CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(レンタルBD) | main | 英語学習に役立つ国内盤BD 3月16日発売分 >>
ブレードランナー 2049(レンタルBD)
ブレードランナー 2049(初回生産限定) [Blu-ray]
2017
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

原題:Blade Runner 2049 (2017)
上映時間:2:43:27
2017年10月27日 国内劇場初公開
公式サイト:http://www.bladerunner2049.jp/

劇場レビュー:2017.11.22 Wednesday ブレードランナー 2049(2D字幕)


ゴウ先生総合評価: B
  画質(2.40:1): A
  音質(DTS-HD Master Audio 5.1): A+/A
  英語学習用教材度: A-

 

リドリー・スコット監督の傑作SF『ブレードランナー』(1982)の続編。

 

主演は、『ハーフネルソン』(2006)『ラ・ラ・ランド』(2016)でアカデミー主演男優賞にノミネートされ、話題作に出演し続けているライアン・ゴズリング

 

準主演は、前作の主役ハリソン・フォードに加えて、アナ・デ・アルマスシルヴィア・フークス

 

ロビン・ライトジャレッド・レトーが映画に深みを与え、その他、マッケンジー・デイヴィスレニー・ジェームズカルラ・ユーリデイヴ・バウティスタが共演。

 

前作出演のショーン・ヤングエドワード・ジェームズ・オルモスも登場。

 

監督は、リドリー・スコットに代わって、『メッセージ』(2016)でアカデミー監督賞にノミネートされた、『プリズナーズ』(2013)『複製された男』(2013)『ボーダーライン』(2015)のドゥニ・ヴィルヌーヴ

 

リドリー・スコットは、製作総指揮として参加。

 

原案・脚本は、前作『ブレードランナー』(1982)を書いたハンプトン・ファンチャー

 

共同脚本は、『グリーン・ランタン』(2011)『LOGAN/ローガン』(2017)『エイリアン:コヴェナント』(2017)『オリエント急行殺人事件』(2017)のマイケル・グリーン

 

アカデミー賞では、撮影賞・視覚効果賞を受賞し、美術賞・音響賞(編集)・音響賞(調整)にノミネート。

 

☆ソニーの販売戦略が不愉快極まりない

 

昨年11月にTOHOシネマズ日本橋においてネイティブ4Kで観た作品です。2時間43分もあるのには閉口しましたが、完成度は十分に高く、Blu-ray Discで観直したいとおもっていました。

 

ところが、です。3月2日に発売された国内盤2D BD、3D BD、4K UHD BDを調べていくと、不都合な真実を知ってしまったのです。国内でリリースされたソニー・ピクチャーズ・エンターテインメント(SPE)の2D BDと3D BDの音声にはドルビーアトモスが採用されずに、DTS-HD Master 5.1になっているのです!4K UHD BDにはドルビーアトモスが搭載されているのに。

 

さらに、不愉快なのは、ワーナー・ブラザースが販売している米盤2D BDの音声は、ドルビーアトモスなのですよ。SPEは何をしているのでしょう。

 

Blade Runner 2049 - Standard Edition - Blu-ray (From USA.)

 

これは日本だけのことかとおもったら、SPEが販売している英・独・西盤2D BDもドルビーアトモスを載せていません。

 

さらにいえば、3D BDに関していえば、米盤も含めて、すべての国の3D BDはDTS-HD Master 5.1です。3D BDに対する関心が、いっぺんで冷めてしまいました。

 

それでは、米盤BDを買えばよいではないかという話になりますが、これが高いのです。米アマゾンで24.95ドルもします。送料を入れると、3000円以上することは間違いなく、貧乏英語塾長には高嶺の花です。米盤4K UHD BDも、29.96ドルもしますから、これも大変。

 

というわけで、とりあえずの気分でレンタルBDを借り出すことにしました。もちろん、セコイSPEですから、特典は一切ついていません。嗚呼。

 

☆あらすじ

 

舞台は、2049年のロサンゼルス(LA)。

 

2049年の地球は、荒廃が進む一方です。異常気象により、夏でもLAに雪が降ります。そんな中、労働力として製造された人造人間「レプリカント」が人間社会に入り込んでいます。そのため、危険なレプリカントも多く、それを取り締まる捜査官「ブレードランナー」が活動し、その捜査官には従順なレプリカントも採用されていたのでした。

 

LA市警のブレードランナーK(ライアン・ゴズリング)もそういうレプリカント捜査官で、人間のジョシ警部補(ロビン・ライト)の下で働いています。周囲の人間からは人間もどき(skinner)と嫌がらせを受けながら、アパートでひとりホログラムのジョイ(アナ・デ・アルマス)と疑似恋人生活を送っています。

 

ある日、Kは、反抗的なレプリカントであるサッパー(デイヴ・バウティスタ)を逮捕しようとしたとき、サッパーの家の前の木の下に箱が埋められていることを発見し、その骨からレプリカントが30年前に子供を産んだ事実を知ってしまいます。

 

