CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< サイモン・ラトル指揮ベートーヴェン交響曲全集を1892円で購入 | main | 『FRANK -フランク-』の英盤BDが、6.32ポンド >>
『ベロニカとの記憶』は、英盤BDで観よう

 

現在劇場公開中の『ベロニカとの記憶』(2017)の英盤Blu-ray Discが、英アマゾンで8.99ポンドの最安値をつけています。主演ふたりの大ファンです。注文してしまいました。

 

本作は、ジュリアン・バーンズの『終わりの感覚』を映画化したものです。

 

終わりの感覚 (新潮クレスト・ブックス)
新潮社

 

The Sense of an Ending
Vintage

 

主演は、『アイリス』(2001)でアカデミー助演男優賞を受賞したジム・ブロードベント

 

準主演は、『さざなみ』(2015)でアカデミー主演女優賞にノミネートされたシャーロット・ランプリング

 

その他、ハリエット・ウォルターミシェル・ドッカリーエミリー・モーティマーマシュー・グードが共演しています。

 

監督は、『めぐり逢わせのお弁当』(2013)『夜が明けるまで』(2017)のリテーシュ・バトラです。

 

 公式サイト:http://longride.jp/veronica/

 

舞台は、現代のロンドン。そこで中古カメラ店を経営する年金生活を送るトニー(ジム・ブロードベント)が、初恋の女性ベロニカ(シャーロット・ランプリング)と再会することによって始まるミステリー・ドラマです。

 

興行的には成功したとはいえませんが、評価は悪くありません。Rotten Tomatoesでは、支持率74%で、10点満点中6.4点。Metacriticでは、100点満点中61点となっています。

 

ともあれ、ジム・ブロードベントとシャーロット・ランプリングの顔合わせがうれしくて、絶対に観たいとおもっていました。

 

日本では1月20日から公開が始まっていて、近場では新宿武蔵野館で上映しているのですが、混んだ映画館が嫌いな貧乏英語塾長は、敬遠していました。それが、送料込みで1700円もせずに購入することができることがわかり、勇んで購入したという次第です。

 

なお、イギリス以外では、BDは発売されていません。

 

2017年8月14日に発売された英盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。Region Bです。お間違いなく。

 

 Region B
 容量:2層50GB
 映像:1080p/2.39:1/MPEG-4 AVC (28.98 Mbps)
 音声:DTS-HD Master Audio 5.1 (48kHz, 24-bit)(英語)
    LPCM 2.0 (48kHz, 24-bit)(英語)
 字幕:英語

 

特典です。

 

 What Would You Tell Your 21-Year-Old Self?

 Cast & Crew Interviews

 

BDもう2本とあわせて注文し、送料(スタンダード便)込みで21.66ポンド、3383でした。本BDを1678.43円で購入したことになります。悪くありません。

 

到着予定は、3月1日。熟練の演技が楽しみです。

 

| BD購入ガイド | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063774
トラックバック