CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< この世に私の居場所なんてない(Netflix) | main | 君はONLY ONE(Netflix) >>
ポッターズビルの奇跡(Netflix)

 

原題:Pottersville (2017)
上映時間:1:25:36
2017年11月10日Netflix配信開始:国内劇場未公開・国内BD/DVD未発売
公式サイト:https://www.netflix.com/title/80217545

ゴウ先生総合評価: B-/C+
  画質(2.39:1): A-/B+
  音質(Dolby Digital Plus 5.1): A-/B+
  英語学習用教材度: A-

 

マイケル・シャノン主演による米国製ハートウォーミング・コメディ。

 

準主演は、ジュディ・グリア

 

その他、トーマス・レノンロン・パールマンクリスティナ・ヘンドリックスイアン・マクシェーンが共演。

 

監督は、本作が長編劇映画デビューとなるセス・ヘンリクソン

 

脚本は、俳優として活動し、本作が長編劇映画デビューとなるダニエル・マイヤー

 

☆出演俳優を知ったら、観たくなる

 

Netflixに入るまで、その存在をまったく知りませんでした。アメリカでは昨年11月10日に限定公開されたのですが(その他の国では劇場公開なし)、まったく話題にならず、Rotten Tomotoesでも、Metacriticでも無視されてしまい、そのままNetflix配信になってしまったという悲しい映画です。

 

しかし、マイケル・シャノンにジュディ・グリア、ロン・パールマン、イアン・マクシェーンと大好きな俳優が出るとなれば、絶対に観たくなります。すぐにクリックしたのでした。

 

☆あらすじ

 

舞台は、クリスマス・シーズンの雪深いアメリカの寂れた町ポッターズビル(撮影は、ニューヨーク州ハミルトン)。

 

メイナード・グリーガー(マイケル・シャノン)は、中年男性。ポッターズビルの雑貨屋Grieger's General Storeの店主です。コニー・グリーガー(クリスティナ・ヘンドリックス)と結婚していますが、子供はいません。

 

ポッターズビルは、工場が閉鎖されて以来、景気が悪く、多くの店が潰れてしまいました。その中で、メイナードの店だけは、パーカー(ジュディ・グリア)という店員を雇い、何とかやっています。

 

そんなある日、メイナードが早く帰宅すると、コニーがウサギの、保安官のジャック(ロン・パールマン)がオオカミの着ぐるみを身にまとい寝室でコスチュームプレイを楽しんでいました。ふたりは、動物になり切る趣味(furry)をもっていたのです。それに驚き怒ったメイナードは、結婚式以来初めて大量に酒を呑み、酔っ払って店に戻ります。

 

その夜、酔っ払いついでに、メイナードは自分も着ぐるみに入りたくなり、店にあったゴリラの着ぐるみを身にまとい、町をさまよいました。すると、それを目にした町の人々が騒ぎ出し、地元のTV局がこれこそ米国その他で噂にされる未確認雪男ビッグフット(Bigfoot)だと報道します。

 

そのニュースは過熱し、とうとう怪物発見全米ネットワーク番組が関心をもち、その番組の有名ホストであるブロック・マスターソン(トーマス・レノン)までやってきます。このことにより、ポッターズビルには大量の観光客が押し寄せ、ビッグフット・ブームが起きたのでした。

 

この結果、ビッグフットを捕まえるために、ジャック、マスターソン、そして猟師のバート(イアン・マクシェーン)が、森の中へと入っていったのでした……。

 

☆A級俳優を使ったB級映画

 

いやはや、こんな脚本でよくこれだけの俳優が出たなとおもう作品です。特に、マイケル・シャノンが意外なほど酔っ払いの演技が下手で(目が座ってない!)、着ぐるみに入るシーンなど痛々しくおもえる場面が前半に多く、ファンとしては悲しくなった次第です。

 

それでは、見所がないかといえば、そうならないところが、映画の面白いところです。

 

まずもって、「着ぐるみ」に込められた、いまのアメリカがもつ閉塞感と変身願望の風刺がうかがえます。

 

ポッターズビルという景気が停滞し、楽しいこともない町のもつ閉塞感が着ぐるみの中に入って楽しむしかないコニーやジャック、そしてメイナードの気持ちが痛いほどわかるのです。

 

