CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< アバウト・レイ 16歳の決断(De BD/Region Free) | main | The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(US BD/Region Free) >>
ダークタワー(US BD/Region Free)

 

原題:Dark Tower (2017)
上映時間:1:34:44
2017年1月27日 国内劇場初公開
公式サイト:http://www.dark-tower.jp/

ゴウ先生総合評価: A-/B+
  画質(2.40:1): A+
  音質(DTS-HD Master Audio 5.1): A
  英語学習用教材度: A

 

スティーヴン・キングの同名大長編小説を映画化したアクション・ファンタジー・ホラー。

 

ダーク・タワー1 ガンスリンガー (新潮文庫)
スティーヴン キング,風間 賢二
新潮社

 

Gunslinger (Dark Tower)
Hodder & Stoughton

 

主演は、『マンデラ 自由への長い道』(2013)『ビースト・オブ・ノー・ネーション』(2015)『モリーズ・ゲーム』(2017)のイドリス・エルバ

 

準主演は、『ダラス・バイヤーズクラブ』(2013)でアカデミー主演男優賞を受賞した、『リンカーン弁護士』(2011)『バーニー/みんなが愛した殺人者』(2011)『キラー・スナイパー』(2011)『ペーパーボーイ 真夏の引力』(2012)『MUD マッド』(2012)『インターステラー』(2014)『追憶の森』(2015)『ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男』(2016)『ゴールド/金塊の行方』(2016)のマシュー・マコノヒー、本作が長編劇映画初出演となるトム・テイラー

 

その他、クローディア・キムフラン・クランツアビー・リーキャサリン・ウィニックジャッキー・アール・ヘイリーデニス・ヘイスバートが共演。

 

監督・脚本は、監督・脚本作『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』(2012)でベルリン国際映画祭銀熊賞(脚本賞)を受賞し、『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(2009)の脚本を務めたニコライ・アーセル

 

製作・脚本は、『ビューティフル・マインド』(2001)でアカデミー脚色賞を受賞した、『依頼人』(1994)『評決のとき』(1996)『アイ,ロボット』(2004)『シンデレラマン』(2005)『Mr.&Mrs. スミス』(2005)『ダ・ヴィンチ・コード』(2006)『アイ・アム・レジェンド』(2007)『天使と悪魔』(2009)『ニューヨーク 冬物語』(2014)『ダイバージェントNEO』(2015)『フィフス・ウェイブ』(2015)『ザ・リング/リバース』(2017)のアキヴァ・ゴールズマン

 

共同脚本は、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)『フィフス・ウェイブ』(2015)のジェフ・ピンクナー、『Election Night』(1998)でアカデミー短編実写賞を受賞した、『アフター・ウェディング』(2006)『ある公爵夫人の生涯』(2008)『マイ・ブラザー』(2009)『未来を生きる君たちへ』(2010)『愛さえあれば』(2012)『真夜中のゆりかご』(2014)『悪党に粛清を』(2015)のアナス・トマス・イェンセン

 

☆米盤BDで観る

 

評論家からは酷評された作品です。Rotten Tomatoesでは、支持率16%で、10点満点中4.1点。Metacriticでは、100点満点中34点という惨状です。おそらく、原作のイメージとのギャップが気に入らなかったのでしょう。

 

しかし、貧乏英語塾長は原作を読んでいないので、関係ありません。大好きなイドリス・エルバとマシュー・マコノヒーが共演しているというだけで、観たくなります。そのために、米盤BDのアマゾン売価が9.99ドルの最安値をつけたときに(今日は、14.99ドル)、購入したのでした。

 

そうして、観てみたら、ファンタジー・アクション映画として、決して悪い出来ではないではありませんか。劇場公開されているこの機会にレビューをアップロードさせていただきます。

 

☆あらすじ

 

舞台は、現代のニューヨーク・シティ(NYC)と中間世界(Mid-World)。

 

ジェイク・チェンバース(トム・テイラー)は、実父を亡くし、母親(キャサリン・ウィニック)とその再婚相手と3人でNYCのタウンハウスで暮らしている11歳の少年です。

 

