CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 美女と野獣(BD) | main | マイティ・ソー バトルロイヤル(2D字幕) >>
パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊(BD)
パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
2017
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

原題:Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales (2017)
上映時間:2:09:07
2017年7月1日 国内劇場初公開
公式サイト:http://www.disney.co.jp/movie/pirates.html

ゴウ先生総合評価: A-/B+
  画質(2.40:1): A+/A
  音質(DTS-HD Master Audio 7.1): A+
  英語学習用教材度: A

 

ジョニー・デップ主演の大ヒット海洋ファンタジー・アドベンチャー・シリーズ第5弾。

 

準主演は、ハビエル・バルデムブレントン・スウェイツカヤ・スコデラーリオ

 

その他、前作に出ているジェフリー・ラッシュケヴィン・R・マクナリーも共演。

 

オーランド・ブルームキーラ・ナイトレイが復帰し、ポール・マッカートニーも出演。

 

監督は、『バンディダス』(2006)『コン・ティキ』(2012)『イエスタデイ』(2014)のノルウェー出身ヨアヒム・ローニングエスペン・サンドベリ

 

原案・脚本は、『スピード2』(1997)『ラッシュアワー2』(2001)『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(2002)『ターミナル』(2004)『ラスト・ショット』(2004)『ラッシュアワー3』(2007)『ペントハウス』(2011)のジェフ・ナサンソン

 

共同原案・製作総指揮は、『シュレック』(2001)でアカデミー脚色賞にノミネートされた、『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』(2003)『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(2006)『デジャヴ』(2006)『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(2007)『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉』(2011)『ローン・レンジャー』(2013)のテリー・ロッシオ

 

☆英語字幕つきBDで観直す

 

本作は、貧乏英語塾長、この7月に109シネマズ大阪エキスポシティの次世代レーザーIMAX 3D版で観ています。それはそれは美しい3D映像とIMAX音声でした。

 

ところが、その日は朝早く東京を出発したために、眠くてたまらず、途中で寝てしまい(アクション映画だと、すぐに睡魔に襲われるんです)、何が何やらわからなくなり、結局レビューは書けませんでした。

 

となれば、大阪の仇はBlu-ray Discで取らねばなりません。11月8日にリリースされたBDをすぐに取り寄せることにしたのでした。

 

☆あらすじ

 

スペインの軍艦「サイレントメアリー号」の元船長で「海の死神」と呼ばれたアルマンド・サラザール(ハビエル・バルデム)とその手下のスペイン海兵たちは、かつてジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)の策略に遭い、行ける亡霊と化して魔の三角水域に閉じ込められていました。

 

ところが、ジャックがもっていた魔法のコンパスを手放したために、サラザールは解き放たれ、残忍な手下を率いて海賊の絶滅とジャックへの復讐に動き出します。ヘクター・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)は、サラザールの復活を知り、サラザールから自分が支配している海を奪われないために、ジャックを一緒に捕まえることにします。

 

そんなサラザールの脅威からジャックが逃れる唯一の道は、どんな呪いも解くことができる「ポセイドンの槍」を手に入れることです。部下のジョシャミー・ギブス(ケヴィン・R・マクナリー)とともに、槍を探しに出ます。

 

一方、かつてジャックと冒険を共にしたウィル・ターナー(オーランド・ブルーム)とエリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)との息子ヘンリー・ターナー(ブレントン・スウェイツ)もまた、呪いをかけられて海の中に閉じ込められている父親を助けるために「ポセイドンの槍」を探していました。

 

そんなヘンリーの前に、「槍」の謎を解く鍵を握る天文学者カリーナ・スミス(カヤ・スコデラーリオ)が現われます。ジャックはそのふたりと合流し、「ポセイドンの槍」を求めて危険な航海へと乗り出すのでした……。

 

☆ひょっとしたら、5作でいちばん面白い?

