しみください。英語字幕もついていますから、英語の勉強にもなりますよ。

 

 

| 映画ニュース | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1064024
トラックバック