そのジェイクは、毎夜おなじ悪夢にうなされていました。それは巨大な暗黒の塔を舞台に、それを護る拳銃使い(ガンスリンガー)ローランド・デスチェイン(イドリス・エルバ)と、それを破壊しようとする黒衣の男ウォルター・オディム(マシュー・マコノヒー)の戦いが繰り広げられているというものです。

 

塔の破壊が現実世界の荒廃をもたらしていると気づいたジェイクでしたが、誰にも信じてもらえません。そんなある日、ジェイクはこの世界と夢で見た「中間世界」と呼ばれる異界を繋いでいる場所を発見します。そして、中間世界で最後のガンスリンガー、ローランドと出会うのでした……。

 

☆十分に面白い

 

上述通り、ファンタジー・アクションとして十分に楽しめます。

 

もちろん、既視感は漂います。たとえば、父親を亡くしたジェイクが滅法強いガンスリンガーにその父親像を求めるあたりの設定は、過去にいくらでも類似の映画がありました。

 

しかし、選ばれた人間の少年が、中間世界とこの現実世界を行き来して、暗黒の塔を守るためにガンスリンガーとともに必死の努力をする姿は、その西部劇っぽいアクションとあわせて、映画への没入を誘います。

 

ひとつには、いまや主役として絵になるイドリス・エルバの存在感があります。すっくと立ったそのたくましい姿のカッコいいこと。そのうえに、あの渋い声です。凶悪マシュー・マコノヒーに勝てるとしたら、この男しかいないという気になります。まあ、原作ファンとしては、白人にガンスリンガーはやってほしかったのでしょうが。

 

さらに、その銃さばきがスタイリッシュなのです。特に、古臭いリボルバー(回転式拳銃)をフルに使いこなし、バッサバッサと敵を撃ち倒し、弾が切れると、高速で弾込めをする姿が(そのとき映像はスローモーションに変わるのですが)、ガンアクション・ファンにはたまりません。

 

対して、マコノヒーは、不気味さで勝負します。「黒衣の男(man in black)」として、あの巨大な顔で、イドリス・エルバを窮地に陥れるわけです。ファンとしては、悪役のマコノヒーの迫力の凄さに拍手を送りたくなりました。

 

脚本も、非常にわかりやすくまとめてあり、観客を混乱させることがないのも立派。演出もその脚本を最大限に活かすものになっていて、観ていて飽きることがありません

 

CG、音楽、編集も、水準以上。95分という尺も、ちょうどよい長さ。確かに、深みはないものの、こういう娯楽映画を待っていたのだといいたくなる作品です。

 

内容: A‐/B+

 

++++++++++

 

画質(2.40:1): A+

 

Gump TheatreにてOppo BDP-93から1080i信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、14 Mbpsから39 Mbps。


撮影は、『氷の国のノイ』(2003)『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』(2012)『好きにならずにいられない』(2015)『DEMON デーモン』(2015)のラスムス・ヴィデベック


機材は、アリ・アレクサ・65、アリ・アレクサ・XT HDカメラを使用。マスター・フォーマットは、DI(4K)。オリジナル・アスペクト比は、2.39:1。

 

世界の一部の劇場では、ドルビービジョン上映。

 

現代最高レベルのBD画質です。解像度は極めて高く、細部に至るまで甘さは一切ありません。えぐるような迫力があります。彫りは深く、奥行き感も十分。DIファイルが4Kですから、4K UHD BDでネイティブ4K映像を見たら、どれだけ凄いのだろうと想像してしまいます。

 

色温度は、高め。ブルー系がやや強調されています。同時に、色数を減らしているために、冷涼な雰囲気が漂います。それでも、肌の質感にはほとんど違和感を覚えません。

 

暗部情報も、十分。黒の沈みこみは深く、コントラストが高いために、見づらい場面はまったくありません。

 

大画面の近接視聴も、まったく問題なしです。

 

音質(DTS-HD Master Audio 5.1​): A

 

Oppo BDP-93からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

世界の一部の劇場では、ドルビーアトモス、DTS:X、IMAX 6-Track、IMAX 12-Track、Auro 11.1、Dolby Surround 7.1上映。

 

いつまで経っても、ケチなソニーはドルビーアトモスを4K UHD BDに搭載しても、BDには載せようとしません。BD購入者をバカにしています。そのため、絵と比べると、音は物足りなさを感じます。

