CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< リメンバー・ミー(レンタルBD) | main | ホームメイト! (DVD) >>
トゥームレイダー ファースト・ミッション(BD)
トゥームレイダー ファースト・ミッション ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/“幻の島
2017
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

原題:Tomb Raider (2017)
上映時間:1:57:50
2018年3月21日 国内劇場初公開
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/tombraider/

ゴウ先生総合評価: C+
  画質(2.39:1): A+/A
  音質(Dolby Atmos/Dolby TrueHD 7.1): A+
  英語学習用教材度: A

 

トゥームレイダー』(2001)『トゥームレイダー2』(2003)でアンジェリーナ・ジョリーが演じたララ・クロフトを、『リリーのすべて』(2015)でアカデミー助演女優賞を受賞した、『エクス・マキナ』(2015)『光をくれた人』(2016)のアリシア・ヴィカンダーが演じる米国によりリブートされたアクション映画。

 

準主演は、ドミニク・ウェストウォルトン・ゴギンズ

 

その他、ダニエル・ウーハナ・ジョン=カーメンデレク・ジャコビニック・フロスト(クレジットなし)、クリスティン・スコット・トーマスが共演。

 

監督は、『コールドプレイ』(2006)『レジェンド・オブ・シルバー 借りぐらしの妖精』(2009)『エスケープ 暗黒の狩人と逃亡者』(2012)『THE WAVE/ザ・ウェイブ』(2015)のノルウェー出身ローアル・ユートハウグ。ハリウッド・デビュー作。

 

原案は、『スノーホワイト (2012)『キリングゲーム (2013)『ダイバージェント (2014)『ミュータント・タートルズ (2014)のエヴァン・ドーハティ

 

原案・脚本は、本作が長編劇映画デビューとなるジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレット

 

共同脚本は、『アウトサイダーズ』(2016)のアラスター・シドンズ

 

☆英語字幕つきBDで観る

 

アリシア・ヴィカンダー作品です。関心をもって当然です。しかし、意外と評判がよくないので、劇場へ行くのを断念しました。それでも、Blu-ray Discが出たら話が変わります。しかも、国内盤BDには英語字幕がつくのです。すぐに取り寄せることにしたのでした。

 

☆あらすじ

 

舞台は、2011年から2017年にかけてのロンドン、香港、日本の孤島。

 

ララ・クロフト(アリシア・ヴィカンダー)は、巨大企業クロフト社の経営者リチャード・クロフト(ドミニク・ウェスト)のひとり娘。現在、21歳です。大学にも行かず、クロフト社からの援助も断り、ロンドンで自転車便をして生計を立て、親友のソフィー(ハナ・ジョン=カーメン)とアパートに暮らしています。

 

リチャードは、2011年、ララが14歳のときに、日本の絶海の孤島に卑弥呼の墓を探しに行って、行方不明になってしまいました。クロフト社をリチャードに変わって経営しているアナ・ミラー(クリスティン・スコット・トーマス)から、死亡認定された父親に代わって会社を相続するように求められ、それを受けることにします。

 

その相続書類に署名するとき、役員のミスター・ヤッフェ(デレク・ジャコビ)から鍵と謎の手紙という父の遺品を受け取ったことで、ララは気が変わり、署名をせずに、屋敷に向かいます。

 

手紙の謎を解き、地下の父親の研究室に入ると、そこには、ビデオレターが残されていました。その内容は、卑弥呼の力を使って世界征服しようとするトリニティという集団に悪用されないように卑弥呼の資料を廃棄してほしいというものでした。

 

しかし、そのビデオレターに感化されたララは父親を捜しに、父親がそこから日本に向かった香港へと出発することにしたのでした……。

 

☆日本人は愉しめない作品

 

何も予習なしで観ました。ゆえに、卑弥呼の墓を探しに行く設定に驚き、そしてあまりにいい加減な脚本に興ざめさせられたのでした。日本史と東アジアの地理に詳しくない人なら、それなりに楽しめるでしょうが、多くの日本人には観通すのが厳しい作品です。

 

「ララ・クロフト・ビギンズ」ともいうべき本作には、脚本上大きな問題が少なくとも3つあります。

 

まず、卑弥呼が邪悪な女王で、卑弥呼の墓が日本近海の孤島にあるという設定は、百歩譲って許しましょう。邪馬台国がどこにあったのか、まだ論争が続いているくらいですから。

