CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< ジーサンズ はじめての強盗(BD) | main | パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(BD) >>
美女と野獣(BD)
美女と野獣 MovieNEX(実写版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
2017
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

原題:Beauty and the Beast (2017)
上映時間:2:09:16
2017年4月21日 国内劇場初公開
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/beautyandbeast.html

ゴウ先生総合評価: A/A-
  画質(2.39:1): A+
  音質(DTS-HD Master Audio 7.1): A+
  英語学習用教材度: A+/A

 

ゴッド・アンド・モンスター』(1998)でアカデミー脚色賞を受賞し、『シカゴ』(2002)で同賞にノミネートされた、『愛についてのキンゼイ・レポート』(2004)『ドリームガールズ』(2006)『フィフス・エステート/世界から狙われた男』(2013)『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』(2015)『グレイテスト・ショーマン』(2017)のビル・コンドンが、ディズニーの名作アニメを実写化したファンタジー・ミュージカル。

 

美女と野獣 MovieNEX(アニメーション版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
1991
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

脚本は、『RENT/レント』(2005)『ウォールフラワー』(2012)のスティーヴン・チョボスキー、『ティンカー・ベルと月の石』(2009)『ヘラクレス』(2014)『スノーホワイト/氷の王国』(2016)のエヴァン・スピリオトポウロス

 

美女ベルは、『ハリー・ポッターと賢者の石』シリーズ(2001〜2011)『ウォールフラワー (2012)『コロニア』(2015)『ザ・サークル』(2017)のエマ・ワトソン

 

野獣は、『2月の夏』(2013)『ザ・ゲスト』(2014)『誘拐の掟』(2014)『クリミナル・ミッション』(2015)『シンクロナイズドモンスター』(2016)TV『レギオン』(シーズン1)(2017)のダン・スティーヴンス

 

その他、ルーク・エヴァンスケヴィン・クラインユアン・マクレガースタンリー・トゥッチイアン・マッケランエマ・トンプソンという豪華メンバーが共演。

 

☆ディズニー映画は、やっぱり見逃せない

 

アニメ版にそれほど思い入れがないために、本作には関心が薄く、劇場へ足を向けることはしませんでした。

 

しかし、2017年最大のヒット作です。しかも、大衆の気持ちをつかむことに卓越したディズニー製です。映画ファンとしては、一度は観ておかないといけません。10月4日にBlu-ray Discが、ディズニーらしく英語字幕付きでリリースされています。遅ればせながら、取り寄せることにしたのでした。

 

☆あらすじ

 

舞台は、18世紀のフランスの王国と田舎の村。

 

フランスのある王国の王子(ダン・スティーヴンス)は、美男子。ですが、傲慢すぎたために、魔女(ハティ・モラハン)に呪いをかけられ、醜い野獣に変えられてしまいます。呪いを解くには、魔女が残したバラの花びらがすべて散る前に、誰かと心から愛し合わなければならないのですが、その相手がいません。以来、王子は城に籠り、絶望の中で心を閉ざして時を過ごしていました。

 

一方、田舎の小さな村では、美しい女性ベル(エマ・ワトソン)が、父モーリス(ケヴィン・クライン)と暮らしていました。読書家で進歩的な考えを持ち、広い世界を見たいと願うベルは、周囲から変わり者と見られています。

 

しかし、そんなベルに12年前の戦争での武勲をいまだ誇りにする乱暴者のガストン(ルーク・エヴァンス)がいいよります。ですが、ベルは相手にしません。それでも、ガストンはめげず、子分のル・フウ(ジョシュ・ギャッド)とともに、ベルの後を追います。

 

そんなある日、モーリスが森で遭難し、迷い込んだ城で野獣に捕らえられてしまいます。モーリスを探して城までやってきたベルは、野獣の姿におののきながらも、父の身代わりとなり城に留まることを決意します。

 

そんなベルを、呪いで家財道具に変えられてしまったルミエール(ユアン・マクレガー)、カデンツァ(スタンリー・トゥッチ)、コグスワース(イアン・マッケラン)、ポット夫人(エマ・トンプソン)といった家来たちが優しくもてなしてくれるのでした……。