 

とはいえ、音響設計は、左右前後に音を定位させるもので、音の出所もスクリーンとマッチしていて、立体音場の密度はかなり高く、包囲感も移動感もかなりのものです。それでも、サラウンドバック・スピーカーが働かない現状では寂しさは隠せません。

 

ノイズ感は、ゼロ。メタリック成分もなく、聴きやすい音です。音楽も、団子になることはなく、爽やかに響きます。


セリフの抜けは、まったく文句なし。サ行も滑らかで、発音も明瞭です。レンジも広く、聴きづらさはまったくありません。


超低音成分は、出るときには出ますが、ブーミーになることはまったくありません。

 

英語学習用教材度: A

 

英・仏・西・タイ・トルコ語などの字幕ならびに仏・西・タイ・トルコ語などの吹替えつき。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。

 

セリフは、かなりの量。にもかかわらず、俗語・卑語は、F-wordは一度も登場せず、S-wordが一度使われるだけです(PG‐13指定)。安心してテクストに使えます。

 

使われる英語にも品格があり、英語字幕も、セリフを完璧にフォローしており、すばらしい素材です。

 

特典もかなりの量があり、すべてに英語字幕がつきますから、評価は高くなります。これで、日本語字幕・日本語吹替えがついていたら、鬼に金棒でした。

 

++++++++++


気になるところを、アト・ランダムに。


原題も、The Dark Tower。もちろん、「暗黒の塔」という意味です。

 

☆ガンスリンガーの決めセリフです。覚えておくと、カッコいいです。

 

 I do not aim with my hand.
 He who aims with his hand has forgotten the face of his father.
 I aim with my eye.
 I do not shoot with my hand.
 He who shoots with his hand has forgotten the face of his father.
 I shoot with my mind.
 I do not kill with my gun.
 He who kills with his gun has forgotten the face of his father.
 I kill with my heart.

 

 私は、手で狙わない。
 手で狙う奴は、自分の父親の顔を忘れた奴だ。
 私は、目で狙う。
 私は、手で撃たない。
 手で打つ奴は、自分の父親の顔を忘れた奴だ。
 私は、心で撃つ。
 私は、銃で撃たない。
 銃で撃つ奴は、自分の父親の顔を忘れた奴だ。
 私は、心で殺す。
 

☆6000万ドルの製作費で、全米5070万ドル、海外で6153万ドル、計1億1223万ドルのメガヒット。これなら実質的にも黒字になったことでしょう。

 

特典です。

 

 Blooper Reel (2:50)
 Deleted Scenes (6:22): 
   Original Walter Intro
   Original Dream
   Diner/Post Diner
   Walk and Talk
 Last Time Around (9:14)
 Stephen King: Inspirations (4:25)
 The Gunslinger in Action (8:29)
 The Man in Black (8:22)
 The World Has Moved On... (7:02)
 A Look Through the Keyhole: 
   And the Gunslinger Followed (1:35)
   Worlds Other Than These (1:38)
   The Gunslinger's Creed (0:37)

 

映像:

  Ν◆A

 〜АBを基本に、Aが適宜挿入

 ─B

 A シネスコ・サイズ(2.40:1?)のHD画質(AVC/1080・24p)
 B ビスタ・サイズ(1.78:1)のHD画質(AVC/1080・24p)

音声:ドルビーデジタル・ステレオ

うれしいことに、すべてに英語字幕がつきます。

 

☆“Last Time Around”では、原作者のスティーヴン・キングが登場して、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』(1966)のクリント・イーストウッドが、ガンスリンガーのモデルだと語ります。納得です。

 

☆アメリカでは、ドルビーアトモス音声を所収した4K UHD BDも発売されています。

 

 

米アマゾンで、今日現在、19.99ドルです。

 

++++++++++

 

アクション映画ファン、イリドス・エルバならびにマシュー・マコノヒー・ファン、必見。音質は普通ですが、米盤BDの画質は極上です。英語が問題ないなら、米盤BD(4K UHD BD)の購入は、検討する価値があります。劇場で観られる方は、できれば4K上映館でどうぞ。4Kネイティブ上映を味わってください。オススメします!

 

| 外国映画(タ行) | 10:51 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/02/06 2:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063766
トラックバック