しかも、着ぐるみに入ると、自分のおもい通りのものに変身できます。メイナードの場合、ビッグフットという人気者になってしまえたのですから、しがない雑貨屋の店主としては、戸惑いつつも、それなりの楽しさを感じていたことでしょう。

 

したがって、こういうテーマ設定はよいのですが、薄っぺらな作劇とマスターソン演じるトーマス・レノンの滑るギャグが面白くなく、コメディとして成功していないのがよろしくないのです。

 

それでも、マイケル・シャノンのいかにも善人がちょっとずれたときのメイナードの哀しみやそのメイナードを慕うジュディ・グリアの可愛らしさを見ると、悪い気はしません。特に、ビッグフットを演じ続けるメイナードを心配する風情やメイナードを助けるために立ち上がり町民たちにメイナードの優しさを訴えるグリアの姿は、ファンの胸を締めつけます。個人的には、ここ10年でグリアがもっとも魅力的に見える作品だと申せましょう。

 

最後のオチは、いかにもクリスマス映画らしいハッピーエンドで、クリスマス映画の最高傑作『素晴らしき哉、人生!』(1946)をおもい出させる悪くない終わり方です。

 

内容: B-/C+

 

++++++++++

 

画質(2.39:1): A-/B+

 

Gump TheatreにてOppo UDP-203から1080・60i信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。コーデックは、不明。伝送レートも、不明。

 

撮影は、COP CAR/コップ・カー』(2015ビニー/信じる男』(2016)『スイス・アーミー・マン』(2016)のダミアン・ホーラン

 

機材、マスター・フォーマットは、不明。オリジナル・アスペクト比も、2.39:1。

 

インターネット回線の状態にもよりますが、良い状態ではNetflixの平均画質を上回り、A-としたくなります。ですが、悪くなると、B以下に下がります。平均では、BDには及ばず、DVDのアップコンバートよりややましという画質です。(つまり、高速回線環境では、かなりの高画質になる可能性があるということです。)

 

解像度はまずまず。ですが、細部はかなり甘くなっています。回線状態が悪いと、すぐにドット落ちが目立ちだします。それなりの彫りの深さと奥行き感があるのが、救いです。

 

発色は、ニュートラル。色パレットは多く、くすみが少ないのが利点ですが、鮮明というほどではありません。それでも、肌の質感は、かなりナチュラルです。違和感はほとんどありません。

 

暗部情報量も、悪くなく、コントラストが高くないものの、見づらさはそれほどありません。

 

120インチの大画面の視聴では、5mは離れるべきでしょう。

 

音質(Dolby Digital Plus 5.1): A-/B+

 

Oppo UDP-203からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

左右前後に音を定位させる音響設計。後方からの音数もかなり多く、ドルビーデジタル5.1のDVD程度の立体音場の密度感があります。そのため、包囲感はなかなか高くなっています。ただし、移動感は鮮明ではありません。音の出所とスクリーンとのマッチ度が甘いのも、惜しいところです。

 

ノイズフロアは低く、マイナス30デシベルという大音量でも、うるささはなし。しかし、音の角が丸まることも少ないのですが、細かい環境音は、あまり聴こえてきません。それでも、多用される音楽が分解能に優れ、よく広がるのは長所です。

 

セリフの抜けは、問題なし。発音も明瞭で、ヒステリックになることはありません。レンジも広くなっています。

 

超低音成分は、控えめ。ほとんど入っていないような印象です。

 

英語学習用教材度: A-

 

日本語・英語字幕ならびに日本語吹き替えつき。

 

セリフは、膨大。しかも、俗語・卑語が、F-wordは登場しませんし、その使用は少なく(PG-13指定)、安心してテクストに使えます。

 

英語字幕は、確認した限り、完璧にセリフをフォローしており、勉強しやすい素材です。しかも、Netflixの常で、挿入された歌の歌詞がすべて英語字幕で示されます。大量のクリスマスソングが挿入されていますので、一緒に唄うとよいでしょう。

 

とはいえ、特典が予告編しかないNetflixですから、これ以上の評価は無理です。

 

++++++++++

 

☆原題は、Pottersville。邦題は、いかにもクリスマス映画っぽくて、悪くありません。

 

☆アメリカでは、DVDだけ発売されています。Amazon.comで11.99ドルです。

 

 

++++++++++

 

マイケル・シャノン、ジュディ・グリアのファンなら、観ても損はないはず。その方たち限定で、オススメします!

 

| 外国映画(ハ行) | 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063984
トラックバック