 

第1作からずっと観ていますが、熱心なファンでないもので、前4作の内容をすべて忘れています。そんな状態で楽しめるかとおもったら、これが十分に楽しめたのです。まあ、覚えていたらもっと面白かったのでしょうが、本作が初めてでも観客に何も恐れさせないというのは、立派なこと。それだけで、本作を好きになってしまいました。

 

まずもって、主要キャラクターの造型がくっきりとしているのがすばらしいところです。ジャック・スパロウはいつも通りのいい加減な小悪党で、アルマンド・サラザールは憎々し気な大悪党。ヘクター・バルボッサは抜け目ない海賊とはっきりとしていて、観ていて混乱することがありません。

 

問題は、新しい登場人物となったヘンリー・ターナーとカリーナ・スミスです。前半、このふたりの動機と行動がいまひとつしっくりいかないものがあるために、ふたりがバカっぽく見えます。結局、ふたりの行動はすべてそれぞれの父親をおもってのことだと後半にははっきりして納得できるのですが、このあたりの展開をもう少しうまくしてくれていれば、このふたりがもっと引き立ったのにと惜しまれます。

 

それでも、前半にはサラザールの復活による英国軍艦の沈没やジャックの強盗失敗と死刑からの脱出というドタバタ・アクションがあるために、退屈さとは無縁です。

 

後半、もっとも感動させられるのは、バルボッサが父親として娘のために見せる犠牲精神です(バルボッサがいなくて第6作が作れるのかとおもいはするのですが、きっとよみがえってくるのでしょう、亡霊としてでも)。ともあれ、ジェフリー・ラッシュからカヤ・スコデラーリオのような美人の娘が生まれるかということには首を傾げるにしても、ぐっとくる場面です。

 

オーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイの登場は、うれしいというよりも、貧乏英語塾長には混乱を引き起こすものでした。というのも、どう見ても、ナイトレイがブレントン・スウェイツの母親には見えないからです。実際、ナイトレイは1985年3月26日生まれで、スウェイッツは1989年8月10日生まれ。4歳違いで母子とは、これいかに、というわけです。

 

ジェフ・ザネリの音楽は、快調そのもの。前作までのハンス・ジマーの音楽をもとに、映画を盛り上げていきます。

 

演出も、アクションのツボを押さえた奇を衒うことないオーソドックスなもの。映画の世界に、素直に没入できます。ときおり登場する空撮の美しさと物語性に心がときめきました。

 

娯楽映画として、十分な完成度を誇る作品です。

 

内容: A-/B+

 

++++++++++

 

画質(2.40:1): A+/A

 

Gump TheatreにてOppo BDP-93から1080・24p信号を直接HDMIケーブルによってソニーVPL-HW30ESに送り込み、120インチ・ワイド・スクリーンに映しています。2層50GB。コーデックは、MPEG-4 AVC。伝送レートは、5 Mbpsから43 Mbps。

 

撮影は、『ソードフィッシュ』(2001)『コラテラル』(2004)『マイ・ボディガード』(2004)『デジャヴ』(2006)『フェイク・クライム』(2010)『崖っぷちの男』(2011)『トータル・リコール』(2012)『デッドマン・ダウン』(2013)のポール・キャメロン

 

機材は、アリ・アレクサ・XT、アリ・アレクサ・ミニHDカメラを使用。マスター・フォーマットは、DI(2K)。オリジナル・アスペクト比は、2.39:1。

 

世界の一部の劇場では、ドルビービジョン上映。

 

現代最高のBD画質には、いまひとつ及ばない画質です。貧乏英語塾長は109シネマズ大阪エキスポシティの次世代レーザーIMAX 3D版で観ているのですが、その壮絶華麗な極美映像と比べると、はっきりと見劣りします。とはいえ、高画質ではあるのですが。

 

解像度は、現代BDの最高レベルにはいま一歩。細部がスポイルされるほどではありませんが、彫りの深さ、奥行き感にもう一段高いものを望みたくなります。

 

色調は、申し分なし。発色は、ニュートラル。色数は多く、華やか。それでいてべたつかず、透明感があります。肌の質感も、ナチュラルかつリアル。違和感は、まったくありません。

 

暗部情報量は、かなりのもの。黒の沈み込みはやや問題ながら、階調は滑らかで、コントラストが高く、見づらいシーンがほとんどありません。

 

大画面の近接視聴も、問題なしです。

 

音質(DTS-HD Master Audio 7.1): A+

 

Oppo BDP-93からソニーVZ-555ESに、サラウンドバック・スピーカー2本を付け加えた7.1チャンネル分をラインアウト接続して再生。伝送レートは、不明。音量は、マイナス30デシベル。