 

☆期待した以上に、面白い

 

貧乏英語塾長にとっての「エマ」は、これまで、「トンプソン」や「ストーン」であって、「ワトソン」ではありませんでした。実際、『ハリポタ』シリーズにのめり込むこともなかったのです。同じく、ダン・スティーブンスにも関心なし。これがライアン・ゴズリングだったら、話が違ったでしょうが。

 

というわけで、ディズニー製作のメガヒット作だというだけで手に取ったBDでしたが、実際に観たら、これがとってもよいのです。アニメ版への思い入れがないために、素直に本作に集中できたせいもあるかもしれません。ミュージカルとして歌も踊りもすばらしいし、エマ・ワトソンもいつの間にか美しい女性になっています。なるほど、大ヒットを収めるはずだと納得したのでありました。

 

何がよいといって、野獣になったときのダン・スティーブンスの深々とした低音の声です。エマ・ワトソンの高めの声と好一対で、野獣の恐ろしくも、隠された温かみのある性格が透けて見えます。

 

感心したのが、ルーク・エヴァンスの悪役ガストンです。記憶にあるアニメ版のガストンのイメージそのものではないですか。もちろん、アニメ版のほうは、アーノルド・シュワルツェネッガーを思わせる筋肉量ですが、そこまでの筋肉がないエヴァンスは歌と踊りと演技の巧さで見事にガストンになりきっています。特に、37分過ぎの酒場で「強いぞ、ガストン」を唄い踊るエヴァンスは、最高です。個人的には、エヴァンスのキャリアベストだと申し上げます。

 

ケヴィン・クラインの味のある歌を聴いていたら、コール・ポーターを演じてたっぷりとポーター・ソングを唄ってくれた『五線譜のラブレター DE-LOVELY』(2004)を観直したくなりました。米盤BDが値下がりしてくれるとよいのですが。

 

エマ・トンプソンが唄う優しさと思いやりにあふれた「美女と野獣」(1時間25分過ぎ)も、野獣と踊るエマ・ワトソンの可憐さと野獣の嬉しそうな表情とあいまって、涙を誘います。本当に、この人、才女です。

 

ユアン・マクレガーイアン・マッケランスタンリー・トゥッチも、主役を張れる人が脇に回って行儀よく演じ、すばらしい歌も披露してくれて、頭が下がります。本作のすごさは、この豪華俳優陣を脇で使えたことだといっても過言ではないでしょう。

 

サラ・グリーンウッドのプロダクションデザインも、ジャクリーン・デュランの衣装デザインも、豪華絢爛。どこにも安っぽさがありません。ハリウッドの底力を感じます。

 

CGを巧みに使って、ここまで違和感のない実写版ミュージカルを作り上げたビル・コンドンにも拍手です。時代が、映画に追いついたということでしょうか。映画ファンには、ありがたいことです。

 

コンドンの右腕であるヴァージニア・カッツの編集も、適切。決して短くない作品ですが、まったく飽きることがありません。

 

当たり前ではありますが、名匠アラン・メンケンによる歌は傑作ばかり。しかも、劇伴としてのオーケストラ音楽もドラマチックで、聴き惚れてしまいます。

 

それにしても、野獣よりも人間のほうがたちが悪いというのも、皮肉な話であると同時に、事実なのでありましょう。人間として、少し恥ずかしくなります。

 

内容: A-

 

++++++++++

 

画質(2.391): A+

 

Gump TheatreにてOppo BDP-93から1080i信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、14 Mbpsから46 Mbps。

 

撮影は、ピーター・バーグと『ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン』(2003)『プライド 栄光への絆』(2004)『ハンコック』(2008)『バトルシップ』(2012)『ローン・サバイバー』(2013)で組んだ、『ドリームガールズ』(2006)『サブウェイ123 激突』(2009)『フィフス・エステート/世界から狙われた男』(2013)『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』(2015)『パトリオット・デイ』(2016)のトビアス・シュリッスラー

 