 

しかし、どうして香港経由で行くのかが、解せません。開始21分過ぎに登場するリチャードが書いた地図では、問題の島は太平洋の紀伊半島沖にあるように見えます。それならば、日本に入国してから島へと行くのが自然というものでしょう。香港経由にしたのは、おそらく、中国の観客動員数を高めようという商売人根性の表われだと推察されますが、あまりに異常な展開です。

 

どうしても中国から行かせたいというのなら、香港よりもまだ上海のほうが近いです。製作陣は東アジアの地図を観たのでしょうか。頭が悪すぎます。

 

第2に、卑弥呼がミイラになっており、その墓が、まるでエジプトのピラミッドのような遺跡構造になっているのにも、ビックリです。発想が貧困すぎます。まあ、「Himiko」という名前とその謎めいた存在だけを使えばよいという発想でしょうが、そのために、昨年酷評されたトム・クルーズ主演『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(2017)と変わり映えのしないものになってしまっています。そのせいで、後半の展開が陳腐で面白くありません。もっと知恵を使ってくれないと。

 

第3に、リチャード・クロフトが卑弥呼の墓探しに出かけるわけですが、あれだけの大富豪がどうしてひとりで行くのでしょう。腹心の屈強な部下を数十人連れていくのが当然でしょうし、万が一発見されなかった場合は、いったん帰国するなり、日本本土で態勢を取り直すなりするのが自然というものです。資金的には何の問題もないわけですから。それが、7年間ひとりで孤島にい続ける意味がわかりません。別に世を捨てたようではないですし、リチャードは何を考えていたのでしょう。

 

というわけで、プロットは不自然だらけ。救いは、アリシア・ヴィカンダーの存在だけですが、これも導入部分は首を傾げさせられます。大富豪の娘なのに、クロフト社から援助を受けるのを拒む理由がわからないからです。独立独歩の精神なのでしょうが、それにしても現実離れしています。

 

ヴィカンダーのアクションは、よく鍛えられていると感心しますが、それでも振り付けその他に斬新さがなく、過去のアクション映画の二番煎じ、三番煎じになっている印象が残ります。

 

悪役マサイアス・ヴォーゲルを演じるウォルトン・ゴギンズも、気色悪い俳優ではありますが、トリニティの幹部という風格はありません。

 

クリスティン・スコット・トーマスが最後に見せる謎の笑みだけが、記憶に残る映画です。

 

ララが代名詞である二丁拳銃をニック・フロストが主人を演じる質屋から購入して本作は終わるので、続編前提で作られたのでしょうが、はたして作ることができるのかどうか。『トゥームレイダー』(2001)を超えるものは、ローアル・ユートハウグを始めとしたこの製作スタッフでは無理だと断言します。

 

内容: C


++++++++++


画質(2.39:1): A
 

Gump TheatreにてOppo UDP-203から1080・24p信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、13 Mbpsから42 Mbps。

 

撮影は、『サンシャイン/歌声が響く街』(2013)『キングスマン』(2014)『イーグル・ジャンプ』(2016)『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)『アンロック/陰謀のコード』(2017)のジョージ・リッチモンド

 

機材は、アリ・アリクサ・SXT・プラス、アリ・アレクサ・ミニHDカメラを使用。マスター・フォーマットは、DI(4K)。オリジナル・アスペクト比も、2.39:1。

 

解像度は高いものの、若干甘さも感じます。現代最高レベルの画質とは、はっきりと差があります。それでも、彫りは深く、奥行き感も、出ています。現代最新BDの平均よりやや上です。

 

発色は、ニュートラル。色数は多く、鮮やかですが、コッテリ感はありません。すっきりとしています。肌の質感は、ナチュラル。違和感はありません。

 

暗部情報量が、やや問題。黒の沈み込みがイマイチで、遺跡の中の暗いシーンでは見づらくなっています。

 

大画面の近接視聴は、問題なしです。

 

音質(Dolby Atmos/Dolby TrueHD 7.1​): A+

 

Oppo UDP-203からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

一部の劇場ではドルビーアトモス、DTS:X、Auro 11.1上映。

 

ドルビーアトモス非対応のGump Theatreでは、ドルビーTrueHD 7.1で視聴。

 

