CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 『モリーズ・ゲーム』は、米盤BDで | main | 『30年後の同窓会』も、ひと足お先に米盤BDで >>
『ボストン ストロング〜ダメな僕だから英雄になれた〜』は、米盤BDで

 

5月11日から国内劇場公開が始まった『ボストン ストロング〜ダメな僕だから英雄になれた〜』(2017)の米盤Blu-ray Discが、米アマゾンで14.99ドルの最安値をつけました。観たかった作品です。注文してしまいました。

 

本作は、2013年のボストン・マラソン・テロ事件で両脚切断の重傷を負ったジェフ・ボーマンが2014年に出版した回顧録『Stronger』を映画化した米国製人間ドラマです。

 

Stronger
BLINK Publishing

(日本語未訳)

 

主役のジェフ・ボーマンを演じるのは、『ブロークバック・マウンテン』(2005)でアカデミー助演男優賞にノミネートされた、『ナイトクローラー』(2014)『サウスポー』(2015)『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(2015)『ノクターナル・アニマルズ』(2016)『ライフ』(2017)のジェイク・ギレンホール(製作も兼務)。

 

準主演のボーマンの恋人エリン・ハーリーは、TV『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』シリーズ(2013〜2017)『ホワイト・ラバーズ』(2016)のタチアナ・マズラニーです。

 

その他、ミランダ・リチャードソンクランシー・ブラウンが共演しています。

 

監督は、『スモーキング・ハイ』(2008)『ピンチ・シッター』(2011)『グランド・ジョー』(2013)『セルフィッシュ・サマー』(2013)『アル・パチーノ ブロークン 過去に囚われた男』(2014)『選挙の勝ち方教えます』(2015)のデヴィッド・ゴードン・グリーンです。

 

 公式サイト:http://bostonstrong.jp/

 

あらすじです。

 

ジェフ・ボーマン(ジェイク・ギレンホール)は、ボストンで暮らす27歳の男性です。2013年4月15日、ボストン・マラソンに出た元恋人エリン・ハーリー(タチアナ・マズラニー)を応援するために、ゴール付近で待っていました。ところが、その近くで爆弾テロが発生し、ジェフは大怪我を追い、手術で両脚を切断されてしまいます。

 

最悪の状況であるにもかかわらず、ジェフは目撃した犯人の特徴をおもいだし警察に伝えたのです。その結果、たった4日で犯人は逮捕され、ジェフの勇気が全米で称えられ、「ボストン・ストロング(Boston Strong)」運動の象徴とされました。しかし、両脚が切断された現実に違いはなく、失意から少しずつ回復したジェフは、義足を使って自力で歩く努力を始めるのでした……。

 

本作は、批評家からは非常に高く評価されました。Rotten Tomatoesでは、支持率92%で、10点満点中7.3点。Metacriticでは、100点満点中76点という具合です。にもかかわらず、残念ながら、興行的には成功しませんでした。全米421万ドル、世界774万ドルの売り上げで終わり、製作費の3000万ドルを回収できなかったのです。

 

しかし、ジェイク・ギレンホールのファンであるとともに、こういう主人公ががんばるドラマに目がない貧乏英語塾長、ぜひとも観たいとおもっていました。

 

近場の4Kプロジェクター設置館であるTOHOシネマズ・シャンテで上映していますから、そこへ行くのもありだったのですが、米盤BDがここまで値下がりしたので、BDで観ることに決めたのでした。

 

2017年12月19日に発売された米盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。

 

 Region A
 容量:2層50GB
 映像:1080p/2.39:1/MPEG-4 AVC
 音声:DTS-HD Master Audio 5.1(英語)
 字幕:英・西語
 

特典は、次の映像特典だけです。

 

 Faith, Hope and Love: Becoming Stronger (1080p; 29:25) 

 

すでに紹介した『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017)『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017)『モリーズ・ゲーム』(2017)の他に、3作のBDとともに購入して、送料(スタンダード便)込みで123.38ドル、14003円でした。本BDを2153.76円で買ったことになります。特典が少ないので高く感じますが、日比谷まで出かけることを考えたら高くはありません。

 

到着予定は、5月24日。泣いてしまいそうです。

 

| BD購入ガイド | 07:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063878
トラックバック