機材は、アリ・アレクサ・XT・プラスHDカメラを使用。マスター・フォーマットは、DI(2K)。オリジナル・アスペクト比は、同じく2.39:1。


現代最高、極美のBD映像です。これを観たら、ディズニーが4K UHD BDを出そうとしないのは、いまのBDでも、4K UHD BDと互角に対抗できると信じているからではないかと考えてしまいました。

 

解像度は、現代最高レベル。細部までくっきり、すっきり描き出します。彫りは極めて深く、奥行き感も十分。ノイズが乗ることもなく、見事です。

 

発色は、ニュートラル。ですが、場面によっては色温度を低くして、暖色系を強めている印象があります。そのために、オレンジ系がいフィルム映像を見ているような気になり、個人的に好ましい色調です。色数は多く、パワフル。それでも、コッテリ感はなく、豊潤な色合いに惹かれます。肌の質感も、ナチュラルそのもの。違和感は、まったくありません。

 

暗部情報量も、膨大。黒がよく沈み。コントラストが高いので、暗いシーンが多い映画ですが、見づらいシーンはまったくありません。

 

大画面の近接視聴にも、問題は一切なしです。

 

音質(DTS-HD Master Audio 7.1​): A+

 

Oppo BDP-93からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

一部の劇場では、ドルビーアトモス、ドルビーサラウンド7.1、IMAX 12上映。

 

現代BD最高レベルのシネソニックです。ドルビーアトモスだったら、どれだけ凄いのだろうとおもわされます(いつになったら、ディズニーは、ドルビーアトモス、DTS:X、Auro 11.1を採用するのでしょう)。

 

左右前後に音を定位させ、音の出所は、スクリーンと正確にマッチ。サラウンドバック・スピーカーも大活躍します。サウンドデザインもケレン味が強く、おもわぬ所から音が聞こえてくるし、移動感も鮮明なため、サラウンド・ジャンキーとしてはうれしくなります。そのうえ、音楽が鳴り出すと、みっちりとした高密度の立体音場が現れ、包囲感も最高です。

 

ノイズフロアは、最低レベル。メタリックな不快感のない音は、大音量でもうるさくありません。音楽も、分離感のよいものです。

 

セリフの抜けも、文句なし。発音も明瞭で、歌の歌詞が聴き取りづらいということもありません。

 

超低音成分は、出ると、腹に堪えます。部屋が揺れるときが数回あります。迫力満点です。

 

英語学習用教材度: A+/A

 

日本・英語字幕ならびに日本語吹替えつき

 

翻訳は、松浦美奈。

 

セリフは、大量。それでいて、俗語・卑語は、ディズニー映画らしく、皆無(PG指定)。安心して、テクストに使えます。

 

しかも、確認した限り、英語字幕はセリフを完璧にフォローしています。そのうえに、すべての歌の歌詞が出て、シング・アロング・モードにしなくても、一緒に唄うことができるのです。すばらしいテクストといえます。

 

しかも、日本語字幕も、松浦さんらしく、端正でナチュラル。英日で字幕を切り替え、さらに日本語吹替えを使うと、理解度がさらに深まることでしょう。

 

英語字幕はつきませんが、映像特典がたっぷりとあるのも、よいところ。映像特典に英語字幕がついて、英語字幕つき音声解説があったら、A+++評価したい素材です。

 

++++++++++

 

気になるところを、アト・ランダムに。

 

原題は、Beauty and the Beast。邦題は、直訳です。しかし、原題は“B”で頭韻を踏んでいますから、日本語でもそうしたいものです。となれば、「美女と化け物」とでもすることになりますが、日本語の座りとしては「美女と野獣」に負けます。

 

☆エンド・クレジットで流れるセリーヌ・ディオンの主題歌“How Does a Moment Last Forever”も、セリーヌ流の「コブシ」が回るのがちょっと嫌みですが、良い曲です。

 

☆1億6000ドルの製作費で、アメリカで5億401万ドル、海外で7億5951万ドル、世界で12億6352万ドルのハイパーメガヒット。2017年最大のヒット作です。たいしたものです。