 

世界の一部の劇場では、ドルビーアトモス、IMAX12トラック、ドルビーサラウンド7.1で上映。

 

絵に比べると、音ははっきりと現代最高のBDシネソニックだと申せます。記憶に残る大阪エキスポシティの音とよい勝負です。

 

左右前後に音を定位させ、音の出所は、スクリーンと正確にマッチ。後方からの音数も非常に多く、サラウンドバック・スピーカーが大活躍します。おかげで、立体音場の密度感は非常に高く、包囲感も最高なら、移動感も鮮やか。高さ表現も、Gump Theatreの場合、サラウンド・スピーカーとサラウンドバック・スピーカーの4本を1.8mの高さに置いているために、かなりのものです。

 

ノイズフロアは、最低レベル。マイナス30デシベルという大音量でも、うるさく感じません。切れ味鋭い音なのですが、メタリック成分はなく、分厚い音です。それでいて、遠方の波音や鳥の鳴き声など環境音もリアル。音楽がやや団子気味になるのが惜しいところですが、迫力で押します。

 

セリフの抜けも、最高レベル。サ行にきつさはなく、発音も明瞭です。

 

超低音成分は、大量。部屋が揺れます。時にはブーミーになり、鼓膜が押されます。多くの部屋では、調整が必要でしょう。ですが、本作にはこのくらいの迫力が似合います。

 

英語学習用教材度: A

 

日本語・英語字幕ならびに日本語吹き替えつき。

 

セリフは、多め。俗語・卑語は多少は使われますが、F-wordは一度も登場しません(PG-13指定)。安心して、テクストに使えます。

 

確認した限り、英語字幕が完璧にセリフをフォローしています。勉強しやすい素材です。

 

ただし、特典に英語字幕がついていないのは、ディズニーBDの常とはいえ、残念なことです。これ以上の評価はできません。

 

++++++++++

 

気になるところを、アト・ランダムに。

 

☆原題は、Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales。直訳すれば、「カリブ海の海賊たち:死者は物語を語らない」。つまり、副題は「死人に口なし」ということです。

 

☆2億3000ドルの製作費で、アメリカで1億7256万ドル、海外で6億2221万ドル、世界で7億9477万ドルのメガヒット。ただし、シリーズ5作では、全米ではドベで、世界では4位です。

 

特典は、次の映像特典です。

 

 \什遒良饌耄◆47:50):
   いざ、出航!
   2人の新しいメンバー
   “海の死神”サラザール
   撮影現場に行こう!
   ゴーストシャークの秘密
   ジャックおじさんに注目!
   伝説の航海を振り返る
 NGシーン集(2:58)
 プロデューサーによるフォト・ダイアリー(1:40)

 ぬじ開シーン(2:59):
   ジャックの作戦
   ヘンリー対ジャック
   ポセイドンの墓
   もうひとつのエンディング

 

映像:
  Aを基本に、適宜Bが挿入
 ◆ΝぁB
  A

 A ビスタ・サイズ(1.78:1)のHD画質(AVC/1080・24p)
 B シネスコ・サイズ(2.40:1?)のHD画質(AVC/1080・24p)

音声: ドルビーデジタル ステレオ 2.0

残念ながら、英語字幕はつきません。

 

☆通常版BDに加えて、4K UHD BD、3D BDを含めて、5種類のBDが入手可能です。

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 4K UHD MovieNEX(3枚組) [4K ULTRA HD + 3D + Blu-ray + デジタルコピー + MovieNEXワールド]
2017
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 MovieNEXプラス3Dスチールブック:オンライン数量限定商品 [ブルーレイ3D+ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
2017
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

【Amazon.co.jp限定】 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 MovieNEX オリジナルバスタオル付 [Blu-ray]
2017
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

【Amazon.co.jp限定】 パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 MovieNEX キャンバスパネル付 [Blu-ray]
2017
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

【Loppi・HMV限定】パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊 MovieNEX [ブルーレイ+DVD]「卓上カレンダー」セット
2017

 

++++++++++

 

アクション映画ファン、必見。シリーズ映画ファン、必携。BDの画質・音質・特典は、優秀。オススメします!

 

| 外国映画(ハ行) | 10:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063665
トラックバック