CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 否定と肯定(BD) | main | 『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』のBDは、英盤が安い >>
『ファントム・スレッド』、英盤BDでやっと観られる

 

国内劇場上映中の『ファントム・スレッド』(2017)の英盤Blu-ray Discが、英アマゾンで10.00ポンドの最安値をつけました。絶対に観たいとおもっていた作品です。この安さになれば、文句ありません。注文してしまいました。

 

本作は、『ブギーナイツ』(1997)『マグノリア』(1999)でアカデミー脚本賞、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)で同監督賞・脚色賞、『インヒアレント・ヴァイス』(2014)で同脚色賞、本作で同監督賞にノミネートされた、『パンチドランク・ラブ』(2002)『ザ・マスター』(2012)の奇才ポール・トーマス・アンダーソン監督・製作・脚本による米国製サスペンス・ロマンス・ドラマです。

 

 公式サイト:http://www.phantomthread.jp/

 

主演は、『マイ・レフトフット』(1989)『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)『リンカーン』(2012)でアカデミー主演男優賞を受賞し、『父の祈りを』(1993)『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002)ならびに本作で同賞にノミネートされた、『存在の耐えられない軽さ』(1988)『ラスト・オブ・モヒカン』(1992)『父の祈りを』(1993)『ボクサー』(1997)『NINE』(2009)のダニエル・デイ=ルイス

 

準主演は、『誰よりも狙われた男』(2013)『コロニア』(2015)『マルクス・エンゲルス』(2017)のヴィッキー・クリープス、本作でアカデミー助演女優賞にノミネートされた、『人生は、時々晴れ』(2002)『はじまりは5つ星ホテルから』(2013)『ターナー、光に愛を求めて』(2014)『ロンドン、人生はじめます』(2017)のレスリー・マンヴィルです。

 

その他、カミーラ・ラザフォードジーナ・マッキーブライアン・グリーソンハリエット・サンソム・ハリスが共演しています。

 

舞台は、1950年代のロンドン。レイノルズ・ウッドコック(ダニエル・デイ=ルイス)は、妥協のない職人仕事で英国の高級婦人ファッション界の中心に君臨する天才的仕立て屋です。神経質な彼が仕立てに集中できるよう、姉のシリル(レスリー・マンヴィル)が雑事を一手に取り仕切っています。

 

ある日、レイノルズは若いウェイトレスのアルマ・エルソン(ヴィッキー・クリープス)に出会い、彼女を新しいミューズとして迎え入れてしまいます。レイノルズは、アルマに多くのインスピレーションをもらい、創作意欲をかき立てられるのですが、アルマはレイノルズの単なるミューズという立場に甘んじるような女ではありませんでした。こうして、アルマの情熱的な愛情に、次第にレイノルズの厳格な生活のリズムが狂わされていくのでした……。

 

アカデミー賞では、衣装デザイン賞(マーク・ブリッジス)を受賞し、作品賞・主演男優賞(ダニエル・デイ=ルイス)・助演女優賞(レスリー・マンヴィル)・監督賞・作曲賞(ジョニー・グリーンウッド)にノミネートされました。

 

一般批評家からも高評価を得ました。Rotten Tomatoesでは、支持率91%で、10点満点中8.5点。Metacriticでは、100点満点中90点という凄さです。

 

PTAことポール・トーマス・アンダーソンダニエル・デイ=ルイスの大ファンとしては、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)以来の顔合わせにワクワクし、絶対に観たいとおもっていました。ところが、劇場に行けずにいたら、5月26日に始まった劇場公開ももうすぐ終了しそうではないですか。これはいかんとおもっていたら、英盤BDがここまで値下がりしてくれたので、取り寄せることにしたのでした。

 

もちろん、米盤BDは出ています。国内アマゾンのマーケットプレイスでも取り扱われています。

 

Phantom Thread/ [Blu-ray] [Import]

 

米盤BDは、米アマゾンで現在19.68ドル。国内アマゾンでは、3438円となっており、どちらも高すぎます。英盤の安さに、感謝です。

 

2018年6月18日に発売された英盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。

 

 Region A, B
 容量:2層50GB
 映像:1080p/1.85:1/MPEG-4 AVC
 音声:DTS:X(英語)
    DTS-HD Master Audio 7.1 (48kHz, 24-bit)(英語)
 字幕:英語

 

特典は、米盤とほぼ同じ内容のようです。

 

 Camera Tests: with Commentary by Writer/Director/Producer 
  Paul Thomas Anderson
 For the Hungry Boy
 House of Woodcock Fashion Show

 

BDもう1本とあわせて注文し、送料(スタンダード便)込みで20.44ポンド、3121でした。本BDを1643.50円で購入したことになります。これなら、劇場へ行くより安くつきます。

 

到着予定は、7月24日。やっとダニエル・デイ=ルイスと再会できます。

 

| BD購入ガイド | 08:01 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/07/11 4:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063941
トラックバック