一方、レプリカント開発に力を注ぐウォレス社も、CEOのニアンダー・ウォレス(ジャレッド・レトー)以下、その秘密に関心を持ち、ラヴ(シルヴィア・フークス)というレプリカントを使って、Kの行動を監視するようになります。

 

捜査を進める中で、Kは本来移植されただけとおもっていた記憶が実際に起きたことであることに驚き、記憶移植(memory implant)の専門家であるアナ・ステリン博士(カルラ・ユーリ)を訪ねます。この結果、自分がそのレプリカントから生まれた子供ではないかとおもいだします。

 

こうして捜査を進めているうちに、Kは、かつて優秀なブレードランナーとして活躍し、ある女性レプリカント、レイチェル(ショーン・ヤング)と共に忽然と姿を消した男リック・デッカード(ハリソン・フォード)の存在に辿り着くのでした……。

 

☆再見に十分に堪えうる

 

二度目の視聴でも、感動は変わりません。

 

強さと脆さの入り混じったK(のちに「ジョー」)は、だれが何と言おうと、ライアン・ゴズリング以外には演じられないと確信できます。同時に、ハリソン・フォードの顔に刻まれた深いしわの数々も、デッカードの苦難の歴史を表しているとしか見えません。すばらしい配役・脚本・演出であると感じ入ります。

 

そして、2時間43分という長さも、家庭劇場ならば、それほど気になりません。中断が自由にできて、最良の肉体的コンディションで映画と対峙できるからです。邪道ではありますが、一度観ている人間には、そうした細切れ視聴を許す楽しみが、本作の映像・音声にはあります。とにかく、その両者はアカデミーが認めるほど凄いのですから。ことに、ハンス・ジマーベンジャミン・ウォルフィッシュの音楽は聴きものです。

 

詳しい感想は、上掲の劇場レビューを参照していただくとして、今日はレンタルBDの画質・音質について主にコメントさせていただきます。

 

内容: A/A-

 

++++++++++

 

画質(2.40:1): A

 

Gump TheatreにてOppo BDP-93から1080・24p信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、16 Mbpsから41 Mbps。

 

撮影は、本作で念願のアカデミー撮影賞を受賞し、『ショーシャンクの空に』(1994)『ファーゴ』(1996)『クンドゥン』(1997)『オー・ブラザー!』(2000)『バーバー』(2001)『ノーカントリー』(2007)『ジェシー・ジェームズの暗殺』(2007)『愛を読むひと』(2008)『トゥルー・グリット』(2010)『007 スカイフォール』(2012)『プリズナーズ』(2013)『不屈の男 アンブロークン』(2014)『ボーダーライン』(2015)で、同賞にノミネートされた名匠ロジャー・ディーキンス

 

コーエン兄弟の右腕として有名なディーキンスですが、ドゥニ・ヴィルヌーヴとは、『プリズナーズ』(2013)に次いで2作目となります。

 

機材は、アリ・アレクサ・ミニ、アリ・アレクサ・プラス、アリ・アレクサ・XT・スタジオHDカメラを使用。マスター・フォーマットは、DI(4K)。

 

ネイティブ4Kで観た劇場体験にかなり迫っています。ですが、それでも差はあります。

 

解像度はかなり高いものの、昨日レビューした『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(2017)には及びません。彫りの深さや奥行き感もいまひとつです。さらに、輪郭が強調されすぎて、太ります。素性のよさは十分に感じられるので、4K UHD BDならばどれだけ凄いのだろうと想像してしまいます。

 

色温度は、若干高め。ほんのりとブルー系が支配します。それでも、色数は多く、色乗りもパワフルで、鮮明です。肌の質感もナチュラルで、違和感はほとんどありません。

暗部情報は、BDの限界なのか、わがプロジェクターの限界なのか。黒の沈み込みがあるところで切れてしまいます。かなり健闘してはいるのですが、劇場体験を上回りません。

 

大画面の近接視聴は、一応問題なしです。

 

音質(DTS-HD Master Audio 5.1): A+/A

 

Oppo BDP-93からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

一部の劇場では、ドルビーアトモス、Auro 11.1、DTS:X、IMAX 12 trackで上映。

 

散々文句をいったDTS-HD Master 5.1仕様ですが、その完成度は、5.1チャンネルにしては相当なものです。ドルビーアトモスの音をトップスピーカーを用意して聴いてみたら、絶対に圧倒されること間違いなしの高音質です。

 

左右前後に音を定位させ、音の出所はスクリーンと一致します。立体音場の密度も高く、移動感もなかなかのもの。7.1チャンネルではありませんから、真後ろからの音数は少ないものの、サラウンド・スピーカーががんばっていて、劇場に迫るサラウンド音声を楽しむことができます。

ノイズ感は、ゼロ。雑味がない音は、細かい環境音とともに、銃声・打撃音・爆破音に十分な重みと痛みを与えています。超低音を響かせるおどろおどろしい音楽が、ズンズン突き刺さってきます。団子にならず、相当な分解能です。

 

セリフの抜けも、問題なし。サ行も滑らかで、発音も明瞭です。

 