現代最高レベルのシネソニックです。

 

左右前後に音を定位させ、サラウンドバック・スピーカーが大活躍し、立体音場の密度感は最高で、移動感も鮮やかです。ことに音楽が積極的にサラウンドバックに回されている関係で、パーカッションが多用された音楽が鳴り出すとより盛り上がります。

 

DTS-HD Master Audio 5.1も所収されていますが、明らかにドルビーTrueHD 7.1のほうが迫力は上です。

 

ノイズフロアは、最低レベル。マイナス30デシベルでもうるさく感じず、不快なメタリック成分も乗りません。雑踏のざわめき・波音などの細かい環境音もよく聞こえてきます。銃声・打撃音もリアルです。壮大な音楽も、団子状にならず、分解能に優れています。

 

セリフの抜けも、文句なし。サ行がきつくなることもなく、こもることもなく、発音も明瞭です。レンジも広く、高音が抑制されることもありません。

 

超低音成分は、出るとかなりの量ですが、垂れ流しになることはありません。硬質なLFEです。

 

英語学習用教材度: A
 

日本・英語その他字幕ならびに日本語その他の吹替えつき。

 

セリフは、平均。俗語・卑語の登場は、F-wordが1回中途半端に使われますが、全体的には頻度は少ないものです(PG-13指定)。ちょっと注意すれば、テクストとして十分に使えます。

 

英語字幕は、確認した限り、完璧にセリフをフォローしており、非常に勉強しやすい素材です。

 

特典は、多くはないのですが、英語字幕がつくのが利点です。

 

++++++++++

 

気になるところを、アト・ランダムに。

 

☆原題は、Tomb Raider直訳すれば、「墓荒らし」「遺跡侵略者」となります。

 

☆9400万ドルの製作費で、アメリカで5742万ドル、海外で2億1610万ドル、世界で2億7352万ドルのメガヒット。ですが、全米成績では、3作中最下位となってしまいました。

 

特典は、次の映像特典です。

 

 /靴燭閉戦(7:06)
 ▲肇譟璽縫鵐亜6:06)
 7穃でのアクション(5:34)
 ぅ薀蕁Εロフト:トゥームレイダーの歴史(9:53)

 

映像: Aを基本に、適宜Bが挿入

 A ビスタ・サイズ(1.78:1)のHD画質(AVC/1080・24p)
 B シネスコ・サイズ(2.40:1?)のHD画質(AVC/1080・24p)

音声: ドルビーデジタル ステレオ 2.0

うれしいことに、すべてに英語字幕がつきます。

 

特典内容に関していえば、,らは、穏当なメイキング。い蓮▲咼妊ゲームの紹介になります。当然ながら、製作会社が違う『トゥームレイダー』(2001)『トゥームレイダー2』(2003)には触れられません。

 

☆通常盤に加えて、4K UHD BD、3D BDを含めて、次の6種類のBDが入手可能です。

 

トゥームレイダー ファースト・ミッション 4K ULTRA HD&3D&2Dブルーレイセット(初回仕様/3枚組/“幻の島
2017
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

トゥームレイダー ファースト・ミッション 3D&2Dブルーレイセット(初回仕様/2枚組/“幻の島
2017
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

【ゲオ限定】スチールブック(R)仕様『トゥームレイダー ファースト・ミッション』ブルーレイ【2000セット限定】 [Blu-ray]
2017
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

【Amazon.co.jp限定】トゥームレイダー ファースト・ミッション ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/“幻の島
2017
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

【Amazon.co.jp限定】トゥームレイダー ファースト・ミッション 3D&2Dブルーレイセット(初回仕様/2枚組/“幻の島”マップ付)(オリジナルポストカード付) [Blu-ray]
2017
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

【Amazon.co.jp限定】トゥームレイダー ファースト・ミッション 4K ULTRA HD&3D&2Dブルーレイセット(初回仕様/3枚組/“幻の島
2017
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

 

++++++++++

 

推奨しがたい作品です。アリシア・ヴィカンダー・ファンの方なら、プロットの矛盾を無視して、躍動するヴィカンダーを観ることです。もちろん、英語の勉強にはなります。関心をもたれた方は、レンタルBDでお試しください。

 

| 外国映画(タ行) | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063976
トラックバック