CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『レディ・バード』の米盤BDを注文 | main | 『紳士協定』の米盤BDが、7.58ドル >>
『女と男の観覧車』は、米盤BDでひと足お先に

 

ウディ・アレンの最新監督・脚本作『女と男の観覧車』(2017)が、6月23日から国内劇場公開が始まります。待ちきれなくなった貧乏英語塾長、米アマゾンで15.49ドルまで値下がりしたので、米盤BDを注文してしまいました。

 

本作は、『アニー・ホール』(1977)でアカデミー監督賞・脚本賞を、『ハンナとその姉妹』(1986)『ミッドナイト・イン・パリ』(2011)で同脚本賞を受賞し、その他20回も同監督・脚本賞にノミネートされているウディ・アレンの監督・脚本による米国製人間ドラマです。

 

 公式サイト:http://www.longride.jp/kanransya-movie/

 

主演は、『愛を読むひと』(2008)でアカデミー主演女優賞を受賞し、その他、『タイタニック』(1997)『エターナル・サンシャイン』(2004)『リトル・チルドレン』(2006)で同賞に、『いつか晴れた日に』(1995)『アイリス』(2001)『スティーブ・ジョブズ』(2015)で同助演女優賞にノミネートされているケイト・ウィンスレット

 

準主演は、歌手としても活躍し『トロールズ』(2016)でアカデミー歌曲賞にノミネートされた、『ソーシャル・ネットワーク』(2010)『ステイ・フレンズ』(2011)『TIME/タイム』(2011)『人生の特等席』(2012)『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』(2013)『ランナーランナー』(2013)のジャスティン・ティンバーレイク

 

その他、ジム・ベルーシジュノー・テンプルが共演しています。

 

主な舞台は、1950年代の米コニー・アイランド。ギニー・ラネル(ケイト・ウィンスレット)は、遊園地のウェイトレスとして働く主婦です。ですが、夫ハンプティ・ラネル(ジム・ベルーシ)との結婚生活は倦怠期に入っています。そんなときに出会ったライフガードのミッキー・ルービン(ジャスティン・ティンバーレイク)と不倫関係になります。夫の連れ子キャロライナ(ジュノー・テンプル)が西海岸から帰ってきたことで、ギニーの生活が狂い始めるのでした……。

 

上の主要キャスト4人が、すべてアレン映画には、初出演となる、新鮮な組み合わせです。しかし、なんといってもケイト・ウィンスレットが目を引きます。この人が出るので、見逃せないとおもってしまいました。疲れた主婦をやらせたら、右に出る者はいないですから。

 

ただし、批評家たちは厳しい評価です。Rotten Tomatoesでは、支持率率31%で、10点満点中5.0点。Metacriticでは、100点満点中45点という具合です。興行的にも、全米130万ドル、世界1537万ドルと、2500万ドルの製作費を回収できませんでした。

 

とはいえ、腐ってもウディ・アレン。絶対に見所はあるはずです。しかも、撮影監督が、『カフェ・ソサエティ』(2016)に引き続き、アカデミー撮影賞を『地獄の黙示録』(1979)『レッズ』(1981)『ラストエンペラー』(1987)で受賞し、『ディック・トレイシー』(1990)でノミネートされたヴィットリオ・ストラーロが務めるのですから、どんなすばらしい絵を見せてくれるのか、楽しみです。

 

本作は、『カフェ・ソサエティ』と同じく、ソニー・シネアルタ・F65、ソニー・シネアルタ・PMW-F55 HDカメラを使用して(オリジナル・アスペクト比も、2.00:1と同じ)、マスター・フォーマットは、DI(4K)となっていますから、4Kプロジェクター設置館に行けばネイティブ4K上映を楽しめます。しかし、近場で上映されるのは、新宿ピカデリーなので4K上映を望めません。前作のBD画質がすばらしかったので、その再来を期待することにしたという次第です。

 

2018年3月6日に発売された米盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。

 

 Region A
 容量:1層25GB
 映像:1080p/2.00:1/MPEG-4 AVC
 音声:DTS-HD Master Audio 5.1(英語)
 字幕:英語

 

特典は、次の映像特典だけです。

 

 The Cast and Crew Discuss Making Wonder Wheel

 

昨日紹介した『レディ・バード』(2017)ともう1本のBDとともに購入して、送料(スタンダード便)込みで52.02ドル、5955円でした。本BDを2423.62円で買ったことになります。高いですが、ウディ・アレンとケイト・ウィンスレットの大ファンとしては、仕方ありません。

 

到着予定は、6月4日。拾いものであることを願います。

 

| BD購入ガイド | 07:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063884
トラックバック