CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan
英語で「日本国憲法」を読んでみる―The Constitution of Japan (JUGEMレビュー »)
別冊宝島編集部
英語で憲法を読んでみれば、戦勝国アメリカから押し付けられたことが手に取るように分かります。50年以上、修正されていない憲法。時代にそぐわない内容。それでも、憲法改正、不要ですか?
★★★★★
RECOMMEND
駅 STATION [DVD]
駅 STATION [DVD] (JUGEMレビュー »)

高倉健を知りたければ、まずこの一本。「渋さ」の意味が分かります。★★★★★
<< 英語学習に役立つ国内盤BD 11月3日発売分 | main | 日本未公開『The Promise』は、英盤BDで観る >>
『イントゥ・ザ・ワイルド』の英盤BDを6ポンドで購入

 

非常に評価の高い『イントゥ・ザ・ワイルド』(2007)の英盤Blu-ray Discが、英アマゾンで6.00ポンドになっています。最安値ではなさそうですが、それに近いことは間違いない模様。購入してしまいました。

 

本作は、俳優として『ミスティック・リバー』(2003)『ミルク』(2008)でアカデミー主演男優賞を受賞し、『デッドマン・ウォーキング』(1995)『ギター弾きの恋』(1999)『I am Sam アイ・アム・サム』(2001)で同賞にノミネートされ、監督としては『プレッジ』(2001)『ラスト・フェイス』(2016)でカンヌ国際映画祭パルム・ドールにノミネートされたショーン・ペンが監督・製作・脚本を務めて、ジョン・クラカワーのベストセラー・ノンフィクション『荒野へ』を映画化した青春ドラマです。

 

荒野へ (集英社文庫)
集英社

 

Into the Wild
Anchor

 

主演は、『ロード・オブ・ドッグタウン』(2005)『アルファ・ドッグ 破滅へのカウントダウン』(2006)『スピード・レーサー』(2008)『キラー・スナイパー』(2011)『ローン・サバイバー』(2013)『セルフィッシュ・サマー』(2013)『ジェーン・ドウの解剖』(2016)『ロキシー』(2016)のエミール・ハーシュが務めています。

 

それを、マーシャ・ゲイ・ハーデンウィリアム・ハートジェナ・マローンキャサリン・キーナーヴィンス・ヴォーンクリステン・スチュワートハル・ホルブルックという豪華俳優が支える布陣です。『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009)でブレイクする前のザック・ガリフィナーキスも出ています。

 

アカデミー賞では、助演男優賞(ハル・ホルブルック)・編集賞(ジェイ・キャシディ)にノミネートされました。

 

評論家からもかなりの評価で、Rotten Tomatoesでは、支持率82%で、10点満点中7.5点。Metacriticでは、100点満点中73点でした。

 

興行的にも成功し、全米1835万ドル、世界で5626万ドルを売り上げ、1500万ドルの製作費を回収しています。

 

舞台は、1990年のアメリカ。ジョージア州にあるエモリー大学を卒業し、ハーバード・ロースクールへの進学を期待されていた22歳の青年(エミール・ハーシュ)が、突然すべてを捨てて、ヒッチハイクでアメリカを縦断しながら様々な人びととの出会いを経て、最後は徒歩でアラスカの荒野に分け入り、その4ヵ月後に餓死した死体となって発見されるまでの心の軌跡を静かに見つめていくまでを描く作品です。

 

貧乏英語塾長、観よう観ようとおもっていたのですが、結局観ずじまいできており、この機会を利用しようとおもったのでした。

 

なお、国内盤BDも発売されています。

 

イントゥ・ザ・ワイルド [Blu-ray]
Happinet(SB)(D)

 

ただし、廃盤になっているようで、アマゾンでは取り扱われていません。まあ、英語字幕もつかないハピネット盤ですから、もともと購入する気はなかったのですが。

 

そこで、送料込みで1000円ちょっとで購入できる英盤を購入したのですが、この英盤は国内アマゾンでもマーケットプレイスを通じて、ほぼ同じ値段(送料込み)で買うことができます。

 

Into the Wild

 

2009年7月20日発売の英盤BDの仕様です。残念ながら、日本語字幕・日本語吹替えはつきません。

 

 Region Free
 容量:2層50GB
 映像:1080p/2.35:1/VC-1 (30.31 Mbps)
 音声:Dolby TrueHD 5.1 (48kHz, 24-bit)(英語)
    Dolby Digital 5.1 (640 kbps)(英・仏・西語)
 字幕:英・仏・西・ポル語

 

2013年7月2日発売の国内盤は、映像コーデックはわかりませんが(たぶんMPEG-4 AVC)、音声はDTS-HD Master Audio 5.1となっていますから、その意味では英盤は劣っています(この点は、米盤も同じ)。
 

特典は、米盤と同じ内容です。

 

 Into the Wild: The Characters, The Story 
  (480p, Dolby Digital 2.0, 21:54 min)
 Into the Wild: The Experience 
  (480p, Dolby Digital 2.0, 17:20 min)
 Trailer
 

一昨日紹介した『人生はシネマティック!』(2016)のBDとあわせて注文して、送料(スタンダード便)込みで18.40ポンド、2855でした。本作を1071.30円で購入できたことになります。画質・音質にやや不安はありますが、この価格なら許せます。

 

到着は、11月11日。感動させてもらいます。

 

| BD購入ガイド | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.indec.jp/trackback/1063658
トラックバック