超低音成分は、膨大。飽和していて、ブーミーになり、部屋がビビります。多くの家庭劇場では、調整が必要でしょう。防音機能が十分ではないと、近所から苦情が寄せられそうです。

 

英語学習用教材度: A-

 

日本語・英語字幕ならびに日本語吹き替えつき。

セリフは、やや多め。俗語・卑語は、F-wordが6回登場するなど、かなり使われます(R指定)。テクストとして使うには、注意が必要です。

 

英語は、SF映画の常で、ちょっと癖があります。相当な英語力がないと、耳だけで理解するのは厳しいでしょう。TOEIC900点程度では、四苦八苦するはずです。

 

ただし、英語字幕が完璧にセリフをフォローしていますから、松浦美奈さんの日本語字幕と日本語吹替えを使えば、相当正確に映画を理解できますし、勉強にもなるはずです。

 

++++++++++

 

気になるところを、アト・ランダムに。

 

☆1億8500万ドルの製作費で、最終的に、アメリカで9205万ドル、海外で1億6719万ドル、計2億5924万ドルのメガヒット。とはいえ、実質的に黒字になるのは厳しかったようです。

 

国内盤セルBDには、次の特典がつきます。

 

本編ディスク:
 映画の世界観をつくる (Blu-rayのみの特典)
 ブレードランナー ブラックアウト2022
 2036:ネクサス・ドーン
 2048:ノーウェア・トゥ・ラン
 進化したレプリカント
 ブレードランナーとは
 ウォレス社の繁栄
 2049年にようこそ
 ジョイ
 宙を飛び回るガジェット

特典ディスク:
 “人間らしく”キャスティングについて
 未来のアクション
 ひとつになる体
 肌を彩る衣装

 

米盤BDの特典は、国内盤セルBDの本編ディスクに収められたものだけです。

 

 Designing the World of Blade Runner 2049 
  (1080p; 1.78:1; 21:55)
 To Be Human: Casting Blade Runner 2049 
  (1080p; 1.78:1; 17:15)
 Prologues (1080p; 1.78:1)
 2022: Black Out (15:45)
 2036: Nexus Dawn (6:31)
 2048: Nowhere to Run (5:49)
 Blade Runner 101 (1080p; 1.78:1; 11:22):
  Blade Runners
  The Replicant Revolution
  The Rise of Wallace Corp.
  Welcome to 2049
  Jois
  Within the Skies: Spinners, Pilotfish and Barracudas

 

☆通常版BDに加えて、4K UHD BD、3D BDを含め、8種類のBDが入手可能です。

 

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD & ブルーレイセット(初回生産限定) [4K ULTRA HD + Blu-ray]
2017
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

ブレードランナー 2049 IN 3D(初回生産限定) [Blu-ray]
2017
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

ブレードランナー 2049 日本限定プレミアムBOX(初回生産限定) [Blu-ray]
2017
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

【ゲオ限定】スチールブック仕様 ブレードランナー 2049 ブルーレイ 【数量限定生産】 [Blu-ray]
2017
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

【Amazon.co.jp限定】ブレードランナー 2049(初回生産限定)(オリジナルデジパックケース付き) [Blu-ray]
2017
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

【Amazon.co.jp限定】ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD & ブルーレイセット(初回生産限定)(オリジナルデジパックケース付き) [4K ULTRA HD + Blu-ray]
2017
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

【Amazon.co.jp限定】ブレードランナー 2049 IN 3D(初回生産限定)(オリジナルデジパックケース付き) [Blu-ray]
2017
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

【Amazon.co.jp限定】ブレードランナー 2049 日本限定プレミアムBOX(初回生産限定)(オリジナルデジパックケース付き) [Blu-ray]
2017
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

 

☆調べたら、フランス盤4K UHD BD・3D BD・2D BDの3枚組の4K UHD BDには日本語字幕・日本語吹替えがついているようです(3D BD・2D BDには収録なし)。

 

 

仏アマゾンで、現在29.99ユーロで販売されています。この1本だけを注文すると、スタンダード便で11.50ユーロの送料がかかり、総計36.49ユーロとなります。日本円で、4989円です。まあ、国内盤4K UHD BDは、3D BDがつかずに5998円もしますから、仏版がリーズナブルではあります。どちらにせよ、貧乏英語塾長にはおいそれと手が出せない価格ではありますが。

 

++++++++++

 

キャスト・スタッフ・ファンの方、SFアクション・ファンの方、必見・必携。映画ファン、必見。BDの絵と音は、かなりの高次元です。しかし、米盤BDの存在を知ると、推奨しにくいものがあります。高くなりますが、コアなファンの方で日本語字幕を所望される方には、国内盤4K UHD BDの購入をオススメするしかありません(次善の策は、上掲の仏盤)。迷われた方は、まずはレンタルBDでお試しください。

 

| 外国映画(ハ行) | 06:55 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
3Dブルーレイに関しては、
USワーナー盤が英語DTS-HD Master Audio 5.1、
日本や欧州のSPE盤は英語ドルビーデジタル5.1です。
ロッシー音声しか入っていないのは本当にショックでした
| アキ | 2018/03/14 6:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063809
トラックバック