 

特典です。

 

まず、「本編を見る」と「序曲(3:06)付きで本編を見る」とを選べます。

さらに、「シング・アロング」(英語・日本語)視聴も可能です。

 

そのうえで、次の映像特典がついています。

 

 _擇笋なリハーサル風景(13:31)
 ▲瓮ぅング・オブ『美女と野獣』(27:08)
 制作を支える女性たち(5:17)
 ぅ潺紂璽献ル・シーンの舞台裏(13:26):
   ♪ 朝の風景
   ♪ ひとりぼっちの晩餐会
   ♪ 強いぞ、ガストン
   ♪ 美女と野獣
   ♪ デイズ・イン・ザ・サン〜日差しをあびて〜(ロング・
     バージョン/ビル・コンドン監督によるイントロダクション付き)
 ヌじ開シーン(6:23):
   ビル・コンドン監督によるイントロダクション
   ベルを口説くガストン
   パンとジャム
   氷の門を破れ!
   ルミエールの逆襲
   もうひとりのキャラクター
   コグスワースの活躍
   逃げ出す女たち
   再会
 Ε札蝓璽漫Ε妊オンが語る思い出(3:24)
 Д潺紂璽献奪・クリップ:♪ 美女と野獣 by アリアナ・グランデ &
   ジョン・レジェンド(4:02)
 ┘潺紂璽献奪・クリップ制作秘話(2:07)
 ソング・セレクション(英語版/日本語版)(33:09):
   ♪ 朝の風景
   ♪ 時は永遠に(ミュージックボックス・バージョン)
   ♪ 朝の風景(リプライズ)
   ♪ 強いぞ、ガストン
   ♪ ひとりぼっちの晩餐会
   ♪ デイズ・イン・ザ・サン〜日差しをあびて〜
   ♪ 愛の芽生え
   ♪ 時は永遠に(モンマルトル・バージョン)
   ♪ 美女と野獣
   ♪ ひそかな夢
   ♪ 夜襲の歌
   ♪ 美女と野獣〜フィナーレ〜
 

映像:
  銑ぁΝΑΝ─Aを基本に、適宜Bが挿入
 ァΝАΝ B

 A ビスタ・サイズ(1.78:1)のHD画質(AVC/1080・24p)
 B シネスコ・サイズ(2.39:1?)のHD画質(AVC/1080・24p)

音声: 
  銑─.疋襯咫璽妊献織 ステレオ
  DTS-HD Master Audio 7.1

残念ながら、ディズニーBDの常で、英語字幕はつきません。

 

☆いちばん面白いのは、 華やかなリハーサル風景」です。読み合わせを超えた全体リハーサルをここまで本格的にやるというのに、驚かされます。個人的には、エマ・トンプソンが「美女と野獣」を唄う姿が見られるのが、最高でした。

 

☆通常盤のほか、4K UHD BDを含め、次の6種類のBDが入手可能です。

 

美女と野獣 MovieNEX コレクション(期間限定) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
2017
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

美女と野獣 MovieNEX コレクション スペシャルBOX(数量限定) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
2017
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

美女と野獣 MovieNEXプラス3D:オンライン初回限定商品 [ブルーレイ3D+ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
2017
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

美女と野獣 MovieNEXプラス3Dスチールブック:オンライン数量限定商品 [ブルーレイ3D+ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
2017
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

【Amazon.co.jp限定】美女と野獣 MovieNEX(実写版) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] B3ポスター付 [Blu-ray]
2017
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

【Amazon.co.jp限定】美女と野獣 MovieNEX コレクション(期間限定) [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] B3ポスター付 [Blu-ray]
2017
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

++++++++++

 

映画ファン、出演俳優ファン、必見。ディズニー・ファン、必携。BDは、画質・音質・特典、すべて優秀です。A評価にしなかったのは、アニメ版のリメイクで、オリジナリティに乏しいが故です。映画の感動は、A作品と同じといえます。何度でも観るに値する作品であり、BDです。強くオススメします!

 

| 外国映画(ハ行) | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063670
トラックバック